2012年11月03日

一緒に歩きませんか。

すっかりご無沙汰しましたが皆さんお変わりありませんか。
あたしはおかげさまで元気にしています。

一昔前のコミュニケーション手段としては手紙や電話が一般的でしたが、瞬時に世界とつながるインターネットや携帯電話の普及に伴って、メールをはじめ様々なコミュニケーションツールができましたよね。
このブログもその一つであるわけでして、ひところは熱心に記事を投稿しては読者の皆さんと話題を共有してきました。
でも、ブログはそのほとんどが覆面と言いますか、己のプロフィールを隠して世間に公開するせいか、記事やコメントには結構いい加減な無責任さが付きまとう代物です。
しかも、何かしらのコメントをいただいたらお返しにそこを訪ねてコメントを残さないといけないみたいな義務?が付きまといますし気安いお付き合いはなかなか大変です。

そこである時期からは、通りがかりのお方にひと時立ち止まっていただいて記事を読んでいただくだけでよし。とするべく、「ログイン」の手続きを踏まないとコメントできないようにした次第です。
つまるところ、コメント無用ってわけです。
このログインの方法って、私自身やり方が分かりません。 ははは。。。

以上はあくまで私のブログに対する思い込みですのでお聞き流しくださいませ。

携帯電話を年初にスマートホンに取り替えてからブログへの執着が薄れていったのですが、そのわけはフェイスブック(FB)に参加したせいでもあります。

このFBって、自分の本名や経歴などプロフィールは基本的に公にしなければならないという大原則があります。
ですからFB上での友人は素性が知れているし、責任あるお付き合いができるし、嘘を書いたり誹謗中傷なぞできません。(やろうとすればできるかな)
なんとなれば、気に入らない性に合わない方と友人にならなければいいわけで、その方をブロックすれば済みます。
言ってみればブログは誰もが制限なく意見や考えをWEB上の「世間」に公開できるが、FBは仲間内だけの井戸端でワイワイやってる、そんな感じですかね。
私がFBを気に入っているのは、友達はプロフィール公開して自身を晒け出していて気取ったところがない、顔写真なぞもブログみたいに変にモザイク入れたり「変装」したりしないで公開してくれるのがいい。
だって、FBは仲間内だけで楽しむ仕組みが一般的だからね。
しかし、あたしは制限を設けず大公開してますが(笑)。。

FBでは、あなたの友達ではありませんか。と友達候補リストがずらりと並びますが、上記の理由で顔写真や基本的なプロフィールを公開していない方はなんだかうさん臭くて、友達にならないことにしています。(キッパリ!)
だからあたしの友達は少数限定。。 もっとも、私の年代でFBやっている人は稀でしょうから、妥当な友達人数かな。。(笑)

またまた最近はまっているのがLINEです。
先月釜山へ行った際に向こうの知人にLINEなるものを教えてもらい、早速スマートホンにダウンロードして楽しんでいます。
設定当初は友達リストに子や嫁、親戚筋、友人知人、会社や顧客などなど40人ほどの名が現れた際はFBの設定時同様驚きましたな。
さすがに会社顧客関係者はブロックして、ほんの一握りの方々と会話や写真の交換を楽しんでいる次第です。


話は飛躍しますが、
2012年もあと2月を切り、先ごろ年賀状が発売された様子がニュースになっていました。
月日が過ぎるのは早いものですね。

私が銃を捨てて歩きに目覚めたいきさつは読者の皆さんはよくご存じだろうと思います。
すっかりウォーカーとして日々を過ごしています。(笑)

で、ご興味が湧けばご一緒にどうかと思い、これはというイベントを数件紹介いたします。
現代人にとって歩くことの楽しさを再発見させてくれるイベントかと思いますのでご一考くださいませね。


DSC02497ご夫婦で散策気分で都内を歩きませんか。







DSC02496汽笛一声ウォークは全国のウォーカー注目の年末行事です。
例年の楽しみは、ゴール記念で頂くどら焼きを肴にビールを飲むことなのですが、今年は20回記念イベントということで大いに盛り上がるのではないかと思います。



DSC02495歩き納めの最後の大イベントは山手線一周40キロを歩きます。勿論ショートコースもありますぜ。
こちらも50回目の節目の大会ですから全国から愛好家が参集することでしょう。



これ以外にもさまざまな大会がありますが、上記は私が恒例行事で歩くイベントです。
皆さまと行き会えば幸いです。

trapgun100 at 20:36|PermalinkComments(0)

2012年07月22日

?とか!な話−

このところフェイスブックに凝ってしまいすっかりご無沙汰でした。
久々のアップです。。
いつも訪ねてくださってありがとうございます。  古い画像もあるけど許してね。 ぅっふん。。

2012-03-18_五霞ホンダ五霞HONDAではDAIHATSU車しか売っていない。



ヤナセのダイハツ販売店このヤナセではDAIHATSU以外にベンツの車は見当たらない。






2010-10-12-26_元祖、佃煮元祖佃煮(つくだに)屋さん。

お隣は本家佃煮屋さん。 2010-12-26_本家、佃煮









52012-05-12_かみつけ旧中山道を歩いていて発見した看板。
すれ違いざまに咬みつかれたらどうしようかと、人をさけて歩いたドラキュラが住む町? (笑)

この町に住む人の名誉のために解説:関東平野の奥どまりにあたる群馬県あたりは、その昔上野(かみつけ)と呼ばれ武士が群がり出た地です。ちなみに下野(しもつけ)とは栃木県あたりの旧国名です。

2010-12-12_本郷、かねやすで、日本橋を発った旅人は本郷で賑やかなお江戸に別れを告げ、中山道を下って板橋宿を目指したのです。





2011-05-11_1715たばこ屋こちらは旧東海道を歩いていて発見したタバコ屋さん。右から読む文字はなぜか懐かしさを覚えます。





2011-06-19_鹿児島でちゃんぽんを食べた店こちらはJR鹿児島本線終着の西鹿児島駅近くのラーメン屋さん。
ショーケースの器のドデカさにつられて立ち寄った。 味もビッグでしたぜ。。

DSC01250こちらは中国・北京の繁華街で見かけた焼き鳥屋、というか、焼き虫屋?
生きたサソリにイモムシ、ムカデ、タツノオトシゴ、ヒトデ、セミのサナギ?の串焼き、、、
さすがに食べられませんな。。。



DSC00907で、こちらは韓国済州島で見かけた特産品店。
漢字で紀念品とある、文字に重厚さがあってインパクトがあるな。。


ピストル広告明治時代の新聞広告。
拡大してお読みくださいな。。




というわけで、今回はこれまで。。。





trapgun100 at 12:53|PermalinkComments(0)

2012年05月15日

Jejudoへかーちゃんを連れて行くんじゃなかったと後悔した話

あたしと韓国とのつながりは30年以上前にさかのぼり、以来数えきれないほどかの地を訪ねました。
お蔭さまで大勢の友人知人にも恵まれて今日に至っています。
ところが今回訪ねた済州島(Jejudo)へは初めての訪問でしてね、漠然とした感覚では長崎県五島列島のちょっと西の先に浮かぶ小島程度の認識でした。

何故Jejudoなのかと言いますと、、
皆さんご存じのとおりあたしは暇を見つけてはウォーキングを楽しんでいます。
若かりし20代は山登りを楽しんでいましたが、クレー射撃に狂ったりしましてね、以降すっかりご無沙汰と相成りました。やがて射撃競技には致命的な利き目を失明してしまい銃の所持を断念。初老の境に至り再び歩くことに目覚めて方々を歩いているのです。
オルレコース図あるときJejuにはさまざまなロケーションを背景にしたオルレキルと言う田舎道が整備されていて、老若男女がこぞってトレッキングを楽しんでいる、しかも島にそびえる漢拏山(ハルラサン)は韓国最高峰(1,950m)を誇りながらも山頂への道はよく整備されている事を知り、私もぜひそこを歩いてみたいと思ったのでした。
先年筑波山(877m)への「単独登頂」を果たして満更でもなさそうなかーちゃんに一緒に行く?って訊きましたら二つ返事で済州島トレッキング旅行が決定したのでした。
DSC00890島の歴史や文化を含めてオルレやハルラ山のことどもをあれこれと調べますと、かつては沖縄と同じく独立国であったこと、過去には我が国との不幸な一時期があったにせよ、日本とは深い関係にあること、何より女性の経済的な自立心が昔も今も強いことなどを知り、かの島への思いを改めた次第です。

そんなこんなの準備万端整えて初のJejudoへ向かい、波乱万丈のドラマが展開されたのでした。

DSC00889旅行中の天気予報は・・
普段の行いが良いせいか? すべて雨マーク。
自然現象には逆らえませんが明日の好天を祈願して釜山の友人に教わっていた名物だという黒豚料理を食べに行ってお天気祭りを挙行!
ハルラ山の湧水を使った焼酎?で「あーした天気になーれ!」。
肉も酒もあっさりとしてたらふく食べて飲んで、旨かった! げっぷ。。

DSC00894翌朝、ホテルの窓の外は時折小雨が交じる曇天。遠くのハルラ山を窺うと雲に隠れてゆく手を阻む様子です。
しかし意を決して城板岳(ソンパナク)登山口へ。。。
ここは素人でも登り易く整備されたコースということだが、厚い雨雲にかすむ登山道入口でたじろぐも、先行するトレッカーの雨合羽姿に励まされていざ山頂目指してGO!!

DSC00898歩き始めるもゴツゴツした火山岩で出来た山道は雨の滴が集まって川の中を歩いているような有様で、元気良く歩いていたかーちゃんの歩みも止まるばかり、、ふぅー。。
後から続く登山者に次々に追い抜かれ、ついに「足が痛い」 無人休憩所で動かなくなっちゃた。。
まさかかーちゃんを捨てて一人で登る訳にも行かず已む無く登山を断念、引き返したのです。
かーちゃんを先に立たせて歩くのですが、ここでも次々と追い抜かれる始末。連れて来るんじゃなかった。と、いたく後悔したのです。

DSC00909Jeju市内へ戻ると雲間から薄い日差しが時折差し込む程度の雨模様というなんとも面妖な雲行きの中を海沿いに整備されたオルレ第18コースを歩く事にしたのです。
しかしながら疲れきって空腹状態のかーちゃんを連れまわすのも忍び難く、ここも途中で打ち切りとしてホテルへ戻ったのです。。

DSC00916Jejuは海鮮料理が安くて美味しいと訊いていましたから一風呂浴びて市内を散策、店先に生けすがある料理屋の中をのぞくと夕食時だというのに誰も客がいない。。
なんか怪しいなと思いつつ店員らしき少年に「日本語メニューはあるか?」と訊くと、?? 返事がない。。 
店先の写真を指差して「これ食べたい」・・・、? 少年は頭抱えてブルブルチンプンカンプン状態。。
あたしのハングルが不明らしい。。
Jeju訛りのハングルでないと通じないのかな、なぞと思いつつ(←そんな訳ない、発音が悪いだけ!?)店を出たら女性の声が呼び止めた。
「お客さーん、どうぞお寄りくださーい!」
店員から訳を聞いたらしく慌てて女将が飛び出してきた按配であった。
昔チョットだけ勉強したという日本語だが(女将談)、たどたどしくも丁寧に店に案内され女将お薦めのアワビやサザエにハマグリやエビにタコなどがどっさり入った魚介鍋を頂いた。旨かった!
締めはシコシコと歯ごたえ絶妙な味わいの麺を堪能した。。。 これも旨かった!
帰る頃になるとガラガラだった店内は満席になっていました。

DSC00914勘定はと言うと、、、3人前と言う大鍋に仕上の麺とビールに焼酎、マッコリ各1本。締めて5万5千ウオンだけど5万ウオンでいいって女将がおっしゃるからあたしゃ気前よく6万ウオン置いてきた。なんとも気分のいいホテルまでの夜道でした。
もしJejuに行かれるなら是非お出でなさい、絶対お薦めの店です。・・・ぁ、店の名前忘れた! 女将の名は覚えているんだけんど。。
確か、「ハルコ」さんとおっしゃいましたな。 わっはっは!


翌朝、前夜の鍋を囲んでのお天気祭りも空振りでして、激しい雨が降っている。
乗り込んだタクシーの運ちゃんに地図を差し出して行き先を告げると、雨なのにオルレを歩くのかって呆れられる始末。
DSC00919一時間半ぐらいで着いたのは始興(シフン)初等学校(小学校)正門前。ここがオルレ第1コース15キロのスタート地点なのです。学校でトイレを済ませてイザ出発!

DSC00920オルレを歩くには標識、それは画像の青いカンセ(小馬)や岩に描かれた矢印や、木の枝に結んである青とオレンジのリボンを見落とさないように歩けば道に迷うことはありません。


DSC00922遠くに先行する2.3のグループが見えていたがあっという間に見えなくなっちゃいまして、かーちゃんを励まし元気よく歩き始めたのはいいが、激しく降る雨が滝のように流れ下り、行く手を阻まれ前途多難な予感が・・。

DSC00925Jejudoにはオルムと呼ばれる小山が400近くあるのだそうで、1コースでは2つのオルムを越えることになります。天候さえ良ければ山頂からの眺めは素晴らしいことだろうと思いつつ、突風に吹き飛ばされそうになって歩みが止まる「宇宙人」を励まして進むのでした。
その後、あとから追いついた6人ほどのパーティーに「どこから来た?」って質問を受け、日本から来たって言ったら「ジャパニーズ?!」仰天されちゃいました。
いえいえ、恐らくあなたらと同じ事情だと思いますが、雨だろうが嵐だろうがどうしても今日歩かないといけないんです。。。

DSC00927山を下ったと思ったら膝まで浸かるような冠水した道路を必死の覚悟で渡ったり、さすがに気分は凹みます。
村落は人っ子一人見えず、体正面に激しい海鳴りを受けて進むのでした。

DSC00928海べりの道は雨粒が激しく体を叩いて容易にまっすぐ歩かせてもらえません。
ついにかーちゃんが泣き言を吐きました。「足が痛いの、、もう歩けない、、、」

DSC00932こんなところで歩けないって言われてもな~、、、。
4,5キロ先には夢にまで見た城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)が見えてるというのに、、、ガックリ。。。
おっ!かーちゃん、あと1キロ頑張って歩け! あそこに見えるのはきっと食堂だぜ! 雨にかすむ視界の先に明かりが灯った家が見える。。

DSC00929食堂?
それを聞いたかーちゃんは雨で曇ったメガネの奥で俄然目が輝いた。
たどり着いたのは海女食堂。
大ぶりのどんぶりに盛られた温かいアワビ粥が空きっ腹の胃の腑に浸み込んで人心地ついたのでした。
以前釜山で食べた粥と違って大きなアワビがたっぷりと入って1万ウオン、安い! どんぶりの底を舐めるように食べちゃいましたとさ。

そんなこんなで、今日もかーちゃんの体力の限界と言うわけで昨日に続いてオルレ制覇は中止と相成り帰還したのです。。
ああ、かーちゃんを連れてくるんじゃなかった。。。

DSC00934ホテルへ帰り着いても雨は止まず、夕食は道路を隔てた向かいの食堂へ行き、太刀魚(たちうお)の塩焼きを頂いた。勘定は1人前6万ウオン! ひぇーっ、ピッサヨー!!(高い!)
帰りの空港売店でも売っていたけど、かなりの値段でした。
あたしがガキの頃は太刀魚って結構な頻度で食べていましたが、、、今じゃ高級魚の一種なんでしょうか。
かーちゃんはというと、流石に疲れたのか食欲も失せてスープをすすったきりでご馳走さまと相成りました。

DSC00935いよいよ帰国の朝、ホテルの窓から見えたハルラ山の山頂。
次の挑戦はいつになるでしょうか。。。 
今度はかーちゃんは絶対に連れて行かない! ⇐キッパリ!!
徐々にお日様が照ってきて絶好の「帰国日和」。悔しい。。
フライトまでたっぷり時間があるから、タクシーを半日チャーターして市内観光へ出かけたのです。
ところがですね、かーちゃんは昨日の難行で体を冷やし過ぎたのか疲れたせいか、トイレを行ったりきたり。。。折角の市内観光はトイレ観光となった次第。
DSC00950天候さえ良ければハルラもオルレも制覇して、城山日出峰をバックにこんな写真が撮れたはずなのに・・
しかもかーちゃんはトイレに通い詰めてかわいそうに・・・。

余談です:
DSC00966市内の名所(と言っても大した所はないけど)はどこもかしこも中国人観光客が大型バスを連ねて闊歩して大変なにぎわい様でした。
「昨今の日本人観光客は殿方はゴルフ、ご婦人は韓流ドラマロケ地巡りが主流だが、中国人の多さには敵わない。せっかく日本語覚えて商売してたのに、今更この齢で中国語を覚えるのはしんどいなー、もうあきまへんわ。もっと日本人に来て欲しいよ」とタクシーの運ちゃんがぼやいていました。
市内や空港免税店では中国人目当ての商品(電気炊飯器など)を揃えて、勿論中国語が話せる店員を置いていましたぜ。。


DSC00962お昼は石焼ビビンバを・・、絶食中のかーちゃんには悪いけど、美味しかった(笑)
よくよく考えると、かーちゃんの症状は昨日某店で食べたカニに中ったのではなかろうか?
あたしや外国で食中りで死ぬ思いをした経験をしているので、魚介類は火を通したものを頂くようにして、生ものは極力避けるようにしています。今回もおまけで出されたカニには箸を出さなかった。。。きっと原因はこれでしょうな。。

DSC00971帰りの飛行機ではかーちゃんったら水も食事も我慢して必死の覚悟でいたらしい。
だってトイレには一度も立たなかった。 偉い! ぷっ(⇐笑い)
ぇ? あたしはかーちゃんの分の機内食の夕飯を頂いて満腹。。。
わっはっは!

