2020年05月18日

明日5月19日の火曜日のゲキジョウの代わりとして

本当は明日、5月19日は本番だったはずなのだけど、
4月に続きコロナですべて吹っ飛びました。

4月も行いましたが過去の作品を限定公開でYou Tubeにて視聴出来ます。
「ケミカル・ブラザーズ」
「サーカスナイト」
本公演の「君と旅」になります。

ケミカル・ブラザーズとサーカスナイトは
20日(水)23:59まで。

君と旅 22日(金)23:59までの視聴予定です。

視聴期間終了は予定よりも早くなる可能性がございます。

本来の4月のトランスパンダ「いつもごめんね今日もごめんね」は
サーカスナイトとケミカルブラザーズ星を待ってるのハイブリッド的作品になる予定でした。

5月の「トーキョーは夜の7時」は「サーカスナイト」への姉妹的位置づけなアンサー芝居となる予定。

まあみんな予定だったからね!上演するときがきたら変わってるかもだけどね。

「君と旅」はわたくし以外、みんなめちゃくちゃ芝居うまい民しかいない。
さっきから私の芝居の出来とか色々みて倒れそうになってる…。。

こんなサービス滅多にしないからみんな観てくれよな(孫悟空風味)


・「ケミカル・ブラザーズ」
作+演出 ナカタアカネ

2015年4月28日火曜日のゲキジョウにて上演。

出演者

上田耽美(耽美社)
奈須崇
ヤマサキエリカ
横田江美(A級MissingLink)
大竹野春生(第一次反抗期)
谷屋俊輔(ステージタイガー)

https://youtu.be/its-79XZdwM

・「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ
演出助手:上田耽美(耽美社)

2015年8月18日(火)火曜日のゲキジョウにて上演。

出演者

前田晃男
後藤七重
高橋恵美子(現在:高橋映美子)
ののあざみ
ヤマサキエリカ

https://youtu.be/nHPVEzrDwFk

・「君と旅」
作・演出:ナカタアカネ

2010年 4/15(木)〜4/18(日)カフェシアターNyanにて上演。

出演
奈須崇 
北村守(スクエア)
上原日呂(月曜劇団)
なかた茜 

スタッフ
舞台監督:久太郎(鉄人王者)
照明:浦部善行(浪花グランドロマン)
音響:笠木健司(クロムモリブデン)
制作:安井和恵(クロムモリブデン)
宣伝写真:森達行(もみあげフラメンコ)

https://youtu.be/MERYu_pZGWg

transpanda at 23:03|Permalink

2020年04月20日

明日4月21日の公演の変わりとして

本当は明日、本番だったはずなのだけど、コロナですべて吹っ飛びましたね。

同じく火曜日のゲキジョウで上演した「ケミカル・ブラザーズ」しか観たことない人には、
トランスパンダの真髄は恋愛芝居だと知ってもらいたい。

過去の公演になりますが「サーカスナイト」をYou Tubeで期間限定で視聴と出来ます。
4月20日 22:15〜4月21日 23:59まで。

2本分を収録しています。
4月22日になった時点で公開をやめますのでそれまでお楽しみ下さい。

https://youtu.be/nHPVEzrDwFk

クレジットは下記の通りです。

「火曜日のゲキジョウ 30×30  」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)


出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子(現:高橋映美子)
ののあざみ
ヤマサキエリカ


transpanda at 22:07|Permalink トラパン 

2020年04月17日

4月5月の火曜日のゲキジョウ公演につきまして

みなさん、こんばんは。

画面の向こうの読んでくださっている皆様、
このコロナの状況下本当に大変なことになっておりますが
いかがおすごしでしょうか。

4月の上旬にまず火曜日のゲキジョウ「トランスパンダ× 狂夏の市場」は
時期未定の延期を発表しました。
その後に緊急事態宣言が発令しなにか今後の上演できる目処が内容でわかれば…と
思いましたが、仕方ないことですが何もわかりませんでした。
それから後に、ご予約いただいたお客様には記載頂いているメールアドレスにて
延期のお知らせを送付させていただいております。

5月も同時に時期未定の延期は決まっていたのですが
その後緊急事態宣言発令に伴い5月の火曜日のゲキジョウは総て延期決定となりました。


事の発端は、借りていた稽古場がコロナの影響を鑑みて貸し出し禁止になり
次は演劇やコーラス部関係など総て貸出禁止と決定したことから
代わりの稽古場を探したり色々動いていたのですが
当初は国も対策これと言ってないし、落ち着くのかなと
楽観的なことを少し思っていたのですが、酷くなっていく一方で
全く事態が落ち着かないのでこれは私の見通し甘いのでは…と改めて考えている所で
出演者の方や劇場とも相談などさせていただきました。
出来ればやりたいと言う前に
もう予約でほぼ完売なのに延期なんて許されるのかな…と悩んでいたときに
「主宰として本当はどう思ってるの?」と聞いてくださった方や、
「今は周囲の人のことを考える時期だと思います」
と言って下さったのが一番大きかったです。

一番はこんなのは劇場側判断してもらいたいんだけど…とも思いましたが
この頃は劇場も劇場は開けるというスタンスでしたしね。
※現在は一時休館されています。
http://i-theatre.seesaa.net/article/474626267.html

各相談させて頂きながら緊急事態宣言はたぶん発令されるのではと推測していたのですが
国の対応が遅いのとやはり現時点ではコロナについて完璧な予防などは難しいと判断しました。

・ワクチンなどがなく疑わしい症状が出てもすぐに調べてもらえない
・出演者の稽古場への移動等により感染のリスクまたは交通機関を介して第三者に拡げてしまう懸念
・本番時に、お客様への安全が確約出来ない

本当にトランスパンダ内でも話をさせていただきました。
4月組、5月組、色んな意見は勿論ありましたが
結局は私が決めなくてはいけない話かなと最終的には思いました。

基本、私もお芝居を観に行って自分のことのように登場人物に感情移入したり応援したりするから
「観客」は、芝居のテーマや内容で心が揺れるとか傷つくこともあったとしても
劇場にご来場されたお客様を芝居以外で(芝居だったらいいかというわけではないですが)
危険に晒したり、傷つけることがあってはならない。
シンプルにこの結論になりました。

いつか上演したいとは思っていますが
今は何もわからないことが多いし、人にも会えない、ましてや対面で話したり食事したりも
ままならないですからね。

今は普通のことが普通にできることが先決ですもの。
夏にはできるのか秋にはできるのか?

今はまだ何も見えてきません。

でも、せっかくだから5月も時期未定だけど、ここでは発表まだしてなかったから
書かせてほしい。
4月もキャスティングは自慢だったけど5月も面白い客演決まってたから書かせてほしい!

いずれも時期未定だけど

◎4月チーム

トランスパンダ「いつもごめんね 今日もごめんね」
作+演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

出演
高橋映美子
澤田誠
延命聡子(中野劇団)
山本祐也(劇団りゃんめんにゅーろん)
吉田凪詐

◎5月チーム

トランスパンダ
「トーキョーは夜の七時」

作+演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

出演
竹内宏樹(空間 悠々劇的)
清水かおり(TAKE IT EASY!)
なかた茜
河口仁(シアターシンクタンク万化)
高橋映美子
森崎正弘(MousePiece-ree)

でした。


みんな、私が芝居を観て色々考えて決めてお願いして交渉して決めたキャスティングでした。
本当、わたし皆さんのこと大好きです。
っていっても友達付き合いしてる人なんてほぼいないし。
ほとんどまともに喋ったことなんてないよ!!
(山本さんに関しては未だにリアルで会って話せてないんだよ!本当感謝しているのに!)

正直、トランスパンダは私以外は総て客演で外部の方ばかりだから上演が出来たとしても
キャストが今回と変更なしなどは難しいかもしれません。

これは皆様もそうだと思うし、私もなんですが
今回のコロナのことで価値観がどんどん変わっていくような気がしています。

当初予定していた内容が変化するかもしれないし、
それで役への書き方イメージも変わるかもしれません。

本当に現在進行系の事態です。

また皆が皆、以前のように生活が出来ますように。
今回被害に合われて亡くなった方のご冥福をお祈りします。
今、症状に苦しんでいる方々の早い回復を。
そういった方々や周囲で傷ついた方の苦しみが癒えますように。

また必ず劇場でお客様にお会いできる日が来ることを。
それまで体もですが心も皆様大切になさって下さい。


transpanda at 21:10|Permalink トラパン 

2020年03月21日

『彩雲リーディング2020』公演詳細 

さてチケット予約開始の3月21日ですが、他にもイベントがございます。
2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震の9日後に
作家仲間の樋口さんに声をかけてもらって始まったこの企画も10回目。




『彩雲リーディング2020』

出演:
イシダトウショウ
高安美帆
出口弥生
出口ここね
蟷螂襲
ののあざみ
中野聡
橋本浩明
三田村啓示
吉川貴子


稲田真理
サリngROCK
棚瀬美幸
高橋恵
遠坂百合子
ナカタアカネ
芳洋子
竜崎だいち

詩:出口弥生
構成/演出:樋口ミユ
ギター演奏:近野次郎

2020年3月21日(土) 19時30分開演
※開場は30分前/上演時間は 50分

料金:1000円
※チケット代とは別にワンドリンク制となっております。ご了承くださいませ。

URL:http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3bf1cb6a17

メールでのご予約
お名前、ご連絡先、観劇人数をplant.miyu@gmail.comまでメールください。
お問い合わせ:090-9160-7847(樋口まで)
※全ての収入はNPO法人沖縄・球美の里に寄付します。
福島の子どもの保養プロジェクトin久米島 ・開場は30分前/上演時間は50分/料金:前売り1000円

 ※チケット代とは別にワンドリクング制となっております。ご了承くださいませ。

・場所 リングアワールドカフェ (LiNGUA WORLD CAFE)
    大阪市天王寺区生玉前町1-1 上本町ホールドビル1F


アクセス:谷町線谷町9丁目町下車、5番出口から徒歩3分。
会場への行き方は
http://plant-m.blogspot.com/2020/03/url.html




ご来場に関しての諸注意
http://plant-m.blogspot.com/2020/03/2020_15.html


と、出演者一覧を観て、気づいちゃった方いると思うんだけど
出口ここねちゃんが満を持して自らの意思でデビュー。
何やってくれるのでしょう。もう人様のお嬢ちゃんですが親戚の子みたいな気持ちで胸アツよ。

あとは、去年はお休みだったけどTRUMPリーディングで共演した高安さんが
またナカタ作品に出てくれるよ!

他の魅力的な作家さんの作品と出演者も豪華。
去年は蟷螂さんがパンダ子をやったという伝説を打ち立てました。
作家的に嬉しすぎてやばかった。
今年はどうなるかなー楽しみー。



transpanda at 02:49|Permalink

3/21(土)予約開始4/21(火) 火曜日のゲキジョウ30×30トランスパンダ「いつもごめんね 今日もごめんね」

本来でしたら本日4月17日でいよいよ本番やわーと言ってるところですが
コロナの影響で時期未定の延期をツイッター及びご予約いただいたお客様には
メールを送信させていただいております。
発表後には緊急事態宣言が発令されましたので予定していた5月の火曜日のゲキジョウも
時期未定の延期となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、もう明日だよって書いてる間に本日になりました。
午前10時には予約開始です。

まだ来月なので明確なことは誰もわからないのですが
今回コロナの影響で客席が通常より減る可能性が本当に高いです。
トランスパンダファンの皆様ならおわかりいただけるでしょうか。
いつもトランスパンダは予約率が高いのもあるのですが
今回の狂夏の市場さんも人気が高く、
初期トランスパンダのTPプロデュース時代に出演してくれた武田操美ちゃんが出ます。
劇団ごとにチケット配分は残念ながらなく予定枚数に達したら終了となります。
当日券出ない可能性は大変高いです。(今月の火曜日のゲキジョウは予約のみで当日券なしです)
とにかく早めのご予約をおすすめさせていただきます。



「トランスパンダ×狂夏の市場」

トランスパンダ
「いつもごめんね 今日もごめんね」
作+演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

高橋映美子
澤田誠
延命聡子(中野劇団)
山本祐也(劇団りゃんめんにゅーろん)
吉田凪詐

18:30[ト]・19:10[狂]・19:50[ト]・20:30[狂]
料金:予約・当日2,000円(2作品を各1回ご覧いただけます。)



劇場専門フォームなのかトラパン専用なのかTwitterで見かけるとどれがどれだろってあると思うの
どのチケットフォームなのか自信がないときは
「トランスパンダの〇〇さんのチケットで」と記載いただければ間違いない。
(あたくしは観劇予約時どんなフォームでもそう書いてしまう心配性)
個人的には劇場に予約でも観てくだされば大変ありがたいのですが
トランスパンダひとり劇団なのと(狂夏の市場さんもそうだけど)
出演者多いからみんな平等に還元したいまん。

皆様が予約していただいたチケットが出演者みんなの(あなたの推しの)
交通費に還元されてモチベにつながります!!

