Japans letzte Hoffnung in Krisenzeiten

image-190679-galleryV9-meot

ttp://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/0,1518,753072,00.html
ttp://forum.spiegel.de/showthread.php?t=32226
ttp://politikpla.net/forum/freie-diskussionen/83806-der-japanische-kaiser.html




日本国 天皇陛下 国難に直面した日本を支える最後の希望

Japans letzte Hoffnung in Krisenzeiten



SPIEGEL ONLINE

「国民と共に」という言葉は日本国の天皇陛下の信条である。東日本大震災のような災害が続く最中、日本人は天皇陛下を心の拠り所としているのだ。天皇陛下は被災した人々の避難所に駆けつけ、時には被災者の為に自らの別荘すらも提供している。

だが、近年になると島国で暮らす人々の集団意識の中では、昔よりも天皇陛下の存在感が薄れてきていた。日本の新聞では中身のないゴシップが並び、最近では「雅子殿下精神的苦痛、皇太子殿下が他の宮様と論争」といった見出しが紙面を飾った。

日本では政府と東京電力の無策によって福島の原子炉が制御不能状態に陥り、東京を含め日本人達は福島から風に乗って飛来する放射性物質による被爆に怯える事となった。そうした中で、日本人は自らの精神的支柱として天皇陛下にすがる様になったのである。

「耐え難き・・・」は続く

現在の日本の状況は、1945年8月における終戦間際の東京を彷彿とさせる。陸軍首脳部と海軍首脳部、そして陛下を補佐する文官達は、数週間の内に大日本帝国が降伏せざるを得ないと認識していたが、それを決断出来なかった。。首脳部の人間は誰しもが責任を取りたくないと考えており、しかも降伏を実行に移す力がなかったのだ。そうした中、降伏を決断し実行したのは実権を持っていないはずの昭和天皇だった。玉音放送によって、天皇は「耐え難きを耐え・・・」と国民に呼びかけたのだ。日本人が神と崇められる自国の君主の声を聞いたのはこの時が初めてだった。・・・そして放送後、国民や兵士は武器を置いたのである。

現在、福島原発の陰に怯える日本人は再び国民を導いてくれる人物を求めている。無能なる政府の"妥協"とは違う人物だ。・・・木曜日、東京の石原慎太郎都知事はテレビの前で水道水を飲み、安全性をアピールした。だが、東京の市民達はこぞってミネラルウォーターを買いに走ったのである。

そしてこの頃、国民は国難に直面した日本の最後の希望として天皇陛下を頼るようになったのだ。

忠平敏弘(64歳)さんは息子の勇人(29歳)さんと共に皇居を訪れた。天皇陛下から国民に向けられた励ましのお言葉をテレビで見た敏弘さんは、特に最近は何も信頼出来ない状況だった為、とても感動したと語った。

「天皇陛下は常に我々国民と共にある」

image-195921-galleryV9-glmy

忠平さんはダイムラー傘下の三菱FUSOに勤めているが、現在部品が供給されていない為、仕事が出来ない状態だと語った。そして皇居に入ると、「天皇陛下は御歳を召されており、体も弱くなっておられる。だが、陛下は常に我々と共に居てくださる。」と語った。

難しい言葉を使われていないにも関わらず、天皇陛下の言葉は国民を感動させた。ただ静かに共にあるという事を示したのだ。皇居では必要な時(公務等)以外電気を使わないようにされておられる。これは陛下が自らお考えになって行動したものだった。現在、皇室が夏に使用している別荘では、地震や津波で被災した人々がお風呂に入れるようになっている。また皇室の宮内庁病院では被災者の受け入れもなされているのだ。

陛下は自ら出来る限りの事をしたのだ。・・・例え国民が陛下の為に何かをせずとも、陛下のお気持ちを汲むような事が無くてもである。今上天皇のお父上、昭和天皇は戦後アメリカによって神としての地位から降ろされ、1946年には民主的な憲法が制定され「国の象徴」となった。そして日本においては、言葉よりも行動が人々に共感されやすいのだ。

