pixta_34998999_M-e1509403433702

月曜の-492円安は、空売り筋の先物主導のヘッジ売りということが先物の出来高からも明確ですので、その下落理由に根拠を探しても仕方ありません。強いて言えば、年初の信用期日を狙った需給的なタイミングであったということになります。日銀のETF買い支えが行われないだろうことを前提とした効果的な売り崩しが行われました。
(追記:一部情報筋では、4,000億円ものETF分配金捻出に伴う先物売りが原因ではと推測されています。真偽のほどは分かりませんが、かりにそうだとしたら、個人投資家が資産を大きく減らしており、テクニカルを無視した酷い売り方だと憤りを覚えます。)
777

月曜・火曜ともに日銀のETF買いはなしです。まさに買い手不在のままに、株価水準が切り下がるごとにプロアマの投げ売りが出た模様です。

セリング・クライマックスを感じないまま、根拠もなく出来高も伴わない場合、月曜後場の段階で買いエントリーしたり、火曜の前場寄りで買うことはできないという判断になります。ダブルトップ確定からのボックス下離れ、200日移動平均線も大きく割り込んでいます。

7.3

後場になり段安となって、〇〇以上に〇〇〇が売られている感覚がありました。市場のムードも非常に悪くなった14時過ぎ、チャートに下ひげを付け急回復しました。空売り比率も50%前後いったかと思いましたが、引け時点では、ほぼ昨日と変わらず(47.8%)となりました。一部、売りポジションが外され買い戻されたのかもしれません。

個人の買い方の大半は、塩漬けで資金が回らず、時間的猶予も与えられず、新規に買い建てる余裕はなかったはずです。
f8eaf19379f7b8508a5605fd9201a3060fa02486

明日以降の相場ですが、〇〇〇〇〇〇プラス転換して引けたこと、米国が明日は休場になること、また、先ほど挙げたテクニカルを踏まえれば、短期的にはヘッジ売りが収まった後は、比較的堅調な買い戻しが入ってもおかしくはない水準だと思います。

指南書指標を利用した日経平均の下値目処についてはログインページでお話しします。


〇の答え(終了:指数以上に個別株、上海総合指数)
※ブログランキングサイト、当ブログ紹介文に「答え」があります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話 [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/3時点)



(ブログの続きを読むにはログインが必要です)


これ以下のブログ記事は、第三弾指南書「株道の教え-最終章-」の購入者限定特典となっています。

パスワードは、第三弾指南書「実践チャート検証①」の
銘柄コードの4桁数字を半角入力して下さい。
※ニックネーム欄は任意(空欄不可)で登録できます。


ログインはこちら。
注意:下記の文中の「ログイン」という文字にカーソルをあわせクリックして下さい。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。