gatag-00007957

年度末最終売買日(3月31日)の陰線引けは11年連続でしたが、12年目の今年もアノマリー継続となりました。

日経平均は後場失速、19,000円を割り込みました。

3/31 大引け 18,909円(-153円)
25日線かい離:-2.12%

しばらく一目均衡表の雲の下限でピタリと下げ止まっていましたが、新年度相場の新規買いを期待する市場の梯子を外す格好となっています。単なるファンドの益出しで終われば良いのですが、非常に後味の悪さが残る最終営業日となりました。

日経平均 日足チャート
951
ボックス往来相場はまだ続いていますが、18,850円-18,750円-18,650円ゾーンまでの押しがあっても何らおかしくない株価水準です。それ以上の押しはトレンド転換を示唆してきます。「今動くべき時ではない」というのが結論です。

日経平均 週足チャート
632
定石で言えば、18,000円割れからのエントリーに買い安心感と言えますが、そんな誰でも想定できる仕込みチャンスが早々に来るのかはまだわかりません。

目先は、日足の雲の下限戻しに加え、下降し始めた週足13週線の行方と26週線の18,700円辺りを意識する攻防となりそうです。

(追記:4/4時点、最安値18,703円下ひげ形成しています。次割れると、リスクオフが先行します)

もちろん、空論で終わり、あっさり新年度相場入り20,000円を目指す展開もゼロとなっていません。大切なことは机上の分析で頭の体操を繰り広げておくということ、それも含めて研鑽・経験値だと知りおくことです。

参考までに26週線を13週線が上抜けしたタイミングで〇〇〇が形成、逆に26週線を13週線が下抜けしたとき、〇〇〇と判断されます。



〇の
答え
 (終了:大相場・大暴落)
※ブログランキングサイト、当ブログの紹介文中に「答え」があります。

d0034447_13372389

この半年、トランプ相場で
空売りエントリーした個人投資家の方も多かったと思います。最近では、日経平均の下落に連動するベア型ETFを現物で保有するスキームが人気のようです。ただし、信用取引、かつ、売買高の少ない小型株を空売りするとなると話は異なります。今回、ご自身が体験した空売りの恐ろしさを伝えてきてくれた人がいます。普通の方であれば、そのような気力は残っていないのが正常でしょう。この方の崇高さと勇気に敬服します。初心者の方は、他山の石とするべき良文です。そのメールを原文のまま紹介します。

*は伏字です。ご了承下さい。

----- Original Message -----

Date: 2017/3/31, Fri 01:26
Subject: 運命の日

株道さま

お世話になっております、田です。
先日は、「相場帳」をお送り頂き、ありがとうございました。

実は今日。3月30日。

今日は、私の運命の1日になりました。

このことは、どーしても誰かに話したくて。
でも、誰にも言える人がいなくて。

先日、送って頂いた株道さんの「相場帳」を見ていたら。
株道さんに聞いてもらいたくなって、メールしております。

不躾で申し訳ございません。

でもーーー

愛する妻との老後のために。かわいい子供のために。
株で真剣に資産を築こうとしている人達のためにも、
知ってもらいたいと思ったし。

そーいう方々のために、
「相場帳」という貴重なノウハウを、
株道さんが作成して下さってみえるので、
私からも「待つこと」がどれだけ大事で、
「信用取引」がどれほど恐ろしいことか。