うちだけのチームでもキャスト的に2000円でもお安いぐらいなのだけど
狂夏の市場さんとトランスパンダ2本立てで2000円ってなんなんやろね…。
(5月もメンバー的にそうなんだけど)

あと、真面目な美人俳優マコリンこと澤田誠氏から
あらすじとかなんかそういうのあればわかり易くない?という提案くださったんだけど

トラパンファンは、トランスパンダはあらすじ書いても魅力はそこじゃねえってご存知だと
思うのですが、フランス映画があらすじ読んでも面白さイマイチ伝わらないのと一緒なんですよね。

本公演やってた時代はあらすじ代わりにフライヤに人物紹介してたから
それがいいかなって思ってます。


もしよろしければ下記ガイドラインを。

劇場ガイドライン
http://i-theatre.seesaa.net/article/474023363.html

現時点、劇場ではコロナ対策としてマスク着用・体調管理をお願いされています。
先日の火曜日のゲキジョウ、わたくしもマスク着用と検温をしました。
検温は来月にはどうなるかわからないですが現在劇場側で非接触タイプの検温可能な
温度計を発注しているとのこと。
私のときは、男女別で脇で計るタイプの体温計を使用したあと、消毒液で消毒して使用する処置でした。

マスクは現在希少なもので、来月にこちらで忘れたお客様に提供できていればいいのですが
まだ状況が見えないので先にお知らせいたしますね。

transpanda at 01:08|Permalink トラパン 

2020年03月02日

トランスパンダ新作のお知らせ・4/21(火) 火曜日のゲキジョウ30×30「トランスパンダ×狂夏の市場」

どうもいつの間にか2020年になっていました…。
年末の 「READ to TRUMP〜極夜・幻月〜」ご来場頂いたお客様、応援してくださった皆様ありがとうございます。

最近、条あけみさんに芝居観に行ったら客席で会いまして
「噂で聞いたんだけど、ト書きやったんですって?(条さんも朗読劇でト書き経験があるとか)
結構良かったって評判聞いたよ」
マジですか…誰そんなん言ってくれた方、嬉しいよ。

ののあざみちゃんからも、あんなに役者としてセリフを発する茜ちゃん観たことない!
と言われました。
まあ、みんな驚きのキャスティングやったらしいから。
私自身は死にかけてました。

さて、振り返りはさておき

4/21(火) 火曜日のゲキジョウ30×30にてトラパンの新作を発表することになりました。

名前の順で今回はトランスパンダが先かよ。残業なので最終回しか観れないけど
いつもトランスパンダやってくれたじゃん!?ってなりますよね。
これ、わたし頑張ったんですよ…ほんとうに。でも先攻なの本当ごめんなさい。

トラパンと狂夏の市場さんの劇団枠は各何枚という枠は設けられていませんので
完売してしまえば各劇団でも劇場さんでも、何も用意出来ませんのですよ。
諸行無常の響あり。

各2本をご覧いただけます。
狂夏の市場から観るか。トラパンから観るかは、あなた(お客様)次第。
どうしても忙しいからトラパンだけ観ますね!というのもありです。
でもトラパンだけでも入場料は変わらないのでご注意くださいませ。

あと、例えば愛が強すぎてトラパン2回観たい。
トラパン2回で料金一緒というのは劇場の趣旨と反してしまうので
お受けすることは出来かねます。
どうしても2回観たいという素敵すぎるお客様は
2000円×2という料金を頂戴する形となりますのでご了承くださいませ。

今回の新作は「サーカスナイト」出演組の高橋映美子さん以外はじめてだよ。
近年益々、芝居に磨きがかかっているえみりーこと高橋映美子。
ラジオドラマのレギュラー作家してた頃、私のクリスマスSP台本に出てくれた
延命さんといつか一緒にやりたいと思っていたし
小骨座(星を待ってるにも出てくれた浜本くんの劇団)で観たときから
ああこの人!と決めた吉田さん。
黙って立ってるだけで色気の権化でドラフト指名しまくった(心の中で)山本祐也さん。
美人俳優・澤田誠をどう描くか今回命かけてますので各役者さんのファンの皆さん
トランスパンダファンの皆さんお楽しみにしてくれると嬉しいです。

「トランスパンダ×狂夏の市場」

トランスパンダ
「いつもごめんね 今日もごめんね」
作+演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

高橋映美子
澤田誠
延命聡子(中野劇団)
山本祐也(劇団りゃんめんにゅーろん)
吉田凪詐

18:30[ト]・19:10[狂]・19:50[ト]・20:30[狂]
料金:予約・当日2,000円(2作品を各1回ご覧いただけます。)

3月21日予約開始:[トランスパンダ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/200421?m=0pddhfg
※応援している役者さんやメッセージあれば備考欄にお書きください。

去年よりトランスパンダは役者さんに稽古場に来るまでの交通費のお渡しを実施しております。
関西小劇場ではあまりないケースのようで正直、チケットを売ったバックより
交通費のほうが高くつくことが多いのです。
チケット売上が、あなたの応援している役者さんの交通費としてダイレクトアタックに反映されます。
まあ、劇場側でもお相手のところからでも、予約してくださって
結局南極観てくださるのが一番嬉しいんです。

でも、どっちかといえば…ちゃんとクリーンに役者さんや演出助手に還元させていただいてるので
トランスパンダからチケット予約してくださると本当に助かります。
いつもトランスパンダは満席伝説じゃん!って思われると思うけど芝居ってお金かかるんですよね。


あと、お目当ての役者さんいらっしゃったら○○さんのチケットでと書いてあげてくださると嬉しい。
正直、これが役者のモチベになると思うしナカタがみんなの代わりによくしちゃうよ。

みんな3月21日の予約開始まで待ってね。

transpanda at 00:26|Permalink トラパン 

2019年12月11日

12月11日23時予約開始 澤田誠企画 第一回作戦 「READ to TRUMP〜極夜・幻月〜」

今年はもう芝居はやり終わったし、
ラジオドラマで役者としてクリスマス特番で
納めたなて思ってました。
(これも書きます近日中に)

何故かわたし、エンタメファンタジー系に
呼ばれちゃったよ!
末満作品だよ、びっくりしちゃったよ!

クロムモリブデン同期サカイヒロト君と
22年ぶりに共演します…刻の流れを見た。(ガンダム
皆様忙しいと思いますが宜しければ是非。
こんな企画に出るなんて自分でウケました。

4年ぶりにトランスパンダとして作演出も復帰して
役者としても復帰しましたが
まさかの大仕事が待ってるとは…。



澤田誠企画 第一回作戦
「READ to TRUMP〜極夜・幻月〜」

【極夜】永遠の物語の記録を朗かに読み―
―繭期の永遠の記憶と遊び戯れる【幻月】

リーディングで、演出と読む役を変えて、2バージョンで、物語を届けます。

上演戯曲『TRUMP』
作・末満健一(ピースピット)
構成/演出・澤田誠

出演
植木歩生子(ゲキゲキ/劇団「劇団」)
中筋捺喜(うさぎの喘ギ)
サカイヒロト(WI'RE)
皸柁帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)
木村聡太 
東千紗都(匿名劇壇)
澤田誠 
延命聡子(中野劇団)
友井田亮 
高橋紘介 
清水かおり(TAKE IT EASY!)
植田順平(悪い芝居)
鈴木洋平[27・28日]
石原正一(石原正一ショー)[29日]
なかた茜(トランスパンダ)

なかた扱い 予約開始12月11日23時〜
https://ticket.corich.jp/apply/105017/015/

日程
2019年12月
27(金)15時(極夜)/19時(幻月)
28(土)11時(極夜)/15時(幻月)
29(日)11時(極夜)/15時(幻月)

TRUMPの作品世界の宴的なのは極夜。
演劇ぽいのが幻月。
なイメージてあたくしは考えております。

料金
前売り・当日3000円
1日セット券5000円
会場
T-6(テ・シス)
大阪府大阪市北区菅栄町3-15
TEL:06-6353-6985

transpanda at 18:01|Permalink

2019年11月29日

11月30日突劇金魚朗読bar

うつかりしてたわ。

今週土曜日朗読します。
お暇でお時間宜しければ是非遊びにいらして下さい。
地図なかた茜 としてまた役者仕事で、来月の突劇金魚の朗読barにまた出演致します。
今回は鉛乃文檎のえびさん(初期クロムモリブデンの看板)という旧クロムモリブデン共演が実現。

11月30日(土)14時半〜
なかた茜扱い

https://www.quartet-online.net/ticket/bar?m=0nhgcad

transpanda at 18:39|Permalink

2019年10月26日

10月27日14:00〜 予定通り出演する意向です:トランスパンダ「いつも おなじ話」

画面の向こうの皆様、こんばんは。
TVのニュースやTwitter、フェイスブック等でご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、
音太小屋改メ『T-6(テシス)』のイベント初日にパフォーマーのフルカワトシマサさんが
パフォーマンス中に倒れて亡くなられました。
フルカワさんが近年ライフワークにしていた「ヤクタタズ!Project」の
アカウントでのツイートは下記に。
(ヤクタタズはフルカワさんが執筆された戯曲でAAF最終ノミネまでいきました。
今年も続編がノミネートされています)

「演目が窒息パフォーマンスでしたので、窒息死ではないかとの報道もございましたが、
現時点での警察の見込みではパフォーマンス中に心臓でなんらかの障害が起き、
亡くなられたものと推測されております。詳細は司法解剖の結果が後日警察から発表になると思います。」
とのことです。

それによって中日の本日のイベントも行われました。
もちろん、そういった上演するのはと出演を辞退されたパフォーマーの方も何組かいらっしゃったようです。

劇場側としては出演者の意向を確認して当日決定しますとのことで
出演者側が辞退しなければやる方向性という認識で、今回の出演を上田耽美さんと話した結果
今回トランスパンダは上演する意向です。

例えトランスパンダだけ出演としても上演してもらいたいとお伝えはしております。
ミツかね堂さんも出演する意向は表明されております。

しかし他の出演予定者に変更があるかもしれませんので出演順は早くなる可能性があります。

音太小屋改メ『T-6(テシス)』リニューアルオープンフェア
「T-6オープニングイベント」
http://www.netagoya.club/oldweb/

リニューアルオープンを記念してT-6(テシス)のお披露目イベントを開催します。
様々なジャンルのゲストにご登壇いただき、T-6で自由にパフォーマンスを披露して貰います。
お披露目の後にはささやかな宴を催しますので、お時間の許す限りお楽しみ下さい。

[日時]

10/27(日)14:00開演
※受付は開演の30分前から、開場は開演の20分前から。

[入場料]
500円(ワンドリンク付)
※終演後に小宴を催します。

[お問合せ]
t6.staff@gmail.com
担当/ツカモトまで
※入退場が自由なイベントのため、予約は受け付けておりません。
ご理解とご容赦をお願いいたします。

1.ミツかね堂(朗読)
2.のぞみちゃん(演劇)
3.トランスパンダ(おしばい)→順番が繰り上がる可能性があります
[休憩]
4.岩橋貞典(ガンダム芸人)
5.ツカモトオサム(紙芝居)
6.条あけみ(お楽しみ)
7.田口哲(旧友)
8.天満の哲(弾き語り)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トランスパンダ「いつも おなじ話」
作・演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

出演
上田耽美
なかた茜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてこれからお話するのはフルカワトシマサさんと私の交流のお話となります。
もし宜しければ、このおもろいおっさんの話を読んで欲しいです。


正直言うとフルカワさんの急死を受けてショックを受けないわけはなかったです。
20年以上前にフルカワさんと出会い、パフォーマンスする舞台に
数多くの出演者が入り乱れる中の一人として参加して
フルカワさんが経営する古本屋「クライン文庫」でバイトするようになり
フルカワさんのご家族と共に働いたりご飯食べたりフルカワさんの息子さんの勉強みたり子守したり
そしてフルカワさんは事あるごとに、パフォーマンス手伝ってや と私に声をかけて
手伝うどころか出演してマンツー共演者やんけみたいな感じでした。

伊丹アイホールで、とうじ魔とうじさんとフルカワさんと私。
十三のファンダンゴで東京の青堂さんとフルカワさんと私。
森ノ宮で決められたホール内のパフォーマンスて言われたのに、展示スペースに勝手に飛び出して
パフォーマンスしていたのを私が写ルンですでひたすら激写する謎のパフォーマンスもしましたね。

東京蒲田のライブハウスに、自分のパフォーマンスに出演してというから行ったのに
青堂さんと女性パフォーマンス対決という謎の企画のために騙して連れて行かれたのも
当時は恨んだものですが良い思い出になりました。
何事も悪びれず動じない風を装う姿勢は反面教師でもありましたし
主宰たるものハッタリは大事ということも教えてくれました。

