f1cb5e9c

2015年1月、「子育て世代が保有したい優待銘柄」というタイトルのブログ記事を書きました。

→過去記事「子育て世代が保有したい銘柄」

今回は、これらの銘柄のその後を検証してみます。
指南書の理解もより深まると思います。

一番上昇幅が大きかったのが東証二部のこの銘柄です。
2412
政府の子育て支援策・企業の人手不足解消のための福利厚生支援策などが強力な底岩盤となり、幾度の市場全体暴落にも上昇トレンドを維持したまま株価は約4倍となりました。「〇〇〇〇〇〇」というのがこの銘柄を見つけ育てあげるだったと思います。

4343
遊戯施設を展開するこちらの銘柄は2.2倍となっていますが、アジア圏への海外進出が株価上昇の後押しになったと思われます。3397トリドールもそうでしたが、海外進出に成功している銘柄は販路が急拡大しているので設備投資後しばらくして増収増益を繰り返します。早々に手放してはなりません。海外出店の成功がのろしです。

2211
ペコちゃんの不二家ですが、4年に及ぶ長い横ばい相場が続きました。優待でクリスマスケーキを頂きながら、ひたすら耐えるしかないのですが、これだけ我慢の時間を強いられると、〇〇%も上放れする局面では、個人投資家はやれやれと売却してしまうのです。売れば売るほど株価は軽くなるのが定石です。結果、その〇〇%超えの上昇はトレンド転換だったことを後に知ることになります。
7550
ゼンショーは人気の飲食店舗が勢ぞろいのグループ企業ですので、下がれば欲しい個人投資家は下値で待ち構えています。年初来高値更新中のマクドナルドを筆頭に、飲食優待は軒並み上げており、一旦手放すと買い戻せない現状が今なお続いています。飲食業種のトレンド形成に気付けたかどうかがカギとなります。
8267
イオンは2016年、大きな調整局面を迎えています。この時、何人かの方から「イオンの株価が買い値まで下がりました。一旦手放してまたさらに安く買い戻したいと思います」という趣旨のメールを頂きました。含み益から含み損に変わるから、手放すという判断は愚の骨頂です。冷静に直近天井からの下落率・過去の平均下落率を算出し、それ以上にオーバーシュートした株価は、買い増し(難平ともいう)で平均買い付け単価を下げる絶好の機会と捉えなくてはなりません。幸いにもこの銘柄は株数の増加で優待の還元率も上がります。

以上が紹介した全銘柄ですが、私自身は2015年以前のさらに割安な株価で保有していますので、含み損を心配することなく、一生付き合うつもりで長期保有口座に納めてあります。

私の長期保有口座の含み資産益が先日、過去最高益をあげたとブログで報告しましたが、お伝えしたかったのはこういうことなのです。

ハイリスクな新興市場銘柄でなくとも、時間を味方につけ、優待・配当に加え、キャピタルゲイン(売買差益)まで総合判断すると、東証一部・二部市場銘柄でも資産を数倍に拡大させることは無理な話ではありません。
2015年というのはアベノミクス相場開始から2年後のことです。


〇の答え (終了:国策に逆らうな・10%・10%)
※ブログランキングサイト、当ブログの紹介文中に「答え」があります。

jpg22



久々にお悩み相談メールです。

最近は、ブログの更新回数が少ないせいか「今後の株道さんの見通しを教えて下さい」「株道さんの今のポジションが知りたいです」といったメールが目立ちます。

それはお悩み相談ではないですね。

ネットで調べればすぐわかることを質問してくる人もいます。そういう方に限って、時間を割いて返信しても一行か二行で「ありがとうございます。助かりました」と書いただけの返信です。返信がない場合もあります。ほとんどの人は礼節をわきまえた方ですので、今後も可能な限り力になりたいと考えています。ただ、ご自分の考えや感想、助言に最低限必要なポジションを書いていない方のメールには回答できないこともあるのでご了承下さい。
無償ボランティアです。真剣な相談メールには、相談者の人生を救うつもりで回答しています。


----- Original Message -----

Date: 2017/5/28, Sun 04:22
Subject: 株道さん、教えてください
 
3753 フライトHDについて
 
11/25 1501円 500株購入  11/28 1759円 500株 利確 128133円
12/01 1501円 500株購入  12/13 1849円 500株 利確 173,133円
12/21 1824円 300株購入
12/21 1825円 200株購入
12/22 1782円 500株購入  12/27 1808円1000株 利確 3,352円 
12/28 1782円 500株購入
12/28 1714円 300株購入
12/29 1660円 500株購入  1/4 1565円 1300株損切り -203.448円
でいったん落ち着いた(懲りた)のですが、その後2/20まで株価が急騰。
あまりの急騰に、「1月の底値で買っていれば、いままでの取引で出した損失もすべて取り返せる」と勝手に思い込んでしまいました。
そこで、居ても経ってもいられず
2/20 1785円 500株高値掴み
2/21 1699円 500株難平買い
3/8  1480円 500株難平買い
3/14 1373円 500株 難平買い
我に返った時には時すでに遅し、再浮上するまでホールドしようと考えました。
理由として、5/15に決算発表予定もあり、業績は黒字に転換、アップルペイの恩恵もあり上昇するはずと思った。
昨年10月からの急騰も信用買い残の期限も5月に切れるので、下落の後、反転上昇するはずと考えました。
さらに
4/4  1282円1000株 買い 4/18 1213円  500株 買い
で5月15日に決算発表前に上昇し、手持ちのマイナスも-7%で一安心、ワクワクで決算発表を待ちました。しかし、来期の減益予想のみクローズアップされ、株価急落、塩漬け確定となりました。(今季の決算内容はすでに織り込み済み?)
さらに 5/16 1217円 500株 買い トータル4000株 1417.1円になっております。
手持ち資金の55%になっております。
 
