何となく生きる?頑張って生きる?

音楽アーティストとして... 会社経営者として.. ひとりの人間として... 生きている証と価値を考える、振り返る、問うような日々。

2018年3月21日にテイチクエンタテインメントよりリリースするMystery Girls Projectの3枚目のメジャーアルバム「GRAVITY」の制作に関する少々裏話的な事を、プロデュースを担当させて頂いている、わたくし高濱祐輔が引き続き記事を担当させて頂きます。
※高濱祐輔ホームページ/http://www.target-ent.com/yusuke_takahama/

第3回目となる今回は、サウンド面に関するお話。

おそらく今回の「サウンド面」の記事、一般の方には「なんのこっちゃ」の話になると思いますが(苦笑)、なんとなくイメージとして伝わるレベルで書きます。
サウンドクリエイターの方が読んでも「大した話でもない」ってフワ〜ッとしたところになりますけど(笑)

今回のアルバム「GRAVITY」に限らず、これまでのMGPサウンドは全てSteinberg社のCubaseで制作しています。Versionは8。
cubase8
「GRAVITY」作曲を期にVersion9にしようか悩んだんですが、製作期間が極短期だったので、万が一PCの不具合が出たらっという心配と、使い勝手に慣れていない事による作業スピードの遅延を避ける為、先送りに。
※まだ、バージョンアップしてませんが。

ちなみに、こちらの写真はアルバムタイトルチューン曲「GRAVITY」のCubase画面。
gravity

MGP楽曲のロック系の曲以外のリズムセクションは、いつもメインにBATTERY4を使っています。
battery4
これだと、楽曲単位はもちろんの事、1曲中の部分ごとにスネアやキックの音色を変えて演奏するのが楽だからね。
画像ではとても沢山の音源を読み込んでいるように見えるけど、実際に曲中で鳴らしているのはこの中のわずかだけ。
歌や生演奏が順次ダビングされて行くなかで、ミックス時に最良の音色を捜すために、候補音を幾つか鳴らせる状態にしておいて、切り替えて最終的に使う音を選択するためです。

ちなみにロック系の曲の時は、最近だとBFD3か、StudioDrumerを使ってるかな。その際のベースは個人的お気に入りのRickenbackerBassをいつも使っちゃう。

ロック系曲の話が出たついでに。。。

そもそもわたくし、一応ロックバンド出身(笑笑)なのですがギタリストじゃないので、歪系音色作りは毎度苦労するわけです。
アンプシュミレーターは、いつもGTRかGuitar Rigを使いますが、MGP曲の場合は殆どGuitar Rigで済ませちゃうかな。GTRは本物のギターアンプを使い慣れている人にはとても良いのだと思うけど、鍵盤弾きの俺には中々上手く使えなくて・・・何度かトライするけど、結局プリセットの多いGuitar Rigに落ち着いてしまうという。。。
↓上記「GRAVITY」の曲中に使っているアンプシュミレーターのセッティング状況。
guitarrig

さて、前作「Lock on」の時に登場しなかった音源ソフトも幾つか使いましたね。
Cubaseの追加プラグイン音源の、HALion 6。。(これ奥が深い・・・)
特に多様してみたのが「ANIMA」と「Skylab」↓
anima_sky
なんで「多様した」かというと、新たに買ったから(笑)
でもこれ本当に音作りが無限なので、じっくりと時間を掛ければ今までに聴いた事のない音色が作れるのは実感できたけど、同時に楽曲のアレンジ中に登場させたい音色の「正解」がだんだんわかんなくなってしまいがち(苦笑)
どこで「ヨシ」とするかの見極めが難しいって感じました。

今回のアルバムタイトルが「GRAVITY」になった事もあって、重力(引力)を意識したサウンドやアレンジを心がけてみたので、上記のシンセ音源などはとてもハマる音作りが出来、結果良かった。


新たに導入したプラグインとしては、今更ながらのリバーブ。
使ったのは、H-Reverb。
h-reverb
これ、ホントにイイ音ね。こちらも楽器やパートによっての、匠なパラメーター使いが出来ればとてもサウンドに磨きが掛かる事を体感しました・・・が、「GRAVITY」では探求する時間もなく(苦)