2012-05-01_点滴ところがです、、、
帰国後、かーちゃんの体力は見事に回復したけど、2週間後にあたしがダウンしちゃいましてね。。激しい下痢でトイレから立ち上がることができなくなっちゃった。
どうやら食いあわせが悪かった? 日中何とかガマンしていたが締め上げるような腹部の痛みにたまらず救急病院へ、、水分垂れ流しの脱水症に陥って一晩お泊りと相成った。

これでかーちゃんの事を笑えなくなっちゃいました。 とほほ。。

2012-05-12_点滴の痕その後2週間が過ぎたというのに腕の点滴跡がなかなか消えず、体調も今一つはかばかしくない。。
・・もしかしてこれって五月病?(⇐完璧に勘違いしている)

しかしです、今回の旅行が団体トレッキングツアーだったら同行の皆さんから大ヒンシュクを受けていたことでしょう。。
次に行くときは、かーちゃんは絶対に連れて行かない事を心に誓って長々とした済州島旅行顛末記を締めさせていただきます。
わっはっは!

trapgun100 at 19:50|PermalinkComments(0)

2012年04月25日

?とか!な話-

2010-12-29_日本一の赤パン一体赤パンツの何が日本一なのだろうか。。。
(おばあちゃんの六本木、巣鴨商店街)





2011-05-13_1419日本一のうなぎこれもよく分からん日本一。
うなぎのどこが日本一なのだろうか?
長さ? 太さ? 生きのよさ? それとも味の旨さ? 
(滋賀県大津市)


2010-05-23_日本一の豚汁鍋これは分かり易い、鍋の大きさが日本一!
(茨城県下妻市)




2011-11-26_へぎそば(文京警察前)どんなソバなんだろうか・・・。
(東京文京警察署前)



2011-10-29_向島2丁目付近の中華と洋食看板メニューを見てみたい。
(東京向島2丁目付近の食堂)




2012-02-19_井之頭公園内の顔面紙芝居これは是非見てみたい!
(東京・井之頭公園)


2011-10-29_百花園内の売店ポスター(地サイダー)いわゆるご当地物の地域限定サイダー。
皆さんは呑んでみたい?
(東京・向島百花園)




2010・01・24これって「お」?な話JRホーム上で見かけるマーク。ハングルでは「お」と読むのだがどんな意味があるのだろうか・・。
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。




2012-01-07_借金のCM借金をあんたらと一緒に始めたくなんかないぜ!
こんな安易なMCがはびこるから、サラ金地獄に陥って生活に苦しむ人が後を絶たないのだ! プンプン。。
(JR車内広告)





2012-01-01_ウコンなのにうまい!、JR柏駅ウンコがうまいと読んでしまったアホなあたし。。ははは。。。
(JR常磐線、柏駅)


2011-12-04_不偏の和(新治駅前)不倫の和」・・?
なんておおらかな街だろう、「ここに住みたい!」と願望した完璧バカ。。
(JR水郡線、某駅前)





2011-05-10_1158四日市宿街路看板マンコ焼きとな? 
ううう・・うまいのだろうか??? 
食べてみたい。。。
(三重県四日市)






2012-03-17_日比谷公園トイレの落書きションベンしながら書いたんでしょうか・・・?
ひまなヤローもいたもんだ。。。
ぇっ?! あたしが落書きしたんじゃありませんぜ。。
あたしはションベンしながら写真を撮っただけです。 ははは
それにしてもあたしのしなびた粗チンが写り込んでいなくてよかった! ホッ。。。
(東京・日比谷公園の公衆トイレ)





今回はここまで。。。

trapgun100 at 18:09|PermalinkComments(0)

2012年04月06日

女の子の話

2012-03-30_梓からのプレゼント (1)中学生の姪(めい)が春休みにディズニーランドへ行ったらしく、「おじちゃんへ」って、テーブルの上に土産がさりげなく置いてあった。
へー、私に土産を買ってくるなんて珍しいことだな。。
姪から何かを貰うのは・・・えーっと、、、バレンタインの義理チョコぐらいかな??
まぁ、あくまで義理チョコだから下心は見え見えでして、数倍のお返しを期待してのことだろうと解釈して、「世の中甘くはないぜよ」ひとりほそく笑みながらビールのつまみに甘いチョコを食べることにしている。 ははは。。。
で、姪ご期待の3月14日はほとんどスカですな。
わが娘の〇子ちゃんなんかとっくの昔に「お父さんにチョコあげてもなんにもお返しがないからあげない!」って宣言されて、今年もなんにももらえませんでしたな。 とほほ。。。。
お返し物を計算するような娘に育てはつもりはないんだけれど、ケッコウ結構、見返り期待のプレゼントなんかあたしゃちっとも欲しくありまっせん。。(ええ、絶対に!)

はてさて、今回のディズニー土産であるサラミソーセージにチョコビスケット(サラミが特別珍しいわけでもないが、なんとなくネズミ肉?でビールのツマミにマッチしておいしゅうございました。)の裏側にどんな魂胆があるのか腕組みして考えた。。。

はは〜解った、
もしかして姪はこの春高校へ進学するんだったっけ?!
いつだったか「おじちゃん、県立に合格したら一眼レフカメラ買ってくれる?」っておねだりされたっけ。。。(汗)
一眼カメラだなんて、ばか言うんじゃありません。
あんたが県立だろうが私立だろうが市立だろうが国立だろうが、外国だろうが、何処の高校へ行こうとあたしゃ知ったことじゃありもはん(関係ございません)って、きつく拒絶したはずだが・・・?
ディズニー土産で目くらましのたくらみがあるのかな???

まもなく入学式もあるだろうし、進学祝いはどうした? 
気になってかみさんに訊くと、大枚の祝い金を渡した上に、おねだりの電子辞書を買ってあげたそうな。。
げっ! 電子辞書? そうなの? あんなのすぐに飽きて引き出しの肥しになりますぜ。。
えっ? 最近の子は紙の辞書引けないから電子辞書は学校指定だって?? へーっ。。。
しかしなんです、わたしに断りもなく、、なんて太っ腹なかーちゃんだこと。。
わっはっは!(またまた汗)
ところがです、 姪はどーしてお祝いもらった金品の出所である私にお礼を言わないのだ??

しかもささやかなディズニー土産であたしを感激させて、重ねてのお小遣いか進学祝いの品をたくらむ姪に、 いやいや、かみさんがあげたお祝いの金品へのお返しかもしれないサラミとチョコかも? なぞと勝手に決め付けているGなのです。

考えてみると、独断の偏見かもですが、
女の子は幼い時分からおねだりの術を体質的に身につけて育っていくんでしょうな。。。
大人になってそれが功を奏すれば「玉の輿」
つまずけば詐欺女として「塀の中」
わっはっは!

あたしの誕生日に届いた姪からのプレゼントはこれ⇒2012-03-30_梓からのプレゼント (2)
「おじちゃん進学祝いありがとう」って持ってきた。
あたしゃ心を込めて書いてくれたであろうこんなプレゼントが大好き!
わっはっは! (うれし涙・ぐすん)


trapgun100 at 22:10|PermalinkComments(0)

2012年03月20日

少年の夢の話

皆さんは子供の頃は将来何になりたいと思いましたか?
それは実現しましたか?

2011-03-15_石垣島商店あたしは医者になろうと思いました。
しかも外科医に、であります。チョット、、、笑わないでくださいな。。
脳外科医の活躍を描いた米TVドラマ「ベン・ケーシー」に影響を受けたわけではありません。
ちなみに夏みかんのような顔のケーシー高峰さんは芸名にケーシーって名付けたくらい影響を受けて漫談家になっちゃったお方です。
脈略もなく掲載した画像は、昨年訪ねた石垣島で発見した松山容子さん。ほんなこつなつかしかー!(なんて懐かしいことだろうか!)
少年の頃、松山さんはボンカレーやオロナイン軟膏のCMに出ていらっしゃって、あたしゃこのお方に惚れていました。。。 ホント なんて軽薄でほれっぽい男なんでしょう~~ わっはっは!

働き盛りだった父が仕事場で災害に遭ったり内蔵疾患で手術を受けて入院して、その度に父の様子を看に病院へ行った。
父を救ってくれた外科医の風貌には威があるがしかし、優しいまなざしと柔らかそうな手がまぶしくて子供心に「よし、自分も医者になって人助けをしよう!」 激しく思ったものである。
しかしながら、医者になるには頭がべらぼうに良くなければなれないんだよと、消毒臭くさいベットに横たわる父があたしのイガグリ頭をゴツゴツした掌でナデながら諭した。
勉強嫌いなぼんくらが、秀才揃いの医学校へ行って莫大なお金と時間を費やした果てに免許試験を受けねばならないと知り、あえなく挫折。

次に考えたのは床屋さんになること。つまり散髪屋さんですな。
これなら人様のオツムをきれいにして「あー、お蔭さまできれいさっぱりした」と医者と同様に感謝されるだろうし、会社勤めと違って定年はなさそうだし、人類が滅亡しない限りは一生お金が稼げるだろう。と、単純素朴に考えた。。
しかし、理容学校なるものがあってそこへ通って免許試験を受け、しかも丁稚見習いがあるそうな。。
簡単にあきらめた。というより選択肢から外した。

はてさてG坊やは将来は何屋さんになろうかと思い悩み、職業紹介本でも立ち読みしようと取り敢えず本屋へ迷い込んだのです。
何気なく店頭に置かれた原田康子著「挽歌」を手に取り、パラパラとめくって流し読み。結局はそれを買って一晩で一気に読んだ。
北海道釧路湿原をジープで駆け巡る建築家とヒロインとの許されぬ恋物語。。。。

建築家はカッコいい! 車にも乗れる。しかも、というより、もしかしたら不倫もできて〇〇〇にも乗っかれる?
G坊の将来の職業はこれで決まったのです。 完全なアホです。。。


ええ、オンナにもてたいがために、更に〇〇〇に乗っかるために建築家になろうと大嫌いな勉強も沢山しましたぜ。。
著名な建築物も各地を見て回りました。わっはっは!

日夜、徹夜の勉強の甲斐あって? 建築家とチョット趣は違うけど見事、東京〇の〇に本社を置く某ゼネコンに入社できましたとさ。

入社後も大嫌いな勉強の甲斐があってか? 建築士免許も取得でき、ようやく人前で「おいら技術屋でござい」と言えるのがなんとなく嬉しかった。

後年、社の先輩と会話していましたらね、小説「挽歌」って知ってるかって訊かれた。
ええ、勿論知っていますとも、ベストセラーになりましたよね。
あのモデル、オレなんだぜ。当時釧路でジープ乗り回してたのオレしかいなかった。「原田さんはオレの凛々しい姿を見て物語が閃いたんだろうな。。」なぞとうそぶかれる。
げーーっ、ホント デスカ?! 
で、不倫しましたか? 乗っかりましたか? ナンテ、大先輩に向かってそんな失礼な質問はできません。 デモ、キキタイ。。
先輩はこっそり明かしてくれました。「当時建設ブームに沸く釧路や旭川や札幌、小樽、函館中の飲み屋を荒らしまわってホステスに大もてだった」って豪語なさった。ウラヤマシイ・・・。。

あたしが建築に関わるきっかけとなったのは「挽歌」。 なんとそのモデルさんが目の前に立っている?!
人生の巡りあわせ、不可思議さを思ったものです。。

結局のところあたしは「建築家」にはなれなかったけど、「建築屋」として各地にビルや工場やマンションを建てる仕事に携われた。私が大いに誇りとするところである。
しかしながら昨今の建築士はある事件をきっかけに、昔ながらの土建屋程度の胡散臭い印象しか持たれなくなった風潮がいささか寂しい。

不純な動機ではあったけどささやかな少年の頃の夢が叶って時が過ぎ、今の自分は仕事の大舞台から降りてしまったが、過去に手がけた「作品」はきっと人様に喜ばれ風景の一部として溶け込んでいることだろうと自らを納得させているのです。


利根川の飛行場さてさて、
私がよく歩く利根川や江戸川沿いには大小の飛行場がありましてね、空には爆音をとどろかす様々な飛行機が飛び交っています。
とはいってもおもちゃの飛行機なんです。 おもちゃなんて言ったらお叱りを受けるかな? なかなか見事な飛行機です。
飛行場設備は様々で、滑走路は勿論、駐機場? 管制塔? 整備場? 搭乗ゲート??などが整備されているが必ずあるのは吹流し。これで風向きをみて飛行の按配を計っているんでしょう。
で、愛機を操る「パイロット」はあたしみたいな初老というか中年というか紳士?というか、年配のおじさんが多いように見受けられます。
人生功成り名を遂げ、或いは挫折し、或いは悲哀を噛み締めて第一線を退かれ、蓋世の人望を得るでもなく、小市民ではあるが一切の束縛から解き放たれたであろう晩年を我がやりたいこと思うことに費やそうという雰囲気が漂い、叶わぬ夢だった大空を自由に飛ぶことを愛機に託してここに集っているのでしょう。
操縦かんを握り、或いは寛ぎ語り合うおじさんたちの目は、きっと少年のようにキラキラと輝いていることでしょう。
おじさんたちにカンパイ!

trapgun100 at 05:33|PermalinkComments(0)

2012年03月14日

食べ物の話

2012-03-13_福島のどら焼きネットでニュースを読んでいたら、高速道路のゴミ箱に福島県産とおぼしき野菜や菓子などの土産物が手つかずのまま捨てられているとの記事に、震災で発生したがれきの受け入れ拒否を公然と述べてなかなか移送先が見つからないとの報道や、福島というだけで拒絶反応を示す事象を思い重ねると、日本人って一体どのような本性を隠し持っているのだろうかと心が重たくなった。
震災直後の日本人の振る舞いに世界中から激励と賞賛の言葉をもらったが、あれはきっと人を欺く偽りの姿なのかもしれない。
「絆」をこぞって合唱するが、メッキが剥がれた言葉が気恥ずかしい。。

勤め先の同僚は親族が被災されて亡くなられた。
彼は福島での3.11の追悼式に列席。帰ってくるとあたしの好物のどら焼きを土産にくれた。
ビールのつまみにありがたく頂いた。
昨年は実りの秋に福島からおいしいお米が届けられたっけ。
米作りの労苦をおもい手を合わせていただいた。
とってもおいしかった。

trapgun100 at 05:33|PermalinkComments(0)

2012年03月03日

?とか!な話−

白昼発見した看板
2011-07-16_変な看板、南千住付近え?! これ「スナック」って書いてある? 
あたしには「すなしく」としか読めない。。これは某国のイカガワシイ街角で見かける、助平な日本人目当ての看板ではありません。れっきとした日本国です。
ちなみに、3000¥の円って、こうは書かないよ。。
安いつもりで入ったら、一人当たり3万円請求されるかもね? ははは。


2011-09-18_岩根山つつじ園の駐車場看板駐車場の案内看板。 
これってサ、有料って書いてある??
「、」が多くない? ⇃って跳ねないしね・・・
で、500の横を虫眼鏡で見るとサ、万円って書いてあってサ、
こわもてのお兄さんがのっそり現れてサ、500万円請求されるかもサ、、 おーコワ。。。


アストモスガス明日灯すガス? それとも明日点すガス?
明日しか火が点かないガスって・・・役に立たないよ。。。




2010-11-21_24時間働けますか働けるわけないっしょ!








2011-09-27_たべるな(新宿御苑裏、代々木側の通りの店)お腹空いてるのに困ったな。。。







炙りバー(春日通り文京三丁目付近)スツールに座った途端に尻を炙られてヤケドしそうだな。。。





2011-05-10_1158四日市宿街路看板マンコ焼き?
・・・おケツに続いて、  ポコ、ヤケドしちゃったらサ、、、
目もあてられまへんな。。。 

のーこめんと?。







きょうはここまで。。。わっはっは!

trapgun100 at 20:18|PermalinkComments(0)

2012年02月24日

?とか!な話−

今まで撮り溜めた「ぇっ?!」とか「ん?」とか、気になる画像を数回に渡って不定期で連載します。 
過去に発表したものやフェイスブックに載せたりして重複するものもありますからご容赦くださいね。。

先ずは第一弾。。。

DSC00291インスタントラーメンが誕生したのは1958年、日清食品の「チキンラーメン」だそうな。
ガキだったあたしはTVコマーシャルで映るラーメンを狂喜して食べました。(ラーメンの凹部に落とす卵は病人ぐらいしか食べられない貴重なものでしたから、卵抜きチキンラーメンです)
袋入りのインスタントラーメンが25円の時代に銀座の歩行者天国で街頭販売され爆発的に売れたのが「カップヌードル」 1個100円だった。
貧乏なあたしには高級過ぎてめったに買えなかった。 
しかし40年後、こんなに沢山買えるようになった。(笑)
ヌードルをごっそりと買い込んできたあたしを見て、かみさんは「だれがこんなに食べるの?」、気が狂って熱でも出たのかとあたしの頭に手をやった。
わっはっは!。。。

2012-02-11_ミニカップヌードルしょんなかですけん(しかたないですから)ミニサイズのヌードルを久しぶりに食べてみた。
案外と具沢山でさっぱりとした味付けのスープに満足してうなずいた。
「うまい!」 わっはっは!


インスタントラーメンは今や海外でも作られ食べられていますが、日本の国民食、日本文化そのものですよね。






2011-12-28_サプリメント年を重ねると体のあちこちがきしみ始めましてね、そこで呑み始めたサプリメント。(医薬品じゃなくて健康食品だから、正確には「食べる」と表現しなければいけない?)
これらはひざや腰の痛み解消、肌の潤い補給、便通改善に効果があるらしい。。
で、効果のほどは、、、 よく分からん。 わっはっは!