すべては自分の欲が招いた結果です。現物株なので、これからの需要と業績の上昇を考え、2020年まで気長に待ちたいと思っておりますが、掲示板にも様々なコメントが載る中、悲観的なコメントが多くなりつつあり、機関に操られているような気がしてなりません。
株道さまのブログにも機関の怖さを忠告している内容をよく拝見しておりましたが、良い情報も関係なしの株価下落、今後の方針としては、信用残の減少を見ながらの追加購入。他の利益と相殺しながらポジションの調整を考えております。
指南書では絶対に推奨しない銘柄ですが、負けが込んでいる投資家(私)にはどうしても魅力的に見えてしまいます。
加えておたずねしますが、空売り規制がかかっていて、我々個人投資家は空売りが制限されていても、モルガン等の外資系とかは空売り可能なのでしょうか?
信用買いした場合の返済期限は6ヶ月のはずですが、延長する方法があるのでしょうか?
株価下落中でも信用買い残があまり減らないのは、どういう仕組みなのでしょう?
さらに、株主総会に向けて株価を上昇させるようなことはあるのでしょうか?
ぜひとも、株道さまの見解とアドバイスをお聞きしたく、お願い申し上げます。



無題2
回答:

これ以上の買い増しはすべきではありません。
逆にポジションを小さくしないとあなたのポートフォリオは身動きがとれなくなります。

小型株500円の株が4倍の2,000円に急騰しました。この時点で少なくとも目先1年半から約2年の調整を覚悟しなければなりませんでした。

お気づきの通り、他銘柄の含み益で、含み損とポジションを相殺、縮小させるのが先決です。


空売り規制がかかっていても、モルガン等の外資系とかは空売り可能なのでしょうか?

売り禁下での日証金を通じた信用売りは機関と言えどもできません。ただし、大口からの「貸株」による空売りは可能です。


信用買いした場合の返済期限は6ヶ月のはずですが、延長する方法があるのでしょうか?

個人投資家に延長救済措置はないはずです。
機関投資家の返済は売買契約に基づき、そもそも返済期限という概念がないのではと思われます。


株価下落中でも信用買い残があまり減らないのは、どういう仕組みなのでしょう?

質問の意図が分からないのですが、株価が下落すれば既存の売り残が減少し、新規買い残が増加しても何ら不思議ではないと思います。


さらに、株主総会に向けて株価を上昇させるようなことはあるのでしょうか?

これは企業トップの考え方次第です。無理に吊り上げた株価は後に必ず修正されます。お化粧買いに過ぎません。


〇の答え
※リンク先、当ブログ紹介文の欄に「答え」があります。



日経平均が2万円台となりました。外国人投資家の買い越しは8週連続となり、買い越し総額は1兆5,000億円超となっています。相場を知っている人は少しずつ警戒し、知らない人は浮ついてきます。信用評価損益は売り方-13.0%、買い方-3.8%です。売り方が踏み上げられ苦しい状況が続いていますが、まだ売り玉を投げさせられるほどまでは追い込まれていません。私がアナリストなら、20,300-20,500円水準からの空売り買戻し(ショートカバー)による一段高と、その後の反動安での個人投資家の新規買い越し状況をみていく展開を予想するのですが、相場の一寸先は闇、真実は時に想像を超える・・謙虚に夏相場をチャンスに変えていこうと思います。

Richard-Silvera1

下記の「ご購入者さまの声」をぜひ一読下さい。この指南書がもしあの時、手元にあったなら、私は1,800万円を失うことはなかったと断言できます。数百万の資金を失い、数十年の時間を空費する前に、私の失敗の歴史と経験値に学んで下さい。差し伸べた手を掴むかどうかの最終判断はあなたの宿命です。


指南書実践編 詳しくは下記タイトルをクリック
「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組だけが知っている厳選38手法を公開。
あなたの投資が変わります。
信頼と実績で好評発売中!

「ご購入者さまの声」


Subject: RE: 「株道」フォローメール

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: 東京都の●● です

こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: Re: ありがとうございました。

株道 さま

相場帳・実践編の資料送付、ありがとうございました。

数回にわたり拝読し、「真」に迫った実戦的な中身に加え、
ご自身の体験からの想い・気持ちの入った文章にもリスペクト
を抱きました。心から、感謝申し上げます。

特に、暴落相場で投資する具体的な方法は、これまでさまざまな
投資本・ブログなどを読む中で、初めて眼にしたものでした。
東日本大震災やリーマンショックの大暴落以後、株価が上がった
ことは知っていましたが。。実践的手法には初めて触れました。

これまで4度にわたり、(少ないものの)全財産を失った賭博的な
取引を止め、「ヘッジファンドが動くまで待ち、追い掛ける」投資
にチャレンジしてみます。

早速、8月・9月の暴落時には想い切って買い向かい、少ない
ものの利確できました。また、ブログで読ませていただきました
電算システムもタイミング良く投資でき、たいへん感謝しています。

以下、省略・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: RE: フォローメール
●●

商材とフォローメールありがとうございます。
他の方々同様、もう少し早くに出会えてたらと思うばかりです。

数年前より介護のため、仕事をやめましたが
少しでも老後の生活にと投資をはじめました。
が、かなりの痛手を負いました。

これでやり直せるように勉強したいと思います。
書かれてたように掲示板やランキングで銘柄選択をしておりましたし、
今も、塩漬けで資金は3割程度しか残ってませんが、
●●様の言葉を読み返し勝ち組になりたいと思います。

ありがとうございました。