全国の皆さん、こんにちは!長らくブログをサボっていた中年ニートです。

さて、標題の通りに2年連続で宮古島へ行って来ました。
FXでの収益を上げるだけに集中し、全てのプライベートを犠牲にした8月。
その8月を乗り切った上で自分の大好きな場所に行けるのは格別でした♪

昨年は、Peachの航空券が片道5千円以内でGET出来たので福岡空港発着で
向かった宮古島ですが、今年は出遅れもあって片道9千円程にしかならなかったので、
それなら地元からのANA便の1万強でも対して変わらないと、熊本発着で向かいました。

Screenshot_20190909-105635
ずっと雨続きで、前の週末には過去最大クラスの台風が直撃した宮古島。

でも、ワタクスの滞在する11日~13日に合わせるかのように
晴天になってくれました。感謝感激!!

DSC_0713
実質的初日の10日は、昼前からのフライトを那覇で経由し、夕方に
宮古島に着くという移動メインの日。
レンタカーで予約したホテルにチェックインし、これまた去年の初宮古島でも
最初に訪れた「パイナガマビーチ」でのサンセットからのスタートです。

パイナガマ!!

改めてインパクト強過ぎる。とても日本国内のビーチ名とは思えません(笑)
ちなみに、隣接する公園が「パイパイ公園」だったのには絶句しました。
あまりの衝撃に、写真を撮りに戻ろうかと思ったのですが、前から歩いて来る
ギャルにパイパイを撮影しに戻ったと思われるのが恥ずかしく、断腸の思いで
諦めた次第です。
もし宮古島のパイナガマビーチに行かれる方は、隣のパイパイ公園にも
注目下さい!


翌朝。旅先特有の興奮で早起きしたワタクスは、7時出発のロケットスタートにて
この旅で最初のシュノーケルスポットへと向かいました。

DSC_0714
1stターゲットとしたのが「新城海岸(あらぐすくかいがん)」に候!

阪神からメジャーに行き、今はバリに住んでいるのは新庄(しんじょう)。
パイナガマのインパクトには劣るけど、普通はしんじょうと呼んじゃうよね。

ここは有名トレーダーさんが推奨していたビーチで、事前の期待値も
高かったのですが、結論から言えば最初に来ておいて良かったです(笑)
いや、勿論凄いビーチであることには間違いないのです!
ですが、宮古島にはもっと凄い隠れ場的なビーチもあるので、ワタクスの
中でのラインキングには入らないというだけですからね。

DSC_0716
ちゃちゃっとシュノーケル一発目を楽しんだ後は、その足で海岸線を南下し、
去年も来た「東平安名崎」を再訪しました。

DSC_0717
与那国島とか、石垣島とか、どこにも似たような岬は存在するのですが、
何故かこの地の雰囲気と光景が気に入っています!
あの一部だけエメラルドグリーンの場所に何があるのさ?潜ってみたい!!

DSC_0718
青空に映える白い灯台

この灯台は有料で登れるのですが、去年はパスしたので今年こそは
登ってみようという気で来たのですが、実際に来ると歩いているだけで
絶景続きなので「わざわざ登らなくてもいいや」となるのであります(笑)

朝一からアクティブに動き回ったので、コンビニすらない最南端から一旦は
市街地に戻り食事を済ませ、お次に向かったのが「来間島(くりまじま)」です。
昨年の2泊3日のドライブ旅で唯一行けなかった場所でもあります。


DSC_0719
ふぉっ!!

思わず変な声が出たのは「与那覇前浜ビーチ」
この青の美しさに何と名付ければ良いのでしょう?

これまで楽園ビーチを求めて、世界中を旅して来ました。
バリ、プルフンティアン島、パラワン、アドリア海、地中海・・・

はっきり言っても良かですか?
最高のビーチは我が国にある!!!

ここはシュノーケリングでなくマリンスポーツに適したビーチですが、
パラソルないと暑さで死にます。。。
素敵な恋人が出来て宮古島に再度来る機会を持てたら、このビーチで
パラソル借りてのんびりしながら過ごすなんて事もやってみたいです♪

2度目の宮古島にして最後に残された未踏の地「来間島」は、
数分で一周できるような小さなサイズの島ですが、ここでも見つけましたよ
最高の隠れ家的ビーチを!

DSC_0722
その名も「長間浜ビーチ」
おい、どうした?パイナガマみたいなインパクトに欠けるぞ(笑)

小さな看板があるだけの分かりにくい道を進むと駐車スペースがあり、
更にジャングルを分け入って進むと(と言うと大袈裟ですがw)、視界に
鮮やかなエメラルドグリーンの海が姿を現します!!

ディカプリオのビーチの舞台のピピ島なんて行く必要ないですね!
体重が90kgに迫る中年メタボの「デカプリオ」にとってのピピ島は
来間島なのですよ、奥さん!

DSC_0723
何が凄いって、この海をほぼ独占出来ることです!!

時間帯によっては本当に自分ひとりしかいない空間が出来上がます。
奥の色鮮やかなブルーの場所で2度目のシュノーケルに没頭し、
疲れたら浅瀬まで戻って、水に浸ったまま空を眺めて物思いに耽る。

ああ、何と幸せな時間を過ごしているのでしょう・・・

人生は決して楽でも楽しいことばかりでないし、時に寝れない夜もあるけど、
様々な過程の果てに今ここにある幸せが全てを洗い流してくれるようでした。
そして、そんな時には単純に思うのです。また頑張ろうと・・・

既に後悔に包まれた人生ですが、何の後悔もない人生なんて誰にも
ないでしょう!決して開き直る訳ではないですが、これまでの過去で反省
すべき点は反省し、その痛みを抱えたつつも、これからの新しい未来は
真っ新なものとして、しっかり希望と責任を持って生きて行こうと思ったのでした。

また自分を見失いそうになったら、ふらり訪れてみたいビーチ。
そんな素敵な出会いに感謝して1日目のアクティビティーは終了です。


DSC_0724
今回の宮古島の旅でお世話になったコルト。
お世辞にも綺麗とは言えないけど、これでも3択の中では一番でしたw

翌日は、また早起きしてお気に入りの隠れ家ビーチでのシュノーケルに
向かいます。続く・・・