2012-02-04_脂肪を落とす漢方薬健康診断で測ったあたしの腹周りは男性の適正サイズ85僂魴擇オーバーして89僂發△辰拭
昔のズボンが穿けなくなるわけだ。。
車内吊り広告で見かけたこの薬はイラストの通り下腹だけを狙って脂肪を落とす効果が抜群なような気がして、下車するとふらふらと薬局に吸い込まれこの袋をつかんでいた。。
呑み始めてニ三日も経つと時所を構わず便意を催して落ち着かないこと甚だしい。。。
却って体調不調に陥り、呑むのを止めた。。。。
腹のサイズは変わったかって?  ・・90冂兇┐燭な? わっはっは!

2012-02-23_サプリメント新たに買い込んだビタミンミネラル補給サプリ類。。
「はっきり」というネーミングの「食べ物」は片目失明状態のあたしの目にバッチリと言うか、ハッキリと効きそう? 
わっはっは!





DSC08337           一番長い期間「食べて」いるのはこれ⇒
あたしゃDHCの回し者じゃありませんが、「らくらく」のタイトルイラストを考えたお方は偉いと思いますぜ、、 だってね、あたしによく似た男がひざを痛そうにしている図に天からこれ呑むと「楽々」になるよーってささやいている。。。年寄りは絶対に狂喜して買っちゃいますぜ。。 
実例はあたし。。。 わっはっは!


総括
結局はですな、こんなものに頼らず、且つインスタント食品やコンビニ弁当やファストフードに偏らず、一日三食、主食・主菜・副菜を栄養バランス良くいただくのが一番なのでしょうね。
わっはっは!


trapgun100 at 19:47|PermalinkComments(0)

2012年02月08日

中てる話

謝の意味突然ですが、「きしゃがきしゃできしゃした」って、どんな情景かわかりますか。
「記者が汽車で帰社した」と漢字まじりで書けば同音異義語もそれぞれの意味をもった言葉となります。

漢字「天声人語」漢字はご存知のとおりそれぞれが深い意味を持っていますから、日本語を書くという作業は誠に難しい。


文字を書くのも、近頃は手書きすることはめったになくなりパソコンで「作る」のが一般的になりました。
年賀状でさえ表も裏もパソコン印刷で作れちゃう。(但し、あたしは年に一度の年賀状の表書きは悪筆を省みず、手書きで心を込めて?書いていますぜ。わっはっは!)

昨今のパソコンは結構賢くなって文脈を読み取って漢字変換がかなり正確になりましたが、ままへんてこな文章になる。
公式文章などに変な当て字を使うと国語力を疑われかねないから、どの字をあてるか迷った場合は辞書を引くなどして確かめたほうが賢明ですな。

漢字復権・韓国例えば、選にあたった場面では「当」の文字をあてて「選挙に当選した」「宝くじに当った」と書き、
「標的を狙ってあてる」とか命中させるような場面は「中」の文字をあて「狙って中てる」とか「毒に中った」と、一般的には書きます。
では「当」「中」どちらの文字を「あてる」のか、、、。
この場合は充当させる意味を持つ文字「充」を使って「借金の返済にへそくりを充てる」などと書きますね。
ホント日本語というか漢字は難しい。←実はこの文章は助詞である「て、に、お、は」を省いています。
正しくは「本当に日本語は・・・」と書かないとお叱りを受けかねない。

話は変わって、
先日、九州・福岡在の悪友から電話がありました。
いきなり「おー、お前 死んでんじゃないの?!」
返事をする間もなく「取手駅で白骨死体が発見されたというTVニュースを見た」 「てっきりお前だろうと思ってサ、お悔やみの一つでも言おうと思って電話した」 だって。
じつは、JR常磐線取手駅の緩行線ホーム下から白骨死体が発見されましてね、悪友が言うには「ノンベーのあたしが酒に酔っ払ってホームから転落したまま白骨になっちゃった」と思い込んで、電話してきたらしい。
あたしゃ、それを聴いて、友人思いの彼についホロリとしたんです。  が、、、
白骨になったあたしが電話に出られるわけないだろー?! あほー。

まあまあ、落ち着いて、、、と。。。

その白骨が出た場所は地下鉄千代田線発着ホームの外れにあるトイレの傍なんです。
時々あたしもそこで用を足していましたから、ニュースを見てびっくりした次第です。
それにしても人通りの多い場所で白骨になるまで誰にも気付かれず、仏様もかわいそうですな。 でもようやく骨を拾ってもらえましたから、今後はゆっくりとおやすみできる事でしょう。

トイレといえば、、、
犬のふんの始末一昔前までの公衆トイレは俗に3Kと言われて、暗い、汚い、臭いと三拍子揃って誠に不衛生な場所でした。
その昔トイレの事を「ご不浄」と言いました。汚い便所ではあるが、なくてはならぬところですし、「不浄」ではあんまりだから丁寧な物言にしたのでしょう。
いまでは、何処へ行っても手入れされたきれいなトイレで用を足せるようになりました。(中には公共心のかけらもない不心得者が汚しまわる事例もあります)
トイレを清潔に維持管理なさる係りの皆さんのご苦労は計り知れないものがありますから、行き会ったら出来るだけ「ご苦労さま」って声を掛けるようにしています。

随分昔の話ですが、幼かった兄ちゃんを連れて富士山に登ったことがあります。
細い登山道には登山客が数珠繋ぎ状態でしてね、前の人の尻(ケツ)っぺたを見続けて登ったものです。
トイレはというと有料トイレがほとんどでして、小銭を払って使わせていただいた。
有料とはいっても、暗い汚い臭い+苦しい気持ち悪い。鼻がたちまち曲がって気分が悪くなる按配でして、ひと夏にどれだけの登山客が富士山に汚物を垂れ流しているのか知りませんが、山肌にしみこんだ糞尿はやがて富士の裾野に湧き出た名水となり、ささやかな一味を加えて独特の風味をかもし出す「富士山のミネラルウォーター」として売られているのかも?
で、劣悪な有料トイレに懲りて、富士山には二度と登りたいとは思いません。(兄ちゃん談)

某日、都内を歩いてゴール間際のJR御茶ノ水駅傍にある公衆トイレを使わせていただいたけど、よく手入れされて清潔そのもの。勿論落書き一つありません。
気分よく放水できました。
2012-01-02_公衆トイレの的で、よく見ると便器の程よい高さになにやらマークが付いている。
???
ははー、あたりかまわず撒き散らさないで、放水銃の筒先(チンコ)はこのマークを狙って大いに放水しろってことでしょうな。。。
的に中ると、チーンなんて音がしたりして?。。 わっはっは!

ふと子供の頃を思い出しました。。
雪が降った朝、外を見ると一面白一色。
あたしゃ寒さで縮こまったチンコ引っ張り出して、真っ白なキャンバスに腰を回しながら放水していろんな字を書いてひらがなの勉強しましたっけ。。。
「あ」とか「ほ」とか。。。

2010-09-18_立ち小便禁止小学校へ行く通学路に桜並木がありましてね、学校への行き帰りには桜の根元にあたしのお小水を肥やし代わりにひっかけるのが習慣となっていました。
ところが、栄養というか毒が強すぎたのかいつの間にか枯れちゃいました。とさ。。。


小便地蔵尊母はあたしの立小便の癖(へき)を心配して、「Gちゃん、所構わず立ちションベンばしよっと(してると)こまか(小さい)陳子(チンコ)が馬並みにふとーなって(太くなって)いたか(痛い)思いばして罰(ばち)が当たるばい。



ぜひ罰が当たって、陳子がたくましく太くなって欲しいと願っていましたが、、、
・ ・ ・
母さんの うそつきーーー。。。

そうそう、某人からログインしないとコメントできない仕組みについて、「読んであげてるんだから、面倒な手続き踏ませるんじゃねーぞー!」とお叱りを受けました。
言い訳をいわせていただくとですね、1年振りに再開したブログの操作に手間取っちゃって、なぜだかこんな画面になっちゃいました。設定し直すとまた何処かがおかしくなる恐れもあるし、面倒だし、このままといたします。
で、お手を煩わせますが、記事に共感いただけたら、フェイスブックの「いいね!」並みに「拍手」を下されば今後のあたしの励みになるかも? (笑)

trapgun100 at 20:56|PermalinkComments(0)

2012年01月29日

カレーが食べたい話

1-松本楼都内ウォーキングをする際は日比谷公園を基点にあちこちと歩く事が多い。
旧陸軍の練兵場だったという広い公園は様々な施設があり、憩いや集いの場となっています。
中でも、創業から百十年以上の歴史を刻む洋風レストラン「日比谷松本楼」は一二を争う有名なところですな。

2-ハイカラビーフカレー松本楼の名を全国区にしたのは、関東大震災やデモにより2度焼失した建物の再興を祝して毎年9月25日にふるまわれる10円カレーでしょうか。
なんと、850円のハイカラビーフカレーがたったの10円で食べられるんですから、カレー大好き人間でなくても食べたくなっちゃう。。
いや、「10円なんて勿体ない、もっと払いたい」ってお方は遠慮は要りません、なんなら1万円出してもいいんですぜ。この日の売り上げ代金は育英基金その他に寄付されるんですから。

カレーライスが嫌いだという日本人はそうそういないと思いますし、毎日だって食べられるってお方は相当いらっしゃるでしょうな。 じつはあたしもその一人なんですがね、いくらなんでも毎日カレーって訳にはまいりません。 それでも、かつては週に一度は家内が手間暇かけて作ってくれるカレーを美味しく頂いていました。
しかし最近は体質が変わったのか加齢(カレイ⇒カレー)のせいか(笑) 脂っこくてしつこいものはあまり食べられなくなっちゃいました。
しかもカロリーは高そうだし、一口食べただけでたちまち太っちゃいそうな恐怖に襲われて、カレーから立ち昇る香辛料の香りに鼻腔を刺激させるだけで我慢しておりました。 はい。

しかし、ある晩カレーを狂ったように食べてる夢をみて、ついに「カレー食べたーい!」って家内にリクエストいたしました。 すると、「太るわよ。長生きしたくないの?」 「どうしても食べたいのなら、レトルトカレーと冷凍ご飯があるけど、 自分でチンして食べる?」
 
・ ・ ・
孫が出来て以来、家内はマッタクあたしの世話をしてくれなくなりましたな。
料理なんて手抜きもいいところですぜ。。
近頃はあたしのことほっぽらかして、事あるごとに孫の世話に出かけてお泊り保育してくる始末。

まあ、家内は元気で留守がいい! ←なんか変? 
たとえ手抜きでも晩飯さえ用意してくれりゃいいから、家を空けるのを別にとがめだてはいたしません。何日でもお泊りしておいでなさい。。
湯上りに真っ裸でふんぞり返って、ビールを飲みながらおかずをつまんで気兼ねなく過ごすって至福のひと時ですぜ。 
わっはっは!

で、某夜帰宅しましたらね、居間のテーブルにこんな書置きが・・・
あれ、まあ、今日もおっかーはお出かけ?

4-カレーの作り方ふ〜ん、レンジというボタンを押して、、
1分ボタン押して、、
スタートボタン押すのか、、

5-材料台所には冷めたご飯とレトルトカレーが。。。

なんという手の込んだカレーの素(もと)でしょうか。。。。。







で、おっかーのレシピを手に、レンジに向かって実行ーう。。。
6-出来上がりできたーーっ!







食べた。7-食べた後







旨かった。。




3-カレー食べ放題万が一、あたしの命は今宵限りだと宣告されたら、、、
あたしゃ直ちに松本楼へ駆けつけて、3種のカレー食べ放題! ¥1480。。。
死ぬほど食べてやる。。 
ははは。。。。

trapgun100 at 06:07|PermalinkComments(0)

2012年01月14日

落し物の話

わたしが赤ん坊の頃は紙オムツなんて便利なものはありませんから、古着などを解いてオムツにしていました。ですから、うんちやおしっこで汚れたオムツを、今みたいに丸めてゴミ箱ポイなんて致しません。 布オムツをボロボロになるまで使い回ししていましたな。
わたしには二人の妹がいましたから、母はわたしたち三人のオムツが取れるまでは年から年中、雨の日も風の日も、凍えるような寒い日も暑い日も、毎日タライに水を張ってゴシゴシと力強くオムツを洗っていましたっけ。
我が家に電気洗濯機がやってきて、母が手洗いの辛さから解放されたのはずっと後の事です。
ですから母の手はいつも荒れてゴワゴワしていました。 今は亡き母に抱かれていた頃の荒れた手のぬくもりが妙に懐かしい。

・ ・ ・ そんなわたしは、いずれの時期には再びオムツの世話になるんだろうな。。


お風呂は地域の共同浴場(銭湯ではない)へ行っておりましてね、早い時間に行くと日中何にもすることがない年寄ばかりがのんびりとたむろしている。
わたしはガキの頃から年寄くさいほうでして、明るい内から湯に浸かっていましたからその習慣が今も続いて、湯につかってからでないと晩飯が食えないし寛げない。
遅い時間帯は家事に開放された母親らが子供を連れてくる。
混浴が許された年代までは母に連れられて体を洗ってもらっていた。
当然赤ん坊も湯に入れます。広い浴槽でのびのびと背伸びをした赤ん坊は気持ち良くなってお尻が緩むんでしょうか、オナラの泡を立てたり、時には黄色いものをプカリと浮かばせたりして、辺りに微妙な臭いが漂う。
母親は慌てる風でもなく、その物体を洗い桶ですくい取ってポイ。周りの人だって平然としてる。中には「あら、健康でいいわね!」なんて微笑んでいらっしゃる。
手すりの付いた畳敷きの大きなベットが脱衣場の中央にしつらえてあって、赤ん坊はそこに寝かされてオムツの取り換えをするんです。
母親や年長のお姉ちゃんらが、裸のままそのベットを取り囲んで赤ん坊が湯ざめしないように手早く世話をするんです。熱があったりして風呂に入れない赤ん坊はそこに寝かされて母親を待っている。
で、ガキのわたしはどこそこ構わずフリチンで走り回っている構図です。
当時の浴場は循環式のろ過装置なんて付いていない、湯を注ぎ足す大きなタライみたいなものですから、早い時間は透き通るようなきれいな湯が、閉場近くになるとまるで黒く濁りきった汚水に変身している。それでも湯に浸って汗を流すときれいになった気分でいられました。 (笑)
懐かしき、古き良き時代のお話です。

さて、以下は孫の話です。
まー坊まー坊は2歳に満たないのでいまだオムツが取れません。
汚れたオムツを替えてもらうと快適だから、交換時は仰向けになって行儀良くしている。

あるとき風呂から上がったまー坊が妙にりきんでいたので母親の〇子ちゃんが様子を見ると、お尻からニョキニョキと黄色い物体が伸びてきた。
キャッ! 大慌てで風呂から飛び出してそれをキャッチしようとしたが間に合わず、ポトリ。 
まー坊はというと、お尻から変なものが落ちてきたのが不思議らしくて〇子ちゃんと黄色い物体を交互に眺めて、照れていいのかべそをかいていいものか判断に迷って困った顔をしていたらしい。。。
わっはっは!
こんなの出ました。

trapgun100 at 15:59|PermalinkComments(0)

2012年01月07日

ごぶさたな話

一年のご無沙汰でしたが皆さまにはお変わりなくお過ごしのことと思います。
とは言っても、昨年は未曽有の災害・事故や世界情勢の激変に見舞われた年でした。
遅ればせながら東日本大震災で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
ご近所に比べると我が家は大した被害はなかったのですが、お見舞いや義援金の分配を受けてたいそう恐縮しているところです。
原発事故ではわが町には多くの放射能が降り注いだらしく国費で除染作業が実施されるそうで、果たしてこの先どうなることやら不安な思いでいます。
また、タイ国で起こった水害(異常気象のせい?)が日本の製造業に深刻な打撃を与えたのは記憶に新しいところです。リーマンショックの際の世界同時不況もそうでしたが、全地球規模で経済は成り立っていることを改めて実感しましたし、自然環境もまた地球規模で悪化していることを痛感した次第です。
次々世代の為に地球寿命の延命を図るには、化石燃料と核燃料の恩恵にどっぷりと浸かりきった現代文明を三昔以上前に巻き戻した生活水準にして、代替エネルギーの開発を急ぐ必要がある。
いささか乱暴な意見ですが、単純に考えて、私が生まれ育った1950年から60年代の生活レベルにすればいいわけでして、贅沢な人工快適環境を我慢すれば、地球環境を守る事が出来ますし、かけがえのない地球を次の世代に引き継ぐことができるでしょう。
そんなことを考えると、3.11は大地が多くの人命を連れ去った事と引き換えに、我々に悲鳴を上げて警鐘を鳴らしたのかもしれません。

さて、個人的には、とうに3回目の成人式は終えていたのですが、人生の過半を過ごした勤め先を満願の卒業と相成りまして、長年の夢だった「霞を食べて人生を謳歌する!」を実践するつもりでいました。が、それが叶わぬ事実に直面、なおも現役で働いています。
しかしながら、多くの制約に束縛された勤め人時代を経験しましたから、今後はいささかは楽な面持ちで過ごすようにして、健康上その他不都合がなければこの先もずっと働いていこうと思っています。(笑)

私は片目が見えませんから、視界が不自由なのですが、最近もう片方もやけに見づらくなってきて、もしや両眼失明? 心配になって某日、眼科に行きました。
美人の先生の診断は、加齢に伴う飛蚊症(ひぶんしょう)。歳を重ねると現れる症状なので仕方がないのだそうです。 がっくり。。

日本橋とは言ってもその他はいたって健康に過ごせましたから、あちこちと国内外の旅を楽しみ、脳裏に風景を焼き付けました。
何といっても一番の旅は「東海道を歩く」をついに達成できたことです。
東京・日本橋を発って京都・三条大橋まで延べ15日間の旅でした。
関宿江戸時代の旅人はわらじ履きで東海道を凡そ14、5日で歩いたと言います。
薩埵峠私は当時の街道を出来るだけ忠実に歩いたつもりですが、ウォーキングシューズを履いて、そのほとんどは舗装された道を歩いた訳で、格段に歩く環境が違う。それでも当時と変わらぬ旅程15日間を、道を間違えたり行きつ戻りつして現代の風景を眺めながら大いに楽しんだ。
鈴鹿峠古道辛かったことと言えば、土砂降りの雨の中を歩いた三重県鈴鹿峠越えでしょうか。
どこから湧き出てきたのか沢蟹がざわざわと這い回る、木々に覆われて雨に煙った細い峠道を一人で歩く心細さと言ったらなかった。
冷えたおにぎりを頬張りながら、すねや首筋に吸い付いたヒルをひき剝して足で踏み潰すと、吸い取られたばかりの我が鮮血が滲み出た事。
滑って転んだ旧街道の家並みが見えて気が緩み、足を滑らせて膝を強打。腫上った足を引きずって濡れネズミのように宿に着いた時の明かりは何とも言えぬ暖かさでした。
三条大橋そんなこんなの旅も無事に京都三条大橋を渡り終えて感無量の面持ちでした。
帰りの新幹線では車窓の景色が飛ぶように流れるなか、「ああ、ここはあの時歩いた道だ」などと感傷に浸る間もなく東京駅に降り立った。
京都から都合4時間弱で我が家の玄関に立って、延べ15日間360時間の旅をしみじみとかみしめた次第です。

敢えて、15日間の感想はと問われるとですね、
歩きながら考えている事と言えば、宿を出て歩き始めるとお昼は何を食べようか、昼を終えると夜は何を食べようか。 まるで文豪夏目漱石さんと同じ心境でした。 (汗!)
とにかく食べる事しか頭に沸いてこない我が本能とおつむの単純さを知りました。わっはっは!

