翻訳者ときどきライター

英語のこと。日本語のこと。翻訳のことetc.(名古屋論も?)

「アレクサ、いま何時?」(アマゾン・エコーで最もありがたい機能の話)


Google Homeをはじめとする「AIスピーカー」とか「スマートスピーカー」などと呼ばれるもの、話題になってますね。

我が家はアマゾン・エコーにしてみました。
アマゾンのプライム会員だし、Fire TV スティックも重宝してるし、プライムミュージックもどんな感じかわかってるので。
想像以上にいいです。思い切って買ってよかった!

echo_blog

おすすめポイントはたくさんありますが、個人的にいちばんありがたい機能の話から書きます。

ご存知のとおりAIスピーカーは、話しかけて操作します。
アマゾン・エコーの場合は「アレクサ(Alexa)」と呼びかけます。
※カタカナ発音で大丈夫なのでご心配なく。私もLとRの発音は区別できません (^ー^;) 

で、最も単純な機能なんですが、「アレクサ、いま何時?」と呼びかければ時刻を答えてくれます。
これが私にはとっても助かっていて。
夜中に目が覚めて、「どのくらい眠ったんだろう? 外はまだ暗いみたいだな… いま何時くらいだろう?」と思いながら、なかなか動かない身体をがんばって動かして手探りでスマホを見つけて、なかなかパチッとは開いてくれない目をなんとか開いて時刻を確認する…ということがよくあったんですが、それがもう必要なくなりました!

また、そんなときに「オッケー、グーグル!」とか「ヘイ、Siri!」とか言うテンションにはなれませんが、「アレクサ…」なら大丈夫 (^ー^) 
ある意味、ピロートークです(?)。
「アレクサ、いま何時?」ってきいたら10回に1回くらいは「そうねだいたいね」って言ってほしい気もしますが、それはまた別のお話…

なんだかしょぼいエピソードですいません (^ー^;) 
でも、こういったテクノロジーが一部の障碍やバリアをフリーにしてくれる可能性を感じたりもします。

とりあえず今日はこのへんで。
この他にも、おすすめポイントいっぱいありますので、また書きますね。




京都へ行くのに大津でパーク&ライドできる話(…と、『ちはやふる』の話)


愛知・岐阜・三重など東側から京都に入るのに、大津(滋賀)まで車で行ってパーク&ライドする方法があります。
渋滞や駐車場所に困る前に電車に乗り換えられますし、駐車料金もかなりお得です。
(詳しくはコチラのリンク先をご確認ください)

その際は大津ICで高速を降りて京阪の浜大津駅近くの駐車場を利用することになりますが、その浜大津駅が今週末(2018年3月17日)から「びわ湖浜大津駅」に駅名が変更されるとのことです。
(その他3駅も駅名が変わります。詳しくはコチラ

その2018年3月17日、競技かるたに賭ける青春を描いた映画『ちはやふる-結び-』が公開になるとのこと。
chihaya

この映画のロケ地が、かるたの聖地・大津の近江神宮
浜大津駅からは車なら15分程度(3~4キロ)、電車でも浜大津駅から近江神宮前駅まで6分(4駅)と、「せっかくだからちょっと寄っていこうか」となるような距離にあります。

映画のファンの方はコチラのロケ地マップもぜひチェックしてくださいね。
なりきり写真撮影場所なんてのもありましたよ。
DSC_1449

とても美しい神社です。映画を観てから訪れるもよし、訪れてから映画を観てみるもよし。
DSC_1448

私はお土産に「歌かるた箋」というのを買ってきました。
短歌がお好きな方や文具マニアの方にいかがでしょう。
omoteura






















 

名古屋で鳥飼玖美子先生の講演会があるそうです(2018.3.3開催) #英語 #英会話


※(3/4追記) 行ってきました! 個人的なメモはこちらにまとめました。

平成30年の3月3日(←いい数字の並びですね)の土曜日に、名古屋で鳥飼玖美子先生の講演会があるそうです。

「グローバル社会における異文化コミュニケーションのあり方や国際理解、多様性への理解、“ホンモノの英語力”などについて、講師の豊富な経験を踏まえて分かりやすくお話いただきます」とのこと。

詳しくはこちらを。
http://nic-nagoya-torikai.jp/

参加費は無料。先着700名で、申込みはもう始まってますので興味がある方はお早めに。

鳥飼先生はEテレの「ニュースで英会話」などでみなさんおなじみですよね。
(以前にもこのブログで鳥飼先生に関することを書いたことがありました→こちら

貴重な機会だと思いますので、私もこれから申し込んでみます!


翻訳者の本棚から
プロフィール

translatororwriter

  • ライブドアブログ