October 10, 2019

DILILI IS A CHARMINGLY UNCONVENTIONAL HEROINE.

191010-1
























先月の出張にて。
研修後に埼玉からちょこっと電車に乗って、有楽町に出ました。
「ディリリとパリの時間旅行」という映画を観るために。(公式サイト

Dilili is a charmingly unconventional heroine.
ディリリは素敵に型破りなヒロインだ。


VARIETY誌の film review からの1文です。(こちら
英語タイトルは "Dilili In Paris"。
どこが…



どう素晴らしいのかは、オフィシャルサイトで確認していただきたいのですが、ちょっと足をのばして観に行ってよかった!
エレガントで勇敢な6歳の Dilili が本当にチャーミングで、ベルエポック、黄金時代のパリの街並みが美しく、ファンタジーの世界に没入できました。
charmingly 「素敵に、魅力的に」。
unconventional は「慣習にとらわれない、型破りな」。
191010-2























実は先ほどリンクした VARIETY誌のレビューは酷評といっていいものなのですが(醜いだのプロットが変だの失敗作だの)、これに真っ向から反論する一般人のコメントが付いています。それはアメリカらしい評価で、フランスやスペインでは絶賛されたと。
なるほどねえ。
そんな事実もまた興味深い。
「千と千尋の神隠し」も、アメリカではカオナシが理解されずに評価が低くなったことがあった…。
確かに強引な展開ではあるし、想像で補完が必要な部分はあるのですが、私は好きだったな。この映画。
出張の夜のこんな過ごし方もいいなと、こちらのシアター(ヒューマントラストシネマ有楽町)のメンバーになりました。
火曜日はちょうどお安くなります。




transmedia at 21:40│Comments(0)Movies & Shows 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

多岐川恵理

Archives