ヨーロッパでは結構評価されてたのに日本では訳わからん歩くだけのおっさん扱いされてましたよね。

パフォーマンスをやめてしばらく古本業界で偉いおっさんになってやめていたと思ったら
古本業界をやめて耳の不自由な方の施設で職員として働きだして
突然台本を書こうと思ってるAAF戯曲賞に挑戦したいからアドバイスを要請されたときは
びっくりしました。
私がOMS戯曲賞佳作を受賞した戯曲のモデルとなった話はフルカワさんのバイト先で
不思議な注文をいつも受けていたときに思いついたのです。

フルカワさんはいつもえらそうに「俺のおかげでお前賞とれたやろ」と言ってました。
まあそのとおりですよ。フルカワさん。

フルカワさんは俺はお前にとってパフォーマンスの師匠と言ってました。
何も教えてもらったことないけど、一応師匠ですよね。
私はその代わりに戯曲のアドバイスをしたので師匠にあたりますよね。(佳作しかとってないけど)

近年はフルカワさんは足がもうぼろぼろで朗読パフォーマンスに移行したいとか
いっぱいやりたいことありました。
今年の還暦祝いも呼ばれて楽しく飲んだし、先日の突劇金魚の朗読Barにも観に来てくれました。
相変わらず、うっとおしいぐらい酔っ払ってうざかったです。

そしてそんな迷惑を絶対誰かにかけてしまうフルカワさんのパフォーマンスが初日に行われました。

実感がわかないです。その場にいなかったし。
でも、もうフルカワさんに迷惑かけられることなくなるんやなあとか
熱い長文メッセ送ってきたり、小劇場で若い子には知られてないし偉そうに出来る人おらんから
いつもうざいぐらいに絡んできたり、偉そうに命令したりされないのやなと思うと悲しくなりました。
酒で調子乗りますが、怒るとシュンとして謝ってくるのが常でした。

この度の急死についてフルカワさんの遺族からも続行の要請もきているというのもあり
(あのご家族ならそうおっしゃるでしょう)
なにしろ、千秋楽のトランスパンダ観るわーって言ってましたから
フルカワさんは今年6月のトランスパンダ「星を待ってる」で初めて観てくれて
「お前は本だけ書く才能しかないて思ってたけどちゃんとやるやん。観ながら感心したわ。」
と褒めてもらいました。
このおっさんが芝居で人を褒めることあるんやーって思って嬉しかったです。
嬉しかった直後にお金ないからお酒代を私に奢らせてました。

流石です、師匠。やりよるわ。相変わらず憎めないけど酷かったです。

と、(一応)師匠が初日にパフォーマンスをして人生という最大のパフォーマンスをしたのだと。
人はどんだけやりたいことがたくさんあっても死ぬときは死ぬ、望んでいなくても。

すごい生き様を見せつけてくれてるんやないやろか。と感じています。
まだ整理つかないこともあったり複雑ですけど。

それならば千秋楽は、パフォーマーとして活躍した最後期に最も共演した
私がやらないわけはないですからね。
フルカワさん楽しみにしていたし。

トランスパンダの活動自体がいつやるか奇跡的みたいなスタンスですし
今回は上田耽美さんをたっての願いで出演してもらい多分限りなく今回中止になると
次はないだろうなという感じではありました。

長らく休止して近年活動再開したフルカワさんのことは
近年引退状態だった上田さんが知るよしもなく、勿論フルカワさんと私の旧知の仲というのは
知らなかったので、実は…と話すと驚いていたみたいです。
最初はもう中止にしたいとも思いましたが、ご遺族の意向、フルカワさんの生前とやりとりした会話。
などなど一言では言えませんが。

ということでトランスパンダは限りなくやる予定です。


transpanda at 23:43|Permalink

2019年10月25日

10月27日14:00〜 順番決定しました:トランスパンダ「いつも おなじ話」

もうすぐですよ。

10月27(日)14:00開演

1.ミツかね堂(朗読)
2.のぞみちゃん(演劇)
3.トランスパンダ(おしばい)
[休憩]
4.岩橋貞典(ガンダム芸人)
5.ツカモトオサム(紙芝居)
6.条あけみ(お楽しみ)
7.田口哲(旧友)
8.天満の哲(弾き語り)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トランスパンダは3番目!
14時スタートなので早ければ14時半すぎから始まります。
正直、予約システムを主催が設定されていないので確実に座ってご覧いただけるなら
開場は開演の20分前の13時40分 に起こしいただければと思います。
途中の入場入れ替わりOKな企画なのですが
めっちゃいっぱいかめっちゃガラガラかどっちかです。
常に満席伝説のトラパンがめちゃガラガラだったらどうしよう。
予約システムないだけにみんな予定してくれてるのかわかんないYO!

あと、今回から上田耽美さんが本格的に芝居活動を再開すると思ってる方いらっしゃるんですが
本当に予定は未定です。
どうしてもという私の願いに応えて今回一緒にやってくれてますが今後はちょっとご多忙なので未定。

この作品も違うキャストで再演してもいいなと思っても
なかた茜バージョンは上田耽美さんが相手役じゃなければ絶対やらないと決めてるので
今回しかないですね。現時点で言えるのは。
というかトランスパンダが500円で観れるのはもう今後ないですよ。
絶対500円じゃしないです(うちらの衣装代や稽古場のほうが何倍以上もするっていうねん。)
塚本さんのたっての願いで今回限りだから。


トランスパンダ「いつも おなじ話」
作・演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

出演
上田耽美
なかた茜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、物販をさせていただきます。
今回のお話を書くきっかけとなった「物語と愛情」です。
あたくし、なかた茜と上田耽美を名乗る前の上田君とオリジナル作品でがっつり組んだ8年前の作品です。
「物語と愛情」のユーストリーム放送版のDVDを販売します。
限定枚数少量の販売です。
正直、当時の放送バージョンで8年も前なので画質は良くはないです。
が、今後今の所発売する予定はありません。超大作2時間半の作品。
(今の短編三昧からは想像つかない)

もうこのキャスト組合せは実現不可能だと思われる内容はこちらをご参考に。
http://blog.livedoor.jp/transpanda/archives/52688026.html

音太小屋改メ『T-6(テシス)』リニューアルオープンフェア
「T-6オープニングイベント」
http://www.netagoya.club/oldweb/

リニューアルオープンを記念してT-6(テシス)のお披露目イベントを開催します。
様々なジャンルのゲストにご登壇いただき、T-6で自由にパフォーマンスを披露して貰います。
お披露目の後にはささやかな宴を催しますので、お時間の許す限りお楽しみ下さい。

[日時]
10/25(金)19:00開演
10/26(土)14:00開演
10/27(日)14:00開演
※受付は開演の30分前から、開場は開演の20分前から。

[入場料]
500円(ワンドリンク付)
※終演後に小宴を催します。

[お問合せ]
t6.staff@gmail.com
担当/ツカモトまで
※入退場が自由なイベントのため、予約は受け付けておりません。
ご理解とご容赦をお願いいたします。

[出演者]
25(金)19:00開演
高安美帆(浪速神楽)
日本のこぎり音楽協会関西支部(のこぎり演奏)
フルカワトシマサ(パフォーマンス)
野村しょーけん(なんやねんマン)
エンターテインメント セルフキートン(アニメ再現)

ーーーーーーーー
天満の哲(弾き語り)

26(土)14:00開演
椎名桂子(お歌とお芝居)
焼酎亭ロック(落語)
竹ち代毬也・原和代(二人踊)
十一十三(まんが再現)
鳴海姫子(舞踏)

ーーーーーーーー
天満の哲(弾き語り)

27(日)14:00開演

1.ミツかね堂(朗読)
2.のぞみちゃん(演劇)
3.トランスパンダ(おしばい)
[休憩]
4.岩橋貞典(ガンダム芸人)
5.ツカモトオサム(紙芝居)
6.条あけみ(お楽しみ)
7.田口哲(旧友)
8.天満の哲(弾き語り)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トランスパンダは3番目!
14時スタートなので早ければ14時半すぎから始まります。
正直、予約システムを主催が設定されていないので確実に座ってご覧いただけるなら
開場は開演の20分前の13時40分 に起こしいただければと思います。
途中の入場入れ替わりOKな企画なのですが
めっちゃいっぱいかめっちゃガラガラかどっちかです。
常に満席伝説のトラパンがめちゃガラガラだったらどうしよう。
予約システムないだけにみんな予定してくれてるのかわかんないYO!

トランスパンダ「いつも おなじ話」
作・演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

出演
上田耽美
なかた茜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

transpanda at 09:16|Permalink

2019年10月17日

10月27日(日)トランスパンダ「いつも おなじ話」公演:音太小屋改メ『T-6(テシス)』リニューアルオープンフェア 「T-6オープニングイベント」

どうも画面の向こうの素敵な皆さま、こんばんは。


突劇金魚の朗読Barも終わりました。
あんなに緊張した本番なんて初めてだったよ。
めっちゃ怖かった。

さて、お前全然新作のきちんとした予告なかったやんとツッコんでる皆様本当にそのとおりです。

もうことのあらましは長くなるから公演情報の後ろに。
興味或る方だけ続きは読んでくださればいいです。

今回トランスパンダの自主公演ではなく、呼ばれてやることにしたら
何年前だよっていうアナログなシステムです。(予約システムはなくて観たい人が当日行くシステム)
トランスパンダを絶対観れる保証もない。受付開始前に早く来てしか言えないです。


しかも500円でワンドリンク儲ける気ゼロ。
トランスパンダには何一つギャラも何もかもありません。
相変わらず稽古場代と衣装代は私のこだわりで倍額出してる。(FGOのツインテみたいな口調で)
そして、ぶっちゃけほぼ引退してた、上田耽美さんまで呼んできました。
常に全力投球。それがトランスパンダです。
今回の新作書き下ろしは再演予定等まったくありません。
なかた茜としてナカタアカネがトランスパンダでオリジナル完全新作で
役者として出演も今後はほぼないです。
ちょうど昔からのファンも土日で役者でやって欲しいっておっしゃるから
20年以上やってるしダイエットして痩せたし、役者やってもいいかなーって
軽い気持ちでやってすごく死にそうにだと白眼になってるイベントだから…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音太小屋改メ『T-6(テシス)』リニューアルオープンフェア
「T-6オープニングイベント」
http://www.netagoya.club/oldweb/

リニューアルオープンを記念してT-6(テシス)のお披露目イベントを開催します。
様々なジャンルのゲストにご登壇いただき、T-6で自由にパフォーマンスを披露して貰います。
お披露目の後にはささやかな宴を催しますので、お時間の許す限りお楽しみ下さい。

[日時]
10/25(金)19:00開演
10/26(土)14:00開演
10/27(日)14:00開演
※受付は開演の30分前から、開場は開演の20分前から。

[入場料]
500円(ワンドリンク付)
※終演後に小宴を催します。

[お問合せ]
t6.staff@gmail.com
担当/ツカモトまで
※入退場が自由なイベントのため、予約は受け付けておりません。
ご理解とご容赦をお願いいたします。

[出演者]
25(金)19:00開演
高安美帆(浪速神楽)
日本のこぎり音楽協会関西支部(のこぎり演奏)
フルカワトシマサ(パフォーマンス)
野村しょーけん(なんやねんマン)
エンターテインメント セルフキートン(アニメ再現)

ーーーーーーーー
天満の哲(弾き語り)

26(土)14:00開演
椎名桂子(お歌とお芝居)
焼酎亭ロック(落語)
竹ち代毬也・原和代(二人踊)
十一十三(まんが再現)
鳴海姫子(舞踏)

ーーーーーーーー
天満の哲(弾き語り)

27(日)14:00開演
岩橋貞典(ガンダム芸人)
田口哲(旧友)
ツカモトオサム(紙芝居)
トランスパンダ(おしばい)
のぞみちゃん(演劇)
ミツかね堂(朗読)

ーーーーーーーー
天満の哲(弾き語り)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓(まだトランスパンダの出演順決定していません!!イベント自体は2時間程度)

トランスパンダ「いつも おなじ話」
作・演出 ナカタアカネ
演出助手 プリン松

出演
上田耽美
なかた茜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記の続き。
そもそも、6月に上演した劇場リニューアル杮落しSPのトランスパンダ「星を待ってる」だけで
異例中の異例だったので、もう後はゆっくり令和過ごしたい元年だったんですが
旧知の仲の舞台監督の塚本さんが天神橋筋六丁目にある音太小屋(ねたごや)さんの
リニューアルに関わっていて、リニューアル杮落しのイベントやるからなんかやってほしいと依頼が。

