ゲームレガシー

アップル、アタリ、コモドールといった海外レトロPCゲームについて。iPhoneのレトロゲーム情報もあわせて紹介します。このブログについて→ 電子書籍『ハルシオン・デイズ~コンピュータ・ゲームの先駆者たち』 (刊行準備中)→

pinball

英BBCも取り上げた、ブダペストにあるヨーロッパ最大級のピンボール施設 「ハンガリー・ピンボール博物館」(The Hungarian Pinball Museum - Pbal Gallery)

pbal_museum

このところあちこちで取り上げられるようになったピンボールですが、先日はこんな情報が出てきました。イギリスのBBCが、ハンガリーの首都ブダペストにあるピンボールの博物館を紹介したのです。
続きを読む

開設1周年を迎えたニューヨークにおけるピンボールの新名所「モダン・ピンボールNYC」(Modern Pinball NYC)

modern-pinball-facade

ニューヨークに「モダン・ピンボール」という興味深い施設があります。昨年11月に始まったばかりで、ようやく一周年を迎えたところなのですが、この新しい場所こそピンボール、ひいてはアーケードの今後のありかたを示す、いわばテストケース的存在なのです。
続きを読む

ピンボールは自分自身との勝負~全米各地で参加者が急増しているピンボール・トーナメントの世界

pinball-tournament-1

ここ数年のアメリカではピンボールが再び人気になりつつあります。各地のトーナメントでも参加者が大幅に増え、とりわけ10代、20代の若いプレイヤーが目立っています。この動きについて最近「ワイヤード」誌がまとめた記事がありますので、以下にかいつまんでご紹介します。


* * *
続きを読む

「ピンボールは人生」 ハードディスク製造大手シーゲートの社長はピンボールのコレクター

luczo0

ハードディスクの大手メーカー、シーゲートの社長を務めるスティーブ・ラーゾさんは、ビジネスの世界ではやり手の経営者として有名な人物ですが、その一方でピンボールの熱心なコレクターという一面を持っています。
続きを読む

時代の転換期に登場した史上最大のピンボール台~アタリの「ヘラクレス」

hercules_art

1976年、ゲームメーカーのバリーで、「ビッグフット」というエレメカのピンボール台が企画されました。「巨大さ」をコンセプトとしたこの作品は、実際に試作台が作られたものの、市販には至りませんでした。続きを読む
twitterでブログの更新告知を行っています




記事検索
スポンサード リンク
過去記事抜粋表示
ランダム記事表示ボタン
お問い合わせ
  • ライブドアブログ