海外旅行


海外旅行では日本の常識がその国の非常識となることもあり、異文化を肌で感じることができる点が魅力です。
しかし、時には相手を怒らせてしまったり、命に関わるような危険なこともあるようですから、簡単に考えてよいことではありません。

たとえば、代表的な習慣の違いといえば「チップ」です。
日本ではチップを渡すなんてことは滅多にありませんが、海外では自分のためにサービスをしてくれた人へ感謝の気持ちを込めてチップを渡します。

渡すのは、ホテルのスタッフやウェイター、ウェイトレス、運転手やガイドなどで、1度に100〜200円程度渡せばよいでしょう。

男性は、レディーファーストを心掛けるよう注意しましょう。
日本では関係ありませんが、海外では家族以外でもレディーファーストは当たり前。
ダメな男と見られないよう気をつけましょう。


海外旅行


海外旅行の魅力は人によって違うとは思いますが、今までと全然違った環境に身を置くことでしょう。

メディアで海外の事情をいくら紹介されていても、実体験とは違います。
海外旅行で買い物に専念するのも良いのですが、必ず値切りの交渉をしましょう。
日本人は買い物をするときあまり値切る風習がありませんが、値切り交渉をすることで海外の人とコミュニケーションが出来て楽しいものです。

海外旅行で食事をするときやルームサービスを頼む時でも、出来るだけ会話を心掛ければ言葉が出来なくとも結構通じ合えるものです。
折角海外旅行をするのであれば日本人同士で固まらないで、積極的に現地の人と接して現地の風土や文化を感じる事ができれば、実り大きな旅行になるでしょうし満喫する事も出来ます。


海外旅行 準備


旅行代理店のパック旅行のラインナップは、選択幅が広いだけでなく同じ旅行パックでも出発日や宿泊施設などの選択で色々な組み合わせが可能となっています。
旅行者にとっては、縛りの多い格安航空券を探すよりも、旅行計画全体で考えれば海外旅行のパックを上手く利用すればかえって割安になる場合もあります。

最近の航空業界の低価格化の傾向は、石油高にもかかわらず止まりません。
航空業界にとっては厳しい時代ですが、利用者にとっては海外旅行に行くにはいい時代です。

コスト削減で必要最小限の旅行プランもありますが、利用する際は、自分でスケジュールなどの調整をしなければならないケースもあるので注意が必要です。

旅行先の事をある程度知っておく事は、海外旅行でも国内旅行でも同様に大事です。
ですが海外旅行と言っても特別警戒することはありません。
最新情報をこまめに調べておけば、大きな問題はないでしょう。