images

本ブログでは、現物取引を推奨しています。
しかし、以前行った当ブログアンケートでも感じたのですが、信用取引で株を短期売買する個人投資家はかなり多く、塩漬けで長期保有になり、泣く泣く返済期日で損失を確定せざるを得ない結末になっているようです。ブログ読者の一人から、興味深いメールを頂いたので転用します。

◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「S様より頂いたメール」

よくブログを参考にさせていただいております。発信力のある御ブログから、注意喚起して頂くことで少しでも正常な株式市場になればと思います。

個人投資家に人気の出た時価総額5千億くらいまでの銘柄は、ほぼ高い確率で空売り筋にコントロールされます。
信用買いすると株券の名義は、日本証券金融か証券会社になる。機関に貸し出しされ売り崩され、長期下降トレンドにコントロールさせる。損切りできない投資家が多く、半年の期限まで決済しないから、証券会社は金利が儲かる。結局、売らされることになります。

この状況下では、現引きが空売り筋への攻撃になります。現引きすれば、株券は自分の名義になり、空売り筋は株券の返却が必要になる。だから強制的に買い戻させることにつながります。

空売り筋の実弾が減れば、需給がタイトになり、上がりやすくなる。普通買いが増えれば需給が 締まると思うが、信用買いでは、買った株は、他人が売りに使う。
空売り筋にコントロールされそうな銘柄は、信用買いは、デイで使うか、その日のうちに現引きすることです。

このことを個人投資家へ周知しないとすべて巻き上げられ、景気も良くならない。発信力のあるこのブログから注意喚起できるのでは、と思いメールしました。
この状況になっている銘柄で知っているのは、DeNA、コロプラ、東京競馬場、マネックス、吉野家です。この辺りは、何割かの信用の買い手が一斉に現引きするとおもしろいことになります。

※以上(そのままの転記です)
◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

さて、
こちらは信用評価損率です。
(図をクリック、大きくして見て下さい)

exe
評価損率-○○%を下回ると追証発生の水準、-15%で投げ売り-○○%が相場の底入れを越してバーゲンセールです。逆に-3.5%に近づくとそろそろ天井圏。現物株を取引をする上でも非常に参考になる指標です。

〇の答え  「現在ランキング第2位」
※リンク先のランキングの当ブログ説明文の中に「答え」が記載されています。数日で消えます。


もう一度、図表を見て下さい。
ほとんどより下限推移。つまり、信用取引をしているほとんどの投資家が含み損を抱えている状態ということです。信用(借金)で利益を上げることがいかに難しいかわかると思います。

きれいごとを言っても、信用も先物も借金取引であることに変わりありません。どうしても信用取引をしたい人は、消費者金融で300万円借りて、現物投資してみてください。それと同じことをしようとしているのです。かつての私のような生き地獄を見る人が一人でも減ってもらいたいと思います。



株の怖さを知らなければ、自分の欲の代償に大損失を知ることになります。1000回のトレードと500回の過ちを繰り返さなければ、相場で生き残る相場観は養えません。しかし、近道はあります。他人の歴史に学ぶことです

実践編!詳しくはタイトルクリック!
「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組の厳選手法38連発!


「ご購入者さまの声


Subject:
RE: 「株道」フォローメール

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: 東京都の●●です

●●

こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。

まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: Re: こんばんは、●●です。_ありがとうございました

相場帳著者 様
いつもお世話になっております。●●の相場についてアドバイスありがとう
ございました。
実は先週末、1銘柄だけですが買い進めていたポジションをクローズ
しようかどうしようか迷っていて、持ち越してしまいました。落ちたところ
をもう少し拾おうと考えていたので、月曜に単純に買い増しかなと考えて
いましたが、追証売りのシナリオも考えないといけないことに気づかされました。
良いタイミングでアドバイスいただけて助かりました。今回購入させて
いただいた相場帳第2弾も、本にはあまり書いてない”ツボ”や”コツ”が
満載なので、大変参考になります。何度も読み返したいと思います。


もっと早く相場帳に出会えていれば、昨年はもう少し利益が出ていたかも・・・
と今更ながら思います。まだまだ勉強することがたくさんあります。
タイムリーなブログの方も楽しみしています。著者様のご健康とますますの
ご活躍をお祈りしております。
Chieko


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Subject: RE: フォローメール

●●様

商材とフォローメールありがとうございます。
他の方々同様、もう少し早くに出会えてたらと思うばかりです。

数年前より介護のため、仕事をやめましたが
少しでも老後の生活にと投資をはじめました。
が、かなりの痛手を負いました。

これでやり直せるように勉強したいと思います。
書かれてたように掲示板やランキングで銘柄選択をしておりましたし、
今も、塩漬けで資金は3割程度しか残ってませんが、
●●様の言葉を読み返し勝ち組になりたいと思います。

ありがとうございました。

8ebb282164fe5292932307e140de29ae
※以下の文章は、今後の購入者の方に伝えたいという主旨で御礼メールを頂いております。

  私の考えを良く代弁してくれている内容なので、ここに掲載します。

Subject: Re: こんばんは。


資料のご送付ありがとうございます。

私は昨年の高騰時期である5月のGWに株の売買を始めました。
投資金の100万円で全力買いを行い、その後すぐに来た暴落にて、
夏の時期は30万円程度のマイナスでした。
その時にこの株道のブログに出会い、相場帳の第1弾を購入して「暴落時に勇気を持って
買う」を実践した結果、年末にはプラス50万円まで持ち直すことができました。

今回の第2弾を楽しみにしていましたが、第1弾と比較して、2倍の価格でしたので
若干購入をためらいました。
しかし、中身を見てそれも納得しました。

情報量が前作の2倍以上であり、テクニカル分析だけでなく、市販の本では決して書いて
いない(書けない?)ような心理ノウハウについて書かれていました。
確かに、全体の10%でしか勝つことができない株取引の世界でプラスを得るためには、
皆と同じ行動をしていてはいけないと感じました。

また、第2弾では、信用取引や新興株の売買方法にも記載が有り、より売買に幅が広がった
気がします。私は損切りがとても苦手ですので、損切りについての指標となる情報が多かった
のも嬉しかったです。

購入銘柄の選び方の情報が少ない気もしましたが、銘柄選びよりも買う時期の方が大事だと
理解しました。
相場の状況に応じて臨機応変に銘柄を探していきたいと思います。

投資顧問会社等で推薦している銘柄をそのまま買う方が楽なのですが、
他力本願なのでいつまで経っても本当の実力は付かないと思っています。
また、自分で色々調べて選んだ銘柄が思惑通りに高騰すると、収入を得られた以上の喜びを
感じます。

「株道」は単なるテクニックというよりも、状況に応じて臨機応変に対応できるような
取り組みの心構えや方法について教え、最後は試行錯誤を繰り返しながら、
自分で最終判断を下せるような本格派の投資家になるための道- と理解していますが、
正しいでしょうか。

今回の相場帳第2弾は「”早く”本格派に成長するための道しるべ」となるノウハウが網羅されて
いる感じがしています。

たまにyahoo掲示板などの情報を見て、流行りの銘柄に飛びつきたくなる時も有りますが、
そのような時には相場帳を見直して、私の心を戒めるようにしています。(笑)

これからも何度も何度も相場帳を見直すと思います。
第3弾も是非期待しています。

では。


 第二弾!詳しくはタイトルクリック!
「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

 
損切り一回分にも満たない低価格。
  あなたの投資人生が変わります。