1593274864580afc17b610f
秋に
飲食系優待銘柄が物色されるのはアノマリー的にもめずらしいことではありませんが、今年は消費増税の影響もあってか、さらに人気に拍車がかかっているように思えます。秋の株高は「セル・イン・メイ」の影響や、秋仕込みの春利食いが相場において一番パフォーマンスが高いからなどと言われています。個人的には、飲食系の優待は9月末の権利取りが多く、10月に株価が調整し、優待品が送られてくるのが11月、冬の到来「食の秋」も相まって他優待への買い意欲が波及するのではないかとも考えています。

いずれにせよ、指数がやや割高な水準でもしっかりとした買いが続いているため、マザーズの停滞で冷え込んだ個人投資家のマインドも少しはホクホクし出している頃かも知れません。

002
チャートに刻まれた戦歴の痕で、いかに秋相場が難しかったかがわかります。
踏み上げの連続。売りは焼かれ、買いは振り落とされる。結果、利益を上げた投資家とは、長期保有株を枕に何も投資行動をしなかった人ということになります。
001

知りおくべきは、10月9日以来、日銀は一度もETF買いを
していないということです。ETF買い付け余力も2兆円をキープしたままです。買いの主体は6週連続買い越している海外投資家で、11月第一週は1,185億円の先物買い越しに比べ、4,602億円の現物買い越しが目立っています。個人投資家は5週連続で売り越しています。

しばらくは
中間配当の再投資(11月中旬から初旬)、ボーナスシーズン(12月初旬)到来となることから、どこかで買い場を演出してくるはずで、先物主導で振らされる展開には要注意。それが値幅のある調整下落なのか、出遅れマザーズに息を吹き込むのかは仕掛け側の計略しだいです。今のところ、過熱感の熱は薄れ、上下どうにでも作り込める相場環境に恐ろしさを感じています。

shimarisu01

「株道さん、質問ですよ!」のコーナーです。

Q.「議決権を行使するとQUOカードなどがもらえる隠れ優待があるそうですが、おすすめの銘柄はありますか?」

A.なぜ、企業が株主に議決権を行使してもらいたいのか考えることが大切です。株主総会で議決案の賛否の意を問うためのもの。ハガキで議決権を行使してくれた人にだけ送付する裏優待ではありますが、その会社の多くは赤字であったり、無配当であることが多いようです。赤字企業の議決案件はその会社の行く末をうらなう重要議題かも知れません。議決が無効となれば株価にも影響を与え兼ねません。隠れ優待をもらうが為に赤字のリスク企業に資金を投じることは資産形成としておすすめできるものではありません。


最近、株道ブログの存在意義を考えることが多くなりました。投資家心理というものは脆弱です。昔の私も例外ではありませんでした。投資手法が確立せず、投資ルールもない、故に、翻弄させられ続けた日々でした。現在は微力ながらも指南できる立場にいます。SNSに疎い私になにができるのか。投資家心理面からサポートできるような存在でありたいと今は考えています。

さて、今年も残すところ31営業日となりました。ここまで相場が熟すと、相場を予測することは命とりです。ルールに従った投資行動だけが生き残る術となります。

最後に、自分自身の戒めの意味でも皆さんと再確認しておきたいことがあります。

資産形成のチャンスとは需給の転換点の後に来るということです。

(上げ相場で)需給の入れ替わるタイミングとは、

売り方が
投げるタイミング
買い方が
利食うタイミング
そして、その両者が新規ポジションを
あきらめるタイミングです。

(下げ相場で)需給の入れ替わるタイミングとは、

売り方が
利食うタイミング
買い方が
投げるタイミング
そして、その両者が新規ポジションを
あきらめるタイミングです。

これを感じることができれば、投資は
投機ではなく(資産)運用になります。値動きは他力ですが、リスクは唯一自分でコントロールすることができます。

最後までお読みいただきありがとうございます。ランキングに参加しています応援のクリックをいただけると更新の励みになります。 にほんブログ村 株ブログへ


指南書は、個人投資家がプロを相手に相場を生きて勝ち抜くための株指南です。「指南書」読んだ後に見える、圧倒的な相場観の違いにまずは驚いて下さい。


指南書実践編 詳しくは下記タイトルをクリック

「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組だけが知っている厳選38手法を公開。


「購入者さまの声」


Subject: RE: 「株道」フォローメール

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●



Subject: 東京都の
●● です


こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m



Subject: Re: ありがとうございました。

株道 さま

相場帳・実践編の資料送付、ありがとうございました。

数回にわたり拝読し、「真」に迫った実戦的な中身に加え、
ご自身の体験からの想い・気持ちの入った文章にもリスペクト
を抱きました。心から、感謝申し上げます。

特に、暴落相場で投資する具体的な方法は、これまでさまざまな
投資本・ブログなどを読む中で、初めて眼にしたものでした。
東日本大震災やリーマンショックの大暴落以後、株価が上がった
ことは知っていましたが。。実践的手法には初めて触れました。

これまで4度にわたり、(少ないものの)全財産を失った賭博的な
取引を止め、「ヘッジファンドが動くまで待ち、追い掛ける」投資
にチャレンジしてみます。

早速、8月・9月の暴落時には想い切って買い向かい、少ない
ものの利確できました。また、ブログで読ませていただきました
電算システムもタイミング良く投資でき、たいへん感謝しています。

以下、省略・・