January 25, 2005

AMERICA WILL NOT IMPOSE IT ON THE UNWILLING.

ブッシュ再選を快く思わない人達の懸念を、大統領はよく知っているようです。

America will not impose our own style of government on the unwilling.
アメリカは、アメリカ流の政府を、望まない者に押しつけたりはしない。


willing(嫌がらずに、自ら進んで)に否定の接頭辞unがついて、unwillingは「気が進まない、嫌々ながらの」。形容詞にtheがつくと、「〜な者達」という意味になります。
強い意志による未来を表すwillの否定ですから、will notは「そうならない」ではなく「そうしない」です。
この一文、Americaを主語にするよりも、I will not impose my own style...の方が、実際にはappropirate(適切)な気がします。
そして、I will not...にした場合、ちらりと頭をかすめるのは、“小泉流”のアノ人。彼の場合、the unwillingはヨソの国ではなく、主に日本の国民なのですが。アメリカほど他国にimposeするような力は、良くも悪くも持ち合わせてはいません。
演説の続きは、明日。

transmedia at 07:32│Comments(0)TrackBack(0)Quotes & Proverbs 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

多岐川恵理

Archives