February 26, 2008

触らぬ神に祟りなし

Oracle Developer(JじゃなくてFormsとかの方)は不用意に触らないほうがいいことをOTN掲示板熟読で知る。
仕事で使いそうな気配だったので、業務時間内でいろいろ触っていたけど危ないかもなあ。
そもそもデバッガの使い方がよくわからん。VSみたいにソース内にブレイクポイント貼って、デバッグ実行すればいいだけじゃないのかと。ヘルプを見るとDeveloperはデバッグ中で変数の中身を見るためだけに、ソース内に記述が必要っぽい。超メンドイ。
なんでこんなややっこしいソフト使っているんだろうか。
話によるとOracle社自体もアップグレードはすれどもあまりDeveloperには力入れてないらしい。
うちの会社に有識者いないんだから、いっそのことVSで画面設計からやり直せばいいんじゃないかと思ってみたり。金と時間かかりそうだけど。下っ端なりの意見。

以上。IT業界に身を置く人の話でした。


そんな俺の通勤の友は『世界樹の迷宮II』ナリ。
ブシ子、パラ男、ガン子、メディ子、アルケ男で。
相変わらずブシドーの打たれ弱さは異常。うっかりすると一撃死。
ちなみに噂の鹿は逃げまくって避けまくり。
無理は禁物。や、ぶつかったら戦うけどね!
現在3階。
さすがにそろそろレベル的に危険な予感がしてきたので(現在レベル7)、3階の柱を利用して下へ降りていく修行中。

January 04, 2008

三が日過ぎましたが

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

未だに余裕が見れない日々が個人的に続いていますが、徐々に回復できていければなあと思います。
とはいえ、ここで観測的希望なんぞを述べていてはいけないので。

『今年中に個人的に面白いことをする』

さて、何をしようか?

December 31, 2007

誰も見ていない内に更新

年末で忙しい時だからこそ更新するぜ!
とはいえ作品の更新ではなく、ブログですが。
しかし、よく考えたら大晦日の今頃だったらほとんどの人がぬくぬくとコタツで過ごしているんじゃねえか、とか思ったり思わなかったりしますが。

世間では、エクスタシーや赤ちゃんから大学生までのベイビー、攻略キャラかと思ったら実は違っていたなどということがあったようですが(偏りすぎ

こっちはペケ箱360購入して、閣下とうっうーをアイドルにして、アサシンブレードで暗殺ならぬ真昼間から格闘劇、無双乱舞でフルボッコとかやってました。
PSPスタオーは昨日クリア。
宮野ボイスのラティも慣れてくるといいものです。
「シウス・ルルーシュヨシュア・猫ゆかりん・印象薄い3のキャラ」をパーティに。
最初はSFCでの初期メンバーを集めようと思っていたら、フィアとティニークの加入条件が微妙に変わってるっぽく、うまくいかず。
てか、ティニークの顔グラ見るとらんまにしか思えない。

このとおり、年末は実家でぬくぬくと過ごしていたり。
実家パワーは偉大。飯と風呂の心配しなくていいしね!

そんなわけで、本年もなかなか更新しなかったHPでしたが、来年もちまちまと動いていると思いますのでよろしくお願いいたします。

November 11, 2007

Now Roading.......?

また1ヶ月以上ブログが停止していたわけですが、理由は割とリアルなものだったりするので割愛。
モラトリアム続行してー。

今週末は弟が我が家に泊まってました。
いやー、誰にも邪魔されない生活ってのも楽だけれど、まさか誰かがいてくれることでこれほど精神的に楽になるものとは思ってもみなかった。やはり人間、一人では生きにくいものだな、と実感。
土曜日はUSJへ遊びに行って来たのですが、スパイダーマンが安全装置作動のため客が全員追い出されるという羽目になったこと以外は割と楽しめたかなーと。
とはいえ、自分は1回行ったことがあったので懐かしさ半分でしたが。
余談として、USJへ拓海を誘って大阪駅集合をかけていたのですが誘った本人の俺が遅刻しちゃったこともありましたがもう遠い過去のことです。

この週末の楽しさを糧に、来週も頑張ろうと決心。


□ ■ □ ■ □
積みゲーがまだあるのに、PSP版のSO1やらユグドラを予約しちゃった。
後悔はないけどね!


