August 13, 2019

THEIR SALT-GRILLED SWEETFISH IS THE BEST!

190813-1























高校からの友達が誘ってくれて、1時間ほどドライブ。
目当ては簗(やな)、鮎をつかまえる伝統的な仕掛け(traditional fish trap)、鮎を食べさせるお店です。
彼女おすすめの店を目指して本巣(もとす)市へ。

Their salt-grilled sweetfish is the best!
あそこの鮎の塩焼きは最高だね!


根尾川へやってきました。
画像には写っていないけど、水遊びする子供たちがたーくさん。
190813-2























このすぐ近くにあるのが、赤石やな
鮎をこんな風に…

























焼いてます!
190813-3























お盆時期に予約なしとはやや無謀ですが、20分ほど待って入ることができました。
190813-4























こんなに大盛況!!
壁、ありません。
大きな扇風機と川へ抜ける自然の風だけでも過ごせるなんて信じられない。
この日の岐阜市内の最高気温は37.7度。
190813-5























190813-6























コース料理(3500円)は、鮎の甘露煮、鮎の刺身、鮎の魚田(田楽)、鮎の塩焼き(2匹)、鮎のフライ、鮎雑炊。
鮎 after 鮎(鮎が次々と)。
雑炊以外どれも1匹まるごとの姿で出てくるので、6匹+α。たいそうな満足感です。
「鮎」は sweetfish。
sweet は、甘さではなく、その香しさから来ています。
「〜の塩焼き」は salt-grilled XXX。
いや〜たった1時間で小旅行。夏休み気分を味わいました。
彼女とは、昨年末にしいたけ園に連れて行ってもらって以来。(このとき
仕事や家のことを頑張ってる彼女と近況を catch up して、夏休みを謳歌する他の皆さんたちもたくさん見かけて、こうして休みに遊べる幸せに感謝した1日でした。



















transmedia at 23:45│Comments(0)Food & Drink | Trip

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

多岐川恵理

Archives