ゲームレガシー

アップル、アタリ、コモドールといった海外レトロPCゲームについて。iPhoneのレトロゲーム情報もあわせて紹介します。このブログについて→ 電子書籍『ハルシオン・デイズ~コンピュータ・ゲームの先駆者たち』 (刊行準備中)→

2014年03月

ゲームバーの先駆けとなったニューヨークの「バーケード」、創業者がその歩みを語る

barcade-logo

ゲーム機を置いたバー、いわゆるゲームバーは、今のアメリカにすっかり定着した感がありますが、その始まりは2004年、ブルックリンに開店した「バーケード」という店でした。続きを読む

アタリVCS版「E.T.」埋立て現場の発掘プロジェクト、州環境局の認可が降りず延期に

alamogordo-trespass

1980年代のゲーム市場崩壊において、とりわけ有名な逸話といえば、アタリVCS版「E.T.」カートリッジの埋立て事件ですが、その真相を探ろうと、埋立て現場の発掘が計画されていました。続きを読む

たる、犬小屋、スヌーピー――アタリの名作「ポン」(Atari Pong)の筐体を彩ったモチーフの数々

pong-advert-small

アタリによる、ビデオゲーム史上初のヒット作「ポン」が生まれたのは1972年のことでしたが、それからの数年間、アタリはこの作品の寿命を少しでも延ばそうと、いくつもの試みを行っています。
続きを読む

30周年を迎えたゲーム「銀河ヒッチハイク・ガイド」(The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)の新装版が英BBCのサイトに登場

30th_hitchhiker

ダグラス・アダムス原作の「銀河ヒッチハイク・ガイド」といえば、日本ではもっぱら小説として知られていますが、原作は1978年に放送されたBBCのラジオ番組であり、小説版はその翌年に出ています。そして1984年にはアドベンチャーゲームの最高峰であるインフォコムが手掛けたゲーム版が発売されましたが、それがちょうど30年前のことでした。続きを読む

CPUを持たない、最初期のアーケードゲームを忠実に再現する驚異のエミュレータ 「DICE」

dice-title

アーケードゲームの中でも、アタリの「ポン」など、1970年代半ばまでに登場した作品は、基本的にエミュレータの対象とはされていません。当時のゲームはCPUを持たない、いわゆるディスクリート回路(離散回路)が使われていますが、そういった回路を現代のコンピュータで再現するのは極めて難しく、現実的に考えれば、まず無理なことといえます。続きを読む
twitterでブログの更新告知を行っています




記事検索
スポンサード リンク
過去記事抜粋表示
ランダム記事表示ボタン
お問い合わせ
  • ライブドアブログ