Japan hasst es, mit Deutschland verglichen zu werden
ドイツ人「日本って、中国や韓国に謝ったことあるの?」(ドイツの反応)

2-format3
「愛国心の欠如が、今の日本を弱らせているんです」
アムステルダム訪問中の安倍内閣総理大臣 


ttp://www.handelsblatt.com/politik/international/politologe-thomas-berger-japan-hasst-es-mit-deutschland-verglichen-zu-werden/9676370.html

ドイツ紙Handelsblatt
2014年11月24日の記事

日本、ドイツと比べられるのを嫌う 


第二次大戦中、日本は中国の大部分を占領、残虐の限りを尽くした。

日本は中国に許しを請う為、誠意を見せなければならないのか?

センシティブな話題を、政治学者トマス・ベルガーが斬る。

0,,17602988_303,00

政治学者トマス・ベルガーは日本、中国、ドイツで過去の克服について研究している。

このテーマについては彼の著書「第二次世界大戦後の戦争、罪、政治(War, Guilt and Politics After World War II)」に詳しい。

同氏はボストン大学で教鞭を振るう傍ら、日本でも研究職についている。

習近平中国国家主席がベルリンを訪れた際、トマス・ベルガーは「なぜ中国が日本との抗争を語る際にドイツ人を引き合いに出す傾向にあるのか」説明した。



インタビュー

ドイツ紙:なぜ中国は、日本の過去の克服について語る際、ドイツ人を引き合いに出すのでしょうか。ドイツは過去を克服した良い例だということですか?

ベルガー氏:日本人はドイツ人と比べられるのが大嫌いです。というのも彼らが、ドイツと比較されることによって罪を受け入れる際の国際基準に達していないと感じるからです。ドイツと日本のしたことには根本的にかなり違いがあります。どちらもおぞましい出来事ですが、南京大虐殺や731部隊はアウシュビッツの悲劇とは、まったく違うものです。中国や韓国は、政治的目的のために反日感情を煽っているのです。


ドイツ紙:そもそもアジア人は、ヨーロッパで起きたことを理解できるのでしょうか?

ベルガー氏:ドイツの過去への贖罪は、中国や韓国が考えているものより明らかにより複雑で難しいプロセスでした。しかし、日本にもヨーロッパが経験したことから学ぶべきものは沢山あります。国同士の嫌悪感を拭い去る、もしくは緩和していくというのが先ず大切なことでしょう。


ドイツ紙:習近平国家主席がベルリンで語った中に、日本との論争をヨーロッパにも持ち込むという姿勢が見られましたね?

ベルガー氏:というより彼はもう行動に移しています。中国人や韓国人は、日本のしていることは許されるものではないと、日本を国際的な晒し者にしようとしています。そしてこの目論見は一部で成功を収めています。というのも日本の反対議論はあまりにも不適切であり、安倍政権も修正路線を迫られているからです。


ドイツ紙:安倍総理は国家主義者ですよね?

ベルガー氏:はい、しかも彼の祖父岸元総理以来、あるいは祖父以上の生粋の国家主義者です。日本は愛国心の欠如に苦しんでいる、と安倍総理自身で語っています、それどころか愛国心の欠如こそ日本を、社会的にも経済的にも軍事的にも弱くしていると確信しています。彼は第二次大戦後にアメリカ軍によって国と国民との間にできてすなった溝を、もう一度埋めようとしているのです。楽観的な歴史観の普及はそのために大切となってきます、だから安倍総理はかなり強気でいるのです。


ドイツ紙:しかしそうなると、中国との関係は悪化しませんか?

ベルガー氏:安倍総理は、世界諸国との関係を傷つけるような、かなり国家主義的な意見を持っています。次に何が起きるか予想するのは難しいですが、私は現在彼の下に就いている合理主義者たちが優位に立つことを願っています。


ドイツ紙:2国間の争いにドイツが巻き込まれているという話題に戻りますが、これまで日本が潔く罪を認め、謝ったことはあるのですか?

ベルガー氏:丸山、河野といった1990年代の日本政治家のトップはこの問題を真摯に受け止め、心から謝罪したと思います。安倍総理やなんかは、そのようなことは一切していません。質問がそもそも間違っています。国家や日本社会は、個人が持つような懺悔の気持ちを持つことはできませんし、それを望むこと自体が間違っているのです。


ドイツ紙:では、日本がドイツと違っている点はどこにあるのでしょうか?

ベルガー氏:私の見解を述べさせてもらえば、問題は日本人がこういったテーマについて建設的で一貫性のある主張をするために1度も大々的な指導をしてこなかったことです。ぐちぐち文句を言うだけでなく、状況を良くするために、隣国に対する考え方を変える教育方針の変更など、何かしら行動に移すべきだった。ドイツも、オーストリアも、こういった努力を怠らなかった。アメリカだって、奴隷制度を廃止したときには教育制度から変えていった。だから中国が喧嘩腰になり始めたとき、同じことを日本だってできたはずなんだ。


ドイツ紙:最後に、習近平国家主席の姿勢をどう見ますか?

