April 10, 2018

IS THE CARD TIED TO EACH EQUIPMENT?

180410























外出して戻ってきたら、テレビが映らなくなっていました。
「B-CASカードが正しく挿入されていません」という表示。
入れなおしてもダメ。
インターネットで調べたところ、機器の電源を切って、コンセントも抜いてから改めて入れてみるとリセットされるとか。

Is the card actually tied to each equipment?
このカードはそれぞれの機器とつながっているのですか?


コンセントを抜いての挿入しなおしは、機器が出荷時の状況にリセットされてしまうこともあるとかで、それで面倒なことになっても嫌です。
ネットにはもう一つ方法が書かれていて…




B-CASカードが入っている機器が他にもあるのなら、カードを入れ替えてみると、カードの不具合なのか機器の問題なのかはっきりするとのこと。
え、このカードって、元の機器と切り離して使えるの?
テレビとビデオデッキ、どちらにもカードが入っているので入れ替えてみたところ、映った!
ということは、カードがダメになってしまったということです。
カードに書かれている電話番号に連絡したところ、保証期間内なので無料で交換するとのことでした。でなければ2050円かかります。
到着には2,3日かかるので、同じ状況で不便を被る人もいるでしょうね。
be tied to ... は、そもそも「〜に縛られている、つながれている」という意味です。
tie が、「縛る」という動詞。
それをこのように「関係している、束縛される、制限される」という意味で使うことも可能です。
equipment は「機器」。
このB-CASカード、日本独自のシステムです。
契約した人だけが受信できる、コピーを制限することで著作権を保護する等の目的がありますが、悪評が高い様子。
海外ではアンテナとテレビを接続できれば無料放送は映るので、日本に移り住む人が戸惑うケースが多いようです。


transmedia at 23:23│Comments(0) General 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

多岐川恵理

Archives