絶景写真-1
(キリマンジャロ:ケニア)

連休明けの日本株は大きく買われ、窓埋めの大陽線で引けています。春節明けの相場に警戒して売りポジションでヘッジしていた機関投資家の買い戻しが値幅を大きくしています。

為替110円台乗せ、踏み上げ需給相場です。
(空売り比率44日連続の40%超えは過去最長)
(連休前2/8の空売り比率:48.7%、3ヵ月ぶり)

前回(2/3)のブログでは、下落懸念と共に、
25日移動平均線(20,340円)割れ
から20,000円のゾーンまで落ちてくれば、上目線の投資家は、強気の二番底切り上げとばかりに買い向かってくるでしょう・・”と上昇の可能性についても言及しています。
25
2/8の日経平均CME(夜間帯)には、終値で20,290円、安値で一時20,202円をつけていますので、一先ずの安心感からトレンドラインの上値(上抜け)を短期的に試す流れになっています。

25日移動平均線が〇〇〇〇〇する中、日柄とともに、下値抵抗帯トレンドラインの上値〇〇〇していきますので、思わぬ高値トライの動きになってもおかしくはありません。その場合は、75日線の21,200円水準から月足基準線21,335円が意識される展開です。

個人投資家は、急な買い戻しでザラ場でエントリーできない状況です。資産形成が目的の投資なら、無理せず様子見で良いでしょう。目先の500円高に個人投資家がリスクオンに走るのは賢明とは思えません。(ノーポジションがストレスになる方は、長期保有の優待株を割安に一部保有することで、「上げて良し・下げて良し」の精神的余裕を作ると良いかも知れません)

楽観的には75日線前後の戻しを期待してしまいますが、楽観が広がれば梯子が外れるのが相場の常です。

このままマーケット雰囲気が懐疑的なら、21,600円程度までの強気の上値余地(強引な高値トライ)は残されています。

ただし、週足レベルでの警戒は維持したままです。今年は相場師が読めない相場。勝つことよりも負けないことが最優先です。

〇の答え(終了:上向き転換・収れん)
※ブログランキングサイト、当ブログ紹介文の中に「答え」があります。
絶景写真-4.0
(ナビブ砂漠380mの砂丘の端と木:ナミビア)

レオパレスの施工不良問題、飲食アルバイトの悪ふざけなど不祥事が多発しています。本日、レオパレスは寄り付かずストップ安です。

この問題を投資家としてみる時、上記の不祥事は似て非なるものであることに気付けたでしょうか。ポイントは、不透明感一過性のものかという視点です。

株価は〇〇〇を織り込みにいきます。おそらく、飲食バイトの悪ふざけはあと数週間もすればワイドショーで飽きられ、話題にも上らなくなります。一過性のもので不透明感はなく、半年後も株価に尾を引いているとは到底思えません。投資家目線では「連れ安は買い」と言えるのかも知れません。

一方、レオパレスの問題は不透明なことが多過ぎます。この先、入居者への補償、引っ越し費用、オーナーへの補償、修繕工事など巨額の損害が発生します。当然、半年後の業績どころか、新規契約(入居者・オーナー)まで考慮すると、数年単位で引きずる不祥事です。とても一過性で終わりそうもありません。

(レオパレス21:月足チャート)
21
昨年1,000円の高値天井をつけているので、ただでさえ需給面で厳しく、連続ストップ安で400円を割れると目立った節(サポート)もないため、テクニカル的にも覚悟が必要でしょう。

この二つの不祥事は記憶ではなく、投資家として記録(場帳)に残しておく案件です。その相場帳は、将来の投資判断にきっと役立つときが来ると思います。

〇の
答え
(終了:半年先)
※リンク先の当ブログ紹介文の欄に「答え」が記載されています。





株道の指南本を手元にブログを読まないと、私の伝えたい真意、言葉の重みの半分も理解できないと思います。「指南書」読んだ後に見える、圧倒的な相場観の違いにまずは驚いて下さい。

指南書実践編 詳しくは下記タイトルをクリック

「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組だけが知っている厳選38手法を公開。
あなたの投資が変わります。
信頼と実績で好評発売中!

「ご購入者さまの声」


Subject: RE: 「株道」フォローメール

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●



Subject: 東京都の
●● です


こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m



Subject: Re: ありがとうございました。

株道 さま

相場帳・実践編の資料送付、ありがとうございました。

数回にわたり拝読し、「真」に迫った実戦的な中身に加え、
ご自身の体験からの想い・気持ちの入った文章にもリスペクト
を抱きました。心から、感謝申し上げます。

特に、暴落相場で投資する具体的な方法は、これまでさまざまな
投資本・ブログなどを読む中で、初めて眼にしたものでした。
東日本大震災やリーマンショックの大暴落以後、株価が上がった
ことは知っていましたが。。実践的手法には初めて触れました。

これまで4度にわたり、(少ないものの)全財産を失った賭博的な
取引を止め、「ヘッジファンドが動くまで待ち、追い掛ける」投資
にチャレンジしてみます。

早速、8月・9月の暴落時には想い切って買い向かい、少ない
ものの利確できました。また、ブログで読ませていただきました
電算システムもタイミング良く投資でき、たいへん感謝しています。

以下、省略・・