トラボックスとは、荷物を運んで欲しい個人・法人の方と
全国14,000社の運送会社を結ぶ日本最大の物流ネットワークです!
日経インターネットアワード受賞

『トラブログ』西新井(!?)で働くトラボックス社長のブログ

2013年06月

次回、トラボックス交流会は神戸(兵庫県)で開催します!

今年も、セミナーや交流会、直接の訪問を含め
できる限り、多くのみなさまにお目にかかり、お話をさせていただきたいと思っております!

次回の交流会は、ちょっと先ですが
8月24日(土)に兵庫県神戸市で開催いたします!
兵庫
-------------------------------------------------
~ トラボックス兵庫交流会 開催概要 ~

◆開催日時:平成25年8月24日(土)午後6:30〜
◆場 所ホテルモントレ神戸
      兵庫県神戸市中央区下山手通2-11-13 
      TEL:078-392-7111
      JR神戸線「三ノ宮」駅西出口より徒歩5分
◆会 費:お一人様 5,000円
◆参加予定人数:30名

※詳細はこちらになります。

-------------------------------------------------

近郊のみなさまはもちろんのこと、
全国各地の運送会社のみなさまにお集まりいただけると嬉しいです!

お知らせがちょっと早いとも思いますが、、
気が付くと、8月24日だったりしそうです

みなさまにお目にかかれるのを楽しみにしております。

追伸
大学を卒業して、初めて就職したのは関西系の銀行でした。
入社式は大阪で、その後1ヶ月間は兵庫で宿泊を伴う“新人研修”なるものがありました。

東京を1ヵ月間離れ、初めての給与をいただいたのは研修中です。
給与をいただき、あまり地理に明るくない土地で
両親それぞれに初任給での贈り物を買った場所が神戸です。

また、日経インターネットアワードの授賞式も神戸でした。

そんな思い出のある神戸で飲めることを楽しみにしています!

いつやるか? 今でしょ!

父はちっとも望んでいないのですが・・・一緒に遊んでほしいのですが・・・
「ラグビーの強い学校を受験したい!」と言っている息子を嬉しくも思います。

ただ、自分から進んで勉強する姿勢がないので
止めさせる(?)前に・・・ 何かヒントはないかと林先生の本を読んでみました。
NEC_1009
※いつやるか? 今でしょ!(著:林修さん)

------------------------------------------------------------------
本書のタイトルでもある名文句が東進ハイスクールのCMで一躍有名になった、
いま一番旬なカリスマ予備校講師・林修先生の初の著書。

参考書ではなく、受験にも仕事にも使える人生のアドバイスがつまった自己啓発本です。

2013年には、トヨタのCMに起用されたことからブレークに拍車がかかり、
「今でしょ! 」は流行語大賞の呼び声も。

遅咲きの東大卒カリスマ予備校講師が、
自らの豊富な体験を凝縮させて書きあげた「学び」の詰まった人生の指南書です。
------------------------------------------------------------------

最後の1ページまで期待して読んでいたのですが・・・
完全にサラリーマン向けの本でした

(林先生の人となりが、面白かったですが。。)

追伸
電車で本を読んでいて、カバーがないと読みにくい本があります

ブログで自分の読んだ本を紹介するくらいなので
周りの目を気にする訳ではないのですが、それでも躊躇することがあります

この本は住友銀行の本のカバーとはまったく意味が異なりますが、
ミーハー過ぎな感が強すぎて、カバーを外せませんでした

住友銀行の黒い霧―闇に消えた1000億円の怪

父の日に子供たちが2冊の本をプレゼントしてくれました
1冊は「震える牛」という小説で、先日ブログに記しました。

もう1冊は、こちら↓ではありません・・・(後日、ブログにします。)
子供たちにプレゼントされた本より前に、読みました・・・
NEC_1006
※住友銀行の黒い霧―闇に消えた1000億円の怪(著:木村勝美さん)

-----------------------------------------------------------------------------
住友銀行は「闇の紳士たち」の金主なのか?