おっさん、知っての通り、ひとり劇団のトランスパンダなんですけど。
朗読演る人多いと思うから、芝居がいいなー。
でもお礼もチケットバックも、予算ないねん…。

なんという無茶振り言い出すんや。。
それで芝居をやれってなんや…。

と、断る気しかないんですけど…と話を聞いてたんですけど
流石、この人、無駄に頭良く生きてないですね。

イベント出る人なんて、すぐ見つけれるけど
カラビンカとスペースゼロみたいな劇場にしたいからアカネに敢えてお願いしています。

トランスパンダはスペース・ゼロのおかげではじまり、カラビンカで継続したのと
やはりスゼースゼロの古賀先生がいたから、私に本を書く才能があるといち早く明言してくれたから
私はずっとやってこれたと今でも思っています。

もうこの劇場はないし、もうスペースゼロの古賀先生もカラビンカの渡辺先生もこの世にはいない。

色んな方が大阪に帰ってきたのにどうして復帰しないんだろう?と思っていらしたようですが
色んなことがあったのですが、大きな理由は私が東海地方に行っている間に
古賀先生が亡くなってしまったというのが一番です。
お見舞いに行く日に容態が悪くなり遠慮してとりやめた直後に亡くなってしまった。

最後にお会いしたのが初演の「ケミカル・ブラザーズ」でした。

私はスペースゼロが亡くなっても、私が芝居さえ続けていれば
きっと古賀先生にまた観てもらう日が来るとずっとそれだけが支えで続けていたようなもので
それまで支えてくれた劇場はカラビンカ。
やがて、カラビンカが劇場として機能をやめてからは
いつも私を励ましてくれたのが 故・大竹野正典さんでした。
大竹野さんも亡くなりそして古賀先生が亡くなったらどうしたらいいんでしょう。

とやる気をなくしてしまったのが正直なところ。
そして、まあ「星を待ってる」で私が今後芝居をやるかどうか分かるかも知れない。
と復帰したけど令和ゆっくりしたかったよね。
でも、こんなこと言い出すから、じゃあ芝居ね…。

ギャラもチケット代ももらえないから、たくさんキャスト呼ぶにも気を使うなあ。
(ギャラが全部、ナカタの自腹になってしまう…)
でも2,3人なら…。
あと、火曜日のゲキジョウでもやっぱりお客様いつもすぐ埋まるけど
なんか絶対満杯にしなきゃの謎のプレッシャーから開放されたい(いつもいっぱいだけど)
だって、ひとつも自分にお金が入らない→好きなことに集中できるのでは?(なぜこう思った)

そこで3人芝居が一番いいな。
その前に最も呼びたい役者に声かけようぜーと声をかけたのが上田耽美くんです。
定期的にトラパンご飯会を我が家でやって耽美君とは会っていましたが
芝居をやる気という感じはなく、まあ世間話的なことを話したり
でも、星を待ってるも、煮詰まってこれでいいんかなー?と台本を書いてたときにも
読んで感想を言ってたのは上田耽美くん。

という昔から作家的にいつも耽美君は私を陰ながら救ってくれてたマン。

そこで上田君からの要望は、本当に今されてることが多忙に多忙すぎて
稽古予定が前月末にならんとわからないので…それでも良かったら。
共演者とか多いと申し訳ないし…。

まあ、私も気を使うかな。
じゃあ、私達、二人芝居ならそこまで余計な気を使わなくていいねってやつで決定。
です。
そこからの道のりの話はまた週末までにアップしますね。




transpanda at 23:46|Permalink

2019年09月19日

気づけば9月・そして9月21日(土)14:30〜に朗読します

どうもご無沙汰しております。
ナカタです。
6月の火曜日のゲキジョウ30×30柿落しスペシャル「ステージタイガー×トランスパンダ」
無事に終わりました。ご来場いただいたお客様応援してくださった方々、劇場のみなさん、出演者と演出助手のプリン松さんありがとうございます。

画面の向こうの素敵なみなさん、あんた全然ブログ書かへんかったやん。
そうです、久々すぎてねいっぱいいっぱいやったんですよね。

そんな中、今週の9月21日(土)14:30〜より
突劇金魚さんのアトリエにて定期的にやってる朗読Bar「金魚の夢」に参加させていただくことになりました。

なんか或る日、ずっと演者やってなかったけどそろそろやるのもいいかなって思ったんですよ。
なんかファンは「茜さん役者みたいなのそろそろやってくれないかなー」
「やるなら土日とか…(火曜日のゲキジョウばっかされてもなあ)」とか言う方いらっしゃったので
なかなかいきなり芝居に復帰というのも難しく(トランスパンダやる予定なかったし)
その際に出演者募集と書いてらっしゃったので、おもしろそうと応募しました。

しかし急遽決まったのと実は応募したあとで10月に20分の短編としてトランスパンダで芝居することになっちゃったんですよね。
トランスパンダファンにはお馴染みの上田耽美くん なかた茜で二人芝居をしますよ。
耽美くんもしばらく芝居と距離を置いていて久々の2人でやります。
その話は今週の朗読終わったらまたブログに。

と、話はずれた。
そんなこんなで台本書いてたり色々重なるときは重なりますね(白眼…)
でも、役者としての復帰戦は金魚の朗読イベントだから良かったら遊びにいらしてください。

私、久々に役者やるんだけど心細いじゃないですか…(繊細ナイーブ)
詳細はこちら。
http://kinnngyo.com/lp/bar/


★9月21日(土)14:30〜(一般応募組)★
山田まさゆき
一朶拿罪(ストロベリーソングオーケストラ)
寺本実来(第三劇場)
なかた茜(トランスパンダ)
吉田凪詐(聖なる犬殺し)

チケット(ご予約随時受付中!!)

予約:2500円  当日:2800円

※ドリンク料金はチケット代に含まれています。飲み放題(アルコール含む)です。
※ご予約数が一定枚数に達した際は、当日券の発行はありません!!
※狭い会場なのでご予約はお早めに!!

会場
突劇金魚アトリエ
〒577−0843 東大阪市荒川3−4−17
JR大阪東線「JR河内永和駅」より徒歩1分
近鉄奈良線「河内永和駅」より徒歩2分

※駐車場はありません。会場では、靴を脱いで2階へ上がります。
★突劇金魚アトリエ付近のコインパーキング詳細:goo.gl/FZG14P

地図

チケット予約「なかた茜 扱い」はこちらまで
https://www.quartet-online.net/ticket/bar?m=0nhgcad

山田くんと直で共演じゃないですが一緒にやるの干支1週ぶりぐらいじゃないですか(白眼)
他の皆様はじめてばかりだよ。
いま、あたくしが要注目してた吉田凪詐さんと一緒なの嬉しい!
小骨座めっちゃ良かったなー。
今度の突劇金魚にもキャスティングされてうちが先に使いたかったとか思ったりしてた…(図々しい)



現時点ではその昔、京都駅ビルの携帯小説で書いたのを読もうかと思っています。
ライトにお楽しみいただける感じにしたいですね。
と言いながらまだ悩んでるので、違うかも(どっちやねん)
私の出演予定は現時点で決まってるのは9月21日(土)14:30〜だけ。
(来月二人芝居ですし)







transpanda at 00:10|Permalink

2019年06月11日

本日本番です・トランスパンダ「星を待ってる」

いよいよ今日本番です。
いやーあっという間でした。
短編ですがこれ本公演レベル(毎回だけど)でまた挑んじゃったし。
2本で1800円だけど、トラパンだけでも1800円以上と
お楽しみいただけるほど頑張りました。

とにかく後藤七重さん以外はニューキャスティングで
ありそうだったけどこんな配役みたことないという自信作。

衣装も力入れました。毎度だけど近年の短編トラパンではダントツでした、
もうもう諏訪いつみさんと後藤七重さんの美しさと素敵さぜひ!
もちろん皆素敵だよ!!

というかブログ訪問者数100以上きててすみません。更新してなかったし。
これが若さじゃないってことね。。

今回のお芝居をやるにあたり本当に悩んだり気づいたり沢山のことがありました。
20年以上トラパン推しのファンの方々もはじめての方も
みんな幸せになってもらいたいと全力で書きました。


今の所チケットは最終回のトランスパンダのみしか観れない以外は完売ですが
当日券も若干出るようです。
立見の可能性が高いのですが、よろしければ。

後は2階で過去作品のDVDを販売しています。
前作サーカスナイトをお買い上げの方には今回の星を待ってるのために
近松祐貴さんが作った客入れタイムMIXCDがおまけについてきます!!
販売はしておりません。特典CDです。

劇場はリニューアルしていますのでマップの右上の水色のマークです。
みんな気をつけて!!

星を待ってるってお芝居だけど、私は皆様を待ってます。
次は何年か後とも言われてもおかしくないトランスパンダだけに。

劇場.jpg

●6/11(火)
火曜日のゲキジョウ30×30柿落しスペシャル
「ステージタイガー×トランスパンダ」

トランスパンダ「星を待ってる」
脚本・演出:ナカタアカネ  
演出助手:プリン松
出演:竜崎だいち(羊とドラコ)、若旦那家康(コトリ会議)、
後藤七重、諏訪いつみ(満月動物園)、高島奈々(七色夢想)、浜本克弥(小骨座)

18:30[ス]・19:10[ト]・19:50[ス]・20:30[ト]
料金:予約1,800円/当日2,000円(2作品を各1回ご覧いただけます。)

https://www.quartet-online.net/ticket/190611?m=0mbdhhc

transpanda at 11:07|Permalink

(固定)6/11(火) 火曜日のゲキジョウ30×30杮落しスペシャル「ステージタイガー×トランスパンダ」予約開始

いよいよ明日というか本日の5月4日(土)AM10:00〜に
トランスパンダの新作にあたる火曜日のゲキジョウ杮落としのための書下し作品
のチケット予約が始まります。

あたくしとしては劇場の窓口でもステージタイガーさんの窓口でも
どれも観ていただけるのなら大変、うれしくて抱き合うよ(YUKI)状態なのですが
後で時間変更して欲しいとかのご要望があっても、
トランスパンダ窓口ではないと変更出来ないのとコンプライアンスの世の中だけに
お客様自ら劇場やステージタイガーさんにお願いしてもらわないといけないのですよね。

というのと、やはりトランスパンダでご予約が純粋に多いと
愛しさと切なさと心強さ 倍増してしまう予感。
(あの頃、篠原涼子が女優一本でやっていくなんて誰が予想できただろうか。
あたしは、ドラマ「きらきらひかる」の篠原涼子がベストアクトだと思っています)
正直、トランスパンダはひとり劇団ですし久々の復帰なのでみんな来ていただけるのか
ドキドキですよ。
泣いた赤鬼的な展開は回避したい…
(美味しいお茶とお菓子…もございます。とわら半紙に筆文字を書きながら

今回毎度のことながら、多彩の役者さんたちたくさん出演していただいております。
予約フォームの備考欄に「○○さんのチケットで!」と記載いただくと
お客様に成り代わり、役者さんにちょっといいものを私がお贈りいたしましょう。
(さんま御殿的なナレーションにて)
恥ずかしいけどあの人を応援したい!!という方は
「名前伏せてほしいけどこれだけは伝えて『いつもあなたを観ています』と。」
という紫のバラの人みたいな素敵な方がいれば記載いただければ再現して伝えておきます。
そして狼少女ジェーンの後期舞台でスカーフの色が初日と違う話で怒涛の展開へ…
と、話はずれましたね。

さて、東海地方へいくまでの後期トランスパンダの常に満席伝説もありますし
今回はペアのステージタイガーさんは人気劇団さんですし
お目当ての時間帯がございましたらお早めの予約をお願いいたします。

トラパンとステージタイガーさんの劇団枠は各何枚という枠は設けられていませんので
完売してしまえば各劇団でも劇場さんでみ何も用意出来ませんのですよ。
諸行無常の響あり。

各2本をご覧いただけます。
ステージタイガーから観るか。トラパンから観るかは、あなた(お客様)次第。
どうしても仕事が忙しいから20時半のトラパンだけ観ますね!というのもありです。
でもトラパンだけでも入場料は変わらないのでご注意くださいませ。

あと、例えば愛が強すぎてトラパン2回観たい。
トラパン2回で料金一緒というのは劇場の趣旨と反してしまうので
お受けすることは出来かねます。
どうしても2回観たいという素敵すぎるお客様は
1800円×2という料金を頂戴する形となりますのでご了承くださいませ。


●6/11(火)
火曜日のゲキジョウ30×30杮落しスペシャル
「ステージタイガー×トランスパンダ」

トランスパンダ「星を待ってる」
脚本・演出:ナカタアカネ  
演出助手:プリン松
出演:竜崎だいち(羊とドラコ)、若旦那家康(コトリ会議)、
後藤七重、諏訪いつみ(満月動物園)、高島奈々(七色夢想)、浜本克弥(小骨座)

18:30[ス]・19:10[ト]・19:50[ス]・20:30[ト]
料金:予約1,800円/当日2,000円(2作品を各1回ご覧いただけます。)

https://www.quartet-online.net/ticket/190611?m=0mbdhhc

transpanda at 00:12|Permalink

2019年05月03日

だいたい最近のこと

どうも画面の向こうの素敵な皆さま、GWいかがお過ごしでしょうか?

