翻訳者にとって、データが飛んでしまうことは致命的です。
そのため、対策が必要になります。
 
 # 今回は訳文調で始めてみました (^ー^;)
 
外付けのハードディスクなどへのバックアップはもちろんですが、停電のことも考えておかないと心配です。
(地域全体の停電の可能性だけじゃなく、ブレーカーが落ちたり、コードをひっかけちゃったりする可能性もないわけじゃありません)
 
大須(秋葉原と浅草と下北沢を足して5で割ったような街)に行って、店員さんに無停電電源装置(UPS)についてきいてみました。
UPSは、「正常にシャットダウンするための時間を稼ぐもの」で、「充電型バッテリー」としての装置じゃないとのこと。
結構なお値段だし、サーバーに使うもので、個人のパソコンに使うようなモノではない雰囲気…
 
で、どうしたかと言いますと…
 
ノートパソコンに、モニター/キーボード/マウスをつなげて仕事してます (^ー^)
これで、停電しても大丈夫 v(^ー^)
机の上がいっぱいになっちゃうことが唯一の難点ですが (^ー^;)
 
ちなみに、モニターは、大須でジャンク品を5000円で買ってきました(笑)
保証がないのでちょっとドキドキしましたが、1年近く使えてます。
 
デスクトップ型のPCでバッテリー内蔵のモデルがあってもいいような気もするんですけどね。
停電したらモニターが消えるから意味ないのかな??