アウトドアマガジンTRAMPIN’(トランピン)ブログ

アウトドアマガジン『TRAMPIN’(トランピン)』編集スタッフによる雑記

2015年02月

『山と釣り』、本日発売です!

こんにちは。
久しぶりにブログを書くイナバです。

本日、2月20日(金)、いよいよ、山を感じる釣り雑誌、
『山と釣り』が発売となりましたよ!
img004










なんて気持ちのいい表紙でしょう!
すぐにでも山釣りに行きたくなる写真ですね!

表紙モデルは、FF界のスーパーヒーロー、佐藤成史さん!
撮影は、『トランピン』でもおなじみの岡野朋之さん!

この『山と釣り』、バックパッキング・スタイルで源流釣りを楽しむことを提案する
まったく新しいタイプの釣り雑誌!

テンカラ、フライフィッシング、エサ釣り、ルアーフィッシングと、
渓流を舞台に楽しめる釣りは全部取り上げていますよ!

お山のほうも北アルプスから東北の名山までいっぱい詰め込んでます!

くわしい内容は、こちらにて。
http://www.chikyumaru.co.jp/detail/class_code/8-460/
DSCN1431





「お値段お高め(1,800円+税)だけど、買ってねぇ~」(by 月山、立谷沢川のイワナちゃん)

どうぞ、よろしくお願いいたします!

まさに「いま」役立つ情報も入ってます! by『山旅バックパッキングスタイル』

おはようございます!
大橋です。

2月10日発売の
『高橋庄太郎監修 山旅バックパッキングスタイル』
そんな雪山シーズンのど真ん中の発売にも関わらず
「雪の取材がないのはもったいない!」
という庄太郎さんのご意見から
急遽、取材→掲載することになったのが
「だれの踏み跡もない、静かな雪の山旅」です。
IMG_0140奥秩父・甲武信ケ岳
~雁坂峠までの
雪山歩きのレポートで、
もちろんテント泊。
「キシキシと雪を踏む音」
なんてのを読んだら
思わず、今日いまから
アイゼンを準備して
奥秩父に行きそうに
なっちゃうじゃないですか!!

なんてことになりそうな、雪山レポートです。
空気感が溜まらないッス、庄太郎さん!!

まだ今年は1回しか雪山に行けていない大橋でした。



『TRAMPIN'』で、「高橋庄太郎」がカヤック!?

おはようございます!
大橋です。

さて、本日も
『高橋庄太郎監修 山旅バックパッキング』
のお話。

今回は巻末のレポートである
「久慈川、冬のカヤック・ツーリング」から。
正直、山歩きの情報誌である『TRAMPIN'』の別冊で
しかも、「高橋庄太郎」さんを丸ごと特集する一冊。

そんな本誌の中で、「カヤック」の記事……。
少し違和感を覚えた読者の皆さんもいたかもしれません。
しかし、そんな違和感は
本誌の庄太郎さんの原稿を読んでいただけたら
たぶん納得してもらえるはず!
(少なくとも、担当:大橋は納得しました)

「カヤックは大型バックパックも兼ねたフネ」

なるほど!!
ということで、詳細はぜひ本誌にて。
IMG_0066写真は、
カメラマンの
加戸昭太郎さんが
水面ギリギリ、
ほぼ90度の
前かがみで撮影している
メイキングカット!

ということで
今度はぜひ一緒に挑戦したいと思う
大橋でした!

「高橋家の本棚」は隠れた人気ページ。by『山旅バックパッキングスタイル』

こんにちは。
大橋です。

前回に続いて今回も
『高橋庄太郎監修 山旅バックパッキングスタイル』
について!

本日で発売3日目。
各企画にいろいろと
ご感想をいただくのですが
意外にも(!?)、
人気を集めている企画のひとつに
モノクロページで展開している
「高橋家の本棚」があります。

IMG_0139単純に、
庄太郎さんが持っている本、
お勧めの本を
紹介しているだけに留まらず、
山岳/アウトドアライターで活躍する
現在を踏まえて
庄太郎さんが影響を受けた作品を
時系列で紹介しています。

ある意味、自叙伝的な内容も
少し含んでいるのがポイントですね!!

今度、こういった企画があった際には
今回のmookも仲間入りできたたらなあ
と思う大橋でした。


『高橋庄太郎監修 山旅バックパッキングスタイル』読みどころ①

おはようございます!
大橋です。

昨日、2月10日、ついに発売となった
『高橋庄太郎監修 山旅バックパッキングスタイル』
もう、見ていただけました?

昨日は、待ちに待った発売日だったのに
夕方まで外出だったため
ブログの更新をマツダに頼んだのが
失敗でした。

あああああ。
なんて愛のないブログ。

せっかく
高橋庄太郎さんのこだわりギアや
山行レポートなど、とにかく見どころ、読みどころ満載の
内容なのに!
と怒ってもしょうがないですね。

ということで今日は、巻頭の
「北アルプス・薬師岳~五色ケ岳
空への向かう縦走路」について。
ちなみに、表紙の写真も同山行から。
P.11にも、ほぼ同様の写真が載っていますが
薬師峠から雲ノ平方面を見た風景とのこと。

やっぱり巻頭だけあって
写真の美しさは必見!
IMG_0136IMG_0138








photo by 菅原孝司カメラマンです。
レポートの内容は
単なる山行だけにとどまらず
庄太郎さんのバックパッキングへの
思いまで綴られており
本全体の総論的な内容となっております。

そしてエピローグ。IMG_0137
これも同山行から。

「寝室のベッドのシーツは
あまり洗う必要がないのに
お気に入りの寝袋は
ときどき
天日で干してやらねばならない」
この言葉には、正直シビレマシタ!!!

詳細は、ぜひとも、手にとって
ご自身の目で!

ということで
まだ興奮冷めやらぬ大橋でした。



プロフィール

TRAMPIN'編集部

Hiking&Backpackingマガジン『TRAMPIN'』編集部のスタッフブログです。東京都新橋のオフィスを拠点に、様々なフィールドへ飛びまわる日々。最新号情報、取材ウラ話、お買いもの情報、山行リポート、お手軽ギアインプレッションなどを紹介します!

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