しかしながら、一部の日本の国粋主義者達によって、こうした陛下のお言葉も利用されかねない。その為、陛下は日本神道の長として行動し、皇居の中で国の為、国民の為にただ祈るしかないのである。

「国民と共に」

こうした事は古来から日本では普通であった。何世紀にも渡って、帝は京都という都で隠居の様な生活を送っていた。これが変化したのは1868年の明治維新によって東京が新しい首都となり、陛下を政治上の権力者として中央に立てた時だけである。そして国民は神聖なる君主と天皇を崇めたのである。

震災後、日本のインターネット上では天皇陛下が放射能から逃げる為に東京から京都に移ったという噂が飛び交っていた。この時、京都御所ではセキュリティーが強化されており、陛下の動向はメディアで一切報道されていなかったのだ。

天皇陛下が首都から御所を移されるのは先の大戦以来二回目となる。だが、宮内庁はインターネット上の噂を否定した。天皇はまだ東京にいらっしゃると語ったのだ。こうした状況の中、立憲君主制の国で皇族が逃げるなどと言うのは実際には想像し難い事だからだ。

「Kokumin to tomo ni」・・・「gemeinsam mit dem Volk」、これは天皇陛下と皇后陛下の信条であり、お二方が即位して以来、ここまで日本国民が陛下を求めたことは今まで無かっただろう。

・・・現在、大都会東京は未だに怯えている。そして最後の望みは天皇陛下なのだ。



1:Emil Ule
大統領(ヒトラー総統の事、逮捕されるからぼかしている)を失ってから、ドイツは国民の道徳を導く象徴的権威の重要性を忘れてしまった。多分、メルケル首相も日本と同じような状況になったら窮地に追い込まれるまで首相を続けると思う。


8:horstma
>>1
どの総統を失ったって・・・?日本のような状況の中で、メルケルが勤めを果たしていたのであれば俺は賞賛するよ。ドイツは日本みたいな宗教染みた個人崇拝が無くなって俺は喜ばしい事だと思うね。クジラを無差別殺戮しているような日本の何処に国民の道徳を導く象徴がいるっていうんだ?そして消防士を放射能に汚染された地域に強制的に派遣するような国のどこに道徳が?

14:Magentasalex
>>8
俺はいつも日本人ってのは寛容で従順な人々なんだなって印象を持っている。ドイツ人よりも全然辛抱強い。だってそうだろ。今まで日本でデモが起きたなんて聞いたことないし読んだこともない。(もちろん、外国の話だから報道されていないだけかもしれないけどな)。だけど、海外で報道されるほどの大きなデモは無かったと思う。


9:Nonvaio01
>>8
日本の場合、国民が消防士達に原発での作業を頼んでいる。それは強制ではないし、消防士達の心にあるのは命を懸けて国を助けるという名誉心だけだ。ドイツの場合、こんな事は起こらない。なぜなら、ドイツには名誉の為になんて言葉はもう存在しないからな。ドイツには利己主義しかない。日本人の場合、天皇に関してはかなり敏感だ。彼らは天皇を愛しているしタイ王国のように君主を尊敬している。

日本を他の国と同じように見たら駄目だ。日本では英国王室のような現代における君主制を利用した演説は行われない。日本の個人崇拝は、脈々と受け継がれてきた歴史、伝統に起因しているだけだ。


10:Loewe_78
>>9
ドイツだって消防士が命を懸けて人を助けるというのは名誉の為だと思うんだけどな。

ドイツだけじゃない。世界中そうだよ。名誉が~なんて言葉を使うなんてナンセンスだ。


13:merkelmonster
>>10
君の言う事の方がナンセンスだね。俺は消防士の友達がいる。彼は例え呼吸が出来ない火の中だろうと救助に向かう。でも、メルトダウンしている原発に行けって言われたらどうする?って聞いたら、「家族を連れて車に乗って逃げる。家族の為に」だってさ。こう考えているの俺の友達だけじゃないんだぜ・・・。