株道さんのニュアンスに置き換えて頂いて、
真摯に株に取り組もうとされている人達に、
知って頂けたらと存じます。

これはちょうど、
株道さんの「相場帳」を注文する3日前の、
3月22日のことです。

私は、昼夜2交替の工場で働いていまして。

その日は夜の勤務だったので、
朝8:30には、仕事場を離れて、
近くのイオンモールに買い物に行きました。

いつものように、9:00の相場が開き、
Yahoo!ファイナンスの「値上がり率ランキング」を見ながら、
上位の銘柄に「カラ売り」をしかけようとしていました。

前日の夜に、
「少しでもプラスになったら、利食いしていこう」
「指値を入れると大口にバレるみたいだから、成行だけでしかけよう」と、
新しくルールを決め。

上がったら、ナンピンをして、
トータルでプラスになったら、利食いをしました。

ランキング上位の何銘柄かで、
利食いに成功し、「計12,000円」位になり、
少し手応えを感じました。

ここでやめれば良かったのですが・・・

ふと、BNFさんが前場も後場もパソコンの前で、
一所懸命にキーボードを打つ姿が映りました。

そしてーーー

「BNFさんも、あーやって頑張ってたもんな」
「オレも、あと少し頑張ってみよう」

ということで、
さっき、利食いしたばかりの「澤藤電機」という銘柄に、
向かいました。

これは、単元が1,000株だったので、
「日本郵船と単元が同じで、値動きがありそうな銘柄だ」
と思い。

下がった所で、1,000株。
上がったので、1,000株。
また、上がったので1,000株。入れた瞬間。

「岐阜大学と澤藤電機が共同で、アンモニアから水素を製造する装置を開発」

というニュースが流れて、ストップ高。

この時は、
●ニチハ 300株
●スタートトゥデイ 200株
●大林道路 100株

どれも、損失を抱えていましたが、
余力を60%位でキープしていたので、
「明日下がれば少しは利確できるだろう」と軽く考えていました。



そしてーーー

3月23日。
3月24日。

3日連続のストップ高。

ここではじめて、
「ストップ高が連続すると、値がつかないので手も足もでない」
ということに気がつきました。

まさか、3日も連続でストップ高になるとは、
思ってもみませんでした。

その日の夜に、
「月曜日には下がるか?」という材料を探したところ、
***也」というアナリストさんが「売り推奨」としていたので、
「月曜には下がるかもしれない」とみていまいた。

そしてーーー3月27日

4日連続のストップ高

ここで、信用余力が20%台になってしまったので、
慌てて、ニチハをすべて返済し、余力を上げました。

この辺りから、
「踏み上げの本当の恐ろしさ」を知ることになりました。

「いったい、何日続くんだろう?」

そう思って、過去のストップ高を調べた所。

「2009年【フィスコ】が18連続ストップ高」

というのを見て。


頭が真っ白になりました。


身体が寒くてたまらなくなり、
何度も何度も吐き気に襲われ、
食欲もなくなりました。

でも、妻に疑われてはいけないと思い、
食事はお茶で無理やり流し込み、
布団に入って縮こまるしかありませんでした。



3月28日ーーー5日連続のストップ高

朝イチでスタートトゥデイを返済し、
とにかく、明日を祈るしかありませんでした。

「10連続。20連続したら、
 どれほどの損失になるんだろう?」

ほんとに怖くて怖くてたまらなくなりました。



3月29日ーーー6日連続のストップ高

この日 「余力5%」になり、
**証券から追証メールがきたので、
カスタマーセンターに電話し、
「もうお金がないんです。どーすればいいでしょうか?」
と、訪ねたところ。

「17:00過ぎに比例配分方式で、
 約定していれば追証は出ないと思いますが、
 買いが10倍以上入っているので、
 かなり難しいかもしれません」

との回答を頂きました。

やはり、17:00に約定はしませんでした。

私の部屋には、

「資産を1,000万作る!」
「家族で海外やいろんな楽しい所にいく」
「思い出作りが肝!」

といった、
株をはじめたときに立てた目標が貼ってあります。

妻からは、
「できもしない目標を立てるな~」
と笑われてましたが・・・

「損失が1,000万になりました」

そんな結果を報告したらーーー

妻はどんな気持ちになるか?

家はどーなるのか?
車はどーなるのか?

妻も子供も、道連れで、
死ぬまで借金を返し続ける生活になるのか?

夏休みも
クリスマスも
お正月も

何も喜べない人生になるのか?

考えただけで、
頭がおかしくなりそうでした。


「東日本大震災の暴落のあと、
 原因不明の人身事故があちこちで起こった」

という記事をみたとき。

気持ちがどこかに持って行かれそうになりました。

まさか、
自分が40歳を前に、そーいう道にくるとは、
想像もしていませんでした。


一生を懸けて、
子供たちのために資産形成の基盤を作ろうと、
いろいろやってきたのに…


ぜんぶ台無しにしてしまって。

父親として失格だと思いました。


1歳のとき。
熱痙攣を起こして、心臓が止まり、
小児科の先生に助けてもらったこと。

小学校3年生のときに、
交通事故で臨死体験をしたことを思い出しました。

いったいなんのために、
2回も生かしてもらったのか?