ベルガー氏:トウ小平以来の独裁的な政治家みたいですね。もし彼がこれからも日本に対して強固な姿勢を取っていくなら、日本にとってかなり問題ですね。彼自身が反日感情をたきつけてる感があるのです。自身の政治システムの間違いをうやむやにしたり、人民解放軍の強化、自身の権力強化に努める姿勢など、習近平国家主席の行動からは目が離せませんが、日本との緊張が強まっているというのは確かです。



コメント

28.03.2014, 08:17 Uhr
ANONYM
Wolfsfreund

『日本は愛国心の欠如に苦しんでいる、と安倍総理自身で語っています、それどころか愛国心の欠如こそ日本を、社会的にも経済的にも軍事的にも弱くしていると確信しています。』

よく言った!

けど、これはドイツにも言えること。 

ドイツは終戦以来謙虚に成りすぎており、他民族に全く注意を払わなくなって、世界の笑いものになっている。

アメリカ国民のような愛国心の固まりになれとは言わない、けれどドイツを愛する心とドイツ人であるという自負は持ってほしい。そうすればドイツはもっといい国に成るはずさ。

経済大国であるドイツや日本が未だに周りの国にへこへこしてるのはどう考えても変だ。戦争に負けたから責任は負えって?笑わせるな!

だから、安倍総理の姿勢は間違っていないと思う。

ドイツの政治家も少しでも良いから彼から学び、喜びに満ちたドイツを取り戻して欲しいね!


28.03.2014, 09:21 Uhr
ANONYM
gamoschka

メルケル首相を見てれば、生粋の民主主義政治家がどのように行動すれば良いか分かるはずさ。

それは即ち慎重な状況判断、現実的な問題解決、そして周りから好感を持たれること。

ドイツにはこれらを備えたメルケル首相がいるから、日本よりまだマシかもしれない。

これからはネットワークこそ平和を作り出す。困ったときには助け合いだからね。


28.03.2014, 11:47 Uhr
ANONYM
Pro-D

ドイツや日本を敗戦国として晒し者にするなら、植民地保有国やアメリカについても触れなきゃいけないな。

500年も続いた植民地支配の恐怖に比べたら、12年間のナチス支配はなんてことないだろ?

阿片製造や奴隷商売、第二次大戦の一番であり中国で死んだインド人についてはどう説明するんだ?

パレスチナ原住民の虐殺も忘れてはいけないぜ?

つまり他人を晒し台に上げるなら、自分の身を潔白にしてからにしてほしいっていうことさ!


28.03.2014, 09:31 Uhr
ANONYM
walterla

ドイツがやった過去への償いは絶対に特別なものだ。

戦勝国は絶好の機会だと、俺たちの国から絞れるだけ搾り取った。

しかも、ドイツの政治家がそれに便乗してたっていうんだから笑える。



28.03.2014, 09:39 Uhr
ANONYM
Wolfsfreund

もしドイツがかなり困難な状況に立たされても誰も助けてくれないと思う、むしろ笑われるだけ。

去年ドイツを襲った洪水を思い出してみろ、EUのどの国も金銭的援助はしてくれなかっただろ?

他の国は銀行やクラブメッドに費やす金はあるのにドイツを助ける金はないって言うんだ。

EU諸国はなんて優しい友達なんだろな、必要なときには金貸せ金貸せうるさく言ってくるくせに、ドイツが困ったときには知らん振りなんだから。

メルケルはここ数十年間で最悪の首相だし、彼女はドイツの幸せをこれっぽっちも考えていない。

 
28.03.2014, 09:52 Uhr
ANONYM
clemensespe 

日本の政治は日本経済を軽んじるようになってきてる。

80年代、経済のエキスパートと呼ばれた日本はどこかに行ってしまった。

サルも木から落ちる、とはこのこと。


28.03.2014, 12:38 Uhr
ANONYM
goldener-storch

『日本人はドイツ人と比べられるのが大嫌い』

これは良く分かる。

世界は未だにドイツが第二次大戦を巻き起こし、ドイツの降伏とともに大戦も終わったと主張している。

実はあの戦争は日本の降伏と共に幕を閉じたんだ。

これを無視するのは、日本人のプライドを傷つけていると思う。

ドイツ人には、なんのプライドも残ってないけどな。
 





記事:クニッゲ

大学を卒業できたのは良いのですが、調子に乗ってオーストリアで就職しようとするも中々上手く行かず、現在ニートです。

キャリアカウンセラーが言うには、運が良い卒業生でも最低6ヶ月は就職活動が必要らしいです。

初めて迎えるニートとしての冬。

冬のウィーンは、5時になると真っ暗です。

いや、まてよ、ということはもう5時に就寝してもいいてことなんですか?


cafe
このエントリーをはてなブックマークに追加  web拍手 by FC2
人気ブログランキングへ