子供英語の絵本とホストファミリー@ベトナムハウス

幼児から小学生まで多読読み聞かせおすすめ英語絵本無料教材ホストファミリーの情報を紹介するブログです

100%無添加のベトナム「チャンコーヒー」

ベトナムに住んでいる弟が生産・販売している100%無添加のおいしいコーヒー豆です。1袋250グラム入りです。

産地>ホーチミン市から北東にある山間部の都市バオロック(Bao Loc)の農園で採れました。バオロックは、コーヒー豆生産量世界第2位のベトナムの中でも、特に栽培に適して良質な豆が生産されると評判の土地です。

生産量>弟は40ヘクタールの農園を20年前から経営し、コーヒーだけでなく、茶、切り花、果実の栽培、魚の養殖、材木の販売などをしています。湧水だったところに自ら池を作り、水源を確保しました。また、落水による水力発電で、農園すべての電力を賄っており、自然にかける負荷をできるだけ低く抑えています。コーヒー豆は毎年10トンの収穫があり、今後50トンまで増やす予定です。

販売>生産量が少ないため、現在はホーチミン市の直営コーヒーショップでのみ取り扱っています。日本未発売です。

生産年>今回販売するのは2013年12月以降に収穫されたニュークロップです。

品種>苦みが特徴のロブスター種。アラビカ種に比べて安価で、加工用とのイメージがありますが、本品の品質には絶対に自信をもっております。ブレンドはしないで、ストレートでもその味わいを十分にお楽しみいただけます。

特徴 篷人名メーカーなどの商品は、渋み・苦みを増すためと、原価を抑えるために、コーヒー豆に大豆を混ぜて焙煎しています。日本人の常識では考えられませんが、ベトナムでは当たり前のように行われております。本品はコーヒー豆100%です。

特徴◆篷人名メーカーなどの商品は、賞味期限を延ばすため保存料として砂糖のカラメルも混ぜています。本品はカラメル無添加ですので、豆本来の自然なフルーツのような微かな甘みを感じることができます。

特徴>大量に流通しているメーカーの商品では、より多く効率的に収穫するため、農薬・化学肥料を大量に使っています。本品は農薬や化学肥料を一切使っていません。ほどよい苦みと酸味、長く続く高い香りが特徴です。

特徴ぁ筌ぅ織螢⊆阿竜蚕僂鮗茲蠧れたオリジナルの焙煎機をベトナム機械メーカーに発注し自作しました。ベトナムコーヒーの大半は、焙煎が強く長く、超深入りが特徴ですが、これでは酸味や香りを台無しにしてしまいます。本品の焙煎度は、一般的なベトナムコーヒーほど長くはなく、生豆ごとの状態に合わせて微調整を常にしています。ですから、アイスはもちろんのこと、ホットでこそ、その味わいを十分にお楽しみいただけます。

飲み方 籠Δ鯣圓い討垢旭むと、酸味、苦み、甘みのバランスがとれ、高い香りを楽しむことができます。挽いてからしばらくおくと苦みが増します。お好みでどうぞ。

飲み方◆筌戰肇淵爐任脇汎辰龍眤粟愁侫ルターを使って飲みますが、高級な鉄より安っぽいアルミのほうがおいしい味が出せます。フィルターの形も、寸胴(ずんどう)型より、ドリップの出口が細くなっている逆台形?(三角形)のほうがいいです。ドリップに時間がかかるので、受けるカップをあらかじめ温めておくか、湯煎しておくとよいでしょう。昔のベトナムでは当たり前のように行われていました。現在のベトナム社会では仕事や遊びに忙しく、コーヒーをゆっくり味わう文化も徐々にすたれてきたので残念です。

農園の様子を映像にてご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=HrLEXymY6FI

https://www.youtube.com/watch?v=poh3JdGk-aA

https://www.youtube.com/watch?v=qHtnwIbox_I

https://www.youtube.com/watch?v=tWlNDOcAQAo

https://www.youtube.com/watch?v=ZaHQCzOT7Ig

https://www.youtube.com/watch?v=_cz3UgDkxug

★★★ベトナムハウスとは★★★

ベトナム副大統領Pho Chu Tichさんとこのブログでおすすめしている英語絵本は、インターナショナルスクールに通う息子が実際読んだものばかりです。もともと不明な英単語のデータベースとして始めました。子供多読読み聞かせに役立つよう例文を添えています。教科書にない生きた言葉から豊かな表現力を身につけよう。目指せ語彙1万語!なお文中の例文は改変したもので、原著のまま引用しているわけではありません。ネットショップ@ベトナムハウスでは、雑貨の販売や料理、占いなどベトナムに関するサービスも提供しています。メールでご連絡くだされば、当方より詳細をお知らせいたします。