前にブログ書いたのって3月という事実に目眩がしそうになっているのが、あたくしです。
マジかよー昔はブログをあんなに書いていたのに。
なんの収入にもならずなんの得になってたかもわからないのに
書いて書いて1日読者100人突破して誰が読んでるんかなーとか
言うてたのにね。


暇さえあれば寝たい。
暇さえあれば、とりあえずグラブル。(というグラブルキャラソンで声優の丹下桜が歌詞を歌ってる)
暇さえあれば、とりあえずデレステ。(最近復帰しました)
艦これは放置しています。金剛が更に改装になったようですね。
わたしの金剛は余裕で出来ます。昔ってさ、高速戦艦って金剛型しかいなかったじゃん。
イベントで高速戦艦縛りで重宝しましたよね。金剛型なければ重巡っていう法則もあったよね。
でも、後から出た銀河…いや海上の妖精…Bismarckの方がレベル99に早く育成しちゃったって
いうのは内緒ですから(露骨に言ってる)って、思い切り話はずれました。

艦これの話出来るの、2TBじゃなかったシアターシンクタンク万化の
美浜源八さんしかいないじゃん。
(アラフィフ世代は2TBのほうが話が早い)
まああの人はガチだけど。
先日、さかいしんごさんのおでん屋へ行ったらシアターシンクタンク万化の役者さんの
高橋明文さんにお会いしまして、美浜さんを宜しくとか言われて
そういや有元はるかさんも劇団にまだいらっしゃった頃かな同じこと言ってて
美浜さん、人当たりいいし頭いいし話もおもろいのに友達いない子設定なの、なにそれうける。
なんですけど、久々に美浜さんに会いたい。

そういえば一回だけ関西小劇場の艦これ飲み会をやったことある。
駅前から居酒屋まで遠征任務のBGM口ずさみながら到着しましたよね。楽しかったよね。

でも、今なら旦那の方と話が合う(旦那は現在ランカー狙いの提督と化している…なんだよそれ)

とまたしても話ずれた。

お前のオタク話はいいよね、そうだよね。かもねかもねそうかもね。いやになっちゃうかもね。
と、シブがき隊のことを思い出しそうになりながらも

前回3月の彩雲リーディングは無事終了いたしました。
お越しいただいたお客様皆様ありがとうございます。

80,100円集まりまして発起人の樋口ミユさんが代表として寄付をしてくださいました。
http://plant-m.blogspot.com/2019/03/blog-post_22.html

こう何年もこの企画を見るとチャリティーとは?
ということの側面も考えはするのですが別として演出や役者を変えて同じ演目をすること
という普通のトランスパンダではなしえない可能性をずっと可視化させてもらえる
というありがたい経験をさせて頂いています。

糾いの芳崎さんの作品と私の作品だけはずっとやり続けてるんですが
芳崎さんの作品は役者を決して変えない作品。
私の場合は細かくキャスティングはマイナーチェンジしつつ上演しているスタンスなのですよ。

その時その時でだいぶ印象が変わるので面白いですよね。贅沢な経験です。

そういえば寄付のお話まだだったなと思ってこちらにもご報告とあたくしのダメ人間近況を…。
哀しみ。
いや、まともな記事を次にあげるのでもうしばしお待ちくださいませ。

transpanda at 23:07|Permalink

2019年03月20日

公演情報 3月21日(木・祝)彩雲リーディング2019

毎年恒例になりつつある作家仲間の樋口さんが発起人として行われているチャリティーリーディングです。

3月21日(祝・木)19:30開演
※開場は30分前。上演時間は50分。

【会場】一心寺 南会所
一心寺 南棟(大阪市天王寺区逢坂2丁目7)

4557f111



チケット料金 1000円

「全ての収入はNPO法人沖縄・球美の里に寄付します。
福島の子どもの保養プロジェクトin久米島
福島第一原発事故で被曝したか、あるいは今も汚染された地域に住む子どもたちがいます。この子どもたちの健康回復のための保養センターが、2012年7月5日に沖縄県久米島に誕生しました。一人でも多くの子どもたちの子どもたちに「健康」をプレゼントできるよう、ご支援をお願いします。」

http://kuminosato.net/

【予約】
WEB/シバイエンジン

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=eaf9b7e8a2
メール・電話/090-9160-7847(樋口)・plant.miyu@gmail.com
(メール予約の場合、お名前、ご連絡先、観劇時間を書いてください)
【出演】
イシダトウショウ
猿渡美穂
高安美帆(声の出演)
出口弥生
蟷螂襲
ののあざみ
中野聡
橋本浩明
吉川貴子

【作】
サリngROCK
棚瀬美幸
高橋恵
遠坂百合子
ナカタアカネ
芳洋子
竜崎だいち

詩:出口弥生
構成/演出:樋口ミユ
ギター演奏:近野次郎
スタッフ:長岡未來

今回寄付先について樋口さんからのコメントです。

【寄付先について】
彩雲リーディングは2013年の第3回目から、福島の子供たちの保養施設である沖縄・球美の里に寄付をしております。
皆様もすでにご存知のように、沖縄・球美の里の設立者で名誉顧問でもあったジャーナリストの広河隆一氏のセクハラ問題が報道されました。球美の里はこのことについて名誉顧問の解任、今後一切広河氏との関係を断ち切る声明文を発表しております。ひとりの人間の愚かな行為によって、女性たちの尊厳や未来が踏みにじられることは決して許されるものではなく、殺人に等しい行為だと思っております。女性たちから奪った尊厳と同様に、子どもたちから未来までも奪うことにならないように、寄付先はいつもと変わらず球美の里にしたいと思っております。年末からお正月の間に考えて出した結論です。観に来てくださる皆さまにご理解いただけるとうれしいです。
彩雲リーディングは未来に寄付をしたい。樋口ミユ


樋口もわざわざ今回電話をくれて色々お話してくれて私も彼女の考えには賛同しています。

このリーディングを観る時間やご都合などつかなくても、ここの寄付先じゃなくても
誰か子供のことを考えて寄付、寄付じゃなくても親切なことをしてくれたり
何かを考えるきっかけに誰かがなったらいいなあと思っています。


transpanda at 08:42|Permalink

2019年03月08日

トランスパンダ新作のお知らせ

こんばんはトランスパンダのナカタです。
まさかまたこちらのブログに記事を書くことになろうとは。

もう二度と大阪に帰ってくることないなと思ってましたし(永遠に東海地方にって話だった)
まあ帰阪出来てよかったんんですけど、帰ってきたら帰ってきたでかなり体調悪くなったり
もう気力が底をついてたので(どんだけ2年間の東海で疲れたんだ。まあ大変でした笑)
復帰も考えていなかったんですが、トラパンはやらないのですか?
と色々声をかけていただいたり、または大竹野さんの没後10年企画も声がかかりましたが
大竹野さんは私に、大竹野作品を演出するよりトランスパンダ作品をやったほうが喜ぶだろうな
というのもあったり、大竹野さん毎回トラパン喜んで観てくれてたもんなあ。

自分で復帰するタイミングを決めかねていた頃
in→dependent theatre 1stで杮落としの公募があり、これは劇場に決めてもらいましょうという
ことで公募に応募させていただきました。

本公演はまだそこまでの準備期間が設けられないので火曜日のゲキジョウ枠ですが
長編短編関係なく常に本気なのでこの度も本気でやりますので。よろしくお願いいたします。
結構短編のほうが難しいんですよ作家的にはね。

さて肝心のトランスパンダの新作は6月11日火曜日です。
お相手はステージタイガーさんです。

そう懸命なトラパンファンはお察しの通り
谷屋さんはトランスパンダには役者として出れません…。

出演者はご覧の通り。
歴代ファミリーは後藤七重ちゃん。そしていつもサポートで参加してくれてる若旦那さんが役者。
新しく参加してくださるニュートラパンチームで公演いたします。お楽しみにね。

●6/11(火)
火曜日のゲキジョウ30×30杮落しスペシャル
「ステージタイガー×トランスパンダ」

トランスパンダ「星を待ってる」
脚本・演出:ナカタアカネ
出演:竜崎だいち(羊とドラコ)、若旦那家康(コトリ会議)、
後藤七重、諏訪いつみ(満月動物園)、高島奈々(七色夢想)、浜本克弥(小骨座)

18:30[ス]・19:10[ト]・19:50[ス]・20:30[ト]
料金:予約1,800円/当日2,000円(2作品を各1回ご覧いただけます。)


詳細は
http://i-theatre.seesaa.net/article/464525502.html

transpanda at 23:08|Permalink

2015年08月18日

暫定的なラストトラパン「サーカスナイト」始まります。

画面の向こうの素敵な皆様、おはようございます。

昨日は夕方から夜までチケット予約フォームのカルテットオンラインが不具合で稼働せず
なかなか手続きできなかった方もいらっしゃるかと思います。
ご不便おかけして申し訳ありません。
劇場さんが用意して下さったものなので、今後の課題にしていただいたらと・・・。

さて、おはようからおやすみまで、サーカスナイトの稽古を見つめて、考えていたナカタですが
(結構このフレーズ気に入っている・・・ライオン)
もうとうとう本番ですね!!

19:50〜は予約完売しましたが当日券もご用意はしてくださるとのこと。
あきらめないで!
その他の時間帯も15時まではご予約できます。

毎回思ってるんですがこのキャストをこの組合せで、
観れる機会は今回の「サーカスナイト」だけです。

劇場でお待ちしております。
2階ロビーではケミカルを卒業したはずの上田耽美くんが
「ケミカル・ブラザーズ(初演版)」のDVD販売しています。
遊びに行ってみてね!!


「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ

・・・・・・・・・・・・
欲しがりLucy「砂のつぶ」
作:佐藤真理子(シバイシマイ)  演出:是常祐美(シバイシマイ)
出演:長縄明大、長橋秀仁(ThE 2VS2)、米山真理(彗星マジック)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy   △
・19:10〜 トランスパンダ  △(×に限りなく近いです)
・19:50〜 欲しがりLucy   ×(予約完売)
・20:30〜 トランスパンダ  ◎(トラパン1本のみ観劇になるのでご注意を)


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj


transpanda at 07:28|Permalink サーカスナイト | トラパン

2015年08月17日

暫定ラストトラパン・常にクライマックスと物販しちゃいますよ

さて、画面の向こうの素敵な皆さん、おはようというのは早いけどこんばんはというのも遅いよね。
という、あいまいtension(BARBEE BOYS)な感じで、おはこんばんは。

おはようからおやすみまで、サーカスナイトの稽古を見つめて、考えていますナカタです。
いやー、もう月曜日だから、もう火曜日で本番ですね。
おお、なんてこと。
毎日稽古で楽しいし、本番もきっと楽しいのに・・・それも終わってしまう。。

なんてオセンチぶってる場合じゃなかったですね。
稽古はひたすらひたすらやっております。
もう何度も何度もやって、「これはこれでいいのだけれど何かが・・・上手く言えないけど何かが」
と求めていたところ、ののあざみちゃんが私に伝えた、
もどかしい恋愛的な乙女プラグイン案を諭してくれたよ!
そうか、私が求めていたのは、そ・れ・だ!!

早速役者さんにやってもらい、上手くいった時は・・・
あざみちゃんと「うれしくって抱きあうよ!」(YUKI)な具合になり
出番がない役者陣も拍手喝采な、胸キュン具合ですよ。
いつも稽古見ながら、泣いちゃうかも・・・と思ってたけど、これは!

