DXhjsNtUMAEp5St

「われわれとロシアの関係は冷戦時代を含め、史上最悪だ!」(トランプ氏のツイート)

シリアへの攻撃はトランプ氏の最終決断次第・・
軍事的選択肢の準備はすでに整っているようですが・・

「重大な決断を下す」とされていた期限の48時間は過ぎています。

軍事行動は突発であるから、市場に不安があふれリスクオフムードが広がります。アルゴによる急落反応も不意打ちほど暴走します。事前予告し、日柄が経過すれば、過去の経験則からも、むしろ出尽くし感・あく抜け感となって直後からポジティブに株価が動くことの方が多いように思います。

かりに悪材料の織り込みが〇〇〇〇シリア攻撃となり、不運にもアルゴが下に走り21,000円の支持線まで突っ込んでくることになれば、「有事の買い」。攻撃がなければ「有事回避の買い」。現状の需給側面からの強い上昇条件が一気に整うことになるかもしれません。事がことですので、煽るつもりは毛頭ありません。自己責任の範疇で、「人のいく裏に道あり、花の山」を意識されると良いでしょう。

副次的な材料悪化も懸念されますが、今の需給環境にとっては少なからずプラスとなるはずです。

多くの個人投資家が買いポジションを外せば外すほど、売り建てれば売り建てるほど、市場はその需給変化を捉え、反騰の動きを作り出すことになります。
441

株は不安の集団心理でも一時的に動きますが、中長期では〇〇がすべてです。知らないことが不安を煽りますので、この機会に、「軍事行動」と「市場の集団心理」をご自分の投資ノートに綴っておくことです。私の指南書はそのデータの積み重ねで生まれました。投資メンタルは経験を忘れないことで培われます。

→「三流の売り材料ではあるが、利用するのはヘッジファンドであることを忘れてはならない」(参考記事)」

指南書の購入特典4の「Xデー、その日に買う銘柄」へのエントリーも現段階から(特に週末の持ち越し)は売買タイミングが難しくなるはずですので、初心者の方は見送った方が良いと思います。


〇の答え (終了:浅い状態)
※ブログランキングサイト、当ブログの紹介文中に「答え」があります。

826931e4486d5b06f29a860765429fa9

松井証券が公表しているマザーズの信用評価損益率は、
10日時点で、
売り方が
-〇〇.46%
買い方-12.28%でしたが、
11日には、
売り方
-14.64%
買い方-14.57%となっています。
※本日は12日(木曜18:00台)の更新です。

売り方は追証に追い込まれ、昨日の段階で売り方・買い方がほぼ拮抗の同水準となっています。相場の方向性が掴みづらいのも無理はありません。

この指標は個人投資家の
最新動向投資家心理が如実に表れますので、指南書「株道の教え-最終章-」の参考値を併せて相場判断に役立てて頂きたいと思います。

それにしても、この数字を見れば、いかに信用取引が
儲からないかがわかります。買っても売っても損失です。


私はかつての失敗教訓から信用取引を一切しないので、ブログは空売り目線で綴っていません。

現状の相場環境は、長期で強気になれる地合いではありませんので、ヘッジ売りの代わりに投資余力の6割を残すといった長期下落トレンド入りにも備えたポジション対応を心掛けています。
こちらは2000年以降の年足です。
445
日経平均は大きく21,000円を下方かい離してはいけない株価水準にあることがわかると思います。またこの先、歴史に残るような大暴落に見舞われても、一旦18,300円がテクニカル上の下値目処になることも想定できます。いきなり底なし沼ではありません。

過去記事(2/17)引用:
>>21,000円を大きく割れた場合の日経平均の下値支持線について質問が多いので記載しておきます。
(※日経平均の性質上、日経平均の下落率と個別銘柄の下落は必ずしも比例しません)

20,000円(-17%の下落)
19,200円(-21%の下落)
18,300円(-24%の下落)

<<

株はどの時点で
途中下車しても自由なので、トレンドが下だから儲けられないといったものではありません。買い場の判断さえできれば、空売りをしなくとも年間で十分な利益をあげることができます。(エントリー回数と利益は比例しません。むしろ反比例します)

騰落レシオ 102
(中立)

25日移動平均線はようやく
上向き、乖離はほぼありません。
露出度の高い(個人投資家好みの)安値更新銘柄への中途半端なエントリーは、こういった地合いでは
より一層調整しますので、特に値惚れ難平には気を付けて下さい。


〇の答え(終了:-20.46%)
※リンク先、当ブログ紹介文の欄に「答え」があります。




相場を動かすのは「集団心理」
テクニカルや業績・成長性がすべてと思っている方は、一度、投資心理分析の集大成「秘儀三十八手」を手にとって下さい。ブログには書けない経験則が満載です。


指南書実践編 詳しくは下記タイトルをクリック

「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組だけが知っている厳選38手法を公開。
あなたの投資が変わります。
信頼と実績で好評発売中!

「ご購入者さまの声」


Subject: RE: 「株道」フォローメール

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: 東京都の●● です

こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: Re: ありがとうございました。

株道 さま

相場帳・実践編の資料送付、ありがとうございました。

数回にわたり拝読し、「真」に迫った実戦的な中身に加え、
ご自身の体験からの想い・気持ちの入った文章にもリスペクト
を抱きました。心から、感謝申し上げます。

特に、暴落相場で投資する具体的な方法は、これまでさまざまな
投資本・ブログなどを読む中で、初めて眼にしたものでした。
東日本大震災やリーマンショックの大暴落以後、株価が上がった
ことは知っていましたが。。実践的手法には初めて触れました。

これまで4度にわたり、(少ないものの)全財産を失った賭博的な
取引を止め、「ヘッジファンドが動くまで待ち、追い掛ける」投資
にチャレンジしてみます。

早速、8月・9月の暴落時には想い切って買い向かい、少ない
ものの利確できました。また、ブログで読ませていただきました
電算システムもタイミング良く投資でき、たいへん感謝しています。

以下、省略・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: RE: フォローメール
●●

商材とフォローメールありがとうございます。
他の方々同様、もう少し早くに出会えてたらと思うばかりです。

数年前より介護のため、仕事をやめましたが
少しでも老後の生活にと投資をはじめました。
が、かなりの痛手を負いました。

これでやり直せるように勉強したいと思います。
書かれてたように掲示板やランキングで銘柄選択をしておりましたし、
今も、塩漬けで資金は3割程度しか残ってませんが、
●●様の言葉を読み返し勝ち組になりたいと思います。

ありがとうございました。






#相場 #暴落 #信用取引 #アベノミクス #株主優待 #塩漬け #ノーポジション #損切り #ロスカット #騰落レシオ #逆張り #空売り #日銀ETF買い #官製相場 #需給 #出来高 #売買代金 #海外投資家 #外国人投資家 #GPIF #テクニカル指標 #25日移動平均線 #一目均衡表 #個人投資家 #ヘッジファンド #ナンピン #長期投資 #NYダウ #踏み上げ #マザース #追証 #相場依存症 #株 #桐谷さん #株主優待生活