2:oldharold
日本では自衛隊や消防士達が原発に送られているみたいだけど、ドイツだったらドイツ語が十分に出来ない移民系の人々が危険な場所に送られる事になる。

大体、消防士や軍人がメルトダウンしている原子炉を修理、修復出来るとは思えないし、収束なんて出来ないだろ。だから、このままだと最悪の想定が起こり得るかもしれない。そして現場に送られた人は例え怖くても逃げ出すことが出来ないんだ。


3:dr.epernay-boiler
象徴的権威にすがるなんて聖霊に助けてーって言うようなもんだ。


5:zulthak
>>3
その考えが、ドイツが病んでいるって良い証拠だ。国家の象徴は国をまとめる上で重要なのさ。確かに俺達には愛国心があるけれど、国の象徴への信頼、国家的英雄、多くのものを失った。可哀相なドイツ。


12:kurosawa
>>5
戦後ドイツが行ってきた方法は間違いだったって事?

ドイツ人にはあの災禍をもたらしたチョビ髭男がまだ必要だとでも?


16:zackzodiac
>>3
あいつは間違っている!いいやあいつが間違っている! ああ!そうだ!俺達にはアドルフが必要だ!!哀れなドイツにはお似合いだ!


4:mscharisma
石原都知事が水道水飲むパフォーマンスしたとかあるけど、78歳のジジイがちょっと汚染された水を飲んだ所でどうなるってんだ。放射能の問題は「ただちに」影響が出るわけじゃない。10年以上の長い時間を掛けて蝕んでいくんだろ。もし都知事に孫がいるなら、水を飲むパフォーマンスは辞めろ。そして本当に安全なら原発まで行って安全だとアピールしてこい。


6:onkel hape
日本人が天皇陛下を最後の望みと考えるのは、理解し難い。1945年に敗戦して以降、天皇は権力を持たない象徴に過ぎないんだろ。

77歳にもなる男性を悲しみのどん底に居る被災者の下に行かせてどうするんだ?


7:Malshandir
象徴的存在が国民を導くというのはドイツにも当てはまるよ。東西統一が成された後も、この国には統一感なんてなかったし、利己主義が蔓延していた。それに社会は国民に責任とかも持ち合わせていない。だけど、俺達はヨーロッパで暮らす一人、決して一人じゃなかった。

日本の天皇には政治的力はないけれど、日本の歴史を見れば何世紀にも渡って天皇は登場してくる。まさに日本の歴史には皇室があるんだ。つまり、それは日本の象徴という事になるわけさ。

陛下は老人かもしれないけれど、国の為、人々の為にご尽力されているわけだ。だからこそ、陛下は東京が放射能で終わろうとも、最後まで東京に留まると思う。人々が逃げ切るその時までね。


15:Magentasalex
>>7
うん。船に乗っている艦長と同じだよね。沈没する最後の最後まで乗艦し続けて船員が退艦するのを見届けて沈む。そこにあるのは艦長の責任と名誉だ。


11:puqio
ドイツにだってかつての皇帝の地位(国家元首)に連邦大統領がいるよ。

日本の天皇が年寄りだって言う奴もいるけど、そもそも国家元首は経験豊富な年配の方であるべきだと思うんだ。その方が人々も安心して信じられる。


17:jenzy
日本人の象徴主義とか理解不能だわ


18:amarildo
>>17
いやさ、「耐え難きを耐える」には国の象徴が必要だろ。


19:fugusashi
俺はドイツに結構長い間住んでいた日本人だ。でさ、ドイツが日本という国を殆ど理解していないって事も知っていた。だけど、今回の記事はビックリしたね。この記事はデタラメだ。殆どの日本人は天皇万歳ーなんて思ってないし。彼は単なる象徴であって、それ以上でもそれ以下でもない。象徴的存在の下、全国民が一致団結している国なんてのはヨーロッパ人が抱く幻想に過ぎない。皇室による君主制云々の話だって近代になって出来たものだし。





寄稿:ぱんだとらんすれーたー


このエントリーをはてなブックマークに追加  web拍手 by FC2
人気ブログランキングへ