「ケミカル・ブラザーズ」を見て
不条理な妄想の暴走クライマックスな作品をいつもやってるんだろうなと
思ってらっしゃる方もいるでしょうが、
今回は別ベクトルで「えっ!?」と思わせるお芝居ご用意しておりますよ。

後、今回は物販をいたします。
わたくしめが物販に本当興味がないのですが
お客様からのリクエストがありまして・・・
「ケミカル・ブラザーズ(初演)」バージョンの販売をいたします。

後は
「君と旅」(奈須崇・北村守・上原日呂・なかた茜 出演)
「folklore」(秋津ねを・前田晃男・ののあざみ・後藤七重・寺本多得子・ヤマサキエリカ 出演)
をご用意しております。


2階ロビーにて19:40のトラパン終了後から各公演終わりごとにコーナーを設けます。
みなさん、宜しければ遊びにいらしてね。

そして残席情報です。
19:10~と 19:50〜 が、かなりの人気回となっております。
ここしか行けないかもという方はお早めにご予約オススメいたします。


「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ

・・・・・・・・・・・・
欲しがりLucy「砂のつぶ」
作:佐藤真理子(シバイシマイ)  演出:是常祐美(シバイシマイ)
出演:長縄明大、長橋秀仁(ThE 2VS2)、米山真理(彗星マジック)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy   ◯(そろそろ△)
・19:10〜 トランスパンダ  △(×に限りなく近いです)
・19:50〜 欲しがりLucy   △(そろそろ×になりつつあります)
・20:30〜 トランスパンダ  ◎(トラパン1本のみ観劇になるのでご注意を)


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj






transpanda at 03:46|Permalink

2015年08月13日

暫定ラストトラパン・合同通し稽古しますたよ

画面の向こうの素敵な皆様、こんばんは。

本日は、劇場を使って合同通し稽古してきますたよ。
やはり本番は劇場で芝居が起こっているわけですから。(事件は現場で起こってる的なあれ)
稽古場でやるのとは空気違いますよね。
声の響き方とかチェックしておりますたよ。

夏って劇場は空調が入るから色々と、役者さんも声の通りも気になる季節。

欲しがりLucyさんの通し稽古も拝見させていただきました。
長橋さん好きなので長橋さんが出てくるだけで、楽しい。
でも、せつないお芝居なのですよ。


帰りはお仕事でお忙しい欲しがりLucyさんのメンズ達の中で
若いレディ米山さんをスカウトしてアフター王将してきましたよ。
で、そこに彗星マジックの勝山さんも合流。

みんなで楽しく王将タイムしてきました。

そこで米山さんが私より干支一周下という真実。
若い・・・。
白目になりかけた私に、心のスカリーが「モルダー、あなた疲れてるのよ」とささやきました。
うっかり、車で張り込みしてるときにサンドイッチと飲み物って言って差し出すスカリーに
モルダーが「飲み物が紅茶だったらロマンスのはじまりだね」と言うと
「残念、コーヒー」と切り返すやりとり思い出して悶絶よ。
勿論、吹替えは風間杜夫と戸田恵子でお願い!

と、話はずれました。

ヤング(死語)チームの切なさ芝居と、大人の切なさマックス芝居のコラボですよ。
ご予約はだいぶ埋まってきました。


「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ

・・・・・・・・・・・・
欲しがりLucy「砂のつぶ」
作:佐藤真理子(シバイシマイ)  演出:是常祐美(シバイシマイ)
出演:長縄明大、長橋秀仁(ThE 2VS2)、米山真理(彗星マジック)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy   ◯(そろそろ△)
・19:10〜 トランスパンダ  ◯(そろそろ△)
・19:50〜 欲しがりLucy   △
・20:30〜 トランスパンダ  ◎(トラパン1本のみ観劇になるのでご注意を)


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj

画像はアフター王将の図。
(さすがに通し稽古は衣装つけてやってたからアップ出来ないわけよ)

CMN1eZ3UAAMm96z



transpanda at 00:44|Permalink

2015年08月12日

暫定ラストトラパン・もう1週間前なの

画面の向こうの皆様こんばんは。

とうとう艦これ夏イベントが始まっちゃいましたね。
今回という今回は史上最悪ともいえる、面倒臭さマックスのイベントになっちゃってて
あたくし、もういつ出撃していいかわかんないです。

というか、サーカスナイトで忙しいのでそんなんやってる場合じゃないので
やってないですけどね。

さて、とうとう1週間前きちゃったよ。
もうびっくりよね。
っていうか、これ終わってもうちょっとしたら(艦これで忙しいけど)
大阪から離れて遠く行くかと思うけど、全然実感わかないですよ。。

大掛かりな引っ越しが初めてだから、洋服まとめるので思案中。
いらない着てない服はぼちぼちあげてますけどね。

さて、そんなことよりサーカスナイト。
大阪から遠く離れて北海道でツアー回ってる近松くんから熱い音響プラン会議もしつつ
稽古もやっておりますよ。

もうね、みんなお芝居が上手いし、演出する前から台本を読み込んで
もうプランを練ってるし、こちらのリクエストにもすぐ対応出来ちゃう人ばかりで
あたし、感無量すぎて泣くかと思うよね。

そりゃあ稽古後のご飯も作りがいありますよ。
先日は、照り焼きチキン、夏野菜マリネのソーメンとか
シーフードトマトカレーを作ってみんなで食べました。

カレーと言えば、常に劇中に「カレー」の話ばかりするトラパンはカレーの話もしないし
カルピスサイダーの話もしないです。
往年のファンちょっと驚いちゃうかしら。

でも、今回も切なさマックスなアイテムは登場しちゃうし、みんな心して!

もうね、役者は上手いしあんまり演出することないし、
ナカタはいつも何してるんだろうって思うよね。
いや、ほんとね。
でもね、更に良くするために、もう細かいこと詰めていくしかなくってね。
小姑のように生息してますよ。
そんな中、皆さんもお芝居に集中しつつ高橋恵美子さんのドジっ子萌っぷりに相当ツッコむ日々。
車でやってきたけど、何処に停めたか謎。
駐車場についても自分の車かどうかも自信ない。
マジか。
クールに見えてかなりのドジっ子萌え。
なんだ、あの人、かわいいな。

あとね、衣装の組合せとかね。
もう衣装は決まってるけどね。
今回は、ケミカルジーンズはまったく探さないしね。
普通にどうしたら女優が一番素敵に見えるしか考えてないですよ。
たぶん女性や女の子はみんな着たいとか思うようなラインナップ。だから。

さて、今回2回トラパン観る方も何人かいらっしゃいますが
ラストは演出は介在せず、役者にすべてを託す感じになるので
息を呑む感じで見逃さないでね。

ご予約に関してですが、予約フォームで予約してるのに
きちんと処理されてない事例があるようです。
返信メール来ていない人は、ご予約が完了していない可能性がありますので
そういったお客様は大変お手数では御座いますが、
もう一度予約フォームからお手続きお願い致します。

では残席状況です。
察しが良い素敵なお客様が多いからか皆、人気回を避けて予約してくださったりとか
ありがたいお話です。

やっぱり、お盆明けの公演になるのでまだ予定が立たない方も多くいらっしゃるみたい。
でも行けるとしたら「あの時間」というのがありましたらお早めに。
何しろ、トラパン単独公演じゃないので。
ちょこちょここちらでもお知らせいたしますね。
明日は欲しがりLucyさんと合同稽古の日ですよ。
またブローグでお知らせいたしますねー。


「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ

・・・・・・・・・・・・
欲しがりLucy「砂のつぶ」
作:佐藤真理子(シバイシマイ)  演出:是常祐美(シバイシマイ)
出演:長縄明大、長橋秀仁(ThE 2VS2)、米山真理(彗星マジック)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy   ◎
・19:10〜 トランスパンダ  ◯(そろそろ△)
・19:50〜 欲しがりLucy   ◯(まだいけるけれど△にもうすぐ) 
・20:30〜 トランスパンダ  ◎(トラパン1本のみ観劇になるのでご注意を)


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj

image

image


transpanda at 01:47|Permalink サーカスナイト | トラパン

2015年08月08日

暫定ラストトラパン・恋愛のはじまりの話となったらこうなる

さて、画面の向こうの皆様こんばんは。

この間の稽古場には若手音響家のホープ(もう若手と言いづらい実績だけれども)近松くんが
稽古場にやってきて、ナカ近・音響会議がさっくり開かれておりました。
「台本やべえー、見事にサーカスナイト!」という常に私の心に蜂蜜垂らしまくりな近松くんでした。
30GP再演ケミカルに引き続きな見事な登板の近松くん。
音楽の話だけで全然いけるナイスガイです。
何故か、この日も「サーカスナイト」の話より、向井秀徳トーキンしてたよ。
何なの。
ZAZEN BOYSもナンバーガールも使用しませんけど。
アニメ「スペースダンディ」の劇中で結成された
DROPKIXの「かんちがいロンリーナイト」は向井秀徳の作詞作曲。
(声優の諏訪部順一さんがかなり歌い手としていかしてるのにびびる一曲)
このシングル盤はボーナストラック・向井秀徳ボーカルバージョン収録だから良かったら聴いてみて。
この回は伝説のバンドマンガ「TO-Y」の漫画家さんがゲストキャラデザだから感涙系のバンドテイスト。
https://youtu.be/R6eGaePdCLE

と思い切り話はずれた、今度のトラパンはケミカル探す訳でもバンド結成する話もやりません。

先日上げたブローグでも、触れたとおり今回のトラパンは久々に恋愛芝居をやりますが
(超弩級恋愛芝居は「ひとつでもいい」でしょうか。
後は恋愛もありつつ色々な要素芝居だったので)
相変わらず、稽古後の我が家飲みの際にまったりタイムの時に芝居内容が内容だからか
初恋というか中学生の恋愛想い出トーキンとなりました。

七恵ちゃんの淡いトーキンに悶絶する、えみりーこと高橋恵美子さんと、あたくし。
淡すぎて淡すぎてキュン死するかと思ったわ。
なかよしの「こっちむいてLOVE」(あさぎり夕 先生)より全然進んでねーよ!!
まあ、今となってはBL的なお仕事をなさっているらしい、あさぎり先生ですが
私、七恵たん、えみりーが小学生の頃は、あさぎり先生が全てだったよ!
こっちむいてLOVEってヒロインって小学生設定じゃなかった?

メイクしたらすげえ美少女に変身するってなんだよ。
すっぴんの時から、めっちゃ可愛かったやん!(少女漫画だから)

七恵ちゃんいわく「わたし、あの漫画好きすぎて暁って人と結婚するとか思ってた」
わかるー。めっちゃわかるー。
でも、私、その後「ときめきトゥナイト」の真壁くんに乗り換えるんですけどね。
みんなも、そうだっただろ?
まあ、私・・・樋口ミユから何故か「劇団 ときめきトゥナイト」するなら
江藤蘭世ねって任命されてますけど。

って話はまたずれた。

そして、ときめきトゥナイトな話にも盛り上がる七恵、えみりー、わたしの3人。
だって、この3人は同い年だから。
女性の同い年の人、出会わないなとずっと思ってたけど点在しすぎてわかんなかったよ。
てか、2人に出会ったり仲良くなるの遅すぎてわかんなかったよ。

そこで、前田さんのほろ苦中学生の恋愛メモリーを聞く。

七恵ちゃんと前田さんの淡すぎ・ほろ苦な恋愛メモリーを聞いてみんなキュン死しかけて
テンション高くなる。

ああ、そらそうなるけど、しょうがないもん。中学生だもん。
今みたいにネットもないし、情報もないから、デートとかお付き合いとか分かんないもの!

以前、川田陽子さんから聞いた話で
中学生の時、素敵だなと思ってた男の子からいきなりデートに誘われて
それが「コンサート」で、下校に一緒に帰るすっとばしてそれか。駄目だ。
って思って冷めたエピソードもまあすごかったけど。
(そら、陽子さんならモテて当然だけれども)

あたし、中学生のときは恋愛とか漫画の世界とか思ってたよ!
全然幼稚すぎてなかったよ。

美男美女の力、すげーなー。

そんな皆を演劇の魔法を使って、恋愛芝居やっちゃうわけですよ。
ほんと役者やるより、そういうのを演出席で観てるほうが、楽しいんですよね。

今回、ラストトラパン効果か、前田晃男さんが南河内万歳一座を退団してしばらく休んでたにも
関わらず復帰作がサーカスナイトだからか、分かんないのですが
トラパンを2回観たいから1日中、劇場にいます!と予約してくださってるお客様が
何人か、いらっしゃってそのお客様のためにもお楽しみ頂けるように思考をこらしめて(違う)
思考を凝らして今回挑むため、またもや仕掛け台本を書きました。
ケミカルみたいに複雑な仕掛けではなく至ってシンプルな仕掛けです。

でも、これを仕掛けるかどうかは役者次第。
そのお話は、またこんどのブローグにでも。

「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ

・・・・・・・・・・・・
欲しがりLucy「砂のつぶ」
作:佐藤真理子(シバイシマイ)  演出:是常祐美(シバイシマイ)
出演:長縄明大、長橋秀仁(ThE 2VS2)、米山真理(彗星マジック)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy   ◎
・19:10〜 トランスパンダ  ◯(そろそろ△)
・19:50〜 欲しがりLucy   ◯(まだいけるけれど△にもうすぐ) 
・20:30〜 トランスパンダ  ◎(トラパン1本のみ観劇になるのでご注意を)


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj


画像は乙女プラグイン発動してる後藤七重たん。
(いつもそれぐらいにこやかならクールビューティー疑惑を持たれなくていいのに)
キュンなテンションのえみりーこと高橋恵美子。

みんな恋愛トーキンは好きなのよ。ね。

撮影は、ののあざみ先生(恋写 みたいなノリで。マガジン?)

image
image


transpanda at 00:48|Permalink サーカスナイト | トラパン

2015年08月06日

暫定ラストトラパン・月間フライヤーとチケット状況など。

さて、随分とご無沙汰していたので色々と溜まっておりますわ。

そうね、そうよね。

火曜日のゲキジョウは毎月月間フライヤーというのを出すのですが
何故か8月はナカタアカネ・・・あたくしになりました。
いつもは役者さんがフライヤーになるという暗黙の了解フライヤーです。
言っておきますが私は役者で出ません・・・。

事の発端は彗星マジックの勝山さんからの連絡にて。

勝「ナカタさんに今回フライヤーの撮影お願いしたいんですよ」
私「いやー、あたし出ないので・・・違う団体にお話回して欲しいんですが」
勝「じゃあ、トラパンに出る人とかでもいいので、明日の打合せで続きはそこで」
私「はい」

で、打合せにて

勝「やっぱナカタさんで・・・トランスパンダって他、誰もいないし」
私「えー無理だよー」
勝「そこをなんとか・・・こうやって打合せも来ちゃったんだし。
今週中に撮影しないと間に合わないから調整してる時間ないかも。なもんでよろしくです。」
私「や・ら・れ・た」
勝「これを機に、作演出家もどんどん出していこうかと」
私「なんやねん、噛ませ犬かよ!?」

と、暑くて死にそうな中、撮影し出来たフライヤー。
肩書「役者」だよ!?
もう役者はやらないし、今回出ないから!?

