アウトドアマガジンTRAMPIN’(トランピン)ブログ

アウトドアマガジン『TRAMPIN’(トランピン)』編集スタッフによる雑記

2014年11月

マウンティンゴリラ登山学校・木元康晴さんと緊急会合(夜の部)!?

こんにちは。大橋です。
「来週から寒波到来!」
との天気予報を、
先程、ツイッターでもリツィートしました。
山を考えるとうれしいやら、
でも、日常を考えると、ちょっとつらい。

そういえば、来週から
12月突入!
IMG_0032しかし、残念ながら、
私の山用の
スケジュール帳には、
まだ、
「雪山」の文字は
入っていません……。

ということで、本日、
マウンティンゴリラ登山学校講師の
木元康晴さんと、東京・新橋にて
緊急ミーティング(夜の部)を開催!
IMG_0033
そう! 
『TRAMPIN'』Vol.21
計画ページを
ご監修いただいた、
この方です!

プロフィール写真木元さん!

大橋の
真っ白な
山行スケジュールを
雪山で
真っ白に変えてくださ~い!
とお願いするつもりの
大橋でした。
皆さま、良き週末を!!

待ち遠しい奥秩父、丹沢の積雪&三連休の激込み高尾山

こんにちはマツダです。
3連休、天候に恵まれましたね!
弊誌読者の皆さんも、存分に山を楽しまれたことでしょう。
そんななか、編集部の人間は誰も山に行かず、、、。
直近の号が雪山の話だったこともあり、すでに雪山にシフトしている模様です。
編集長イナバは、ポカポカ陽気の紅葉はもういいから早く雪ふってくれないかな、アイゼン履きたいな、と隣でぼやいております。

確かに、日帰りか前泊2日で気軽に楽しめるような、近郊(奥武蔵、奥秩父、丹沢)の山に雪が積もるのは待ち遠しいですね。
絶賛発売中の『TRAMPIN'21 丸ごと一冊! 雪山がわかる本』では、両神山と塔ノ岳&鍋割山をレポートしております。
このエリアの新雪を楽しむポイントは、降雪前の準備と降雪後の柔軟な計画&行動力です。
雪なんてまだまだだな~、と思っていても、急な天候変化であっという間に積もりますから、そこから雪山装備を準備して・・・なんてやっていたら、あっというまに熟練者の踏み後だらけってことになりますよ!
トランピン読んで準備しておいてくださいね~!


あっ、3連休誰も山に行ってないというのはウソでした。ひとり、山登っていました。新人のヨッシーこと ヨシザワが高尾山に登ったらしいです。
IMG_2446IMG_2436IMG_2434
「みんな宴会していて、まるで春のお花見のようでした。」(ヨッシーの感想)
 
高尾山は世界一の登山者数を誇る山らいしいですが、さすがですね。
ただこれは山なのか、行きかう人は登山者なのか・・・。早く雪積もれ~




 

低山では紅葉がピーク、高山ではすでに雪山

こんにちは、じゃなくて
もう、こんばんわ、ですね。
3連休前の金曜日。
もう、うずうずしている人も少なくないのでは?

大橋は、先日使ったテントや寝袋を干したり
雪山ギアを整理したり。
今シーズンも、やっぱり雪上キャンプ、行きたいなぁ……。
でも、山小屋でのんびりするのもいいなあ……。
なんて、
『TRAMPIN'』Vol.21の写真を見つつ、
0289雪山に思いを馳せる
3日間になりそうです。
ちなみに
写真は、
昨シーズンお邪魔した
八ケ岳の黒百合ヒュッテです。
さて、そんな3連休ですが
南関東周辺の低山では
ちょうど紅葉のピークとなるようで
天気もまずまず。
どうやら、高尾山など、
すでに大混雑が予想されている山もあるようですね。
http://mttakaomagazine.com/archives/1109

そんな高尾山に、明日、あえて登るツワモノが
編集部にもいました! 
弊誌スタッフのヨッシーです。
IMG_0029姿勢のよさは、
地球(丸)NO.1
かもしれないと
大橋が勝手に
思っている逸材です。


さあ、週明けの高尾山レポート、
期待しましよう!

大橋でした。

オススメの雪山行動食を管理栄養士のヤッホー!!さんに聞きました。


雪山で皆さん何食べてますか?
7-RIMG0016『TRAMPIN'21』では、
 山岳ガイドでかつ
管理栄養士の
芳須勲さん(ヤッホー!!さん)に
オススメと選ぶポイントを
聞きました。

__選ぶポイントって、
凍らないものって
だけじゃないんですね。

キーワードは熱産生。
食事誘発性熱産生ってなんじゃ~!

雪山に行く前にプロの意見を聞いてみてはいかがでしょう?
 マツダでした~
※ ※ ※

というブログの下書きを残し
本日のマツダは、千葉トランピン!!
IMGP1537
最近「ブログが長い」と怒られた彼。
しかしね……。
なんでこんなに
両極端なんだよ----!
ザッツ(雑)マツダ~~。
※これでも、手を入れました。少しですが。
写真は、奥秩父縦走時、頭を抱えるマツダに
その姿を見て、うすら笑いの
ライター・たむら姉さん(ブラックバージョン)。

頭を抱えたいのは、こっちですよね。

ということで
3連休、どこに行こうか迷っている
大橋でした。

山用ウエアはスゴいんです!

こんにちは。
「こんなに寒いのに、なぜ半袖なんですか?」
と、社内の女性スタッフ・星野さんに聞かれた大橋です。

それはね。半袖のTシャツの上に
モンベルのダウンベストを着ているからですよ!
星野さん。
山用は暖かいんです。
これで体幹部はホカホカなんです。
社内なら、これで十分!

さて、
そんな山用ウエアの中でも
特に、雪山での使用を考えた高機能ウエアと
そのレイヤリングを紹介している『TRAMPIN'』Vol.21
氷点下ウン℃にもなる雪山。
th_IMGP5181しかし、
しっかりとした
ウエアを準備して
レイヤリングの基本を
しっかりと押さえれば、
大丈夫。
IMG_0027今回は特集では
そんなウエアの種類と
選び方のポイント、
そして、
重ね着のコツも
紹介していますよ。

今シーズン、ハードシエルがほしいと
心でつぶやく大橋でした。

※追伸:ちなみに燕岳の写真、
最も左側が私ですが、ザッツ(雑)・マツダには
「おしゃれなウエア、似合わないっスね」と
素で言われました。
発言も雑です。
プロフィール

TRAMPIN'編集部

Hiking&Backpackingマガジン『TRAMPIN'』編集部のスタッフブログです。東京都新橋のオフィスを拠点に、様々なフィールドへ飛びまわる日々。最新号情報、取材ウラ話、お買いもの情報、山行リポート、お手軽ギアインプレッションなどを紹介します!

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