アウトドアマガジンTRAMPIN’(トランピン)ブログ

アウトドアマガジン『TRAMPIN’(トランピン)』編集スタッフによる雑記

2015年03月

マナスル登頂!

こんにちはマツダです。

昨日、マナスル山荘本館にお邪魔してきました!
th__MG_7784ゴンドラで一気に入笠山の中腹へ。そこからスノーハイク30分ほどで着きます。
平日にも関わらず、スノーシューを楽しむファミリー、星空撮影目的のカメラマン、お酒とお食事目当て(?)の常連さんなどで賑わっておりました。私は取材なので日帰りでとんぼ帰り……泊まりでどっぷりだらだらしたい、あとナイトスノーハイクデートをしたい!と妄想しながらトボトボ下山しました。
ちなみになぜマナスルなのか?1956年、日本人登山隊マナスル初登頂の年に営業スタートしたからだそうです。

ゴンドラは4月5日までですので、計画はお早めに!
__
写真はゴンドラ終点駅付近からの八ケ岳。外から見るとそんなに白くないし、空も春霞んでもいますが、中に入るとそこはきっと真冬なのでしょう。

石井スポーツにて4/5(日)までファミリーセール開催中!

こんにちは~! ヨシザワです。
東京の桜も開花し、一気に春が来た気分ですが、
朝晩はまだまだ寒いですよね。

今日は、石井スポーツのファミリーセールのお知らせです♪
ブランド協賛により実現した特別価格で、冬物アイテム大放出!

期間は3月6日(金)~4月5日(日)、
石井スポーツグループ各店舗にて開催中です。
ご来店の際はハガキとメンバーズカードをご持参ください。

isisports







オンラインでも同時開催中!
詳しくはこちら→http://ici-sports.com/ 

また、『TRAMPIN’』最新号の別冊付録の監修をしていただいた
田中陽希さんが、石井スポーツ店舗にてトークショーを開催されています。
東京新宿、神戸三宮に引き続き、次回は仙台で 行われるそうですよ!
詳しくはこちら→http://www.ici-sports.com/topics/event/

田中陽希さん監修の『TRAMPIN’』別冊付録では、
「スピードハイクにお勧めの山ガイド 百名山から入門30座」を
ご紹介しています。本誌もぜひ、お買い求めください♪
http://www.chikyumaru.co.jp/trampin.php


左には八ヶ岳、雲海、中央から右に富士山、南アルプスが…さて、ここはどこ?

こんにちは~! 編集部のヨシザワです。
取材中のオオハシから届いた、入笠山山頂の日の出の写真です!

IMG_0166





花の百名山としても有名な山ですが、
冬の時期は空気も澄んで眺望が美しいですね!
スノーシューやわかんを使って、のんびりスノーハイクもおすすめです。

そして、好評発売中の最新号『TRAMPIN’』vol.22では、
上の写真にうつる八ヶ岳と南アルプス、ふたつの山行レポートを掲載しています♪
ぜひぜひ、書店でお買い求めください!




『TTR22低解像度RAMPIN’』vol.22
総力特集
「快適な速さ」を手に入れる
スピードハイク入門





昭島に新たなショッピングモール「モリパーク アウトドアヴィレッジ」が!

こんにちはマツダです。
3月13日、ついにオープンしました 「モリパーク アウトドアヴィレッジ」!奥多摩の玄関口・昭島にできたこのショッピングモール(複合商業施設)、なんとアウトドア専門なのです。
IMG_0150
大会も開催可能という国際競技基準を満たす本格的クライミングウォール

IMG_0151
モール内にはミニトレッキングコースも。写真はともにオープニングセレモニー時に編集長のオオハシが撮影









いや~ワクワクしますね。 日本再&本格上陸した「Jack Wolfskin(ジャックウルフスキン) 」の初路面店も注目です。
 そして本誌22号のインタビューページでは、このモールの仕掛け人たちに話を伺っています。
「コンセプトとビジョンは?」そろそろ雪も解けはじめるころ。今年の春は奥多摩の山がさらに盛り上がるかもしれません。



 

コースタイムの縮め方を徹底研究!

こんにちはマツダです!

『TR22』発売開始から一週間、
「まさにスピードハイクをはじめたところで……」、「コースタイムを縮めたいと考えていたので……」と読者の皆さんからずばりな反響をいただけました。
いまのところ人気のページは「スピードハイクの実践。計画と歩き方」編。
__
山行全体を俯瞰してみる計画とペース配分、そしてバテない歩き方について7ページで展開しています。
早く歩くためにはいろいろな要素が絡んでややこしいのですが、ポイントを絞って分かりやすく解説しています。「なるほど!」とうなるハウツーが満載ですのでぜひとも熟読お願いします!



実は……読者からのハガキやメールではほかにも「スピードハイクはちょっとハードルが高そうで……」というちょっとマイナスイメージのご意見もいただいています。
ただ!!!、今回のハウツー特集はコースタイムを縮めるだけが目的の内容ではありません。「計画と歩き方」編でも触れていますが、スピードハイクのハウツーを知れば、結果的に快適さが得られます。そしてその快適さが一番の目的だったりします!
スピードをさほど意識しない普通のハイカーさんにも、ぜひ読んでいただきたいです!

 
プロフィール

TRAMPIN'編集部

Hiking&Backpackingマガジン『TRAMPIN'』編集部のスタッフブログです。東京都新橋のオフィスを拠点に、様々なフィールドへ飛びまわる日々。最新号情報、取材ウラ話、お買いもの情報、山行リポート、お手軽ギアインプレッションなどを紹介します!

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