Haruki Murakami erhalt "Welt"-Literaturpreis 2014
ドイツ有力紙、村上春樹に「ウェルト文学賞」
(ドイツ記事全文翻訳)

Haruki-Murakami


ttp://www.welt.de/kultur/literarischewelt/article132887543/Haruki-Murakami-erhaelt-Welt-Literaturpreis-2014.html 
ドイツ高級紙WELT
2014年10月3日付け記事全文訳


多崎つくるが駅を作る。これが村上最新作の内容だ。

この一見何の変哲も無い、今一オリジナリティに欠けるストーリーに思えるが、日本を一度でも訪れたことがあるものなら誰でも、この作品が秘めている完全主義に気付くはずだ。

多崎つくるは30代独身、仕事では成功しているがプライベートでは幸せを感じていない、という村上作品では代表的な主人公だ。

彼は大人になってからずっと、自分の中に大きな不安ごとを抱えていた。大学に入ってから、四人の親友が次々と去っていったのである。 そして、多崎はその理由を知らない。

村上春樹の13作目の長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』はこれまでの作品より超現実的ではなく、奇妙な出来事が起こるが、同時に我々の人生計画のスムーズな進行を破綻に追い込む何かをもたらす。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
鉄道エンジニアにとって、事故は想定内のうちで起こるものである。だからこそ、避難口、非常口、避難信号などがきっちりと設置されているのだ。

著者である村上春樹はこういった印から物語を発展させている。

彼の三巻セット作品「1Q84」では東京の駅にあるガタガタの非常階段がパラレルワールドへ続く扉となっていた。
1Q84

トンネルと秘密の小道

トンネルや扉、踏み分け道や秘密の小道、これらは村上シリーズで何度も出てくるキーワードである。

理屈と理性で開拓可能な現実が他の世界への抜け道となる、これが村上流マジカルリアリズムの基本である。

つまり、村上作品は一歩先を行った理解をもってして始めて現実味を帯びる作品なのだ。

サイケデリックな文体や極東の精神性、カフカの引用など、哲学者が好みそうなことがてんこ盛りである。

しかし、村上がノーベル賞ノミネート候補に毎年名を連ねるほどの世界的スターになったのはそういったカテゴリーだからではない。


11月7日、村上春樹はベルリンで行われる祭典で本紙「Welt」の2014年度文学賞を授与される。

顕彰状はオーストリア人作家のクレメンス・ゼッツが読み上げる。

村上の受賞理由は「日本の現代文学において特に重要な作家であり、作品の中で村上は、ポップカルチャーやミステリーやファンタジーのようなジャンルの小説から影響と欧米の大きな文化を繋げることに成功した。ねじまき鳥クロニクルやダンス・ダンス・ダンスといった長編と共に村上は、日本の大都市に住む人々の精神状態を独特の手法で描き、彼独自のリアリズムを形成した。」とある。
村上春樹と物語の条件―『ノルウェイの森』から『ねじまき鳥クロニクル』へ
また村上は、 アンダーグラウンドや神の子どもたちはみな踊るといった作品の中で、テロや災害といった現代のテーマを迫真的に文学化してきた。

友情や家族、恋愛などの欠如、それに孤独や孤立に対する村上の視点は、人間の条件という基本的問いかけへと誘う。

作品の中で村上は、実存的な側面という複雑さと全ての年代の読者を魅了する能天気さと正直さの融合、そんなかけがえの無い語りの形を造り出した。


16番目のウェルト文学賞受賞者

村上春樹は1949年1月12日に京都で生まれる。演劇学を勉強した後、東京でジャズバーを経営。

70年代後半から、執筆を開始する。

それから村上は50言語に翻訳されるほど世界的に成功を収める作品の著者となったのだ。

中でもドイツでのブレイクのきっかけとなったのは「ねじまき鳥クロニクル」や「ダンス・ダンス・ダンス」、「国境の南、太陽の西」や「100%の女の子」、それに「ノルウェイの森」だった。

ノルウェイの森 【スペシャル・エディション2枚組】 [DVD]
村上の前に「ウェルト文学賞」を受賞したのは彼の前に15人いて、それぞれ Jonathan Franzen (2013), Zeruya Shalev (2012), Albert Ostermaier (2011), Claude Lanzmann (2010), Philip Roth (2009), Hans Keilson (2008), Daniel Kehlmann (2007), Rudiger Safranski (2006), Yasmina Reza (2005), Amos Oz (2004), Jeffrey Eugenides (2003), Leon de Winter (2002), Pat Barker (2001), Imre Kertesz (2000) und Bernhard Schlink (1999)である。

1万ユーロと共に送られるこの賞は1925年にウィリー・ハースが新聞社「文学の世界(Die literarische Welt)」を創設したのがきっかけでつくられた。

審査委員会には英国の出版社ロード・ジョージ・ヴァイデンフェルド、ドイツ紙「ウェルト」社長コーネリウス・ティッテル、そして「文学の世界」会長リヒャルド・ケンマーリングスが名を連ねている。

来週にはドゥモント出版社から「女のいない男たち」のドイツ語訳が英訳に先行して発売される。

ドイツ語版タイトルはヘミングウェイの名作「男だけの世界(Men Without Women)」 から来ている。

10月4日には「文学の世界」主催のブックフェスティバルで、村上春樹の特別公演が開かれる。

ここでも人間の日常に見られる強い力が介入してくる。
女のいない男たち
村上の小説は新しい物が始まる場所であり、非日常とまだ見たことのない世界が交わる交差点であり、同じことの連続から冒険へと乗り換える駅である。

鉄道エンジニアとこの小説家は多くの共通点を持っている。もう決して、振り返らない!!





記事:クニッゲ

別に悪口書きたいわけではないんですけどね、日本での食事に比べてヨーロッパの食事ってのはイマイチぱっとしないんです。

それで理由を自分なりに考えてみたんですけどね、どうもヨーロッパの食事には「あっつい!あっつい!」とか、「うわっ、何これ辛過ぎっしょ!!」とかいった刺激要素が全くないことに気付いたんです。

スープもぬるい、ビールも日本みたいにキンキンに冷えたのは出て区内、味付けもしょっぱさがあるかないか...いや、だから悪口書きたいわけではないんですけどね、あっつあつのラーメンを食べながらキンキンに冷えたビールが飲みたいな、ってそう思っただけなんです...

cafe

このエントリーをはてなブックマークに追加  web拍手 by FC2
人気ブログランキングへ