DSC00093〇子ちゃんが一昨年に続いて初夏に二人目の子をなしましてね。女の子なんですが、ふーちゃんって言うんです。
名付けた字はどう考えても男子に似合う意味を持つ漢字。
「語感」だけで名付けないで「漢字の意味」をよく吟味して、尚且つ振り仮名を付けないと読めないような字はよしなさってあれほど言ったのに、ちっともじじいの言うこと聴いてはくれません。
1D4_0467長男のまー坊も振り仮名振らないと正確に読んでもらえそうもない字なんですぜ。 がっくり。。
これも世の風潮だから、致し方がないですな。
とかなんとかいってますが、孫は可愛いです。(笑)
〇子ちゃんはと言うと、体内脂肪をどっしりと蓄えて、梃子でも動かぬ母親としての貫禄を醸し出しています。

某日、我が家に嫁が来ました。 
余談ですが、昨今は我が妻の事を嫁と言う方がいらっしゃる。私の感覚でいうと自分の連れあいは「妻」であって、「嫁」は「息子の連れあい」の事。だと理解している。
「うちの嫁が・・」なんてお若い方が言ってるとドキッとしてしまう。よくよく話を聴くと自分の奥さんの事を嫁と呼んでいらっしゃる。まあ、言葉の意味は世につれ変わっていくものですからうるさい事を言うのは止しましょう。

兄ちゃんが「この人と同棲したい」と言ってお嬢さんを連れて来たときは驚愕しましてね、「同棲」とは言語道断、そんな身勝手・無責任な事は絶対に許さん。
好きあっているのならケジメをつけて「夫婦」として家庭を持ちなさい。と言ってやりました。
そんないきさつで11月22日、いわゆる「いい夫婦」の日に婚姻届を出して「一家」を成しました。めでたし、めでたし。。
遅ればせながら結婚披露宴は諸般の事情で夏に挙行すると二人が申しております。
「嫁」の印象は、と言いますとね、、、 ・・・いわゆる、今風の嫁さんですな。

DSC00183年末、ふとしたきっかけでfacebookを始めた。
どのようなシステムか解らないけど、開設した途端に知り合いのリストがズラリと並んだのには驚いた。
これってネットを通じて実名で友人と情報交換するわけでして、コミュニケーションツールとしてはなかなか便利ですな。但し、ブログと違ってやたらと嘘が書けない。☜いつも嘘ついてるみたい? (笑)
そんな訳で最近はfacebookに凝っているます。

2012年は穏やかに明けましたが、皆様のお住まいの地方はいかがだったでしょうか。
新年早々の報道によると、5年連続で我が国の人口が減少したとの事です。
昨年は私の住む町の3つ分にあたる20万人強の減少だったらしく、統計学的には将来日本人は地球上から消滅してしまうらしい。
少子高齢化が急速に進み、人口の減少は経済活動のマイナス成長を加速させ、企業は海外に活路を求めていくでしょうし、ゴーストタウンが列島各地に出現しますな。

だからこそ我々熟年団塊世代が若者を補助してますます活躍しなければいけないと思うのです。
そんななか、わたくしめは今後も大いに働いて国に税金を納め、年金財源の助けになり、病気を払いのけ医療費削減に協力して、健康で文化的な生活を送ろうと熟考しているのです。(笑)
昨年は延べ4,700キロ強、一日平均13キロを歩きました。
今後も大いに歩いて足腰鍛え、4回目の成人式を無事に迎えて人生を終えたいと願っています。

以上、長々と記しましたが、ご無沙汰したブログを再開するにあたってのご挨拶と致します。

2012-01-01_カメラ今後は今まで撮り溜めたものを含めてタイムリーな画像を公開がてら、あれこれと所信を綴ってまいります。

「ごぶさたな話」は久々に書いたものだから、あれこれ操作方法を忘れて悪戦苦闘いたしました。わっはっは!

trapgun100 at 20:25|PermalinkComments(0)

2011年01月03日

祈った話

f4fbbbdc.jpg2011年の元日早々、携帯電話がご昇天遊ばした。 (悲)
でもね、初日から店開きしてるDocomoへ行って新しい電話機をゲットした。
どの機種にするかあれこれと悩んだ。。。

目が不自由なあたしとしては「ラクラクホン」も一応候補にあげたけんど、デザインや色使いがあまりに地味で年寄り臭くってね、、
ウォーキングに便利な歩数計・防水・防塵機能付き、しかも片手でワンプッシュオープンの新型機種を買った。
よく使い方が判らぬまま電車内でメール着信。
すると、
「あなたは今電車内にいるようですね? マナーモード設定がされていませんが、設定しますか?」 「イエス」か「ノ―」か、なるメッセージが現れた。
あたしゃ、誰かに監視されているような恐怖を覚えて辺りをキョロキョロ見回しましたぜ。

さてさて、
年末ジャンボ3億円獲得の夢がついえて大晦日が過ぎました。 ははは。。
とはいえ、昨年はそこそこ健康に過ごせましたし、歩いた距離は4千キロを超えた。
更に磨きをかければ地球一周4万キロ達成も遠い夢ではないと思っている次第です。
わっはっは!

あたしの年末年始休暇は、6日間を全て歩いて過ごした。
山手線一周ウォークや、凛とした静けさの中にたたずむ神社巡りで年を終え、
歩き初めの元旦は、参詣客で混雑する神田明神へのお参りを済ませて付近をぐるぐる、、、。


8439daa8.jpgで、翌日は谷中七福神巡り、3日は羽田の八福神巡りをしてこの一年のあらゆる願望をあらゆる神さま仏さまにお願いしたんです  ( 画像は羽田空港の大鳥居 ) 

えっ、あらゆる願望ってなんだってか?
それはですな、、、
家内安全・身体安全・交通安全・商売繁盛・無病息災・心願成就・学業成就・金運開運招福長寿・・・むにゃむにゃ・・・( ←かなり強欲? わっはっは! )

そんなわけで、読者の皆さんになり変って祈願した江戸時代から賑わって一番古いと言われる谷中七福神巡りを簡単に紹介しますね。

行程はJR田端駅をスタートして、谷中霊園を経由し上野不忍池をゴールとしたものです。

92d39579.jpg 東覚寺 福禄寿 (人望福徳)
山門横には赤紙をべたべた貼られた二体の仁王様。
具合の悪い部位と同じ所に赤紙を貼って平癒を願う信仰が古くからあって、遂に仁王様は赤紙だらけになっちゃった。



8a536a36.jpg 青雲寺 恵比寿神(愛敬富財)







c0b503c8.jpg 修性院 布袋尊 (清廉度量)







61cf1263.jpg 富士見坂 別名:花見坂
ビルの谷間に雪を頂く富士山が見える。(画像じゃよくわからんですな)
昔はどこからでも富士山は見えたんでしょうが、この坂は風情があってよろしい。



ae55eb06.jpg 長安寺 寿老人(延命長寿)







bb018696.jpg 天王寺 毘沙門天(勇気授福)







acd33eae.jpg 護国院 大黒天 (有富蓄財)







786f3887.jpg 森鴎外旧宅跡 
現在は温泉ホテルになっている。







29a77154.jpg 弁天堂 弁財天 (芸道富有)
不忍池の中島にあるから皆さんご存じですよね。






e5f5fdee.jpg 上野公園
新しい靴がなじまなかったようで、数日前左足甲がピリピリと痛み、やがて赤黒く腫れ上がった。
血管が破れて内出血を起こしたらしい。 トホホ。




330e0607.jpg 全員集合に数名欠けるが、元旦の夜は皆で食膳を囲んだ。( ←てんでバラバラだが? )





29d9ffe7.jpg 人気者の○坊 ( ←○暴じゃありませんぜ )にカメラを向けたら、
これこれ、赤ちゃんのうちからポコをいじるんじゃありません!
クセになっちゃいますぜ ?


d6d85ad0.jpg 新米ばーちゃんのかいなに抱かれてミルクを飲んでいたと思ったら・・ 
あらら、 眠っちゃった。
ほっぺ突くとごくごく・・ 再びぐー。。。


08fcd24a.jpg こんなかわいい足してるが、、、
やがては 「 このボケじじーぃ、早いとこ死んじまえ 」 なんて、足蹴にされるかも?

蹴られてみるか?。。。 ほっほっほ。


と言うわけで、今年も皆さんのご健勝を祈念して、新年のご挨拶といたします。


trapgun100 at 20:09|PermalinkComments(5)

2010年12月27日

ドジな話

adc8aafc.jpg2010年もいよいよ押し詰まってまいりましたな。
ほんとに一年が過ぎるのは早い。 
当然ながら歳をとるのも早い。 

そこで、あたしのこの一年を思い返すと・・・


或る朝目覚めたら、加齢黄斑変性症の再発で右眼の視界は真っ暗。 
一気に奈落へ落ち、気分が滅入ってしまったが、まだ左目が見えるから良しとしよう  と、自らを鼓舞。

春に○子ちゃんに二世の○坊が誕生、日々成長する姿を見ては不思議な感動を覚えたものであった。

例によって仕事がオフの日はあちこちと歩いて見聞を広めた。
ふと思うのは、展覧会なぞの入場料はあたしの場合はサ、片目半分しか見えんから願わくば半額にならんじゃろか?

さて、
年末恒例の年賀状書きをしようと、宛名調べに今年届いた賀状を探したがどこを探しても出てこない。
ついにはおっか―に八つ当たり。 「 おらの大事な賀状をどこさ 隠しただ?  」
おっか―は汗をかきかき家中ひっくり返して大騒ぎ。。。「 どこにしまったかしら・・ 」
遂には「 ボケだ! ナスだ! 」 と罵りあう始末。

で、
出てこない訳が判明した。

だって、昨年は義父が亡くなって喪中だったから賀状が来る訳ない 
わっはっは!

したがって皆さんに届くハズのあたしからの新年の賀状はあなたさまの住所不定により差し出していません。 お許しを 


fd76e2a8.jpg仕事で行った先は別として、今年も自らの金と足を使って歩いた「 小さな旅 」のいくつかをブログに掲載しておのれの思い出とした。

出掛けた先でおにぎりタイムには靴を脱ぐことが多い。 
足指がのびのびできて気持ちいいですぜ。



61f1a4ed.jpg唐突ですが、
街の雑踏の中や旅の途中で、偶然に知り合いと出会ったりすることがありますよね、
以下にそんな話を数編。



198aa1e4.jpgかつて、初冬の時期に仕事をサボって台湾へ遊びに行ったことがある。
帰りの台北空港でなんとなく後ろめたさを覚えつつ辺りを見たら、、、
なんと、勤め先の会社役員が同じ便に乗る手続き中だった。
上司は仕事帰り、こちらは不届の遊び帰り。 しかも同じ飛行機に乗り合わせるとは。。。
わが身の不遇を嘆いても始まらない。
蒸し暑い出発ロビーでマフラーで顔をぐるぐる巻きにしてサングラス掛けて事が発覚しないように努めた。
現在(いま)だったら、「 不審人物 」一人発見! ってことで当局に身柄拘束されて帰国できませんぜ。

幸いに機内では上司はビジネスクラス、 あたしゃエコノミー。
無事に成田に到着した。 ふぅー。

たまりに溜まったタンクの小水を放水しようとトイレに駆け込み・・・

ふぅー。  ブルル。。。 ( ←㊚なら分かるよね )

さっぱりしたついでに、
ついさっきまでの緊張が融けてグルグル巻きのマフラーを解いて蒸れた顔を表にさらしたらサ、
なんと、目の前に上司が突っ立っていた。
でもね、あたしの顔見詰めたまま、何事もなかったようにスッと立ち去った。
後日、社内で出会ってもなんのお咎めもなかったです。 はい。

よくよく考えたらですな、 人間ができたお方だった。 と、今さらながら実感いたします。
わっはっは!


a2ab25ec.jpg子供が小さかった頃、正月休みに家族でハワイに行った。
ひところの正月のワイキキは、大勢のタレントたちの溜まり場でしてね、どこに行ってもTVでお目にかかるタレントさんがうろついていた。
当然その周りを日本人観光客やTVクルーが取り囲んではワイワイ・キャーキャー。
折角の休暇を落ち着かないで過ごす彼らが可哀そうにも思ったが、意外と彼らは健気でして、常に周りに笑顔を振りまいていましたな。( ←やっぱり可哀そう・・ )

在る年のワイキキ通りでなんとなく背中に視線を感じて振り返ったら、関係先の知り合いが家族連れて立っていて驚いた。
こんな異国の常夏の地で仕事の延長の付き合いをしたくもなく、以心伝心でしょうか、互いに軽く会釈して別れた。



3f291d26.jpgつい最近の某休日、東京ドーム近辺を歩いた。

あそこは何とも面妖な雰囲気が漂う街角でして、ギャンブラーやバンカラ風の若者やミーハーな大人子供が混然としている。

JR水道橋駅からつながる人波を避けて交差点を渡っていると、目前に停まった車のドライバーが大あくび。。
見ると、あたしがよく知った人だった。
手を振ると、相手も気づいてクラクション鳴らして返事してくれた。

じつはこの日は、ここへコメントを頂くようになったjasmine☆彡さんと時間差の超ニアミスをしていたらしい。
不可思議さを感じますな。


f4d4c301.jpg12月は忘年会の連チャンでどっぷりとアルコールに漬かりました。
酒好きのあたしでもこの時期のヨッパライの酔態は見るに堪えないものがあって、連中をあざ笑うのが常です。

やれ、人の上着を着て帰った。
やれ、コートを2着も着込んで帰った。
やれ、帰る家を間違えて、他の奥さんとナニをいたした。( ←受け入れた奥さんも奥さんですぜ )
やれ、トイレを間違えて改札口で定期券の替りにポコ出しちゃった。
やれ、人様の靴穿いて帰った。

しらふじゃ信じられないことばかりでしょ? 笑っちゃいますぜ。

で、あたしの部署の忘年会を某日挙行して、2次会のカラオケはあたしだけ適当に切り上げてお先に帰った。
時期とはいえ、電車はヨッパライで超満員の混雑でした。
途中駅では電車とホームの隙間に足を踏み外して体ごと落っことした乗客がいて大騒ぎになるし、ホント、ヨッパライって危険ですな。 ぶつぶつ。。。

翌日出社すると、
某君の靴を片方穿いて帰った不届きな奴がいるらしいと持ち切りだった。
あたしゃそれ聞いて、「 アホな奴がいるもんだ 」とその犯人をあざ笑った。

やがて某君が出社して来た。
情けない顔して「 この靴の持ち主、 誰ですか~? 」 ひしゃげた靴をぶら下げた。

・・

へっ!? なんだか あたしの靴によく似てるな~?

・・

わっはっは、 それ もしかしたら あたしの靴かも? ははは。。

俄然、皆の冷たい視線があたしに集中した。

「あきれた奴だ」
「信じられなーい」
「バカなやつだ」
「あの人にはもうついて行けない」
・・
とかなんとか囁き合う声が聞こえた。

某君の一回り大きな足に穿きつぶされた我が愛用の靴は、すっかり型崩れしていて、哀れなほどだった。 グスン。。

でも、なぜ、ブカブカで、しかもデザインが違う靴を、なぜ穿き心地よく帰ったのか? 今もって不明ですな。( ←画像参照 )

昔、露店で古靴、それも片方だけの靴が売られていたが、その理由がなんとなく分かった気がしました。
わっはっは!