相次ぐ事件・トラブルに苦慮した住友銀行がとった許されざる解決策とは。
自身による取材をもとに、企業の悪を告発するノンフィクション「穢れた銀行」の姉妹編。
-----------------------------------------------------------------------------

大学卒業後に8年間勤務した住友銀行について書かれた本を、貸していただきました。

存じ上げている固有名詞が幾つもあったり、
実際に耳にしていた事件の裏側があったり、
自分の知らない世界がたくさんあることを改めて知ったり、、、
とても興味深い本で、何度も読み返したりしました

もっともっと、見聞を広めたいし、広めねばと思います。
読書の時間も、もっと欲しいです・・・

追伸
住友銀行では、本当にいろいろなことを学びました。

すでに辞めてからの年月の方が(倍近く)永くなってますが
それでも、銀行で学んだことが活きてくる場面があります。

読書だけでは、決して学ぶことができなかった経験や、
人との出会い、仕事への心構えなど、思い返すことも少なくありません。

ただ、もっと永くいたらと後悔することもありません。
新しい環境でも、素晴らしい人たちと出会え、
経験値も嫌でも上がっていると思います。

貪欲にいきたいと思います

同い年のラグビー界のスーパースター!

同い年のラガーマン松田努選手は、日本代表43キャップを数え
ラグビートップリーグの「最年長出場記録および同トライ記録保持者」です

割としつこい性格なんで、、、同世代のスーパースターを何度もブログに取り上げてます

2012年9月10日 ラグビーシーズン突入!!
2012年2月27日 あの頃は・・・太りたかったんです!?
2012年2月6日 タッチラグビーの大会に出場し・・・
2010年8月31日 1970年生まれ

今回は、応援ではなく、ラグビースクールのコーチとして対戦しました!
(実際にラグビーの試合で対戦したことは、残念ながらもちろんありません
NEC_0989
スーパースターに教わる子供たちが本気で羨ましい・・・

子供同士も小学6年生で同い年のラガーマン・ラガールになります。
いつか、共通ネタで、、、一緒に飲む機会に恵まれたら幸せです

追伸
試合前の練習で、子供たちが相手チームのコーチを見て話してます。
「日本代表の〇〇選手がコーチしてるよ。」
「ジャパンだった□□選手だよ。」
「あいつは、元日本代表の△△選手の息子だよ。似てるな・・・」・・・

敵陣には、そうそうたる顔ぶれのコーチがいます。

子供たちに一言、言いました。
「コーチが試合をする訳じゃないし、
(この春、連勝できていて、ほぼ負け知らずできている)
おまえたちは勝ちに来たんだろ!おまえたちも負けない練習してるよ。」


試合前に相応しくない厳しめな練習を短時間取り入れ、
浮ついた気持ちを消して、送り出したところ、行われた3試合とも予想以上に圧倒しました。
全員、気持ちが入っていて、内容もとても良かった試合です


と、、、そんなことを話していたこともあり、
この写真撮影は子供たちがいなくなってから、こっそりお願いしました・・・
(ただ「今日は勝たせていただきました。」と、控えめながらもちょっと強気な自分です

次もイイ試合ができるように、子供たちと進化したいと思います。

震える牛

父の日に子供たちがプレゼントしてくれたのは2冊の小説でした
1冊はこれです↓
NEC_0988
※震える牛(著:相場 英雄さん)

------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、
発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の
捜査を命じられる。

初動捜査では、その手口から犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。
田川は事件現場周辺の目撃証言を徹底的に洗い直し、
犯人が逃走する際ベンツに乗車したことを掴む。

ベンツに乗れるような人間が、金ほしさにチェーンの居酒屋を襲うだろうか。

居酒屋で偶然同時に殺害されたかに見える二人の被害者、
仙台在住の獣医師と東京・大久保在住の産廃業者。

田川は二人の繋がりを探るうち大手ショッピングセンターの地方進出、
それに伴う地元商店街の苦境など、
日本の構造変化と食の安全が事件に大きく関連していることに気付く。
------------------------------------------------------------------

本屋さんで「店員さんおススメ!」だったので
そのうち購入しようかと思っていた本でした

子供たちにプレゼントされた本だったので、
大切に読もう(=ゆっくり読んで、本を読んでる姿でも見せよう・・・)かと
思ったのですが、想像以上に面白く1日で読破

プレゼントされた、もう一冊も楽しみです!

追伸
尚、子供たちは自ら読んでから、本を選択した訳ではありません・・・
父の本棚を見ながら、家人や本屋さんと相談した様です。
父にとっては、面白い本かどうかは問題ではなく、それが一番嬉しいかも。
最新コメント
過去の情報
  • ライブドアブログ