iCarlyにオバマ大統領夫人が出演

今日放送されたiCarlyで、オバマ大統領夫人のミッシェルさんが出演していた。おバカなクイズに真剣に答えているシーンが特に面白かったです。

子供英語の洋書016 12歳が夏休みに読む本

インターナショナルスクールに通う12歳の息子はすでに夏休みを満喫中。宿題は例年と同じく簡単な読書感想文を書くだけです。学校からもらったリーディングリストには120冊ほどおすすめの英語洋書児童書が挙げられていますが、今回はそのなかから息子が読んで感想文を書いた本をご紹介します。北欧の伝説のモンスターも登場する、魔法を使う少年の冒険物語らしいのですが、こんな本で感想文を書くことが許されるなんて…

息子が今ほしいもの:新型マックブック,NERFナーフ,レゴ

息子が今ほしいもの。本日発売となった新型マックブック、超特大のNERFナーフ、日本未発売のレゴです。1年間頑張ったご褒美をあげたいのですが、どれも高そう。

6年生修了、夏休みの始まりだ!

息子の通うインターナショナルスクールは昨日で今学期が終わり、今日から長い夏休みが始まりました。英語の上達はともかく、楽しい経験がたくさんできるかな。

アーティスト3組がホームステイ

久しぶりにホームステイ情報を記録します。現在滞在中の3組はいずれもアーティストと呼んでいい芸術系の若者ばかりです。まず1人目はコロンビア生まれ、イギリス育ちの女性。ロンドンの大学で服飾を学び、交換留学生として原宿の宝石加工専門学校に通っています。2人目はカナダから来た男性。都内の音楽大学に短期留学し、滞在中和太鼓尺八をマスターしたいと意気込んでいます。3人目はイタリアから来たカップル。旅行目的の短期滞在ですが、本国ではバッグデザイナーとしてオリジナルバッグの販売を手掛けているそうです。息子にいい影響があるかなあ。

インターナショナルスクールの陸上競技大会@横田基地

息子が通う英語インターナショナルスクール陸上競技大会横田基地で開かれました。息子は100、200、800、1500メートルに出場。記録はそれぞれ14.73、30.38、2.42.98、5.34.08でした。前回の大会で400メートルは71.87、円盤投げは振るわず12.46メートルでした。これがどの程度のものなのかはわかりませんが、記念の記録としてここに残しておきます。大会終了後のフードコート巡りが楽しかったそうです。タコベルタコスがとてもおいしかったとのこと。

インターナショナルスクールのバザー

息子が通うインターナショナルスクールでは、年2回バザーを開いています。英語洋書や学習関連のワークブックはもちろんのこと、ビデオ類子供服大人服おもちゃ食器などの生活用品雑貨電化製品かばんくつスポーツ用品クリスマスグッズなどが毎回大量に出品されます。プレステ2やDSが売られていたこともあります。ほとんどの品が300円以下なので、家計には大助かり。じじばばや親戚からのプレゼントを除いて、息子の服や靴、カバンをこの6年間一度も一般の店で買ったことはありません。”通の人”はここで仕入れた物をフリーマケットリサイクルショップで売って小遣いを稼いでいるという話も聞きます。売り上げは生徒の行事関連やクラブ活動の費用に充てられます。今月も20日21日に開かれます。21日は一般の方も入場可能です。関心のある方はメールにてお問い合わせください。場所をお知らせいたします。

インターナショナルスクールの陸上競技大会@砧公園

2週間前に雨で順延となった英語インターナショナルスクール陸上競技大会4月7日に東京の砧公園で開かれます。都内、横浜の15校ほどが参加する見込み。息子は短距離など3種目に出場する予定です。関心のある方は見に来てみては。桜も見頃だと思いますよ。

ホームステイのリピ-ターに劇的変化が

ホームステイホストファミリーをし始めて数年になりますが、今日1年半ぶりに再会したドイツ人に劇的変化が起きていました。以前は小太りのオタク風だったのが、今回は筋肉モリモリの超イケメンになっていたのです。動機を聞くと、単純に「このままではいかん」と思ったらしい。
次いで、彼の日本語にもすごい変化が。以前は「こんにちは」「ありがとう」を私が初めて教えたのですが、わずか1年余りの間に、今までお預かりしたゲスト中歴代4位にまで上達していたのです。理由を尋ねると、学校の理科の先生を辞めて、大学に学生として(!)戻ったらしい。しかも現在の専攻は英文学と地理。そしてオプションで日本語のレッスンを受けているとのこと。ドイツの教育環境はとてもうらやましい。何歳からでも勉強を始められるのだから。
プロフィール
Quyenさん(ベトナムハウスのオーナー)
Quyenさん
ベトナムハウスのオーナー
記事と英単語の検索
  • ライブドアブログ