【2022.9.22 ウェアのシリーズ名・型番、ユニフォーム関係の情報を修正・追記しました】
諸事情で2ヵ月ぶりの更新となってしまいました。

今回は、女子サッカーでは九州地方の強豪校の一つである柳ヶ浦のトレーニングウェアを中心に画像を掲載していきます。
柳ヶ浦のトレーニングウェア(ジャージ、ウィンドブレーカーなどのアウター系)は、ブラックのベースカラーにイエロー(サイバーイエロー)の切替えというパターンが定番です。
高校女子サッカー、あるいは高校サッカーに詳しい方ならピンとくると思いますが、このカラーリングは前橋育英も採用していますね。ウェアの型番も同じです。

現行モデルのイラストデータを掲載しておきます

左 ジャージ
  トレーニングジャケット 型番921010
  トレーニングパンツ   型番921012
右 ピステ
  ピステシャツ      型番921024
  ピステパンツ      型番921026

PUMA 921010-921212 ジャージPUMA921024-921026 ピステ























左 ウィンドブレーカー
  裏付きウィンドブレーカージャケット  型番921018
  裏付きウィンドブレーカーパンツ    型番921020

右 ウォーマースーツ
  中綿ウィンドブレーカージャケット   型番921029
  中綿ウィンドブレーカーパンツ     型番921030


PUMA921018-921020 ウィンドブレーカーPUMA921029-921030 ウォーマー






















2021年11月 九州高校女子サッカー選手権の応援

211109 九州高校女子サッカー選手権 vs筑陽学園






















メンバーのシューズがお揃いなのがわかります。
PUMAのランニングシューズ SPEED LITE シリーズを年度単位で一括購入しているようです。
明るいレモンイエローのものはSPEED LITE3 (2021年モデル 型番195344-03)左画像
やや濃いイエローのものはSPEED LITE2 (2019年モデル 型番192762-03)右画像




PUMA SPEED LITE3 195344-03PUMA SPEED LITE2 197262-03















アップ時以外にトレシューだと足に余計な負担がかかるので、サッカーのプレイヤーは移動時にはランシューを履くのが一般的ですね。





2021年11月 九州女子サッカーリーグ
 公式戦では、控え選手はビブスをつけてベンチ入りします。




211123 九州女子サッカーリーグdiv2. vs福岡女学院





















2021年12月 九州高校女子サッカーリーグ
ウィンドブレーカー上下を着込んだ姿、いいものですね。


211212 九州女子サッカーリーグdiv.2 vsNW北九州 02






















2021年12月 関西フェス
 遠征先での試合前。バックプリントのプーマキャットがかっこいいですね。
 手前のメンバー一人のピステパンツにシャドウストライプが入っているので、旧モデルを着用していることがわかります。遅くとも2021年度末で旧モデルは引退になったと思われます。


221231 関西フェス vs北海道文教大附






















2020年2月 九州高校女子サッカーリーグ
ピステを見ると、シャドウストライプの有無がよくわかります。
旧モデルと新モデルの入れ替わり期らしい、とても興味深い光景です。



200215 九州高校女子サッカー選手権 vs宮崎日大





















2019年11月 九州女子選手権
1枚目の画像だとわかりにくいのですが、2枚目の画像を見ると、後列に新モデルを着用しているメンバーが見えます(おそらく1年生)。





191110 九州女子選手権 vs東海大福岡02



















191110 九州女子選手権 vs東海大福岡


















旧モデルは220系に属するデザインで、以下のモデルが採用されていました。
ジャージ
 トレーニングシャツ(型番 PR202S)・トレーニングストレートパンツ(型番 PR202L)
ピステ
 トライアルコート(型番 PR110S)・トライアルホッピングパンツ(型番PR112P)
ウィンドブレーカー
 裏付きウィンドブレーカーシャツ( 型番 PR103S)・裏付きウィンドブレーカーストレートパンツ(型番  PR105L)
ウォーマースーツ
 中綿サーマルジャケット(型番 PR107S)・中綿サーマルストレートパンツ(型番 PR108L)

ちなみに、現行モデルは2018年シーズンから展開を開始し、10年間は継続することが宣言されていますので、柳ヶ浦に限らず、PUMA採用のチームはトレーニングウェアのモデルチェンジは当分ないはずです。途中で変更があるとすれば、他メーカーに乗り換えるか、PUMAで新シリーズの展開があってそちらを採用する場合、ということになります。

以下の2枚は、ゲームシャツをプラシャツとして使用している例です。
Striker 丸首モデル(型番 920982)ですが、下の画像でわかるように、背面のマーキングはクラブ名が入っていて、練習着として採用していることがわかります。
このモデルは2021年11月で展開終了となっており、2023年シーズンで姿を消すことになりそうです。


2022年4月 九州女子サッカーリーグ

220427 九州女子サッカーリーグ vs大分トリニータL



















2022年5月 九州女子サッカーリーグ

220522 九州女子サッカーリーグ vs宮崎日大

















練習試合用ユニ(胸番号がプリントされていません)
TRIBES LIGA 半袖ゲームシャツ(丸首) 型番920972
2021年11月

211016 高校女子サッカー県大会 vs竹田南


















PUMA920972-920986-921000
TRIBES LIGA 半袖ゲームシャツ(丸首) 型番920972
TRIBES BASICモデルゲームパンツ  型番920986
TRIBES LINEモデルストッキング   型番921000














練習試合ユニまで出したのなら、ということで、以下、おなじみの公式戦ユニのイレブンショットも掲載します。
現行1stユニ
LIGA HEATHER 半袖ゲームシャツ(型番 951050) T7モデルゲームパンツ(型番 920994)
フープストッキング(型番 921551)
2021年度から登場の新ユニです。ストッキングは、2022年度、従来の折り返し部に2本線が入ったオーソドックスなLINEモデルストッキング(型番 921000)から変更となりました。
2022年6月 全九州高校サッカー

220618全九州高校サッカー vs秀岳館



















旧1stユニ
Gloryモデルゲームシャツ(型番 PR400T) T7モデルゲームパンツ(型番 920994)
ストッキング(型番 PR901→921000)
ゲームシャツは2020年11月で展開終了。
チームオーダーのウェアで型番がPで始まり3桁数字のものは、2020年シーズンで終了、現在はすべて6桁の型番になっています。

2022年6月・九州女子サッカーリーグ

220612 九州女子サッカーリーグdiv2. vs福岡女学院





















現行2ndユニ
LIGA HEATHER 半袖ゲームシャツ(型番 951050) T7モデルゲームパンツ(型番 920994)
LINEモデルストッキング(型番 921000)

220605 九州女子サッカーリーグdiv2. vs八代FL




















締めは、旧1stユニでの円陣シーンで。
220529 九州女子サッカーリーグ vsNW北九州