今回、他にも色々とプラグインを導入してトライしてたわけなんですけど、書けば書くほどマニアックになるので、この辺で。


さてさて、今回の目玉でもある尺八と三味線の収録。

この2つの楽器録音は個人的に初体験だったので、色々とJVCケンウッド・クリエイティブメディアのエンジニア湯沢氏に相談して、湯沢氏が個人で所有しているコンデンサーマイクとリボンマイクで収録しました。
確か「Bベロ」という貴重なリボンマイクを貸してくれまして、収録しました。
※既にもう手に入らない代物との事。ありがとーござーまーす。
コンデンサーのほうは「414」だったか「424」だったか。
IMG_1864

で、実際打ち込み系の音に、和楽器の生音をミックスするのはとても難しかったですわー。

それぞれの繊細且つ微妙な味わいの音、つまり「美味しい部分」をどうしても押さえ込んでしまいがち。。。
そこを際立たせると、悪目立ちで楽曲中に馴染まず浮いてしまうし。。。
苦労しましたが、とても勉強になったと同時にまたリベンジしたいという気持ちでイッパイ。。。

HIDE×HIDEのお二人のRECは、基本的に全テイク、毎回その時々のフィーリングで演奏してもらうアドリブ的な収録なので、予期せぬ「キターー!」テイクが出るのが楽しいレコーディングでした。
※↑この感覚、わかるかなぁ〜?(苦笑)

歌以外の生ものが入る作品は、Mystery Girls Project史上初の音源となった今回のアルバム。

グループコンセプトでもある「進化する」という意味に於いては、今作品も適ったものになったかなと思っています。

是非、今回の努力と苦悩が結集したアルバムを聴いて頂けたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

2018年3月21日にテイチクエンタテインメントよりリリースする3枚目のアルバム「GRAVITY」の制作に関する少々裏話的な事を、プロデュースを担当させて頂いている、わたくし高濱祐輔が引き続き記事を担当させて頂きます。
※高濱祐輔ホームページ/http://www.target-ent.com/yusuke_takahama/
gravity_250

今回はジャケットワークに関するお話を。

Mystery Girls Projectはこれまで、必ず衣装のテーマカラーを決めて来ました。

「V Generation」の時は、白と紫。
これは、白の女性的清楚感と、「ミステリー」という言葉にならった妖艶さの紫を合わせ、カッコキレイ(カッコイイ×綺麗)をコンセプトとしていました。
V-Generation_Jaket_s


2枚目の「Lock on」の時は、赤とクローム。
赤の派手さや情熱感と、色を持たないクロームは何色も吸収し反射する事を合わせ、グループの進化系や邁進感をコンセプトにしました。
MGP_Lockon_Jake


そして、今回の衣装テーマは、黒と花柄。
コラボ・アーティストのHIDE×HIDEさん達が、「紋付袴」という事は当初から決まっていたので、少し寄せる意味で黒をベースにし、それに女性らしさを加える為、今回は「単色」ではなく「花柄」をチョイスしたんです。
gravity_250


とは言え、これまでのMGPのイメージと、サウンド感を踏襲するため、遣り過ぎない程度の花柄(笑)
コンセプトは早い段階で決まったとしても、黒と花柄の生地が届いた頃はまだ、最終的にどういうスタイルになるかは、ぼんやり頭の中にあるだけで、それを言葉や画で伝えるにも中々上手に伝えれなくて・・・(苦笑)
IMG_1757


実際に衣装製作に入りながらも、紆余曲折メンバーを交えながら皆で意見を出し合い、最終形にたどり着きました。
こちらも、様々に関係して下さる方々を大勢巻き込んで完成したわけなので、とても感謝の気持ちと思い入れがある衣装になりました。

ちなみに、前回「Lock on」の時は、衣装についているクロームが、なかなかの工業パーツだったので、デザインや取り付けがとても難しく、完成間際は、私、ずっと、電動ドリル持って製作協力してた(笑)
※以下の写真は衣装デザインをしている最中の時のもの。
IMG_1436
IMG_1428



さて、衣装も完成しメンバーの試着も無事に終え、いよいよジャケット撮影の日を迎える事に。

今回のジャケット撮影は、テイチクエンタテインメントさんの本社での撮影となりました。

前作同様のカメラマンさんを本社に招き、撮影機材を持ち込んで、メーカープロデューサーも監修の中の撮影。
IMG_1780


実は、MGPの生みの親であるテイチクのプロデューサーは、私がキーボーディストとしてクラウンレコードからソロメジャーデビューした時のプロデューサーでもあるんです。
その頃から、撮影に関する拘りとチェックが厳しい方なので、少々緊張感もある中の撮影・・・・と思いきや、終始和やかに撮影が進んだことに、私自信は驚き(笑)
きっと、女子だからだ。。。。俺んときはもっと厳しかった!
IMG_1779



