Japans neue Luxuszuge: Edelwaggons vom Ferrari-Designer
ドイツ紙「日本の新しい豪華列車が凄すぎる!!」 

image-717932-galleryV9-ekvb
通勤者の苦痛は、ここには存在しない

ttp://www.manager-magazin.de/lifestyle/reise/japans-neue-luxuszuege-unterwegs-mit-der-jr-east-a-983616.html 

ドイツ誌 2014年7月31日の記事

日本の新しい豪華列車


二階建てのスイーツ車、パノラマデッキ、そして格式高いレストラン...この新しい日本の豪華列車では、移動自体が素晴らしい旅の一部となる。

フェラーリもデザインした奥山清行によって設計された10台連結の列車で、34名の乗客が日本の情景を楽しむ旅に出る。

電車を愛する人は日本へ行くと良い。

日本では新幹線が時間通りに発着し、日本中をトップスピードで駆け巡る。

北斗星のカシオペアは寝台車とレストランで乗車時間を短縮し、去年には豪華列車ななつ星が九州地方の線路を走り始めた。

2017年、万感の思いと共に高貴な列車が乗客を楽しませる。

JR西日本は食堂車、ラウンジ、展望台を備えたアールヌーボ様式の列車(30名)を発表した。

それに対抗し、JR東日本はフェラーリやポルシェも手がけた奥山清行のデザインするモダンな列車を発表した。

この列車には二階建てのスイートルームがあり豪華食堂車も兼ね備えた、五つ星ホテルにも劣らない豪華さである。

50億円が投資されたこの列車には34名の乗客しか乗れないが、寝室や浴室のついた15車両に2階建てのデラックススイーツが2車両ついている。

日本の新聞によるとJRはまだこの列車をどこに走らせるか決めていないというが、関東の東京付近にかなりの確立で走る予定である。

「この列車の目的は豪華さを提供することです」というのはジャパンタイムスの本間巧さんだ。

「移動の間、日本の素晴らしい景色を楽しんでもらい、地域の特産品を味わってもらうんです」

もちろんこの列車に乗るのは安くは無い。ななつ星は、例えば二日間の移動で18万円から52万円である。




記事:クニッゲ

日本に一時帰国したのでプリペイド式のシムカードを購入し、オーストリアで使っていたスマホに入れて使おうと思ったんです...でも、シムロックされていたのでレンタルシムカードに費やしたお金がパァになってしまいました...誰か、詳しい方いませんか?

あ、それから前回の「オーストリアで就職活動してるんですが...」という愚痴にコメント下さった方、ありがとうございました。励みになりました。 

 
cafe
このエントリーをはてなブックマークに追加  web拍手 by FC2
人気ブログランキングへ