トラボックスとは、荷物を運んで欲しい個人・法人の方と
全国14,000社の運送会社を結ぶ日本最大の物流ネットワークです!
日経インターネットアワード受賞

『トラブログ』西新井(!?)で働くトラボックス社長のブログ

2010年01月

ランチは“かもすき”!?

“焼きそばランチ”をスタッフみんなが喜んでくれたので・・・

ブログでも紹介し、みんなに食べてもらいたかった
“かもすき”を会社で行いました!
鍋1











※お取り寄せの“かもすき”です。カモ肉とネギと昆布と出汁がセットになっています。コンロやら鍋は持参しました。

作るのは、いたって簡単です!
鍋2











※鍋に水と昆布をいれて沸騰させます。
鍋3















※沸騰を待ってます。今日は“鍋”をしてから、〆は“うどん”です。前回、好評だったおにぎりとお漬物も用意しました。
鍋4











※秘伝(?)のつゆを入れ、肉団子をまるめて鍋に落としていきます。
鍋5











※やることはこれでおしまいです(作ってない?)
イイ感じになってきたので、カモは15秒、ネギは5秒ほど出汁にくぐらせて、いただきます!
鍋6











※実物の方が美味しそう!? 写真は、難しいです・・・
鍋7











※みんなで食べるといっそう美味しく感じます
カモも美味しいのですが、ネギも美味しい!
鍋8











※〆は“うどん”です。写真は本当に難しいです
鍋9











※よく売れました!

午後も頑張りましょう〜

追伸
お奨めの「お取り寄せ」があったら
教えて頂けると嬉しいです!

会社のみんなとも、
家族とも味わせて頂きたいと思います。

とんかつ

「最後の晩餐で何を食べる?」と聞かれたら
迷わず「お寿司」を選びますが、
「とんかつ」も候補です

地元・代々木の話ばかりで恐縮ですが
こちらも人づてに教えて頂いた「とんかつ ブウ亭

サラリーマンの平均ランチ代がワンコイン(500円)のこのご時世、かくいう平均的なランチ生活を送っている私ですが・・・

この日のランチは、
“ヒレカツ定食:1,740円(野菜サラダ付)
ヒレカツ定食







※夜の飲み代が3,000円だとなんとも安く感じますが、1,700円のランチはかなり贅沢に感じます
(3,000円の方が1,700円より高いので誤った経済観だと、何かの本に書いてあり、頭では理解したものの、やっぱり庶民は…)


美味しかったです〜

満足そうにお茶をすすっていたら、
店員さんに「うちは、から揚げも美味しいのよ。
NHKでも取材されたんだから!」と教えて頂きました。

今度はから揚げも頂きます!

追伸
好き嫌いもなく、何でも美味しく食べる方であり
全然食通ではありませんが・・・
お寿司屋さんととんかつ屋さんは
「とん汁」やら「味噌汁」やら「あら汁」やらが
美味しくないと盛り下がります

「ブウ亭」さんは、「トン汁」も美味しかったです

イケメン

いつもの立ち飲み屋さんで、イケメンと遭遇しました。
vivo








※隣にいた方が写真を送ってくれました

そのイケメン(右から2人目)は、身長が190cmあり
爽やかで、穏やかで、モテモテだそうです(上司 談)

(男性には全く興味はございませんが)
男の目から見ても、なんとも格好良く、背が高く
俳優の谷原章介さん似です。
ポーズも決まっている!?

写真を撮影するとき、邪魔にならないように
しゃがんでみたものの(私は169cm、写真中央)
その必要は、まったくありませんでした

仕事で負けないように頑張ろう

追伸
写真の一番右で、一所懸命メールに励んでいるのが
うちの会長です。
いつでも仕事をしています

おでん

子供たちから
「この冬、パパが作ったおでんを食べていないよ。」
とのリクエストがあり
大根を剥いたり、ゆで卵を作ったり
自家製肉団子を作ったり・・・
子供たちの好きな具を中心に一晩煮込みました。
(初めて、圧力鍋を利用しました・・・)

以前、おでんを作ったときに
「おでんのメニュー」も作って
食べたい具を選ばせたのが印象に残っていた様です。

お鍋を移し変えて、味見をしたのがこちら(↓)
おでん








※実物の方が美味しそうでした・・・!?

まずまずの出来栄えだったので
両親を呼んで、茶飯も炊いての夕食。

「今日は、メニューはないの?」の一声で
メニューボードを用意しました。

両親も子供たちも喜んでくれ、よかったです
私も料理でストレス発散(?)ができました

追伸
26歳のときに、友人の母が運営する
「男の手料理教室」なるものに1年間通いました。

興味半分、ネタ半分だったのですが
そのとき習ったことは、今でも役に立ってます。

“かつらむき”得意ですし

車両火災実証訓練

トラボックス会員である富士運輸さんが開催する
“車両火災実証実験”に参加させて頂きました。

実証実験内容は
「4tトラックのリアタイヤに火をつけて車両火災を再現し、
・車載している消火器での消火作業の実施
・車両火災時の対応についての検証
・車両火災の原因の追求」
を行うというものです。
NHKニュースでも、その様子が放映されました。)

周りの人達に負けじと
シャッターを押しました
富士運輸さん








※富士運輸成田支店さんです。

松岡社長挨拶








※はじめに松岡社長のご挨拶がございました。
(かなりの数の参加者です)

前2








※この↑トラックが、燃やされました。

では、様子を…
1











※着火しました。
2






※火がトラック全体にまわるまで待ちます。
3











※荷物まで火が届きましたが、まだ待ちます。
4






※結構燃えてる感じですが、まだ待ちます。
5






※消火器での消火開始!
6






※目が痛い
7






※火の勢いは止まらず・・・
8






※放水開始!
9






※かなりの放水で
10











※かなり念入りに消火し、ようやく消えました。
後1








※実証後のトラックです。

消防署の方のお話に
「実施したくてもなかなかできない訓練」との言葉が
ございました。

実際に車両火災を目の当たりにし
火災の音を感じたり
炎の熱さや、灰を感じたり、
トラックが燃えるまでにかかる時間や
完全に消火される時間に立ち会ったのは
貴重な経験でした。

松岡社長、富士運輸のみなさま、
本当にありがとうございました!

また、運送会社のみなさま、
車両火災事故は統計上の数字を見ると増えているそうです。ぜひ、日頃の車両整備で火災を防止して頂ければと思います。

追伸
訓練に立ち会った息子も
NHKニュースを見ながら
参加できなかった姉に得意そうに
その様子を説明していました。

彼にもイイ経験でした。ありがとうございます!
(騒がしくて、すみませんでした。。)
最新コメント
過去の情報
  • ライブドアブログ