□ ■ □ ■ □
先日「ないない」と騒いでいた米澤穂信の本(『インシテミル』)は無事発見。
古典部新作の『遠まわりする雛』も無事確保して、米澤分は補充完了。
にしても最後のオチはどう展開していくんだろうか。
気になりつつも、次は小市民シリーズが気になる。

創元推理文庫繋がりで似鳥鶏の『理由あって冬に出る』読了。
結局表紙の二人は誰なのよ。葉山&柳瀬ってのが有力?
てっきり伊神さんが女でー、みたいな展開も思ってはいたんだがそれはなかったか。
さくさく読めるコミカルミステリ。ラノベ向き?
突然伊神さんが現れて謎解きをしていくのには驚いたけれど、安楽椅子探偵のノリならば納得できるところもある。
第十六回鮎川哲也賞佳作作品で、デビュー作っぽいので次回作でどのようなものが出るのかが楽しみです。


□ ■ □ ■ □
『同人音楽を聴こう!』読了。
開けてびっくり。なんか同人音楽業界は現在オリジナルか東方が主流らしいです。
主流っていうより人気なのか。
末尾のおまけっぽいところにも何やら東方アレンジCDリストっぽいのがあったり。
取材の時期のせいなのか、新作中心・有名サークル中心。
リストを見ると「あれ、俺ほとんど持ってる?」と感じてしまうくらい。
とはいえ、この状況を喜んでいいのか考えるべきなのか。

とりあえず、今ニコニコ動画で石鹸屋のネタ動画があがっていて、面白いので考えるのはもう少し後回しにすることにする。

そのニコニコ動画ですが先月プレミアムに入りました。
もう俺、ダメかもしれん。

October 03, 2007

のぉぉおおおぉぉぉぉ……




(注:今井さんは米澤穂信の最新刊が店頭で売られていないのを嘆いている模様です)





September 12, 2007

粉ものうめー!

仕事は忙しいけれど、なんとか生きてます。

「そろそろ執筆意欲復活させないとなあ」などと思っていたら、とむはちさんがひとり旅で大阪に来るということで急遽日本橋で落ち合うことに。
彼は彼で別件があったようですが、空き時間を利用して晩飯食うことに。
とりあえず初大阪ということで、なにか関西っぽいものを食べようということで粉もん系をチョイス。
てか、最初は騒げそうなファミレスを探していたんだが、脳内検索でどうにも日本橋にはそういうのはないと判断したので結果的にそっちに流れることに。

お好み焼き屋に入ってからはとりあえず互いの近況とかエヴァとか同人とか。
妙に懐古する話題が豊富だった気がする。お互いにいろいろ長いからなー。
「もう冬はコミケいかない」
「なら作る側に回りなよ!」
てか、とむはちさんはそろそろ新作を発表するべきだと俺は思うわけなのだが!
ともかく結論として「社会人は忙しくてそれどころじゃなくなるよね」ということで、二人の物書きはたどり着いたのでした。はてさてどうなることやら。

ちなみに拓海にあとで連絡入れたら「なんで呼ばなかったんだ!」と怒られました。
うっかり。


余談。
積み本とか積みゲーが増えている中で米澤穂信の新刊はちゃっかり購入即読破している俺は、もう病気だと思う。
そして今月末には遂に古典部シリーズ新刊発売(予定)ですよ!
よし、テンション上がってきた。

September 06, 2007

新エヴァ見てきた

ついさっき。
平日の夜、もちろん明日も仕事がある身なのに何やってんのか―――と既に複数名から言葉をいただいているので、それはもう勘弁な。

周りを見渡すと口コミなどの評判が広まっているのか、それっぽい人以外の客層が。
鑑賞前、どこかで聞こえた「果たしてここにいる何人がエヴァについて知っているのか」という意見に激しく同意したくなる雰囲気でした。
時期も時期なので立ち見での鑑賞となったわけですが、気にする暇なく楽しめた。
てか、ラミエルが妙に力入っているように思えたのは俺だけか。ヤシマ作戦は確かに序盤の重要な戦闘だけど、アレだけが他の使徒と違って妙に印象に残った。声とかな。
まあ、あとは綾波の胸とかプラグスーツの音とかありますが。
やはり、最終的に気になったのはカヲルの言葉と「破」の予告。
一部では「原作のスタッフが作る二次創作」などといわれているけど、確かにゲンドウと冬月の台詞、そしてあの予告を見るとあるジャンルが思い浮かぶ。

とにもかくにも「破」の予告であれほど盛り上げてしまったからには、期待しないわけにはいかない。
ともあれ、個人的には「破」から参加のアスカの出番がどれくらいあるかが気になる。「破」では参加キャラクターがどっと増えるっぽいし。
変化するシンジの運命とともにアスカの出演が気になる僕なのでした。


落ち着いたころにもう一度見に行く予定。