そんなこんなのドジ話で今年を締めくくりませう。 

さて、
今年もようこそここをお尋ねいただきありがとうございました。
どうぞよい年をお迎えくださいまし。 来る年もよろしくね! ぅっふん 
わっはっは 

trapgun100 at 04:47|PermalinkComments(5)

2010年12月19日

太った理由(わけ)は、「こうなったから」の話

93ae8941.jpg某日、ウォーキングの最中にとある看板を見上げて、
もしかして  あたしの姓が書いてある?・・・ 

「なんだか腹減ったな~ ・・・」  

脈絡もなく、 「そうだ、韓国へ行こう!」

「おっかー、辛いもの食べにソウルさいぐか?」
かーちゃんは二つ返事で 「いぐ、いぐ」



7e2701c9.jpgてなわけで某日ソウルへ向かった。

羽田から金浦(キンポ)という手も考えたが、成田・仁川(インチョン)ルートが我が家からは至極便利なのですよ。

1年振りのNARITAターミナルはすっかり模様替えを終え、免税売店が増えて華やかなエリアが広がっていた。
でも、気のせいか人影はまばらだったですな。

5ca01bdc.jpg出発ゲートへの長い歩廊には特別展示された飛行機のミニチュアがズラリと並んでいた。
画像は182機で生産中止となった国産初の旅客機YS-11。
飛行機好きにはたまらんでしょう?
あたしゃこの機に一度だけ乗った事があるけど、客室内は狭くて窮屈だった記憶があるな。



e919e396.jpgいよいよ機内へ。
ところがですな、ソウル行きの便はいつもは満席で吊り環につかまり立ちする客もいるのに(←電車じゃないってば!)、スカスカのガラガラ状態。
と言うのも、北朝鮮軍が仁川近くのヨンピョン島を砲撃した直後でしたからね、いつ戦争になってもおかしくないし、キャンセルが出ても当然と言えば当然?
そんな最中に何が起こるかワカラン危険状態を敢て無視して出掛けたあたしらが無謀?
と思いつつ後方の座席をそっと窺うと・・・

わっはっは! 
ご婦人のにぎやかなグループ客であふれていました!(←ホントですぜ)

3a3e214d.jpgNARITAのラウンジで飲むのを我慢していた食前酒のビールをゴクリ!
ぷぅふぁー。。

喉ごしの爽快感がたまりませんな~、 わっはっは!


69a3276e.jpg旅行の楽しみはなんといっても食べ物に尽きます。
それも海外旅行となると、機内食の質が旅の楽しさを大きく左右いたします。(ぇ? あたしだけ?)

出されたのは三段重ねの和風膳。

fb6ccd36.jpgおー、豪華~。
・・
うまい!

6e494110.jpgで、 こうなった。



2642a6cd.jpg一眠りしてたら倒したシートを直せと起こされた。
機は既に着陸態勢に入っていた。

仁川に降り立つと、大陸からの風は乾いて冷たかった。

急ぐ旅でもないし、たまにはバスに揺られて景色を楽しむことに・・。

ca1c3558.jpgホテルまでの料金は・・ わっ! 安い!

でもね、市内の渋滞と途中のホテルでパラパラと客を降ろしながらだったから・・、 結局二時間も掛かった!





3a86b87a.jpg定宿としているホテルにチェックイン。

部屋に行くなりトイレに飛び込んだ。

おや?
なんと、シャワー便器に付け替えられていた。
ヤッホー!  これでソウルでの数日間、便秘にならず快適に過ごせます。
このホテルは日本人客が格段に少なくて静かに過ごせるから気に入っているんだがトイレだけは不満があって、支配人宛てに改善提案を申し入れていた。 それがようやく叶ったようですな。
(ただし、日本人以外の客がこのトイレを使いこなせるか、甚だ疑問ではありまする)

4a511e47.jpgホテルのサウナで一汗流した後は夕食を食べに明洞(ミョンドン)へ繰り出した。

混雑する人混みのあちこちから日本語が飛び交って、まるで新宿か渋谷の雑踏にいる気分だった。
あたしは、かつてこの国が戒厳令下にあった頃を知っているが、こんな光景をみていると、ホントに北と一触即発の緊張状態にあるのか甚だ疑問だった。

もっとも、 ノー天気なのはあたしら日本人観光客だけなのかも?
だってね、TVニュースは砲撃事件がくり返し報道されていたし、言葉がよく判らんからNHKの海外放送を見て最新情報を仕入れていたんだが、韓国民にとっては開戦前夜の緊迫感があったらしい。


さて、e4d036ec.jpg日本の伝統料理といえば「すき焼き」に「寿司」?
韓国といえば、「キムチ」 「サムゲタン」に「犬肉」?
と言うことで先ずは焼肉たべなくっちゃね! (←我ながらよくわからん?)
6a208ff0.jpg

cd088044.jpg






a76a2588.jpgで、 こうなった。


806a88f4.jpg締めはグツグツ煮立ったテンジャンチゲにご飯をぶっこんで。。。
満腹、満足。 わっはっは!




21df4a55.jpg以前だと地下鉄切符は窓口で買えたんだが、そこは閉鎖されていて自販機で買うことに。
夏の釜山旅行で知ったが、ここソウルでも英語・日本語・中国語対応の機械だった。
なにせ初体験で戸惑っていたら、案内のおじさんが流暢な日本語でカードの買い方とデポジットの払い戻しの方法を教えてくれた。
あれこれ、かれこれ。。

なーんだ、簡単じゃん! ははは。

しかも車両内では主要な駅・乗り換え案内を4カ国語で放送していた。
外国人旅行客へのやさしさはわが国とは格段に違いますな。
これじゃ、観光客誘致では日本は韓国に負けています。


96ea209a.jpgホームで坊やが案内板をいじってた。
何気なくのぞいたら、それは大型のタッチパネルディスプレイ。
小さな指で画面をなぞって遊んでいた。

早速あたしも試した。
役場や病院や銀行やレストランなどの案内が瞬時に現れて指さし方向へ画面が流れる。
うぅぅ、 ここでも日本は韓国に負けている事を実感した。

電車内では若者がお年寄りをみるとさりげなく席を譲る光景が目立った。
寝たふり決め込む我が国でそんなシーンに遭遇することはめったにありませんぜ。

755f1ded.jpg打ちひしがれた思いで凍えるような風が吹き上げるホテルへの階段をトボトボと昇ったGでした。







45c441ac.jpg今回の旅は歴史遺産ツアーを楽しんだ。
事前に韓国観光公社無料ウォーキングツアーにネット申し込みをしていた。
ソウル市からボランティアガイドのYOOさんを派遣するとメール連絡があり、当日は安国(アングク)駅近くで待合わせ、瓦屋根が波打つ古風な北村(ブッチョン)一帯を3時間ほど歩いた。

じつは朝からミゾレが降り、一体どうなることかと心配したがそれも止み、坂の多い古い家並みを楽しんだ。

d32007a0.jpgYOOさんは既に定年を過ぎ、歴史案内のボランティアで余生を楽しんでしらっしゃるそうだ。
過去に日本の銀行に勤めていた頃は北海道から沖縄まで各地を歩かれたそうで、あたしが行った事のない所までよくご存知でしたな。


3515df73.jpgとある学校の前には大勢の観光客がたむろしていた。
聞くと、韓ドラ「冬のソナタ」のロケに使われた学校だとか。

おっかーったら、それを聞いた途端に目を輝かせて丸い体を転がすように駆け出した。

学校前の店って常識的には文房具店なんでしょうが、ここでは韓流スターのブロマイドを並べた土産物店が賑わっていた。
笑ってしまいましたぜ。 ぷっ。。

ガイドのYOOさんは午後は別のウォーキングツアーの案内があるとのことで名残惜しいが仁寺洞(インサドン)でお別れした。
ソウル市には各国語が話せるボランティアが多数登録しているとの事であった。

a5103aec.jpg帰国して、お上が旗振りするこんなキャッチフレーズを見たけどサ、
なんとなく嘘っぽい軽薄なコピーですな~。





fccaafd6.jpgチヂミ

48a9b498.jpg石焼ビビンバ

aa4cdb69.jpgで、こうなった。




c0ae9ed0.jpgアワビ






c2c75af7.jpgもつ鍋


f2f62316.jpgラーメン入れて

6f0fed87.jpgで、こうなった。


翌日は雲一つない晴天!
しかし、 寒かった。

終日あちこちと歩いた。
ふぅ~。。。

c8432276.jpg宗廟(チョンミョ)


a79129e9.jpg水原(スオン)


f4734da6.jpg南山韓屋村(ナムサンゴル ハノクマウル)。
結婚を控えたカップルだろうか・・・、 民族衣装を着飾って記念写真を撮っておいでだった。
何気なしではあるが、颯爽と先頭を切って歩く女性の後を俯き加減でトボトボとついて行く男性が身につまされて、哀れといえば哀れ?でしたな。 わっはっは!



f131f651.jpgサムゲタン。




26c9e265.jpg





a67f8ee5.jpgで、こうなった。


19b70232.jpgキムチ。
絶品の味だった!
バリバリ食べて、お代りしたですよ。

で、帰宅して風呂上りに体重計に乗っかったらサ・・・
1.5キロも太ってた!
おまけにサ・・・
みんなからニンニクくさいって閉口された。
わっはっは!





e091d326.jpg帰国前のひと時を、窮屈になった腹をさすりながらラウンジのシートに身を沈めた。

おっか―はすぐに空港内の「免税店巡りお一人様ツアー」に出掛けた。

間もなくすると大きな土産物袋を担いで帰ってきた。

「ふ~、 お腹すいた・・」
カウンターに並んでいたケーキやクッキーやおにぎりやサンドイッチを皿に盛り、
大きなお尻をシートに沈めたと思ったら・・・ 腕まくりしてもぐもぐ食べ始めた。



このお方は きっと 何があっても生き延びる事を請け負いますぜ。


40d13809.jpg次はいつここを訪ねることが出来るかな?

しばしのさようなら。






91ac5a3f.jpg二段重ね膳。


dfeb92b1.jpg





5dd46268.jpgで、こうなった。




旅の終わりに硬い話を・・
99338bfc.jpg民主党政権が誕生して少しは世の中良くなるかなと、大きな期待があったのに裏切られる事ばかりで、あきれ果てた政権ですな。
有言実行内閣が聞いてあきれる! (←怒)
これじゃ自民党政権時代とちっとも変わらないし、野党は野党で政府の揚げ足とりばかり、本当に国民の為に政府・議会は機能しているのか甚だ疑問符がつく。

特に、中国との尖閣諸島、ロシアとの北方領土問題での管政権の弱腰外交にイライラが募りましたぜ。

しかし、あれです、
中国漁船衝突場面の流出映像を見ましたが、あれは絶対に意図的な敵意を持って巡視船に体当たりしているし、釈放された船長が英雄気取りでVサインを出して出迎えを受けていたのには腹が立つ。
然しながら、国境最前線で命を張って任務に当る海上保安官の奮闘に頭が下ったのです。
不謹慎ではありますが、もう一度日清・日露戦争やってみっか!? なんて思ったぐらいですぜ。

海に囲まれたわが国の領土問題はじつは韓国との間にも存在しています。
島根県沖に浮かぶ竹島(韓国名独島)の領有権を互いが主張しています。
この問題にどれほどの関心を両国民が持っているのか測りようもありませんが、少なくとも両国にわだかまる懸案の一つです。

上の画像の看板は宿泊ホテル近くの東大入口駅交差点に掲示されていた。
「ここから独島まで431キロ」 と書いてある。

さてさて、どうしたものでしょうか。

話は飛躍しますが、
北の 「金王朝」 を擁護支援する中国・ロシアの太平洋への露骨な覇権思想を見るにつけ、万が一朝鮮半島に有事があれば何をさておいても韓国とわが国の存亡の危機と捉えて直ちに韓国を支援する必要があると思うのですが、私は危険思想の持ち主でしょうか?

trapgun100 at 19:50|PermalinkComments(4)グルメ | 旅行

2010年11月07日

怒り連発?  の話

ウォーキングでは、景色を楽しむはずの目線が距離が延びるごとに足が重くなり次第に下に俯き、不機嫌になってしまうこと再々である。
そんな気分を大いに増幅される事柄も数多く目撃・実体験した。
以下にいくつかを披露しようと思うが、ちと内容が硬すぎるかな? (笑)

公園でトイレ休憩やおにぎりタイムをとることが多いのだが、そこには実に多彩な人種が戯れていて見飽きない。 (笑)
そんな光景にも てな遭遇がありますな。

3f57c6fb.jpg 駐輪禁止の立て札の周りには自転車がゴッソリ。
あたしが傍で見てても我関せず、ご丁寧に車輪を柱に盗難防止の鎖でぐるぐる巻きしてる不届きな奴もいる。
公園を見渡すとどこにも自転車は見えない、どうやらこの看板附近が指定駐輪場のようだ。


話は変わるが、
あたしが結婚する際にお袋があたしの「習癖」や「飼い方」のコツをあれこれと家内に伝授したらしい。
その一つが、
「Gちゃんは寅生まればってんが、犬みたいに立ちションベンばする習性があるけん、一緒に歩くときは紐つけてくれぐれも目を離さんように注意ばしてくんしゃい」
「小まか頃からあれこれと躾けたつもりばってんが、こればっかりは矯正できんかったとですよ」
「この子の教育を誤ったごたる」と大いに嘆いていたそうな。

まあ、あたしの育った田舎町の住人は結構おおらかな人が多かったから(←勝手に決め付けてる)、あたしの立ち小便を見咎めて叱る人はいなかったけんど、
「まぁーかわいい珍珍だこと! まるで皮を被った筍(タケノコ)の赤ちゃんみたい。 ぷっ!」 (←そこまで言って笑うか?  )
「たべちゃおうかしら、ぅっふん」 (←これは許す  )
なんて、笑われていますたな。(←ほとんど失笑? 蔑み?)
わっはっは!  

そういえば、小学校への通学路の要所要所に結構な樹齢の桜並木がありましてね、
そのうちの1本に片足上げてせっせとマーキングしてたら木が枯れちゃった。 (←あたしの毒が強かった?)

73e747b2.jpg誤解しないでほしいけど、今じゃ決して立ちションなんてしませんぜ!(←きっぱり) (←・・・、人目のない場所だと~  ? かな? )
わっはっは!



といいつつマーキングに絡めて、身勝手な行動をとる連中への怒りの矛先をどこへ向けようか、その選択肢を狭めつつある現象をいくつか紹介しよう。


あたしゃ犬嫌いではないが、最近愛犬家を装っている飼い主嫌いに陥っている。
公園での禁止事項の一つに、「犬は放さない。リードは短く」とある。
ところが決りを無視する飼い主の多さに呆れる次第。
小型犬であろうと決りは例外ではない。
公園に集まる人の中には犬アレルギーの人がいる事を肝に銘じるべし!

昼日中の暑い盛りに皮膚呼吸のできない犬にシャツやパンツ穿かせて散歩させてる「犬を着ぐるみ人形と勘違いしている」愛犬家を見ると、飼い主を選べない犬が不憫になる。


d5a8a142.jpg義父が亡くなってずいぶん経ったが、画像の注意書きは義父の唯一の遺文といえるかも?
だってね、玄関脇の塀には入れ替わり立ち替わりお犬さまがお立ち寄りなさってはマーキングの放尿をなさって塀が乾く間がない。
こもごもの強烈な悪臭が漂い、部屋にまで侵入してくる始末。
家人とばったり目が合っても悪びれる風でもなく知らんぷりして去って行くらしい。
今度、相手の家の玄関先に糞尿をぶちまけてやるか!? (弩・弩  )

飼い主さんへお願い:住宅街・市中では、うんこ処理袋と共に尿希釈用兼消臭用の水を携行なさってペットとの散歩を楽しんでいただきたい。


以下の画像は動物愛護のマナールールを考え込んじゃうもの。

31ec8ba8.jpg水辺のベンチ前に掲示されてるが、皆さんは嬉々として水鳥にパンくずや菓子くずを大盤振る舞いなさってる。


8f2ca056.jpg駅のホームで鳩に糞をかけられた経験はありませんか?
カラスが増える原因も、おいしい生ごみという「餌」が沢山放置されてるからですぜ。

200c640d.jpg公園ゴミ箱の張り紙。
ペットのフンとあるが、猫を散歩させてる人は稀だから、おそらく犬の糞だろう。


9006888d.jpg公衆トイレの張り紙。
これって最悪の行為だと思いませんか。
こういう連中がいるから故障中のトイレが多いんだろう。


c8044c7b.jpg和みの風景だが、よくよく考えるとスズメもここまで人間との間合いを詰めると、もはや人間が与えるえさがないと、繁殖できなくなって、やがて絶滅危惧種に指定されるかも?

8ea7fe96.jpgこのカルガモはあたしの足元で昼寝を決め込んでいるんですぜ。
すっかり人間に慣れきっていて、じつは自分のことを人間だと思い込んでいる節がある。
カラスや犬や猫に絶対に襲われないと信じて、全くの無警戒・無防備で熟睡している。
異論はあろうが、野生の鳥獣は勿論、ペットであっても、互いの距離と緊張感を持って接しなければ、彼らにそのうち逆襲をくらって痛い目にあうこと必定だろう。


d9184fb3.jpgさて、
某日は秋の風景を楽しもうとハイキングに出掛けた。
林道を軽快に歩んでいたら・・

ワッ! なんじゃ~? この渋滞!

どうやらこの先の急峻な道が隘路(あいろ)になってゾロゾロと列がつながったらしい。

ff9278af.jpg歩くことままならず、
背中に秋の日差しを受けながらしばしの休憩。
風に乗って飛んできたとんぼも小休止。


e06f790b.jpgゴール駅ではもてなしの茶を頂きながら列車待ちの小休止。
のどかなひと時でした。

trapgun100 at 21:07|PermalinkComments(2)

2010年10月31日

怒涛の連載:笑顔は最高!の話

例によって、いささかタイトルに過剰表現がありますがお許しを。
わっはっは!

