トラボックスとは、荷物を運んで欲しい個人・法人の方と
全国14,000社の運送会社を結ぶ日本最大の物流ネットワークです!
日経インターネットアワード受賞

『トラブログ』西新井(!?)で働くトラボックス社長のブログ

2013年04月

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」というお店の名前はよく耳にするし、
一度足を運んでみたいと思うものの、、、行ったことはありません
NEC_0765
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方(著:坂本孝さん)

半身浴をしながら読んだので、汗で帯がくしゃくしゃです・・・

==========================================
今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている
「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。

1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、
軒並み驚異的な繁盛を呈している。その「俺の」シリーズを率いるのは坂本孝氏。

坂本氏は「ブックオフ」の創業者であり、16年間で1000店舗に成長させた人物である。
そして突然の退任。一時はビジネス社会から姿を消した坂本氏だが、
再びの挑戦になぜ飲食業を選んだのか。前代未聞の繁盛店はいかにして誕生したのか。
そして、これからのビジョンをどのように描いているのか。

まさに事業を創り出す天才、坂本氏がこの本の中で余すことなく語り尽くす。
==========================================

「仕組みで勝って、人で圧勝する」
この企業文化はもちろんですが、言葉も真似たいと思います!

追伸
経営計画発表で社長が発表したとされる
「猿山のボスザルになる条件」 も興味深い言葉でした。
1.けんかに強いこと
2.異性にもてること
3.けんかの仲裁ができること

だそうです。なかなか含蓄のある言葉だと思いました。
自分なりの解釈を踏まえて、これも真似て使おうかと思います・・・

トラボックスの情報数が2,500,000件を突破しました!

掲題の通り、情報数が250万件を突破しました!

250万件はコツコツ積み重ねた通過点ではございますが、
とてもうれしく励みになる数字でもあります。

本当にありがとうございます!

これもひとえに、会員のみなさま、お取引先のみなさま、スタッフや家族を含め、
トラボックスに関わってくださったみなさまのご支援の賜物と心より感謝しております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

追伸
トラボックスのシステムは365日24時間稼働していますが、
ヘルプデスクは、暦通りの営業となります。併せてお願いいたします。
GW

神様のサービス 感動を生み出すプラス・アルファの作り方

図書館で借りました
NEC_0759
※神様のサービス 感動を生み出すプラス・アルファの作り方(著:小宮一慶さん)

=============================================
駅から遠いあの店が、なぜいつも満席なのか?
熱烈なリピーターを増やす、「お客さま志向」の真髄。

高い料金で良いサービスを受けても、当たり前の満足しか生まれない。
一方、安い料金で、サービスに期待しない状況なら、
素晴らしい応接で「感動」が生まれる。
欠かせないのは、お客さまごとに細かく異なる要望の「真意」を汲みとる力だ。

「なぜ」「どうして」と深掘りすることで、数歩先を行く機転の利いたサービスとは? 
30年連続で総合評価1位の旅館「加賀屋」、
訪問営業なしで他店の2倍売る「ホンダカーズ中央神奈川」、
膨大なマニュアルと教育でアルバイトの質を高める「東京ディズニーランド」など、
成功例を分析しながら、神業の接遇に迫る一冊!
=============================================

この本を読みながら、
「トラボックスのスタッフは、普通にできているなぁ〜」
と手前味噌ながら、、、何度も思いました

ただ、サービスに終わりはありません。
もっともっと突き詰めていきたいと思っています。

追伸
本屋さんで見つけても、個人的に購入しなかったかもしれない本ですが、
図書館だと、無料だし、本棚に本も増えないので気楽に借りられます。
つくづく自分が庶民だと思う時です

名刺も変わりました!?

先日の私のブログ「髪の毛が伸びたので・・・」を読んだデザイン担当者が、
新たな名刺を注文する際に名刺の似顔絵も刷新してくれました!
yoshioka
口元なども変わっています。似てますでしょうか。

これでしばらくは、髪の毛をバッサリ切れなくなりました

追伸
これまでに名刺交換をさせていただいたみなさまとも
改めて名刺交換をさせていただくかもしれません。

そんなときは「名刺は前にもらったよ。」と言わず、受け取ってください!





宿澤広朗 勝つことのみが善である―全戦全勝の哲学

この本をお借りしました
NEC_0757
※宿澤広朗 勝つことのみが善である―全戦全勝の哲学(著:永田洋光さん)

=====================================
学生時代は2年連続日本一を経験。

日本代表監督として、スコットランドから大金星、
またW杯では初勝利を挙げる一方で、
世界と渡り合い、重役に登りつめたメガバンク屈指の凄腕バンカー。
ラグビーも仕事も超一流。

2006年、惜しくも急逝した男の「全戦全勝の哲学」に迫る。
ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞作。
=====================================

2008年7月に別の宿澤さんの本をブログにしているのですが、
同じ銀行に勤務しながら、お話ししたことはありませんでした。

“銀行”・“ラグビー”という共通点がありながら、
話してくださったかどうかはともかく
自分から話しかけなかったことが本当に悔やまれます・・・

追伸
“こういう人に私はなりたい!”と思うお一人です。
最新コメント
過去の情報
  • ライブドアブログ