本業多忙とネット環境不調が重なり、長らく更新できませんでした。
今回は、ストック画像の中からadidasのゲームウェアとしてはロングセラーだった3ストライプジャージー&ショーツの組み合わせのユニフォームです。
個人的には、このモデルがadidasのゲームウェアの中では一番好きで、さらにこの配色(アルゼンチンブルー×ネイビー)が最も似合うと思っています。
画像の撮影時期は、だいたい4~5年前のようです。

あわせて、選手が着用しているスパイクも見ていきたいと思います。
サッカーのスパイクは、その機能性はもちろんですが、鮮やかなカラーリングや多様なデザインが非常に魅力的です。SNSでも、サッカースパイク(フットボールブーツ)を中心に扱うアカウントが多く見られます。


円陣。選手たちの団結を感じられて、サッカーの試合では好きなシーンです。

東白石20170719




















ユニフォームの前面と背面、両方を一度に見ることができる画像です。
スパイクは奥の選手がティエンポレジェンドⅦを着用。手前の選手が着用しているのは、おそらくハイパーヴェノムフェロンⅢと思われます。

東白石あかつきFC2018-22


































上の写真の11番の選手。ティエンポレジェンドⅦはNIKEのスパイクの中では好きなデザインですが、この配色はその中でもベストだと思っています。
対戦相手の選手はDSライト2ですね。内側にasicsのロゴをあしらったデザインがかっこいいです。

東白石20171009a




































ティエンポ レジェンド VII HG-E 型番897754(2017年モデル)


ティエンポ レジェンド VII HG-E 897754




















DSライト2ワイド 型番TSI744-0484(2016年モデル)
ちなみに、内側にasicsロゴを配したデザインは、メナスシリーズで継承(メナス3まで)されていましたが、メナス4は普通のアシックスラインになってしまいました。

DSライト2ワイド TSI744-0484_2















上の写真の13番の選手。別の日の撮影なので、ストッキングの色が違います。
スパイクは、やはりハイパーヴェノムフェロンⅢのようですね。

東白石20180810



































ハイパーヴェノム フェロン III HG-E 型番852560-104(2017年モデル) 


ハイパーヴェノム フェロン III HG-E 852560-104 (1)



























スローインを後ろから捉えたショット。
このモデルのもつ光沢がとても魅力的ですね。
スパイクはmizuno ウェーブイグニタス4JAPAN(2016年モデル)。

東白石あかつきFC2019-40



















ウェーブイグニタス4JAPAN P1GA173009(2016年モデル)

ウェーブイグニタス4JAPAN P1GA1730_1




















3本線がよく見えるショットです。
スパイクはasics DSライト(2015年モデル)かと思いますが、この配色は見たことがありません。

東白石あかつきFC2019-43




















ボールの奪い合いになったシーンですが、対戦相手のSVOLMEのユニ、ナンバーのフォントが日本代表2007年モデルではないですか。個人的には好きなフォントです。

東白石20180505




















ゴールキック。GKといえば、パッド入りの長袖ユニが定番でしたが、最近はインナー兼用のプロテクターが主流で、GKシャツでもパッドなしになってきていますね。
スパイクはイグニタス4MD。

東白石20180505a



















ウェーブイグニタス4MD P1GA163109(2015年モデル)
ウエーブイグニタス 4 MD P1GA163109_2













最後は、ハーフタイムのショットです。
やっぱり、adidasのシンプルな3本線はいいですね。

東白石201805--