3d30b7b2.jpg昨日の新聞記事に、あたしがかつて楽しんだ、と言うより中った、外れたと、スコアメイクでストレス貯め込んだクレー射撃界を代表する2選手の記事が掲載されていた。

かつて射撃場ではご一緒させていただいた事もあるお二人である。
真剣勝負の射台から外れると素敵な笑顔を振りまいてくださる。
記事によるとロンドン五輪の出場枠は一人のみ。
それぞれ精一杯戦っていただきたい。

どちらを応援するのかって?
ぅーん・・・と、
中山選手は地元茨城でお嬢ちゃんも見知っているし、鈴選手からはサイン色紙を頂いていることだし・・・・、どちらも同じように応援させていただいて、神のみぞ知る結果を祈るしかないですな。
わっはっは!



57e09253.jpg台風一過の今日、爽やかな天気とはならず時折雨降りとなった一日であったが、東京都庁をスタート・ゴールとした地下鉄大江戸線一周ウォークに参加して凡そ30キロを歩いた。

老若男女、大勢の参加者で溢れる会場は 雨を吹き飛ばす熱気でヒートアップしてましたな。

歩いているコース途中で気づいたんですがね、
要所要所で大声張り上げて笑顔を振りまく、奇妙ないでたちの若者は我々を応援するスタッフだったらしい。(←気づくの遅い!これって、ハロウィンのつもり?)

あたしゃ、可能な限り「harrow」ハイタッチで挨拶をいたしましたぜ。(←♂は避けてご婦人のみですが、なにか?)
わっはっは!


88431c48.jpg槍(やり)持ってるけどさ、
これって凶器準備集合罪で逮捕されないかな~?




6ce7d529.jpg怖そうなお面被ってるけどさ、
恋人逃げ出さない~?




f7b24a8f.jpgとんがり帽子ってさ、
重たくない?



ee957a31.jpgあたしと目が合ってさ、
引きつけ起こしたみたい?





1c6e31c2.jpg毛染めでかぶれなきゃさ、
あたしのおつむ、こんどはこんな色にしてみっか!?






791a1fc7.jpgこんなおつむで会社行ったらさ、
みんなビックリすっぺな~?





42a4eb3b.jpgとかなんとかいいつつ、ゴールしたさ。


なにはともあれ、
あたしゃご婦人の笑顔って、見るだけで心が安らいでホッとしますな。
わっはっは!

trapgun100 at 20:41|PermalinkComments(2)ウオーキング | クレー射撃

2010年10月30日

ラーメンの話

a890eeab.jpg栃木県小山市は仕事でよく出かける先である。
某日、部下を伴って客先へ向った。

ちょうど昼時とあって、駅に降り立つとなにはともあれ、
あたしがよく行くラーメン店「一品香」へ彼を案内した。
http://r.tabelog.com/tochigi/A0902/A090203/9002659/
この店はラーメン・チャシューメンと餃子しかおいていない。
開店前に行かないと大勢の客で大層待たされてしまう。

大きめの丼にたっぷり入った麺は太目の手延べ麺、焼豚とネギとメンマが香り立って食欲をそそります。

あたしは好物のチャシューメンを注文
彼はラーメンと餃子3個。


しょんなかですけん、あたしも餃子3個注文
わっはっは!


6fbed7b1.jpg待ってる間、あれこれと取りとめのない話で過ごした。

彼は建築士資格を持っていない。
将来設計士になるわけでもないし、現場技術者としては、施工管理技士資格を持っていれば特段必要ない資格である。
然しながら、世間一般には建築士の肩書がものをいう場面が多い。 かな?

ということで、彼は試験にチャレンジするも、毎年落ち続けて遂には「もう歳だし諦めた」 「今回の受験が最後」だと嘆いた。

訊くと学科試験は受かるのだが2次試験の製図で頓挫するのだと言う。
今まで予備校に払ったお金は高級車が数台買えるほどつぎ込んだらしい。

今年は10月10日に課題「美術館」の設計製図試験があった。合格発表は12月。
彼に合格通知が届くのを祈るばかりである。


e3b57113.jpgふと自分が受験した時の事を思い出した。
製図試験2日前に高熱を発して医者へ駆け込み、訳を話して解熱薬をケツっぺたに注射してもらった。
熱は下がったものの朦朧とした頭で試験会場へ向った。
凡そ6時間を立ちっぱなしで製図台に向かって課題を書き上げ、転がるように家に帰るとそのまま1週間も寝こんでしまった。

合格通知が届いたときは旅先にあったが、家人からの知らせを受けて涙が出るほど嬉しかった。

1次の学科試験問題だったか、模擬試験でだったか、或いは問題集の設問だったか記憶が曖昧だが、建築構造物のひとつであるシェル(貝)構造の代表的建築物であるオーストラリア・シドニーにあるオペラハウスの事が問題に出た。

その記憶がいつかはこの目でオペラハウスを見るのが長い間の夢となり、後年それがが叶った。
独特の景観を醸すオペラハウスに立って、感慨深い思いと感動で胸が震えたものである。

そんなこんなで「美味しい!」というより、「旨い!」字がピッタリあてはまるラーメンをすすり終えて店を出た。

そうそう、
あたしの餃子はですね、結局食べきれずに部下の胃袋に納まりましたとさ。
わっはっは!
因みに、柱と梁で構成された建物を「ラーメン構造」といいます。

trapgun100 at 20:16|PermalinkComments(4)

使い分けの話

ed71121a.jpg台風14号が関東に接近してるというのに家内にあきれ顔で見送られてウォーキングに出かけた。
目指すは日比谷公園
だけども集合場所にはパラパラとウォーク協会の役員さんが立ってたのみ、さすがに今日の行事は中止だそうな。
当然と言えば当然ですな、 だって嵐が迫る中を強行して、事故でも起きたら大ごとです。
まあ、しょんなかですたい。 諦めて帰路についた。
と、
でもね・・、
せっかく日比谷まで来たんだから、上野まで歩くか?
てな訳で テクテクと歩きましたです。
わっはっは!

6e040e80.jpg上野のトイレで小休止。
さすがに今日は辺りの人出が少ないですな。
もっともただ今午前10時前。
賑わうのはこれからか?

上野まで歩いたんだから・・
ついでのことだし北千住まで歩くか?

ええ、結局北千住まで歩いて、駅のベンチでおにぎり食べて帰りました。 はい。

明日は都庁を起点に大江戸線一周ウォークが開催される。
どうやら台風は今夜のうちに関東沖を抜けそうだし、めでたしめでたし。
わっはっは!



1169953e.jpg通勤やウォークでは音楽を聴きながらという場面が多い。
で、用途でウォークマンを使い分けている。

あたしは昔流行った歌謡曲やフォークソングやクラシック音楽をよく聴く。
人さまはクラシックと聞いて「ぇっ!?
「あんた、その鬼瓦みたいな顔で クラシックだなんて、笑わせちゃいけません」 なんて顔される。
余計なお世話です! 顔つきで音楽の好みを決めつけられちゃかないませんぜよ。
わっはっは!

ef8605e7.jpg先ごろ世界的指揮者の小沢征爾さんが食道ガンを克服なさってサイトウ・キネン・オーケストラを指揮された。
が、腰痛のために1楽章のみとなった。
演目はチャイコフスキーの弦楽セレナード
TVニュースでも報道されたからご記憶のむきも多かろうと思う。

考えてみたらわたくし、この曲は小沢さん指揮のコレクションを持っていなかった。
というか、他を含めて小沢さんそのものを持っていなかった。

失礼な話だが、人間いつまでも現役でいられるわけがない。
小沢さんだっていつかは退かれることだし、(ついでの話だが、政界の小沢某さんは早々に退いて欲しい)この機会だからSeiji Ozawaをコレクションしよう!

で、「弦楽セレナーデ」をあちこち探したが・・・、 どこの店にもない。
諦めかけていたところ、何気なく覗いたamazonで発見!
ついでに、その昔サントリーウィスキーのCMで数々使われた服部克久氏の「音楽畑」の中古CDも発見。 
早速注文した。
これはレーザーディスク盤(LD)を持っているから映像と共に時折楽しんでいるのだが、まさかLDを背負って歩くわけにいかない。
嬉しい限りであった。

耳に届く弦が奏でる旋律は、切なく、身もだえするほど狂おしくなる。



02609f1d.jpg一生物にと揃えたMont Blanc
ペンもシーンごとに使い分けている。
この場面、あの場面、これにはこのペンを・・。
なかなか楽しいものです。



47f946cd.jpg台風のお陰で久々に余暇ができて、家でのんびり音楽を聴きながらペン先を洗う。
これもなかなか楽しいひと時でありますな。







b79d72b2.jpg最近買った電子辞書
一昔前に比べて格段の進化をしています。
薄く小さな板にはカラ―画面と音声付、しかも明瞭。
ぎっしり詰まった数々のコンテンツに驚きます。
分厚い辞書を持ち歩く手間が省けるけど、果たしてあたしに使いこなせるかな?
わっはっは!


早くも10月が終り、やがては木枯らしが吹いて冬が駆け足でやって来る。

冷たい雨に打たれて歩きながらふと思ったことは、人のつながりのはかなさ、悲しさ寂しさ。
夏と秋に遠来の客と会えるのを心待ちにしていたのに、私に一言の連絡もなく帰ってしまったようだ。
私の存在はそれほど軽いものだったのかとセンチメンタルな気分になるのは、あたし自身も晩秋を迎えるせいであろうか。

みんなに会えなかったけど、 Gは元気にしてるよ~。
わっはっは!

なんだか、ますますさびしくなっちゃったな。
ははは。

trapgun100 at 14:01|PermalinkComments(2)

2010年10月25日

20の話とおまけの話

3fc2c941.jpg車中にて
JR高尾駅8時20分始発の甲府行き普通列車。
小学生グループから杖(ステッキ)が必需品?のじいさま・ばーさま交えて、老いも若きも車内は熱気でムンムン。

なぜじいさまばーさまがムンムンなのか?
(・・・ なんとなく勘違いしてる?)
絶好の秋日和の土曜日とあって沿線の山や渓谷へのハイキングなのでしょう。
中高年のハイクがこれほど盛んだとは露知らず、 全く不覚でありました。
だってあたしが乗り合わせた車内はほぼ、おじさまおばさまグループに占領されていましたもの。

ん?
あたしはナニさま世代のつもりかって?

ははは、 あたしはさ、 ホレ、、、 Gーさま世代ですだよ。


68bd4a86.jpg相模湖駅
降り立ったのは相模湖駅。
今日は「甲州夢街道ウォーク2010」に参加して相模湖から小仏峠を越えて八王子まで歩く算段です。


e25a1942.jpgスタート
事前受付300名限定とのことであったが、果たしてそんなに集合したかな?
なにはともあれ恒例の出発式。
お偉いさん諸氏の有り難いお話を長々と聞き流して、ストレッチ体操。
「運動」の前の「準備運動」は重要です。
これを怠ると痛い目に遭うこと必定ですぜ。
参加記念にもらったバンダナを首に巻いて、いざ、出発!


73809f21.jpg小原宿本陣
神奈川県下で現存する唯一の本陣らしい。
(入場無料、県重要文化財)

d466f16a.jpg美女谷温泉
国道20号から外れて旧道へ分け入ると・・・、
おもわずニンマリ。
美女の文字に魅せられて左へ進みたいところだが、しょんなかですたい、 小さな案内表示に従っていざ右へ。(←きっぱり)

fff94f57.jpg中央自動車道高架橋
高架下を進むとまもなく、舗装道路を外れて山中へ分け入った。
今日のウォークは整備された20号線を山越えするものとばかり思っていたのに、まさか山岳路を歩くって露ほども予想しなかったから、靴の選択を誤った。
急こう配、滑りやすい悪路に脚がへたった。
トレッキングシューズを履いて来るべきだった。

17e12365.jpg小仏峠
大汗流してようやく峠に立った。
さわやかな風が稜線を吹き抜けて心地よく、清々しい気分になれた。
足元直下にはJR中央線、自動車道のトンネルが通じている。
自動車トンネルは渋滞の名所で有名ですな。
画像の様子はひっそりとしたたたずまいであるが、じつはすぐそばには屋根付きの広い休憩所があって、高尾口や小仏口から登って来たハイカーが多く寛いでいた。

00e32ed8.jpg中央本線排煙設備
すれ違うハイカーと挨拶を交わしながら下山して、古道をひたすら歩くと見えてきたのがコレ。
その昔、蒸気機関車の煙をトンネルから排出する装置の遺構。
折角の設備はすぐに電化されて、2年後に役目を終えたという。

77fc1cc5.jpgレンガ造り
中央本線は1901年(明治34年)、八王子~上野原間が開通したという。
なんともレトロな橋梁が幾つか架かっていて、なんとなく郷愁をさそう風景である。

44b83d2e.jpg駐車場の井戸
街道脇の駐車場にこれまた古風な手押しの井戸ポンプが据えられていた。
今も現役?

37130812.jpg八王子JCT
中央高速道は山間(やまあい)を緩やかにカーブして一気に走り抜けて行く。
見上げた景色はあたしの目には見事な人工美に映って唸ってしまう。

15efb0c7.jpg圏央道
高尾山腹を突き抜けるトンネル工事は多くの物議を醸しながらも粛々と進捗している。
街道筋には建設反対の立て看板が色褪せて朽ちていた。
技術者の端くれとしてのあたしは、土木工事の最先端技術を見た思いで誇らしく思う次第である。

e102fdac.jpg軒先
かつては多くの旅人が行き交った街道は人影もまばらでひっそりと佇んでいた。
雨戸が閉められた店先の鴨居にはさまざまな屋号が並んで当時が偲ばれる。
(どうやら昔のコマーシャル看板?)
旅人は店先に腰を下ろして茶をすすり、煙草をふかして疲れを癒したのでしょうか。

07532981.jpg小仏関所跡
建物は江戸幕府崩壊により明治新政府が取り壊した。
跡地は現在公園に形を変えている。
最近イノシシが出没したと注意書きが立てられていた。
熊でなくてよかったです。

31c667f9.jpg高尾駅
出発地からここまでトイレが見当たらなかったから閉口した。
駅の公衆トイレに駆け込んで ・・ ふぅ~、 
ホッとした。

f362d269.jpgおにぎり
南浅川沿いを歩いて陵南公園でおにぎりタイム。
今日のメニューは鮭とシーチキンマヨ。
デザートにバナナ1本、板チョコ2枚。

八王子まであと一息、さあ歩きませうか。


89d6d756.jpgイチョウ並木
甲州街道(国道20号)高尾駅前から追分交差点にかけて植えられたイチョウ。
大正天皇の御陵造営を記念して植えられたもの。
落ち着いた景観で街道を彩っている。
しかし歩道にはおびただしい数の銀杏(ぎんなん)が落ちていて、強烈なにおいが漂っていた。

1ea53a57.jpg千人同心屋敷跡碑
徳川家康が幕府を開くと、甲斐武田氏の遺臣たちを国境警備のため街道沿いに配備した。
その武士団を千人同心という。と、説明板にあった。

a8fec4e3.jpg追分の道標
1811年、陣馬街道と甲州街道の分岐点に建てられた道標。
アメリカ軍による八王子空襲で破壊されたが近年復元され、町のシンボルとなっているとのこと。
車で走っていたらうっかり見落としちゃいますが、ウォークならではの発見です。

5b7ef165.jpgゴールは八王子横山町公園
江戸時代に横山・八日町・八幡の三宿として整備された街筋はJR・京王線の駅周辺へと続き、大勢の人々が行き交っていた。

a9b7f642.jpgさて、どのルートで帰ろうか・・。
そうだ  
京王線府中で途中下車して「くりばやしの餃子」を買って帰ろうか。
めでたしめでたし。

今日のウォーキングコースは変化に富み、且つ歴史を学び、すがすがしい汗をかいて最高の気分でありましたな。
今後の予定は今月末の大江戸線一周ウォークを皮切りに、手賀沼一周汽笛一声新橋-横浜山手線一周ウォークなどなど、年明けにかけて大イベントがずらりと控えている。
あれこれと楽しみで、あたしゃ夜もオチオチ眠れない。
わっはっは!

以上、20の話をまとめたつもりだったが、全21話でした。
 

おまけ
翌日は曇天の中を江戸川を下るウォークに参加した。(←ホント、すきですな)

c6058e8f.jpg寅さん記念館
スタートは金町。
有名な柴又「矢切の渡し」近くの寅さん記念館。
ここでトイレタイム。



c747d7bb.jpg途中、上空にとどろく爆音。
なんとヘリの編隊飛行!
雲間から次々と黒い塊が現れた。
よく見ると編隊ごとに機種が違う?

b82599ff.jpgヘリ

09fb2049.jpgヘリ





15a7ff74.jpgヘリ
およそ5~60機は浮かんでいた。
帰宅してTVニュースでその訳が判明。
自衛隊の観閲式があった模様。
これだけの数の編隊を見ると、不謹慎を承知で言わせてもらえば、最近わが領海を脅かす某国なんて目じゃないと、ふと頭を掠めた。
でもね、先方は経済力では我が国を追い抜き世界2位にして圧倒的な軍事力を備えて太平洋への覇権を狙っている強欲国家。
弱腰外交してたら、某独裁国家と同じしたたなかな国ですから付け込まれて、遂にはケツの毛を抜かれるどころかケツの穴にまでゲンコツを突っ込まれますぜ。
平和外交であっても言うべきことは毅然と言う態度がかの国には必要だろう。
徹底した反日教育を受けた世代が徐々に台頭しているというから今後益々侮れません。



d055eb74.jpgおにぎり
おこぼれにあずかろうと近寄ってきたハト。
おにぎりにハトを乗せようと構図を狙った。
しかし前ピンでハトはボケちゃったですな。
ははは。


67067d71.jpgディズニー
川の向こうはディズニーランドの城壁。
あたしゃディズニーって兄やんがヨチヨチ歩きの頃訪ねたっきりだけど、家内は前日に○子ちゃんちにお泊りしてディズニーランドへ行ってたらしい。
あたしをほっぱらかして(←どっちが?)、ディズニーに入り浸っている家族どもなのですよ
1851a913.jpg探鳥会
ゴールは葛西臨海公園。
広い園内のあちこちでは探鳥会のグループの皆さんが大勢群れていなさった。
思うに、鳥の数より双眼鏡の方が多いかも?


