ESSA Blue

衰退トライアスリートオヤヂの脱力系回転式BLOG

取りあえずアップ
hari-0

hari-3

hari-1

hari-2

hari-4

hari-5

hari-8

hari-6

hari-7

 痛筋Bike、今週は2発(だけ)いただきやした、あざ〜っす。成績悪いな。白馬岳の疲れが残留していて、今週の錬はSwim1.0kだけ。が、起き抜けと寝る前にストレッチはしっかりやった。
com720

 アキレス腱痛や足底筋膜炎は、登山やトレランの後にしっかり解さないまま、脚が張った状態で錬をすることが原因と考えている。疲れているとストレッチで解してもしばらくすると凝り直すんだな。だから毎日朝晩のストレッチが必須らて。

 夕方から研究室のBBQ。なんか久々に肉を喰いまくったなぁ。美味すぃ〜。

 オイラが大好きだった先輩先生は、人生の師であり、テニスのペア、マラソンのライバルでもあった。が、白馬岳で行方不明になって今年で10年。まだ白馬岳から帰ってきてない。だったら会いに行くしかないっしょ。んで、今年は節目の年でもあるし、どうしても巡礼しなきゃと思っていた。

 どうせ長岡にいても猛暑だし。2500m以上にいれば高地錬にもなるっしょ。二日酔いでグダッていた日曜の夕方になって決めた。

 蓮華温泉着は6時前。連休とあって駐車場のずいぶん手前から路上駐車が。んで、駐車場からもっとも遠いところに駐車っ。急いで準備してデッパツは6:15。蓮華温泉まで歩いていたら駐車スペースがたくさん空いていたや。

 蓮華温泉発6:30。準備していたときはTシャツ短パンではやや寒く感じたが、歩きだせば大汗。今日のお供はGeographica、スマホの山GPSアプリ。可愛いおねえさんが「7:28分になりました」とか「高度1900m付近です」なんて定期的に囁いてくれる。それに小鳥のさえずりも。単独の時はエエね。地図上にトレースも見えるし、エロエロな機能があるみたいだし。

 白馬大池着8:17。オイラとしては十分なスピード。だって高地錬も兼ねているけんね。大池を過ぎてからは樹林帯を抜けたんで風があって爽やか。つ〜よりやや肌寒い。下界は猛暑なのになんという幸せ。
shirouma-1

 大池から白馬岳はお花畑を撮影しながら、それでも錬も兼ねているんでエッホウッホの早歩き。風がつよくていよいよ寒くなってきた。白馬岳方面から下りてくる方々は結構な重ね着。幾つものツアーの団体グループとすれ違いがあり、その度に通過するのをイライラと待つ。歩くの超ぉおっせ〜し。
shirouma-2

 小蓮華岳まで来ると白馬岳山頂が見える。が、ガスが掛かったり晴れたり。ガスの流れが速く相当に風が強そうだ。山頂が見えるとテンションが上がる。Tシャツ短パンのまま山頂着9:58。Geographicaの表示は2931m。実際と1mの差。
shirouma-3

 蓮華温泉からのコースタイムが3時間28分って素晴らしいぢゃないか。山頂はオイラをいれて4人しかいなかった。剱方面は残念ながらガスが掛かっている。が、時折、剱の山頂がガスの切れ間から顔を覗かせる。
shirouma-7

 凄い風なんで、長袖シャツとカッパを着込んでおにぎりを頬張る。空あくまで蒼く、雲の造形が神秘的。ガスが晴れると一瞬ではあるが素晴らしい景色が広がる。剱の雄姿をしっかり見ようと頑張ったが、寒いし、手がかじかむんで10:55分に撤退っ。
shirouma-5

 下は猛暑なんで小蓮華の山頂では1時間ほどホゲ〜〜っと休んだ。やっぱ白馬山荘でビイルでも飲んでいた方がエエかったかと大いに後悔。日差しは強いが寒いくらいの気候ってなんて贅沢なんぢゃ〜。爽やか極まってる。帰りたくねぇ。小蓮華の山頂は数名が入れ替わるが、少人数で静かそのもの。素晴らしい景色を堪能した。心の洗濯らて。
shirouma-4

 白馬大池でも湖畔の石の上で残していたおにぎりを食べてマッタリ。13:45に大池発。疲れたアンヨでヅピヅピと下る。高度が下がると次第に暑さが堪える。蓮華温泉着15:10。心地よいヨレヨレ感。

 一年に一回でも先輩先生を思いながら山道を歩く。今年も巡礼ができて嬉すぃ。いつまで体力が続くのかなぁ。

このページのトップヘ