わけがわからなくなりました。


苦節39年間かけて発見したのは、

「信用取引は恐ろしい」

これだけでは、誰も納得しませんよね。

「あの時やめておけば…」

後悔してもしきれませんでした。



そしてーーー

今日 3月30日

いつものように、仕事にいき、
9:00の開始に神経を集中していました。

ところが、
9:00を過ぎても**証券からのメールは来ません。

「また、今日もか!」

そう思って、諦めたとき。
**証券から「約定通知メール」が届きました。

急いでトイレに駆け込み、
メールの中身を確認すると、

「888円 3,000株 約定」



とにかく泣きました。

爺ちゃん婆ちゃんに、
何回も何回も「ありがとうございます」と言いました。

嬉しくて嬉しくて。
死なずに済んだことに、
とにかく泣きました。


「買いは家まで。売りは命まで。」

この意味がハッキリ理解できました。



株道さんが仰るとおり、

「信用口座を開いた時点で負け」

これを痛感しました。

自分がいかに危険なことをしてきたのか、
リスクが高いことをしてきたのか、ゾッとしました。

「空売り」にばかり、意識がいってしまって、
たまたま今まで無事だったのが、奇跡だったと思いました。


追証で生じた不足金も、
10,260で済みました。

わかっているようでわかっていなかったこと。

それは、「じっと待つこと」なんですね。
じっと待って「現物」を買うこと。

お金を増やそうと、セカセカして、
「信用」をかけたら、終わりなんですね。


大口は、いつでもストップ高(安)を作る資金がある。

一生の借金地獄を選ぶか?
一年数回くる暴落を待つか?

どっちが、低リスクなのか?


*****さんという方が言ってた、
「メンタルが大事」というのは、
「そーいう意味だったのか?」と、
あらためて実感しました。


信用取引で入れた証拠金はすべて吹っ飛びましたが、
たまたま昨年現引きした、

日本**3,000株
**HD 1,000株

この2つの現物が残っていたので、
これからどーするか。模索しています。

今回の一件で、
相場が怖くなりました。

・株をやめるべきか?
・続けるべきか?


じっくり考えてみようと思います。




家族がいて、命さえあれば、お金の問題は時間の経過と共に消えていきます。そして、戒め・教訓として残り、その後の人生は間違いなく正しい方向に導かれます。

交通事故で人をあやめたわけでもありません。
投資での失敗は取り返しがつきます。

2千万までのお金は、特能がなくとも勤勉に働けば元に戻せます。

多くの方を救う、この文章を送ってくれた方に、多幸と金運が訪れますように・・

心から願ってやみません。株道より。







下記の「ご購入者さまの声」をぜひ一読下さい。この指南書がもしあの時、手元にあったなら、私は1,800万円を失うことはなかったと断言できます。数百万の資金を失い、数十年の時間を空費する前に、私の失敗の歴史と経験値に学んで下さい。

株の怖さを知らなければ、自分の欲の代償に大損失を知ることになります。1000回のトレードと500回の過ちを繰り返さなければ、相場で生き残る相場観は養えません。しかし、近道はあります。他人の歴史に学ぶことです

指南書実践編 詳しくは下記タイトルをクリック

「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組だけが知っている厳選38手法を公開。
あなたの投資が変わります。
信頼と実績で好評発売中!

「ご購入者さまの声」


Subject: RE: 「株道」フォローメール

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: 東京都の●● です

こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: Re: ありがとうございました。

株道 さま

相場帳・実践編の資料送付、ありがとうございました。

数回にわたり拝読し、「真」に迫った実戦的な中身に加え、
ご自身の体験からの想い・気持ちの入った文章にもリスペクト
を抱きました。心から、感謝申し上げます。

特に、暴落相場で投資する具体的な方法は、これまでさまざまな
投資本・ブログなどを読む中で、初めて眼にしたものでした。
東日本大震災やリーマンショックの大暴落以後、株価が上がった
ことは知っていましたが。。実践的手法には初めて触れました。

これまで4度にわたり、(少ないものの)全財産を失った賭博的な
取引を止め、「ヘッジファンドが動くまで待ち、追い掛ける」投資
にチャレンジしてみます。

早速、8月・9月の暴落時には想い切って買い向かい、少ない
ものの利確できました。また、ブログで読ませていただきました
電算システムもタイミング良く投資でき、たいへん感謝しています。

以下、省略・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: RE: フォローメール
●●

商材とフォローメールありがとうございます。
他の方々同様、もう少し早くに出会えてたらと思うばかりです。

数年前より介護のため、仕事をやめましたが
少しでも老後の生活にと投資をはじめました。
が、かなりの痛手を負いました。

これでやり直せるように勉強したいと思います。
書かれてたように掲示板やランキングで銘柄選択をしておりましたし、
今も、塩漬けで資金は3割程度しか残ってませんが、
●●様の言葉を読み返し勝ち組になりたいと思います。

ありがとうございました。