と言うことでお開きといたします、長々とお付き合い有難うございました。


trapgun100 at 21:28|PermalinkComments(2)

2010年10月17日

ニューフェイスデビューの話

5f268975.jpgJR上野駅に各地の駅弁を扱う店がありましてね、有名どころの駅弁はあっという間に売り切れてしまうらしい。
あたしゃ昨今の豪華・華美な装いと盛り付け、おまけに高価な駅弁に辟易しているのだが、おにぎり大好き人間として、この手のまさに「弁当」然とした素朴な食い物に目がないですな。

某日店を覗いたら鯖寿司が売れ残っていたから、2個買い占めた
ははは!

あたしゃ粗忽な癖で食べたい気持ちが焦ってつい慌てて包装を破いて、「しまった! 写真を撮らなくっちゃ」。

e80dad5f.jpgどうでしょう、この鯖の身の厚さ!
食べごたえがありましたぜ。



3d81c7d9.jpgで、残がいのみとあいなった。
ふっふっふ。





339790a0.jpg今年も届いた戻り鰹のたたき
春の初ガツオも捨てがたい味わいだが、脂の乗った戻りガツオはたまりませんな。
毎年楽しみにしている秋の味覚なのです。

送ってもらった先は、土佐の高知の安岡酒店
http://www15.ocn.ne.jp/~yasuoka3/tataki2.html

あたしが龍馬の足跡を訪ねて高知へ行った際に立ち寄った酒店であり、以来のお付き合い。
同梱の四万十町の地酒「桃太郎」も秋の夜長に溶け込んで、ちびりちびりと飲み干した。


f54dcd33.jpgいつだったか「おとうのブログ
http://x-trap.blog.so-net.ne.jp/ で紹介された「ギョウザの店、くりばやし」が頭の片隅に残っていて、ギョウザ大好きなあたしゃ「いつか食べたい! 四つ星リスト」に刷り込んでいた。
仕事ではしょっちゅう利用する京王線だが、まさか職務中に餃子を買いこむ訳にもいかず、たまたまの沿線ハイキングに参加しての帰りに府中駅で途中下車した。
美形の女将?があたしの好みにぴったりだったせいもあって? (←いつもこればっかし! ははは。 )
餃子7パックも買っちゃった。 わっはっは!

ビックサイズな餃子、味の方も堪えられませんでしたな。
また買いに行こーっと!
くりばやし餃子 http://www.kuribayashigyo-za.com/



cbea2b2c.jpg新米(しんまい)って言っても、新人・ニューフェイスのことじゃなくって今年できたの事です。
我が家では子供を通じて知り合った地元生産者から毎年新米を入手している。
芳しい大地の恵みを頂く喜びは有り難いものです。


某日包みが届いた。
空けると「会津エコ米ひとめぼれ」と記された新米が・・

すっかりご無沙汰してる福島県猪苗代にお住まいのじかみさんが有り難くも送ってくださった。
じかみさんとは、クレー射撃系ブログを通じて知り合い、射撃練習会やBBQ会などの催しで何度も行き来した間柄であった。(現在、ブログは休止なさっている。本人談)
早速お礼の電話をした。
なかなか電話が通じなかったが、その訳は、猟期が近づいた関係で様子を見にご自分の山へ入っていらっしゃたらしい。
心づくしの贈り物のお礼を述べると「なーに、俺を忘れないように送っただよ
あたしがじかみさんを忘れる訳はありませんぜ! ありがとうございました
またの再会を約した次第である。

因みに「エコ米」は無農薬米を試行錯誤しながら育てて初めて収穫なさったものらしい。


ae68f133.jpg新人に引っかけた訳じゃないが・・。
どうやら○子ちゃんのbaby雑誌デビューしたらしい!?
ひいき目に見ても、なかなか可愛い。
ベビモ 11月号、 定価860円)

74b05b0c.jpgまるまるとした両脚に着けたソックス?が愛らしいですな。

夏の暑い盛りに撮影したらしいが、なにせ相手は赤ん坊、ちっともジッとしていなくてスタッフの皆さんは大変だったらしい。(○子ちゃん談)
あたしが思うに、赤ん坊のほうがよほど大変だったと思うのだが・・?


833777c9.jpg亡父の命日を明日に控えて墓参りに行った。
片道2時間強の道のりを歩いた。
家を出るときは寒い位の涼しさだったが、さすがに汗をかいた。
わっはっは!


昼時を迎えて、霊園のベンチでおにぎりを頬張った。
コスモスが風にゆれてそよいでいた。

父母との年齢差は永久に変わらないと思っていたのに、我が歳がひとつずつ父母が逝った歳に近づいていく。

trapgun100 at 20:24|PermalinkComments(8)

2010年10月11日

地球の歩き方の話

私がかつて撃ちこんで、 ?、 打ち込んで親しんだクレー射撃
その際にお世話になった大木銃砲店のHPを時折覗いている。

店主は射撃を通じて射手同士の交流とルールとマナー及び技量の向上は勿論、マイナーイメージの強い射撃の地位向上を様々と尽力なさっている。
したがって主催なさる射撃大会は草大会なぞと侮るなかれ、かなりレベルの高いものであり、国体派遣選手等がここから巣だっている。

それぞれの大会結果に掲載された射手の皆さんの名とスコアを見比べては、あの人この人が元気に活躍なさっている様子に安堵しているのである。

某夜覗いた月例大会の優勝者写真を見て嬉しくなった。
だって、かつて私と機会あるごとに筑波射撃場で撃ち競ったが晴れの優勝を飾っていたからです。
画像を見る限りは、2年以上の時間差の間に、風貌は男としてのそれなりの貫禄と風格を備えていらっしゃった。

早速というか久しぶりに「おめでとう」の携帯メールを送った。
ところが宛先不明で戻ってきた。
そこで念のために電話を掛けたが不通であった。

互いに会うこともなく音信不通状態が長かったせいで、詰まる所「射撃だけの関係」であたしのデータを消去されたのだろうと、なんとなく納得したのだが、折り返し電話が掛ってきてホッとした。
互いの無事と健康を労った次第である。

メール不通の原因は、ボン太さんのさる事情でアドレス変更をなさったばかりだったらしい。 電話を切ると速攻でメールが届いた。
どうやら私のアドレスは消去されていなかったみたい。 (笑)

益々嬉しかったのは、私のブログ記事の一つである「おナスの人よ」のデータを携帯に保存なさっていて、楽しかった当時を時折覗いて懐かしんでいらっしゃるとのこと。
そういえば3年ほど昔、栃木県にある那須射撃場での事どもを面白おかしく掲載しましたっけね。
わっはっは!

記事内容はともかく、今もそれらの事を忘れずにいらっしゃる方がいる。
何とはなしにブロガー冥利に浸ったひと時であった。
今後ますますのご活躍を祈念する。

枕が長すぎました・・・。 (笑)


さて、ちと記事タイトルが大袈裟すぎたかな?  ははは。

いやね、
10月3連休あたしの散歩を大袈裟に話そうかと・・、
わっはっは!!
13ebfe69.jpg今シーズンは私鉄系のウォーキング大会にはほとんど参加していない。
理由は様々だが、参加費無料でしかもお土産付きの大会より、例えお土産はなくても有料大会のほうが歩いていて楽しいことを発見したから。

でもね、山歩きを兼ねたハイキングは楽しい。
連休初日、雨降るなかを西武鉄道主催のハイキング大会に参加した。

d53f3ead.jpgゴールは西武秩父駅
時折激しく降る雨にずぶ濡れになりながら人影まばらな秩父駅にゴールした。
ははは。

a747735e.jpg記念の参加スタンプ3個、昨年は皆勤賞をもらったけどね。
これからの季節の秩父は紅葉が楽しめる。足慣らしになったかな?

わっはっは! (←ハークッション!)



7cb6a53a.jpg日曜の朝、地元取手市は豪雨注意報が出ていたが構わず出発。
予報では夕方まで悪天候らしい。

晴天だろうと雨降りだろうとウォーキングは自然を歩くもの、台風以外は歩くのです。

ところがスタート地の日野市へ着く頃には急速に天候が回復して一転晴天となった。


2a73f148.jpg今日の大会は「東京都水土里の路ウォーク」。
都の職員さんが同行なさり、日野市から多摩川辺りの様子の解説を聴きながらあきる野市まで歩く有意義な一日であった。



673fe66c.jpg最近大会に協賛しているのか、森永製菓のスタッフがやってきて、ウォーキングに森永ミルクキャラメルをお供にと売りこみにやって来る。
スタート前に2個入りの試供品キャラメルと抽選券をくれる。
抽選はいつもスカばかりだし、森永キャラメルは歯にくっつくから嫌いだと悪態をつきながらも試供品と抽選券はちゃっかりもらう。 わっはっは!

ところが悪態が功を奏したのか2等賞の手ぬぐいが当たった
でもね、これってレアではあるけど恥ずかしくてめったなことでは外では使えませんな。


7780bbab.jpg連休最終日、千葉県北総歩こう会主催の「野田の里山を歩く」に参加して雲一つない秋晴れの中をTX柏たなか駅から野田市役所まで15キロを歩いた。




67ec2fbf.jpg今日の祝日は東京オリンピック開催を記念して設けられた体育の日である。
1964年の10月10日もこのような爽やかな好日であったのだろう。
とても気分の良い一日であった。


まぁ、
あたしがささやかに打ち込んで大地を踏みしめて歩いた3日間だったと言うことで、タイトルの過剰表現をお許しを。
わっはっは!


393cf0f9.jpg帰宅して、初めて気づいたのだが、玄関脇に純白と深紅のバラが2輪咲いていた。
あたしは庭木にほとんど興味がないが、家内がせっせと手入れして季節ごとに狭い庭を華やかに飾ってくれる。
早速カメラに収めたが、あたしの持つコンパクトカメラでは微細なディティールはなかなかきれいに表現できない。

・・

ひょんなきっかけで最近あたしが覗くようになったブログ「三日坊主の独り言。。。
http://coctonut.exblog.jp/ 
主催者さんはハイビスカスを主題にご自分のブログを展開なさっていて、とても三日坊主どころの領域ではない。
ハイビスカスという華麗な花に打ち込む主催者さんと花の表情に日々驚いている。
皆さんも興味があれば訪ねて見てくださいな。




trapgun100 at 22:41|PermalinkComments(7)

2010年10月03日

ビッグな話

えーっと、
本日は久々に2本立ての記事アップ。 お時間が許すかぎりお過ごしくださいませ。

41f918b5.jpg絶好の秋晴れとなった9月の某日、都民スポレクふれあい大会の一環として実施されたウォーキング大会に参加した。
題して「巨樹・古木ウォーク」。

上野公園から鬼子母神までの15キロを歩く道々、由緒あるビックな木々を眺めようとの趣向である。
2000年の環境省調べによると、地面から1.3mの高さで測った幹周りが3m以上の巨木が全国に64,479本あるそうだ。 

最も巨木が多いのは、なんと東京都の3、799本なのだという。
2位茨城県3,274本、3位千葉県2,662本・・。
東京区部だけでも、江戸時代に将軍家や諸大名屋敷や庭園や寺社があった関係で1,205本もあるそうです。

そんなわけで、以下に巨木・古木道中木(記)を紹介しませうか。

05c3d708.jpg上野公園から程なく歩いた谷中の大雄寺のクスノキ
幹周り6.20m、 大きく広げた木陰が心地よく、つい愛おしくなって幹を撫でてしまった。




4aa7adc6.jpg玉林寺のシイの木
幹周り5.63m、樹齢およそ600年。
都指定天然記念物。




ae41347d.jpg谷中のへび道
町の再開発から逃れたのか、くねくねとうねった道が今も残っている。




2c7e5003.jpg不忍通りの団子坂下の信号を渡ると文京区。
かつて、おっか―がリウマチ手術を受けて入院していた病院はすぐそば。




e73c9ff6.jpg栄松院のスダジイ、幹周り9.15m。


c5f93652.jpgビックにちなんで、途中のビックな人形。
七福神の一つ? 




d13d0afb.jpgおっか―の母校。


32e7bf30.jpgあたしが出た東京大学
・・・
単に、門をくぐっただけですが。 
ははは。

3a120cea.jpg明治末年、石川啄木が北海道から上京したのち、朝日新聞社に定職を得て家族とここで過ごしたのだという。当時も今も変わらぬ床屋(理髪店)だというのが凄い!
啄木は3年後、26歳で短い生涯を閉じた。



3d92b56c.jpg楠亭のクスノキ。
幹周り9.55m、樹齢600年。 
神々しさを漂わせる姿に頭(こうべ)を垂れた。




b65107a1.jpgご存じ後楽園のビックエッグ
流れる雲は秋そのもの。

875d07b6.jpg春日局(かすがのつぼね)像。
徳川大奥の礎を築いたビックなお方ですな。



2ad30ec6.jpgJR大塚駅近くにある南大塚天祖神社の夫婦銀杏
幹周り7.00m、樹齢600年を超える夫婦いちょうは都内随一だとか。

先の大戦でB29による空襲で焼けてしまったが、けなげにも生き延びて今日あるのだという。

cf12d897.jpg最終ポイント鬼子母神へ向う途中の雑司ヶ谷霊園沿いを走る都電





7a5c91f3.jpg鬼子母神の大いちょう。
幹周り8.00m、都指定天然記念物。





1a67b722.jpgビックを訪ねた散歩の最終地、池袋ターミナルにある西武デパートは、確か売り場面積日本一のビック百貨店のはず。
その奥にはビックカメラ池袋店。
通りは若者、家族連れで溢れて大賑わいだった。

そんなこんなでウォークを終えた。

trapgun100 at 20:17|PermalinkComments(0)

ピンクとシルバーの話

あたしと一緒に歩かない?って、ウォークに誘っても「 フン! 」
だーれも誘いに乗らない。
ひと雨ごとに秋が深まり絶好の散歩日和となった某日、仕方ないから家内を誘って乳がん検診キャンペーンの一環として企画された「ピンクリボンスマイルウォーク2010」に参加した。

4f4851bb.jpg集合は六本木の東京ミッドタウン
出発セレモニーの行事が済むとようやく号砲が鳴り、参加者の頭上に沢山のピンクリボンが舞った。





1e694e2f.jpg数千人はいると思われる参加者は他の大会と違ってご婦人、特にお若い婦人が目立った。
今日のコースは赤坂サカス~国会議事堂~皇居外苑~丸の内仲通り~日比谷公園~東京タワー~麻布十番通り~テレビ朝日をめぐる11キロ


26586e62.jpg 赤坂通りから山王下を抜けるまでは歩道も狭く大勢の人が溢れて歩行がままならぬ。
ようやく総理大臣官邸辺りから列がばらけて快調に歩けた。

スタート直後は前を歩くストーカー、 じゃなくて、ウォーカーを追い抜く勢いだったおっか―からまもなく質問が来た。
「あのー旦那さま、 ゴールはまだですじゃろか?」
いささか顎を出しかけた家内。
うんにゃ、スタートから1時間以上経ってますがね、まだ3キロほどしか歩いちゃいませんぜ。
「げーっ! あと8キロも歩くですか・・」 大きなため息をつかれた。
やっぱり連れて来るんじゃなかった。(←後悔先に立たず)
仕方ないから、おっか―のお尻(ケツ)見つめて歩行ペースを合わせた。
  
「あのー旦那様、なんとなくおなか空きました」
・・・
皇居外苑で按配よくおにぎりタイムとなったとさ。

6a69b613.jpg丸の内仲通りでは沢山のメッセージをぶら下げたツリ―が立っていた。
おっかーはリボンに何事か書いてぶら下げた。
「一言書いて下さいな」
あたしゃキャンペーンガールにもらったリボンに向って、ムニャ・ムニャ・ムニャ・・・
ん、一句浮かんだぞ!

50749825.jpg家内は東京タワーの足元で生まれ育ったから幼少の頃から親しんだタワーである。
今ではスカイツリーに高さを奪われたが、タワー人気は花丸急上昇中なのだそうです。



84160781.jpgゴールすると会場は山田邦子さんやオリンピック代表の荻原次晴さんらのトークショーで賑わっていた。
記念に一枚写真を撮ろうとしたら、無断撮影禁止の立て看板が、
だからこっそり撮ったですら。

今日は10時半にスタートして14時過ぎにゴール。
所要時間は11キロ歩いて都合3.5時間。 (←おっか―と一緒じゃ、しょんなかですよ)



a27784c7.jpg翌日は読売新聞社主催、地元の「水ウオーク2010 取手大会」に今年も参加して20キロを歩いた。(←おっか―は昨日の疲れで寝こんでいましてね、あたしだけの参加です)
発表によると事前受付だけで千人以上の参加登録だったらしく大盛況であり、且つ天候に恵まれて当日参加受付コーナーでは多くの人が列をなしていた。

今日のウォークは一人気ままに4時間で都合20キロ歩けた。
汗もたいしてかかず、気持ちのよいウォーキングだった。

824d0b53.jpgこの大会は「とりで利根川河川まつり」と協賛していて、川沿いの自治体や企業からの名産・特産品の即売やお楽しみ抽選会があったり、渡し船の体験乗船ができたり、盛り沢山の企画で一日楽しめるのですよ。

昨年は抽選でゴルフ招待券が当たったけど、あたしゃゴルフやらないし、今年は上流のみなかみ町や下流の銚子・犬吠埼の「温泉宿泊ご招待券」が当たるのを期待したんだけれど、ことごとくスカだった。
ははは。

したがってスカを予測して、しょんなかですけん昨年買いそびれた銚子漁港のいわし花鯛寿司、鯖ずしをスタート前に買い占めた! (←ほんの2千4百円ほどですが・・)
だからリュックが終日重かった。 わっはっは!