まあ、突貫で作成したものだしね・・・。
もう二度とないことなので、トラパンファンの皆さん、劇場に足を運ぶことあったら
ナカタ暑いの嫌いなのに頑張ったんだなって思って見て下さい・・・。
(何故か谷村有美のラジオ口調でお話している)

では、チケット状況ね。
まだ大丈夫ですが、19:10〜と19:50〜は人気の回になりますので
この時間帯しか難しいなという方はお早めに。
4月のケミカルの際はもう数日前には完売回が出ていたので何の保証も出来ないわ。。
備考欄に沢山コメントや応援メッセも有難うございます。
あと、最終トラパンというのと、前田晃男さん効果か、1日中劇場にいて
2回トラパンを観るというご予約を幾つか頂いて私、うれしくって抱きあうよ!(YUKI)
みたいな感動です。わ。

備考欄にお目当ての役者さんへのコメントもあれば責任をもって
あたくしがお伝えいたしますし、あなたの代わりにとっても良くしてさしあげますことよ。
(何故か艦これの熊野口調に)
あと、劇場側の専用予約フォームもありますので
劇場さんへご予約された方は変更があった場合、こちらではシステム上
変更を承ることが出来ませんので、直接劇場様へ。
トラパン予約の場合、変更の際は、お手数ですがもう一度予約して頂いて
備考欄にて「何時の回をキャンセルしてこちらに変更します」等、記載いただければ
ご対応させていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

では、19:10〜と19:50〜狙いの方、お早めに。
これを逃すと当日券扱いになってしまいます。



「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ

・・・・・・・・・・・・
欲しがりLucy「砂のつぶ」
作:佐藤真理子(シバイシマイ)  演出:是常祐美(シバイシマイ)
出演:長縄明大、長橋秀仁(ThE 2VS2)、米山真理(彗星マジック)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy   ◎
・19:10〜 トランスパンダ  ◯(そろそろ△)
・19:50〜 欲しがりLucy   ◯(まだいけるけれど△にもうすぐ) 
・20:30〜 トランスパンダ  ◎(トラパン1本のみ観劇になるのでご注意を)


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj

画像は慣れないこと頑張った作演出家のひと。

image


transpanda at 01:03|Permalink サーカスナイト | トラパン

暫定ラストトラパン・サーカスナイト後藤七重の生誕祭再び

いやあ、稽古場日記溜まってるよね。
っていうか、稽古してる画像を夢中で演出してるから撮りそびれてしまうのですよ!!
ぎゅふん。

さて、夏にやるトラパンと言えばもう「folklore」の想い出がありますが
そして今回も後藤七重のサプライズ生誕祭はやってくる。

folkloreの時は本番当日にやってきたわけですが
今回は稽古がない時に、決行しましょうぜ。

と、なりますた。

とりあえず、稽古終わったら我が家でのみましょうぞ!
と、高らかに宣言をし、当日に全て料理を仕込んでいたあたくし。
いったい、私は何になろうとしているのか・・・。

とりあえず七恵ちゃんに食べ物の好き嫌いをやんわりリサーチしまくるのです!!

「好き嫌いないし、和も中華も洋食も好き」
グレートです。素晴らしい・・・って、むしろ何作っていいかわかんねえよ!!
むしろ、ご飯が好きって知ってるよ!
オバケのQ太郎か後藤七重かってぐらいって知ってるよ!!

と思いつつも用意した料理は下記の3品。

・タコとズッキーニの明太マヨサラダ
・豚フィレ肉の赤ワインソテー煮
・鶏と野菜とキノコのホワイトソースペンネ

もうこれをお出しした感じでやりきった感満載で
ケミカルの裏話しすぎて、大変な時間に・・・。
ナカタのバカ。

そして、大慌てでサプライズぶっこむ。

そして皆は大慌てで終電タイムに走って・・・前田晃男さんが大変なことになるのはまた別のお話。

画像はめでたい後藤七重さんのサプライズ瞬間。

image


transpanda at 00:34|Permalink サーカスナイト | トラパン

2015年08月05日

暫定ラストトラパン・サーカスナイトの稽古は進んでいます。

さて、画面の向こうの素敵な皆様、こんばんは。

先日、引越し先を決める旅で日光にガンガンに照らされて1日半寝込んだ人はここにいます。
小さいころ、なんであんなに外で遊べたのかしら、謎は深まらないばかり。

びっくりするほど、引越し先は不動産物件がみんな安くて驚きですたよ。
と、軽く話はずれました。

さて、サーカスナイトは無事に手直し含む台本も上がりまして
わたくしの一番の仕事からは解放されました。
まあ、まだ演出あるじゃんって、ツッコむ人いると思うんだけど
ほら、今回のメンバーの皆様って、皆お芝居上手い人ばっかりだし。
何しろキャリアがやばいし、皆大人の人だから。
あんまり私が胃が痛い要素ってたぶん本番当日意外って全然ないのよね。

稽古場で席を外してても、前田さんが芝居のピンポイントをもう男側の視点で解説してるし
ほら、乙女プラグイン搭載の上田耽美くんが演出助手についてくれるでしょ。

ダメ出ししようかなと思って忘れててもきちんと上田くんが教えてくれるから。
って、バカな演出を周りが助けてくれる、あたくしの楽園がここにあるよ!

そうですね「ケミカル・ブラザーズ」で初めてトラパンを観た方も結構いらっしゃるかと思うんですが、
今回は、ケミカルとは世界観180度違う世界が展開しています。

昔からのトラパンファンにはお馴染みの会話劇要素プラスにまさかの手法展開と
ビターテイストな恋愛要素をぶっこみました。

もう正直、恋愛芝居書きたいとかもなかったので、ケミカルな世界観を書いたんですが
(ケミカルは実は苦い家族の物語だったりするしさ!)
まさかの大人ビター恋愛を自分でも書けるとか思ってなかったよ。

まあ、これfolkloreの際に既に構想してたんだけど。
タイトルも前田晃男さんと後藤七重さんで展開するって、その当時から考えてたので
もう、わたくしの思惑通り現時点で具現化している。

ケミカル・ブラザーズ構想16年よりは構想期間短いですけどね。
ケミカルは当初の構想は1時間ちょっとぐらいなので30分編成はすんなりいけたんですが
サーカスナイトは1時間半の尺で構想してたから、30分で書くのはちょっと大変でした。
が、その代わりに大胆編集を膨大な作業量を脳内で処理して執筆するという
なかなかダイレクトアタックな経験できました。
いやあ、ラジオドラマの作家させてもらってて本当よかった。
テクニカル的なことも含めて面白い作品に。
台本だけでは芝居は完成出来ないので、これもみんな役者のみなさんの力かしら。
アテガキしか出来ないので、贅沢な役者陣使って書かせてもらえるなんて
ありがたい話っすね。


稽古やってる間、色々画像が溜まってるんですけど。
とりあえず稽古始めから。

ケミカルを卒業した演出助手の上田耽美くんと今回のサーカスナイトの出演者の皆様。
関西小劇場界でブームの兆し(主にピンク地底人3号さん作)のちゃんりおメーカーで
前田晃男さんのちゃんりおを作成するヤマサキエリカ画伯と、なぜそうなったアキオちゃんりお。。

まあ、このへんの話は関西小劇場界の大物独身・前田晃男さんのブログでも触れています。
http://yaplog.jp/banzai1za-a/

image

image

image

image

transpanda at 23:59|Permalink サーカスナイト | トラパン

2015年07月18日

火曜日のゲキジョウ:欲しがりLucy × トランスパンダ 予約開始は7/18(土) 10:00〜です

皆様、こんばんは。
台風の最中、更新しております。
予想外の大雨で皆様ご無事でしょうか。
そんな折に、とうとう暫定的最後のトラパンのチケット予約がやってまいりました。
4月からずっと芝居やりっ放しなんて、トラパンのみならず、あたくしの演劇人生でも初めて物語。

予約は7月18日本日10時からスタートです。
何しろ欲しがりLucyさんと1日のキャパをシェアする感じなので
お決まりになったらお早めに。
ケミカル・ブラザーズ初演は当日チケットなんとかと言われても何ともならなかったしね・・・。
(ケミカル初演は年間の30✕30でトラパンは動員数ナンバーワンだったから)

今回もはっきり言って30分芝居に出すメンバーじゃないのですよ。
元南河内万歳一座の前田さんが退団して以来初の舞台復帰がトランスパンダだもの。
自分で誘っておいてなんだけど、何この闇プレッシャー。

だいたい極東退屈道場の人と思われてもおかしくない後藤七重たんも出てくれるし。
(真っ先にサーカスナイトの話をもっていったのは七恵ちゃんでした。)
そしてfolkloreでは大変な目にあわせて今後出てくれないかもと思っていた、
ののあざみちゃんも出てくれるし(抱いてと思うナカタであった)、
元ババロワーズの看板、高橋恵美子さん(私はえみりーと呼んでいる)も
いつかこの人とやるんだろうなと思っていましたが、ここに来てまさかの登板。
近年ナカタ作品の連続登板バッターのヤマサキエリカさんも出てくれるという。

っていうか、役者全員フリーじゃないの。
ひとり劇団のトラパンに全員フリーの役者って初めて物語ね。

今回も再演ケミカルから参加してくださった近松くんが音響ですのよ。
前田さんが出るとお返事頂いて速攻話を持って行ったら「前田さんが出るの!?じゃあ音響やります」
と言った人、近松くんでした。
前田さん女子のみならず男子からも人気なのですよねー。
前田さんは「近松くんとももクロトークしなくっちゃ!」とワクテカしてましたが
ひとつ言っとくと近松くんは、もうももクロ卒業してるから・・・前田さん頑張って・・・。

後、今回初めて演出助手さんを呼びましたの。
下記をご覧頂いた方、役者じゃなくてこの役職なの?って思うと思うの。
でも、とっても大事なのよ。
乙女プラグインを搭載している男子が必要だったから!
ケミカルを探し求め続けた人、上田耽美さんです。
私、以前から上田さんの書く台本も好きだったし、
この間の二人芝居もとっても良かったので終演後に

上田「アカネさん新作楽しみにしてます。」
私「ありがとう・・・っていうか、演出助手やって欲しいんですけど」
上田「ファッ!?(役者じゃないの?)」

というスカウトぶりを発揮しました。
さあ、なんか色々ケミストリー過ぎておもろいですね。

備考欄がありますので、皆様のメッセージを書いて下さるとあたくしが頑張り
お目当ての役者さんへのメッセージもお伝えしたり、賄いの唐揚げが増えたり
おやつをあげたりのイベントが発生するので是非是非。



「火曜日のゲキジョウ 30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出:ナカタアカネ

演出助手:上田耽美(耽美社)
音響  :近松祐貴(オリジナルテンポ)

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy
・19:10〜 トランスパンダ
・19:50〜 欲しがりLucy
・20:30〜 トランスパンダ


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)


会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7
会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy
・19:10〜 トランスパンダ
・19:50〜 欲しがりLucy
・20:30〜 トランスパンダ

