久しぶりの通勤電車は、春休みの影響で空いていて、ゆっくり読書ができました

我が家も、小学校5年生の娘と3年生の息子は春休み(連休中!?)です
しかし、寝坊するでもなく、学校に行くよりも早く起きて、塾の春期講習に通っています
こちらが頼んだ訳でもないのですが、その意思は私には無かったものなので尊重してます。

今朝は、通勤がてら息子を塾まで送りました。
子供の勉強
※小さな小学生が、大きな勉強道具を抱えて、朝から塾に続々と集まってました・・・
(↑は、息子ではございません。イメージです。)

私の幼少の頃とは様変わりしたのは、子供一人でどこかへ移動させることが怖いことです。過保護に育てるつもりはありませんが、不審者が現れたなど物騒な話を耳にすれば、どの親も不安にならずにはいられないと思います。今朝の塾も、付き添いの親御さんが目につきました。塾の入口には警備員さんが立っています。

また、メガネをかけている子とマスクをしている子が多いです。塾に入るときには、警備員さんに止められて、手の消毒も義務付けられています。

それから、心なしか子供たちが青白いのが気になりました。ラグビースクールの連中と比べるのが悪いのか、勉強ばかりしているのか・・・

勉強も大切ですが、遊ぶこと、体を動かすことも大事だと思います。
明日の朝からはジョギングに付き合うことが息子の春休みの日課になりました

追伸
小学生の塾で驚いたのは、成績毎にクラスが分かれるだけではなく、成績順に席が並んでいることです。また、教科書や問題を見るとやたらと難しいことです。小学生は春休みではあるけれど、学校があるより大変そうです・・・