1a8dcdd0.jpg勇壮な和太鼓の音に励まされスタート。
人波に押されながらふと横を見ると、
あれ? なんだか見知った人が立っている?
よくよく見たらあたしの勤める会社OBのSさんだった。
Sさんは近所に住まっていて、天気に誘われてお孫さんと散歩に来たのだとか。
やー、ご無沙汰してます!
普段の無礼を詫びると、「今年の忘年会の日時を決めたから空けておくように!」と厳命された。(←早ヤッ!)

常磐線取手以遠に住む社の連中8人ほどが「常盤(ときわ)」なる懇親会を作り、機会あれば集まってゴルフや飲み会で親睦を図っている。
あたしもそのメンバーに入れてもらって飲み会だけは参加していたが、年を重ねる度に皆さんは退職なさって遂に現役はあたしだけになってしまった。

皆さん老けこんでヨタヨタしているかと思いきや、大方は今も働いて且つそれぞれの趣味に打ち込み、渋い輝きを放つシルバー世代の方達ばかりである。
年末には再びお会いして一献傾けましょう!

trapgun100 at 20:16|PermalinkComments(0)スポーツ | ウオーキング

2010年09月29日

アイドルの話

5e023ab3.jpg某日、仕事を終えてくたくたになって帰宅したら家中真っ暗。
・・・ ガチャガチャ・・ ギー、(←玄関をあける仕草)

灯りを点けるとテーブルの上になにやら書置きがあった。


ついにおっかー、あたしに愛想つかして家出したのか・・? 
わっはっは!  (←うれし笑い ←きっぱり! ←やや薄弱かな?)

で、どこの男に狂って家を出たの?
・・・
書置きを読むとSMAPって書いてある。
・・SMAPって誰じゃろか?
おっかーったら、韓流スター命とかなんとかほざいていたが、
こんどはSMAPって名の外国人に走っちゃったの? 浮気なお人だこと・・・。

なになに?
今夜の最後の晩餐は焼き鳥とサラダに鍋?
・・
鍋のふたをとって中を見たら・・ おでんの山だった!

先ずは疲れた体を湯船で癒し、例によってフリ珍でウロウロ・ガォー!(←理解できる人は理解できる、できない人は出来ない)
焼き鳥・サラダにおでんをつまみにビールを頂いた。
プハーー!
ごくらく極楽。


話が飛躍するが、
あたしにとってアイドルタレントといえば今も昔もキャンディーズ。←きっぱり!
その昔、「普通の女の子に戻りたい」との引退宣言は国民的なニュースとなりました。
あれから幾年月が過ぎて当時はムチムチ・ピチピチだったお三方は五十路をとうに超えていらっしゃるが、あたしのお気に入りふっくらポチャポチャのスーちゃんは今でも当時の姿のまま夢に出てまいりますな。(ぅっふん)

その節はなにかとお世話になりますた。(←なにお世話になった?) (←それは ヒ・ミ・ツ ) ←ぅっしっし。
ピンクレディーも同じく一世を風びしたけど、なぜかあたしの印象にあまり残っていない。 

 「スーちゃん命」といいつつ、浮気性なあたしゃスーちゃん以前はコメットさんの九重佑三子、その前はこまどり姉妹に夢中になりましたな。 (←フルッ!)
いや、淡谷のり子だったかな・・・? (ゲッ!?)

テレビの歌番組「ロッテ歌のアルバム」に映し出される丸い顔、丸い目に長~い付けまつげ、りんごのようなポチャポチャほっぺのこまどり姉妹や、たわわなおっぱいを両腕で揺らし、鬼瓦のような(失礼)お顔に大きな黒い縁取りの目を爛々と輝かし、たらこの様な口元から吐き出されるしびれるようなブルースに、当時小学生のあたしゃ悩殺されてた。

ぇ! こまどりも淡谷も知らない?  ・・・ それって非国民ですぜ。 (怒)

3e640e1d.jpg最近知ったけど、こまどりさんは今も現役で歌っていらっしゃるそうでして、厚化粧の笑顔の写真を見てなんとなくホッとしましたぜ。




eb093a94.jpg母親の貫禄を増した○子ちゃんが9月の3連休に生後5か月になる我が家のアイドルを連れて帰ってきた。
しばらく振りのご対面である。


928d5569.jpg連休中は例によってあたしゃほとんど家にいなかったから、アイドル君を膝の上に乗せたのはほんの数分間だった。


画像の雰囲気からすると、なんとなく互いに人見知りしちゃった?
あたしと言えば、見るからに胸板の肉は削げ落ち、日々老いさらばえて朽ちていく。
片や、膝に乗ったアイドル君は将来の無限の可能性を秘めて日ごとに成長している。
まあ、これも当然の輪廻だと思えば納得もいく。
わっはっは!

c9af5bbd.jpg9月も終盤の某日、雷鳴とどろく悪天候の中をウォーキング大会に参加した。(←ほぼビョーキ確定? ははは )
会場から見える470mに成長したスカイツリーは低く垂れこめる雲に隠れていた。



スタート前、地元に住む浜口親子が我々参加者を励ましに来てくれた。
「 気合いだ! 気合いだ!! 気合いだ~!!! 
壇上で大騒ぎしているアニマル親父はどーでもいいのだが、横でニコニコたたずむ京子ちゃんってホント可愛かった。
こんなかわいい子がレスリングの試合では鬼の形相になるなんてとても信じられない。
26e7eb7c.jpg
しかしです、
目の前の京子ちゃんは、TVでみる浜口京子ちゃんとそっくりの顔してた。(←当たり前だろ!)



笑顔を絶やさない京子ちゃんに、あたしゃすっかり虜(とりこ)になっちゃった。
あたしの婦人の好みはですね、
美人でなくとも? 不細工でなくとも?? 何はさておいても笑顔を絶やさぬ人が一番スキですぜ。

これからは「京子ちゃん命」でいこう! (←きっぱり浮気者?)
わっはっは!

9月があっという間に駆け抜けて、クールビズも終ると一気に秋が深まりますな。 シンミリ。

trapgun100 at 05:00|PermalinkComments(6)日記 | 雑記

2010年09月16日

カードの話

国民多くの民意を受けて自民党から民主党への政権交代が実現したのはつい1年前だった。
小生は些かながら新政権に期待をしたし、将来に向けて日本国の躍進を望んだのだが、全く持って期待外れの感が否めなかった。
然しながら我々が選択した民主党政権ではあるし、ここは短兵急な評価は下すべきでなかろうと短い首を長くしてイライラを抑えながらの1年であった。
方や2大政党として存在感を示すべき自民党はすっかり影をひそめてしまい今も死んだまま。

キョロキョロ虚ろな目で掴みどころのなかったおぼっちゃま育ちの鳩山さんから庶民上がりのさんへ民主議員さんの大方の賛同を得て新首相が誕生したと思ったら、消費税増税が選挙民の反発を食らって支持率急降下。
(基本的にはあたしゃ、将来を思えば増税すべきと思慮している)

ついには権力欲と金まみれの胡散臭い小沢さんとの代表選挙と相成った。
結果はご存じの通りとなり、一票を投じた民主党員・議員さんは良識的な判断を為されたと思う。
今後は我が国が抱える様々な困難に臆せず立ち向って、国民の幸せ・繁栄と、世界平和への貢献に邁進して欲しい。

あれこれと1年間の民主党政権の功罪があろうと思うが、小生が切実に政権交代を実感したのは八ッ場ダム建設中止に代表される事業見直しだろうか?

話が飛躍するが、姉歯耐震偽装事件が発覚以前であれば一級建築士と言えば医師や弁護士と相並ぶほど一目置かれる存在だったし、業界談合や手抜き施工が多発する以前は建築業界はそれなりに国土インフラ整備の雄として世間の評価を受けていた。
それなのに今じゃ、建築士や建設業やそれらに関係する者は胡散臭い連中とだ思われて評価はすっかり地に堕ちた
まあ、くどくとと泣き言をいっても始まらない、襟を正していくしかなかろう。

0ca539a7.jpgところで画像の自動車免許証似の講習修了証資格者証と書かれたプラスティックカード
じつはこのカードを所持していないと、公官庁が発注する公共工事を受注・施工管理ができない仕組みになっている。

国民の福祉に供する者として建築に関わるものに、設計者には建築士免許、施工者には管理技術士資格を与えてそれを保障した。
小生はそれぞれの1級資格を保有して生活の糧を得ている次第である。
ところが官が保証した両資格であっても、官公庁が発注する工事は前述の通り画像のカードを5年毎に大枚払って更新・保持していなければそれができない仕組みとなっているのである。
これって小生が思うに、国交省辺りから天下ったお役人のお手当を賄う仕組みそのものだと予てから苦々しく思っていた制度であった。

その制度が先の事業見直しで廃止となった。
それを知って、さすがは民主党! 
あたしゃ天下りへの上納金廃止に溜飲を下げた。

そんな些細なことに乾杯したGなのです。

ようやく天高く、秋の季節を迎えましたな。
わっはっは!


trapgun100 at 21:35|PermalinkComments(2)日記 | 雑記

2010年09月12日

近未来

取手駅の衰退、
売店ソバや閉店、
新取手駅の駅員不在、
その分析、
べっとモンブラン?

trapgun100 at 20:04|PermalinkComments(0)

2010年08月31日

根岸、三ノ輪、浅草散策の話

いやー、ほんと、季節はとっくに秋だというのに猛暑が続いていますな、 ふぅ~。

8月はなんだかんだとサボってばかりで半月も仕事をしなかった。 
で、真っ正直な性格のあたしゃ( ←? ) 給料もらうのが憚れますな。 ぅっしっし。
とは言っても、もういくつ寝ると毎日が日曜日を迎えるわが身にとって予行演習のよき8月でありました。 わっはっは!

fdfaf781.jpg某日は軽くジョッキを空けてほろ酔いで電車に乗った。 
ところがJR常磐線某駅で人身事故発生、復旧は当分見込めない。
すかさず振替輸送の案内があって、つくばエクスプレス(TX)で帰宅と相成った。
TXって、こんな場合でないと利用しないがじつに快適である。
当面は赤字経営かと思っていたが、開業5年を迎えてこれといった事故も無く利用客も増えて黒字なのだとか。  めでたし。


さて、翌休日は大いに歩いた。 (笑)

6cca8f7f.jpg上野公園から谷中霊園を抜けて芋坂を下ると、あまりにも有名な羽二重団子の店に行きつく。
この団子、あたしはあまり好物ではないが、時折体が甘味を欲しがるとJR日暮里駅の出店で程よい甘さを求めて帰ること際々である。 (笑)


5b3638be.jpg俳人正岡子規はここ根岸で若き晩年を過ごした。
子規が過ごした当時の様子は小説「坂の上の雲」に活写されている。
辺りは現在(いま)、ラブホテルが密集していて、白昼に一人で足を踏み入れるのはなぜか気が引ける。 ( ←?? ) ←( ホント? )


ca8dfe65.jpg先の大相撲名古屋場所は、賭博事件をはじめ以前からの醜聞が一気に噴き出して、国技「すもう」の存続までをもぐらつかせた。
然しながら前理事長武蔵川(元横綱三重ノ海)部屋のけいこ場はけだるい表の空気が清められて凛とした雰囲気が張り詰めていた。


ff5a0d12.jpg日光街道に面した金太郎飴本店。
乾いた喉に昔懐かしい甘さが広がった。


183f74e0.jpg奥州へ向かう街道の付け替えで後ろ向きになったという薬王寺の背面(うしろむき)地蔵。
延命子育、治眼信仰で大いに賑わったという。
あたしも眼病治癒をひたすら願って手を合わせた。


802fc594.jpg宇宙のすべての現象は、地、水、火、風、空の五つから成るとする宇宙観が古来からあって、これらを色彩で表現したものが五色と謂われる。
8世紀の平安時代初期の頃から不動尊信仰が広まったらしい。
江戸五色不動とは目白、目赤、目黒、目青、目黄の各不動尊をいう。
(以上は目黄不動尊説明文から抜粋)
その一つ、メトロ三ノ輪駅近くの永久寺目黄不動尊。



f9b08c9a.jpg平賀源内墓所
源内をご存じない方って結構いらっしゃるかも・・?

b427b4ea.jpg成長途上のスカイツリーの身長、現在428m?





めでたくサンバカーニバルで賑わう浅草にゴール!
が、しかし、
一糸まとわぬというか、細い紐をまとっただけの美女軍団が乱舞する画像が無いのです。
なぜかと言うと、カメラのバッテリー切れだす。
 
わっはっは!  ←情けない話。

敢て書かせてもらえば、
生白い不健康そうな肌の日本人がいくらサンバを真似てもあたしゃちっとも震えませんぜ。
サンバは褐色の肌色でなけりゃいけません。 ←きっぱり!


ということで8月が終わり。
めでたしめでたし。

trapgun100 at 21:19|PermalinkComments(4)

2010年08月16日

最終回の話 (博多編)

8日に猛暑の記事を掲載した途端に沖縄地方でにわかに台風4号が発生、
雨模様の連続となった。
そんな時期に一人旅を楽しんだのだが、目的は四つあった。
以降、旅を時系列に綴って3回に分けて最終回の話をいたします。
思い込みの強い旅行記ですがお時間が許す限りお付き合いくださいませ。

先ずは旅の目的一つ目の博多編をどうぞ。

旅の準備って些細なことでも楽しいものです。
あれこれと用品をバックに詰めながらも、心は既に彼の地にある。(笑)
でもね、今回は出鼻をくじかれた。
先ずは、携帯シェーバーがとっくに昇天あそばしていて、充電しても、スイッチ入れてもウンともスンとも、ウィーンとも言わなくなった。
仕方ないから旅先で買うことにして家を出た。
キャリーバックをガラガラ引っ張っていたら車輪がパンクというか破裂して動かなくなった。
仕方ないから旅先で買うことにして、バックを抱えて歩いた。 トホホ。

fea1a823.jpg一路新幹線のぞみ号で博多へ向かう。
博多にはポン友が待っていて、今夜は中州へ繰り出して豪遊する予定なのである。
わっはっは!

e9cd29fe.jpg昼時となって駅弁を開く。 
わー なんと旨そうなアナゴ弁当だろう、 おつゆ代わりにビールでもぐもぐ。

・・うまかった。 でもさ、弁当950円って、ちと高すぎない? (怒)

博多まで5時間強、夕刻着。
653764f4.jpg早速駅前のヨドバシカメラへ駆け込みシェーバーとバックをチョイスした。
昇天したバックは思い出深いものでしてね、あたしと一緒に世界中を旅した代物です。
心残りだが、ホテルへ処分をお願いしてお別れした。
新しいバックは四つの車輪が付いていて移動運搬が楽。 が、帰路の電車内で足元に置いてちょっと手を放した隙にブレーキが架かった勢いで勝手に隣の車両に滑って行った。
追いかけてようやく「捕獲」したが、他の乗客の注目を浴びて恥ずかしいったらなかった。
わっはっは!

d7f63109.jpgシャワーを浴びるまもなく先ずは行き付けの料理屋でN君と乾杯!
彼は高校時代からの友人で唯一気心が知れた仲なのです。
ずいぶん前に軽い脳梗塞を患い、若干の後遺症があるらしいが、傍目には判らない。

57c45637.jpgイカの活造り、ゴマ鯖、握り鮨、ウニなどなど、久しぶりの博多の新鮮な味と焼酎を堪能した。
ちなみにこの店の払いはあたし。

cbff1694.jpg店を替えて、某クラブの懐かしいママを訪ねた。
例によって相変わらずの下ネタで爆笑三昧。
イボ付ピーナッツもその話題の一つになるのです。
この店の払いはN君。 わっはっは!

36acdb6b.jpg夜も更けた中州は蒸し暑くてたまらなかったが、恒例によって博多ラーメンを食さねば夜が明けないだろう。
汗を拭き拭きケダモノ臭の強いスープにうっとりしながらラーメンをすすった。 
この店の払いは、割り勘。 ゲップ。


N君との別れの儀式は例年だと路上の真ん中でしっかりと抱き合って右と左に分かれるのだが、今年は互いに歳を重ねたせいかじつにあっさりとしたものだった。
「じゃぁ」
軽く手を挙げ再会を約束した。


翌朝、重たい頭をシャワーで軽くしていざ博多港へ。
7ebfc6f3.jpg釜山行きの高速船やフェリーはどの便も観光客で賑わっていた。
台風4号はますます対馬海峡を狙って北上しているらしいが、躊躇してはいられない。


6d452286.jpg乗船手続きでは「帰りの便の運行は気象状況により保障できない」旨言われたが、
そのときはその時、
「明日は明日の風が吹く」ですたい。
わっはっは!

4135b252.jpgいざ釜山へ向かったのです。

trapgun100 at 22:16|PermalinkComments(0)日記 | 旅行