※チケット予約フォームではご都合の良い時間(最初に観る時間)を選択して下さいね。
20:30〜を選択してしまうと最終回のトランスパンダのみになりますので2つ観たい方は
ご注意なさって下さい。

https://www.quartet-online.net/ticket/150818?m=0bdeedj

transpanda at 03:59|Permalink トラパン | サーカスナイト

2015年07月07日

トランスパンダ暫定的最後の新作のお知らせ

どうも、画面の向こうの素敵な皆様いつも読んで頂いて有難うございます。
いつも読んでくださってる皆さんには薄々とお察しの通りだと思いますが

先日の30GPの準決勝の褒美として今シーズンの火曜日のゲキジョウの無料参加券貰いました。
あんだけ大阪を離れるって言ってるやないの。
とツッコミましたがもう色々と思うことやなんやらで
「トランスパンダマックス 怒りのデスロード」と称して(ウソです)
貰ったもんはキッチリ回収するという、ミナミの帝王的に新作短編をやらせていただきます。

今回のトラパンファミリーは下記のメンバーですよ。
歴代トラパンファミリーの中でも後期に入るメンバー構成と
ニューファミリーは共演したことなかったけど結構昔からお知り合いの高橋恵美子さん
スカウトしてきましたよ。
今回は大人のトラパンでやっちゃうよ!お楽しみにー。
っていうか、これまた30分で出す役者メンバーじゃないっすね。


「30×30  欲しがりLucy ✕ トランスパンダ」
2015年 8月18日(火)

トランスパンダ 「サーカスナイト」
作+演出 ナカタアカネ

出演者

前田晃男
後藤七重

高橋恵美子
ののあざみ
ヤマサキエリカ


予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)



会場:in→dependent theatre 1st(地下鉄恵美須町)
(劇場マップ http://www.ka-geki.com/?eid=7

・18:30〜 欲しがりLucy
・19:10〜 トランスパンダ
・19:50〜 欲しがりLucy
・20:30〜 トランスパンダ


チケット予約開始は たぶん 7月18日(土)10:00からスタートします。



transpanda at 22:19|Permalink トラパン 

ケミカルからの卒業

いやあ、4月のケミカル・ブラザーズと30GPケミカル・ブラザーズと終わりましたね。
もう1年前のようだわ・・・。(おい

初演と再演と貴重な体験でした。

今回は「クラッシャージョウ」の世界を何故か取り込んでしまったんですが
ぶっちゃけ、リアルタイムで観てなかったです。
ダーティーペアは好きで見てましたけど。

なんでクラッシャージョウだったかって言うと、ケミカルとか考えすぎて
クラッシュケミカルから「もうクラッシャージョウって名乗ったらいいじゃん」な適当さでした。

時代的にも懐い感じで。
あと、ダーティーペアTは原作者一緒だから着てたの?ツッコミもありましたけど
ファンの間では「ジョウのお母さんはダーティーペアのユリ説」があるんですけど
これ採用しました。

原作でジョウのお父さんのダンがダーティーペアと共闘するエピソードあるんですよね。
これなかなかマニアックなんで知らない人多いようですけど。(私、読んでないけど)

なんか懐かしいあの時代的な感じで書いててしっくりきました。

あと、浜田省吾も尾崎豊もわたし・・・好きじゃないってこと告白しておきますね。

短期間でケミカルの世界にずっといたので疲れました。
一番疲れたのは上田耽美くんだと思いますけどね。

再演は出演者のみんなに加え、音響の近松くん、当日お手伝いの若旦那家康さん(大活躍)
元ランニングシアターダッシュの看板女優の佐久間京子さんまでついてくれて
なんで、私この豪華な人達に紛れてるんだろう不思議だなあと思いました。

30GP、フルーツケイク、月曜劇団、ステージタイガー、匿名劇壇、彗星マジック、オパンポン創造社(敬称略)。
そして一番戦いたくなかった(戦ってる気はなかったですけど誰とも)ユニットキョウダケさん
本当に皆様お疲れ様でした。
そして劇場のスタッフさんが一番大変だったはず。

本当、役者やってたせいかほとんど誰とも交流してなかったよ。。
匿名劇壇さんとめっちゃ喋りたかったのに。
今年良かった芝居は「子供鉅人」と「匿名劇壇」で上位ですよ、今のとこ。

匿名の福谷さんからは「頭わいてるのか?」と最高の褒め言葉を頂いてたようで
若旦那くんと近松くんがニコニコとご報告してくれました。
やったね。

何よりもお客様本当に有難うございます。

そして画像はダーティーペアとクラッシャージョウのパパのダンの3ショット。

11263090_770491996405501_1172671706641673408_n

transpanda at 21:21|Permalink トラパン | ケミカル・ブラザーズ

2015年07月02日

ケミカル・ブラザーズの世界観と最後の暫定的新作予告

以前よりお伝えしていたケミカル・ブラザーズの世界について。

3パターンの見方があるんです。

1.王道の時間軸:月曜日にケミカルを捨てられた主人公が彼女を振り切り家を出て
途中に車にはねられて、記憶喪失になり
おぼろげな記憶を頼りに兵庫県氷上町から天神橋筋六丁目に辿り着き
大事なものに気付いて、彼女のもとに帰り、週末残りのケミカルを捨てる。

ほとんどの方が、この王道パターンで御覧頂いたようですが
私が「引っ掛かり」として提示したのは
主人公のジョウが「私とケミカルどっちが大事なの?」
と呼び止められた際に、不気味な笑顔を残して暗転。
暗転明けに車ではねた女子に「服に血が付いてるけど大丈夫?」
と聞かれ「怪我はしてないけど・・・なんだろ、これ。」
と服と手についた血を見てしばし愕然とする場面と、最初に月曜日と主人公自ら言ってますが
ラストは彼女と二人で部屋を片付けてケミカルを必要ないといい「お昼は何?」と聞きます。
まあ仕事にもよりますが「お昼は何?」ということから週末の日だとしたら?
という提示です。

2.バッドエンド編:主人公はケミカルを捨てた彼女に激高して正直に言うと刺すか殴り殺します。
そして、家を飛び出して車に跳ねられて昏睡状態の中、ケミカルなんて自分には必要なかったと
気づきますが、そんな中で自ら殺してしまった彼女のことを想い反芻する結末。
(映画で言ったら未来世紀ブラジルみたいなやつ)

3.ナカタの真意として:主人公が彼女に殺意を抱くまではバッドエンド編と同じく。

そこから過去の自分との対峙などは2パターンのに分岐します。
(1)殺意を抱いてから過去の自分と対峙するまではバッドエンド編と同じく。
(2)むしろ彼女がケミカルを捨てたがってるのに気付いた日曜の晩に見た夢(パラレルワールド)

(1)(2)共通の場合は自分がしでかした事の重大さと、本当に願ってたことに気付いて
「家に帰りたい」と願い、時計の針をさかさまに彼女が捨てようとしたその日に帰り自ら捨てる。
不条理な旅路はツインピークスでいうところの「ブラックロッジ(赤いカーテンの部屋的な)」
として見てもらってもいいです。

これは作家的な話ですが、故・大竹野正典さんへのリスペクトがあるんですが
大竹野さんは「犯罪者シリーズ」を作品として発表してるんですが
主人公はいつも「家に帰りたい」と願いますが、大竹野さんは実在の事件を扱ってるか
決して甘い夢を見させないんですよ。
決して家には帰れないんです、主人公たちは。

でも、自分はある意味SFだと思って書いてるんですが主人公が「家に帰りたい」と言いつつも
自らしたことに躊躇して、自分の殻に閉じこもり自分自身から逃げて行くのを
東のケミカルマスターが「逃げんなよ自分を壊せよ。オレはお前の可能性」と告げて
本当に自分と向き合って「家」に帰れることになる。

故・大竹野正典さんへ、私が贈れるものは芝居しかなくて。
大竹野さんはいつもトランスパンダが好きで毎回褒めてくれていたので
もし最後になるのなら私が、全てをやりなおして家に帰します、主人公を。
と思って書きました。
そして主人公を帰すのが息子の春生っていうね。

なんかこの作品書いてる時、嫌な事件ばかりで。
なんでこんなことにっていう事件ばっかで。
でも、誰にでも何かのきっかけやボタンを掛け違えたら、大事な人でも傷つけることがある。
って思ったりするんですよ。

でもやってしまったらもうやり直せないじゃないですか。
でも今回はSFだから、主人公が本気で願えばそれが叶うんですよ。

っていうか、色んな可能性の物語の中、上田くんはいつも30分駆け抜けて心底ヘトヘトに
なっていました。

まあ、なるだろう。
最初、この見方によっては気づくような仕掛け台本を書いた時は
どうしたことかと自分で思ったものですよ。

いつも恋愛ばかりの会話劇。いつも舞台セットと衣装が豪華。
というのがトラパンのイメージかと思います。

だってね、これって儲かってないけど興行なんですよ。
わかりやすかったり、キャッチーさも必要。
他では見れない何かを提示しないと、一人劇団なんで残っていけなかったので。

でも、ようやく「私はこういうのもやりたかった」と書くことが出来ました。
本人も忘れてますけどクロムモリブデン出身でスペース・ゼロ組だもの。
不条理な奇妙な自分探しの旅をようやく書くことが出来ました。
構想16年。ようやく発表することが出来て本当に良かったです。

これもひとえに参加してくれた皆様のおかげです。
本当に有難うございます。

さて、ここに来てファンの皆様にお知らせ。
最後の最後に再演トーナメントにて、色々思うことと(演劇人としてストレスもあるけど)
お客様とファンの方に、もう一度きちんとケミカルでのご恩返しはまた新しい作品として
8月18日火曜日に新作上演します。
詳細はまだ言えませんけど(情報解禁されてないから)、キャスティングはほぼ決定しています。
ということでお忙しいと思いますが是非、日程あけておいてください。
宜しくお願い致します。

画像はケミカル稽古場にて。

image
image
image




transpanda at 02:02|Permalink ケミカル・ブラザーズ | トラパン

2015年07月01日

30GP・ケミカル・ブラザーズ終了しました

皆様、こんばんは。

30GP再演トーナメント終了しました。
トラパンは準決勝で終わりました。

応援して下さったお客様、ご来場いただいたお客様有難うございます。
最終決戦までチケット手配していたお客様、いけなくて本当にすみません。

2回は上演できました。
土日しか休めない大人のトラパンファンの方にも観ていただくことも出来ました。
応援して下さった方に少しはご恩返し出来たでしょうか。

元々は観客投票で選出されたのが始まりで、スタートした企画ですが
勝負する気はないスタンスで参加して思ったのが
「結果、負けても勝っても・・・私が望むものじゃない」ということでした。

色々、この企画には思うことがありますが言い出したらキリがないのですが
結果、他の団体さん全員がどう思ってらっしゃるか分かりませんが
今まで自劇団(団体)を観たことがないお客様に観て頂ける機会だったので
どう思ったのか知りたいのに、アンケートすら取ってないって何なんや。
お客様も感想以外にこの企画に言いたいこともあったと思うんだけど。

ステージタイガーの虎本さんと「アンケートなかったよねー。」と話しておりました。

準決勝は谷屋俊輔不在を頑張ったステージタイガー・トランスパンダ。
優勝はフルーツケイクと準優勝は月曜劇団でした。

準決勝のステージタイガーとトランスパンダはたまたま同じお店で残念お疲れ会を催した際に
駆けつけた谷屋くんに

ステタイ「ぶっちゃけ代役の泥谷さんの方が好評だった」
トラパン「濱本くんのナチュラルケミカリストは評価高い」

と同時に述べると「な、なんだってー!?」という谷屋さんを尻目に飲んでおりました。
嘘です。谷屋さんも濱本さんも二人それぞれみんないい。

元々、谷屋さんと濱本さん飲み仲間なんで、二人で熱い抱擁交わしてたよ。
谷屋さんに濱本さんのケミカルマスター観てもらいたかったなあ。
横田さんは日曜なら観れるって言ってたし・・・。

誰にも勝ちたくないし負けたくもないけど、なんなんや。
観てもらいたいという純粋な希望が叶えられないのは。
それは皆背負ってるもんやと思います。

とにかくこの期間中の思い出は皆の賄い作ってた時間の方が長い。
毎日3品出していた・・・まあ私にとっては日常のことなんですが。
たぶん振り返ってもそれしか思い出さないと思います。

楽屋で皆で食べた晩御飯は本番同様楽しかったですよ。

あ、それから表彰式で優勝劇団お祝いしにいったら
準決勝まで行ったステージタイガーとトランスパンダは
「30✕30 火曜日のゲキジョウ」の今年の部の無料参加券を貰いました・・・。
うーん、なんなのなんのフラグこれ?

画像は谷屋そっちのけで頑張ったステージタイガー虎本さんとこの後エクステを取りに行った人。

CIkzI2vUkAE4_6f


transpanda at 22:45|Permalink トラパン | ケミカル・ブラザーズ