ブログネタ
ダイエットいろいろ に参加中!
ホームページはコチラから!



最近何かと耳にするGI値(*・ω・)ノ
しかし、それ以上に注目を浴びてきているのがGL値という指標です。

ちなみにどんなものかといえば、
GI値→炭水化物の質
GL値→炭水化物の質と量

という具合になっております。

では、そもそものGIの解説からしましょう。
ご存知の方が多いとは思いますが、血糖値の上がりやすさを示しています。
しかし、食品の炭水化物の含有量までは考えられている数字ではありません。
ということは、いくらGIが高いものとしても、実は食品にそれほど多く含まれていないということがありえますよね。

もう一方のGLはそのGIの数値をもとに表します。
ちなみに計算式は
GL値 = 各食材に含有する炭水化物の量(g) × GI値 ÷ 100

例として挙げてみましょう。
食パン:GI値 91 炭水化物量 46.7g(100g中)
全粒粉パン:GI値 50 炭水化物量 51.7g

これに先ほどの計算式を当てはめると
食パン 46.7×91/100=42.497
全粒粉パン 51.7×50/100=25.85
となりますね。
大筋でGI値が低くなれば、GLも低くなりますよね。

ではでは、
コチラはいかがでしょうか?
切り干し大根:GI値  74
山芋:GI値 75
と数値は1しか変わりませんね。
でもって、気になる炭水化物量はといいますと。
切り干し大根:63.37g
山芋:41.82g
と結構な開きが出ましたよね。

というわけで、GL値は
切り干し大根は 46.8938 
山芋は 31.365
となりますね。

いかがでしょうか、GL値。
GI値が優秀な食品でも、結局炭水化物を多く摂取しては、糖質制限ダイエットを行う方には残念なことになりますから、この辺も注目してみたいところですね。

そして、GL値を抑えることこそがダイエットに効果的だとされています。

皆様もGI値以外にもGL値も気にしてみてはいかがでしょうか?(。・ω・)ノ゙


ダイエット ブログランキングへ


パーソナルトレーニング&パートナーストレッチ専門店
TRAINING BOX たまプラーザ
神奈川県横浜市青葉区新石川2-32-7
045-515-5671
http://trainingbox0315.wix.com/trainingbox
trainingbox0315@gmail.com