株道 - 人に教えたくない私の相場帳 -

不祥事銘柄での短期荒稼ぎを目論んだ無謀な信用取引をして、追証に追い込まれた人が多いようです。特にTATERUは3連続ストップ安で寄り付いた後も、信用買い残が急増(+889万株!)しています。つまり、3連続ストップ安でリバウンド狙いで買った個人投資家までが追証 ...

(このブログ記事を読むにはログインが必要です)このブログ記事は、第三弾指南書「株道の教え-最終章-」の読者限定特典となっています。なお、ログインページに関しましては永続的な運用を保証したものではありません。パスワードは、第三弾指南書「実践チャート検証①」の ...

株の怖さを知らなければ、自分の欲の代償に大損失を知ることになります。1000回のトレードと500回の過ちを繰り返さなければ、相場で生き残る相場観は養えません。しかし、近道はあります。他人の歴史に学ぶことです。※第三弾指南書「株道の教え-最終章-」は、下記二作の既読 ...

米国レイバー・デイ明けのマーケット。外国人投資家が夏休暇を終えて本格的に戻って来るのが、9月の第一月曜日の翌日(つまり今夜から)と言われています。買われるのか売られるのかは市場の株価水準に寄りますが、確実に言えることは儲けを生み出すために今後、ボラティリ ...

「パール富士とダイアモンド富士の共演」自民党総裁選が9月20日投開票で確定しましたので、すでに一ヶ月を切っています。株式市場も材料難の中、しだいに選挙色が強まってきそうです。安倍総理のお膝元、山口県の企業、4208宇部興産の株価が上がるというアノマリー(笑) ...

トルコショックの買い判断についての記事です。(この限定記事を読むにはログインが必要です)ログインはこちら。注意:下記の文中の「ログイン」という文字の上にカーソルをあわせクリックして下さい。 ...

来週からの売買判断についての記事です。(このブログ記事を読むにはログインが必要です)ログインはこちら。注意:下記の文中の「ログイン」という文字の上にカーソルをあわせクリックして下さい。 ...

(わらアートまつり:新潟県うわせき潟公園)こう着感が強まっている8月。相場は波に例えられる。大きく下落しない相場は大きな上昇も生み出さないのが相場の原理原則。相場の大局は、米国発の貿易戦争と利上げによる海外のリスク資産流出(上海総合指数)であり、足元は高 ...

「清流 四万十川:高知県」日経平均は5/21・6/12に続いて三度目の23,000円にトライしましたが、やはり、短期サヤ取りの利確や戻り待ちの売りに押され、簡単には超させてもらえませんでした。今後、ボックスを上放れるにしてもこの押しはトレンド維持に必要な調整(売りの吸 ...

ここからの売買判断についての記事です。(このブログ記事を読むにはログインが必要です)ログインはこちら。注意:下記の文中の「ログイン」という文字の上にカーソルをあわせクリックして下さい。 ...

月曜の-492円安は、空売り筋の先物主導のヘッジ売りということが先物の出来高からも明確ですので、その下落理由に根拠を探しても仕方ありません。強いて言えば、年初の信用期日を狙った需給的なタイミングであったということになります。日銀のETF買い支えが行われな ...

(画:淡水ルリーシュリンプ/ベルベットブルー)ここまで、海外勢は年前半で売り建てていた日経先物のポジションを外す、つまり、日経平均先物を買い戻しているとお伝えしてきました。その結果、4月以降の225型の上昇に繋がり、直近の世界貿易戦争の懸念から、TOPI ...

「画:りんごの花とミツバチと受粉」今回も私のもとへこのようなメールが何通も届くようになったと心配しておりましたら、数日後、新興株が反騰し始めました。一番苦しく、売りたいところが買い場ということなのでしょう。「株は(心理)需給」を物語っていますね。----- Or ...

ログイン記事はこれからも改良を加え、さらに充実させていくつもりですが、現状のログイン記事の内容を知りたいという問い合わせが複数ありましたので、指南書に触れる箇所を黒塗り(伏字)にした上で、前回(5/28)のブログのログイン記事を本日からパスワードなしで表示さ ...

このページのトップヘ