無事に撮影を終え、カメラマンさんから全てのデータを頂き、メンバーがそれぞれ自己選択で候補写真を決め、表1(CDのジャケット面)のデザイン作業に入るわけです。


今回、ジャケットや宣材写真に於いても、これまでの作品性とは異なる物にしたいと考えていたので、背景もデザインも特別なものを付けずに、シンプルにする事でアーティストや衣装などの個性を際立たせる事にしました。
結果、ありがたいことに、既に各方面から良い評価も頂けていて、言いだしっぺの私としてはホッとしているところです(笑)

ブックレットの制作監修は、実はとても大変なんです。
歌詞の間違いが無いかなどのチェックはもちろんの事ですが、規定文や記号、品番表記など全てを何度も確認します。
加えて、漢字のルビ付けや、英語表記のスペル、半角全角、!や?などなど。
最初に歌詞が上がって来たものから、歌をレコーディング中に変更した箇所などもあるし。
メンバーやプロデューサー、関係スタッフ、作詞家など出来る限り大勢の人の目でチェックをするのですが、それでも間違いに気付かないケースが多々あるので、いつまでたっても心配な部分(苦)

そして、忘れちゃいけないのが、盤面のデザイン作業。
こちらもコンパクトディスク(CD)特有の規定文や、コピーライト表記など、普段気にもしない箇所のチェックは骨が折れます。

と、いう事で、ジャケットワークがどうにか終わり、CDの製造会社様へ入稿し、色校待ちとなりました。
数日後、実際に使用する紙にプリントされたチェック原稿が届き、更にチェック作業に入るのですが・・・・PC上でのデザインは、PCモニターの色味や発色イメージと、実際に紙に印刷されたもので異なるわけです。
なので、この色校を手に取れる状態から見直して、印刷会社方と諸々話し合って最終的なブックレットに仕上がるわけです。
※音でいうところの、マスタリングみたいなものかな。違うかな(笑)
IMG_E1916



まだ今日の段階では製品の状態になったCDは手元にないですが、全国のCDショップ店頭や、メンバーの手元に届く事が待ちどうしい限りです。
今回はジャケットワークについてお話しました。

音だけでなく、衣装やジャケットなど、こんな思いを込めたCDを是非皆様もお手にとってもらえると、嬉しいです。

この話、また、続くかも・・・・

昨年2017年の12月4日に正式にMystery Girls Projectのメジャー3枚目のリリースが内定して、怒涛のスケジュールをこなし、先日のマスタリングまで漕ぎ着けてマスターがアップした分けです。
それについての少々裏話的な事を。

HP_20180210_s

もちろん、前作の「Lock on」リリース後、次の音源制作やリリースを念頭に置いていなかった訳ではないんだけど、現実的には正式なラインが確定するまで新曲や新企画は準備していなかったよ。
12/4にメーカーPより「決定」の知らせを受けてから大慌てで・・・・

俺が年内(2017)にやらなきゃいけない事は、
・アルバムのトータルコンセプトと企画を考える
・今回のコラボアーティスト「HIDE×HIDE」にオファーを出す
・新曲を最低10曲は作曲する
(今回はカバー1曲と、コラボアーティスト制作曲1曲の合計12トラック)
・外部作詞家の方々にオファーを出し、作詞して頂くデモ音源をなる早で提出する
・新メンバーオーディション
・メンバーの新衣装のデザイン&発注&制作
・ジャケット撮影の段取りと手配

俺が年明け1月中にやらなきゃいけない事は、
・出来上がって来た各曲の作詞チェックとメロ譜面書き&メンバーパート振り分け
・歌と楽器のレコーディング&エディット作業
・ジャケット撮影
・CDブックレットの制作と監修
・ドラマトラックの台本制作&レコーディング
・全トラックのミックス&トラックダウン作業

という事。この案件だけ関っていられれたとしても厳しいスケジュールの中、もちろん普段の通常業務も並行するので、大変。

事務的な作業は1つずつタスクを処理すれば進行するけど、「作曲」の部分に関しては、いつ、どれくらいの時間で、妥協する事のない新曲が完成できるか、俺自身にも計れないわけで。。。。
とは言え、世の中に出す作品として後々後悔するのはイヤだし、言い訳も出来ないし。。。

