124700985287816200333_IMG_2912

今夜の米国市場はメモリアルデーの休場ということで、市場参加者が少ないことは想定していましたが、それにしても東証一部の売買代金が1兆8,136億円。
今年二番目に低い商いとなっています。

111

5/21~24にかけての陰線のように薄商いで売り仕掛ければ(きっかけ一つで)簡単に値を崩すことができます。ただ、結果的には大商いとはなりませんでした。本気で崩すにしては消化不良。本質は、材料ではなく、そこで需給はどのように変化したかということです。

直近の悪材料もどき
◎現在2.5%の輸入車関税を10倍の25%に!?
◎シンガポールを巻き込んでまで準備させている米朝首脳会談をキャンセルに!?

到底、成熟した政治経済レベルとは思えません。

質の悪い材料が出て、上昇トレンドの勢いを挫かれましたが、大人の駆け引きに過ぎません。私はまったくこれらの材料をトレードに織り込んでいませんし、その必要もないと思っています。投資は情報があり過ぎると本質が見えてきません。本質とは需給です。需給とは半年前の過去から現在にかけて誰が売ってきたのか、誰が買ってきたのかという売買動向です。

テクニカル上は、一目均衡表(日足)の雲のねじれが発生する場所は〇〇〇が〇〇〇〇ので〇〇〇となります。
(変化日は5/30)

未消化分は日柄か値幅で調整してくる可能性も否定できませんが、〇〇〇移動平均線の前後で値を保っている間は、長期の上昇トレンドは継続していると見ています。

市場を取り巻く大人の都合(相場の真実)と日本株が売られているもう一つの理由を後半の記事でお伝えしたいと思います。


〇の答え(終了:方向感が出やすいので要注意・26週)
※ブログランキングサイト、当ブログ紹介文に「答え」があります。





(続きを読むにはログインが必要です)

※今回のみ「パスワードなし」で表示させています

a0031821_2051296


各種指標現況です。

TOPIX6日続落
日銀ETF買い入れは4営業日連続。
          5営業日連続40%超え

          (中立)
           (中立の下限)
13                                とされる

※パスワード保有者の黒塗り箇所の確認はブログの最終段落にある「ログイン」でエントリーして下さい。


上値抵抗ライン:23,600円、23,100円、23,000円、22,650円
下値サポートライン:22,500円、22,240円、21,900円

もう一つの市場を取り巻く大人の都合(日本株が売られた理由)とは、31日(木曜)に実施されるMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)の銘柄入れ替えに伴う、多くのパッシブファンドのリバランス需給と日本市場からの3,500億円もの資金流出の影響です。

結論から申し上げると、この需給イベントが要因で日本株が事前に売られなければならなかったと仮定すれば、このイベント通過は日本株にとって明らかな好材料となります。その可能性が高いと思います。

急落で深押しとなれば、個人的には株を購入するつもりでいます。
(追記:株道投資でいうところの「暴落」の買い場という意味ではありません)

今年前半の傷跡、6兆円ともいわれる先物売り残高。

押しのない相場は存在しません。これをいつ買い戻すのかが、今年の日本株マーケットのポイントとなります。

参考:株道の教え最終章「正しい逆張りのやり方とは」を再読下さい。



◆上記ブログ記事は、第三弾指南書「株道の教え-最終章-」の購入者限定特典となっています。
従来の不特定多数がブログを閲覧できる状況下では、指南書の手法を使った解説に躊躇しておりました。また、相場見解の垂れ流しとなっており、誰に対して語っているのか私自身のモチベーションにも関わる問題を抱えておりました。

この改善により、さらに踏み込んだ相場観の提供が可能となり、これまで以上にサポート体制が整います。

どうぞご理解のほどよろしくお願いします。

パスワードは、第三弾指南書「実践チャート検証①」の銘柄コードの4桁数字を半角入力して下さい。
※ニックネームは任意(空欄不可)で登録できます。


ログインはこちら。
注意:下記の文中の「ログイン」という文字をクリックして下さい。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。