話は変わって・・・
今回、前々から「何か一緒に作品が創れたら」と話していた尺八と三味線のユニット「HIDE×HIDE」に、「良い機会だからアルバムでリリースしよう!」って相談し、彼等からも快諾頂け実現したコラボ企画。

Mystery Girls Project featuring HIDE×HIDE

または、HIDE×HIDE×MGP(ヒデヒデエムジーピー)

彼等もまたとても多忙で世界中を飛び回る活躍をしているアーティストなので、スケジュールを含め「制作、間に合うのか!?」と懸念もあったけど、そこはプロの意地と実力で制作を進められたわけです。

IMG_1861
IMG_1851

Mystery Girls Projectの楽曲は、過去全楽曲は俺が作曲をし続けて来たのですが、コラボついでに・・・って事で、尺八の石垣くんに作曲を依頼してみました。

で、作詞に関して当初は作詞家さんを立てる予定だったんですが、折角だから「尾上くん作詞したら?」と持ちかけたわけです。
始めは「ムリムリ」って笑ってたけど、説得していくうちに「作詞家・尾上秀樹」が覚醒し始めて(笑)お願いする事になりました。

結果、作詞作曲HIDE×HIDEの「RED MOON」という楽曲が完成したという。
俺以外が楽曲を制作したのも、グループ史上初なので記念すべき1曲になったね。

HIDE×HIDE公式WEB/http://www.hide-hide.net/

さて、

関る人全員が物凄く多忙な中進むレコーディングの現場に、作詞家の石川絵理さんがわざわざ来てディレクションをして下さいました。
IMG_1844

石川絵理さんは、前作でも「Sparkling Angels」「PERSONA」の2曲を担当して頂いていて、MGPサウンドも熟知されているから、今回もとてもステキな歌詞を書き下ろして下さいました。
石川絵理さんは、「金色のコルダ」シリーズや「テニスの王子様」シリーズなど、様々な楽曲の作詞を担当されている偉〜〜い先生です。
https://twitter.com/e_ishikawa_a


そして、

制作は続き・・・・俺も一回倒れたりしつつも何とかマスタリングの日を迎える事に。

IMG_1866

おそらく世の中一般の人は、「レコーディング」って作業と、「ミックス&TD」って作業と、「マスタリング」って作業の工程や意味ってわからないと思うんですが。。。
そもそもこれらの作業内容を、MGPのメンバーも加入するまで知らなかったりする(苦笑)
しかもこの工程は、あくまで音としての原盤を完成させるだけの作業であって、1枚のCDアルバムが「製品化」するまでは、まだまだ途中。。。

特に今回の作品の場合、上記の「ミックス&TD」時点の音をメンバーが確認する時間も無く、プロデューサーである俺に一任してもらい進行した為、メンバーはこのマスタリングの日に初めて完成した自分達の歌や曲を聴く事になった。

IMG_E1869

マスタリングエンジニアは、デビューアルバム「V Generation」、2nd「Lock on」の時同様に担当してもらった「吉良(キラ)くん」。

IMG_1870

彼もまた、MGPサウンドに精通してくれているので、音作りの俺のツボを心得てくれてて助かる。
特に今回はミックス&TDに掛ける時間が極端に少なかった事と、徹夜続きで意識朦朧の中での作業だったから、俺、色々やらかしてて・・・・(残)
でも、キラちゃんがシッカリとフォローしてくれたので、ホント助かった。
ありがとう。

原盤マスターが完成し、ひとまず「お疲れ様」っと安堵してたら、メーカーPが俺の顔見て、「終わった早々悪いんだけど、ジャケット入稿週明けだから引き続きよろしく」と一言。

・・・・そーだった。

で、翌日からまた、まだまだ殺人的スケジュールの只中に戻っていく俺でした・・・

この話、続く・・・かも。続かない・・・かも。

ミュージシャンらしい事書くよ。(苦笑)

同じような事で「悩んでいる人が居たら」って事と、俺個人の覚書です。
何日もこのストレスで悩んでいた事がやっと解決したので、一応。
多分、俺が無知なだけの事なんでしょーけどね(笑)

DAWではCubaseを使っていて、OSはWin7(もちろん64bit)でして。

で、weavsの新しいプラグインを購入してインストールしたあと、Cubaseを立ち上げるたびに「Select Waves 9.6PlugIns folder」の画面が開き、どのフォルダを選んでも、何度もこの画面が表示され前に進まなくなる件。

もちろん、「Cancel」を押せばCubaseは起動するし、新旧プラグインは何の問題もなく使える。

只々、この起動時にセレクトフォルダー・ループ地獄に陥る、または毎回「Cansel」するというこのストレス。

で、俺的な自力解決の方法なので、正しいかどうかは分かりませんけど(間違ってるだろうな)どう解決したかを覚書として書きまする。

とりあえず、最新のWaves Centralで全てのプラグインをアンインストールした。
システムフォルダー内の、Program Files (x86)の中からwavesフォルダーが消えたことを確認。

で、Cubaseを立ち上げたけど、まだ「Select Waves 9.6PlugIns folder」の画面が出現。

おっかしーなぁ〜と思いつつ、Cubaseを終了して、今度はProgram Filesのほうを確認するも、当然wavesフォルダーなんかない。
(※weaveのデータは、Program Files (x86)のほうに生成されるらしいからね)

「謎!」って思いつつ、Program Files 内の、VSTPlugInsフォルダー内を見たらWaveShellが居て、且つ、なぜかSteinbergフォルダーの中のVSTPlugInsの中にもWaveShellがあったので、これらを全て手動で削除。

確認の為に、Cubaseを起動したら、「Select Waves 9.6PlugIns folder」って聞かれなくなった。
これでひとまず、ホッとして・・・・・

改めてWaves Centralを起動、ログインして全てのプラグインをインストールし直した。

恐々、Cubaseを起動。

「Select Waves 9.6PlugIns folder」ウィンドウは現れず、立ち上がった。

そして、ちゃんとプラグインが選べて使用可能かを確認。オッケーー!

はぁ〜よかったよかった。

俺が無知なんでしょうけども、ストレスから解消された嬉しさから、これ書いてます。
解決してからまだ実践作業をしていないので、この後何か不具合不都合が出るかもしれないけど

まっ、そんな感じで。


昨年末のブログで箇条書きしていた事柄が、そろそろ全てクリアに差し掛かって来たよーな。
(※まだFIXしていないところがナンですが。。)

気づけば明日から6月。折り返し月。
言わずもがな「はえぇーー!」って言葉しか出てこないけど

この半年、目まぐるしくて、「通常営業モード」ってどんな感じで日々過ごしてたか、完全に忘れたわ。
例えるなら、1曲の尺が24時間の曲をオーケストラで演奏する指揮者のような日々でしたねぇ〜。
(※例えのほうが判りにくくなってるか。)

でも、こうして「仕事でオファーされる」事って、本当にありがたい事だと深く感じた。
例えどんなに大変だったり難しい案件だったとしても、「期待され、求められている」という事は「自分の存在価値を認めて貰っている」というふうに感じる事が多かった。

これって、仕事に限った事ではなくて、人間関係において全てに言えるなーっと。

誰かに必要とされる事が、どれだけ「特別な事」かって思うよ。

喧嘩だって、1人じゃ出来ない訳だし。

「当たり前のような事」を「当たり前じゃない」って思って人や物事にあたると、自分自身も相手に対しても見方が変わるってゆーか、視野が広がって見えたり気づいたりする事が出来るので、みんなにもオススメです。
例え対じする相手や事柄が、同じ視点や価値観を持ってなかったとしても。

そーゆー意味のことわざを記事タイトルにしてみたよ(笑)



さてと。



まだまだ残務はあれど、次々新たに求めて頂ける案件があるので、気を抜かず誠心誠意応えて行こう!っと思って。


でも、マジ、その前に一回休みたいな。
この分だと、休めるのは6月後半かな

ってか、旅に出たいな。
先日、仲の良い男性声優タレントと「2人で温泉でも行く!?」って話で盛りあがった事だし。
あっ、でもそれは、色々と勘違いされるか?(笑)

はぁ〜〜〜
(色々考えてたら、余計疲れるわ)

まっ、そんな事で。

では。

(写真は前回プライベートで行った温泉宿の部屋)
(画像貼らないと、サムネイルがさみしい感じになるから)
(画像を貼ることで、切なさ増すなぁ〜・苦笑)
onsen

このページのトップヘ