ブログネタ
海外生活 に参加中!
今回はスイス在住のApfelさんから
チューリッヒの新型バスを紹介していただきました!




8736805a-s


一見路面電車にも見えるこの長ーい乗り物、
これはスイスではおなじみの "トロリーバス" です。

チューリッヒ地区でも、
トラム(路面電車)と共に市民の足となっているこのバス、

ジャバラのように繋がった2両で構成された
2重間接のバスは普段からよく見かけるタイプなのですが、

今年の12月からチューリッヒの街に、
3両繋がる "超長ーい新型トロリーバス" 
がデビューする事が決定し、昨日そのモデルがお目見えしました。

991880_pic_970x641



スイスの無料情報誌 Blick でも、「トラムのように長いバス」
と見出しが付けられているこのバス、

128人乗りで長さ25メートル、新しく12台が導入され、
チューリッヒの市内、Linie 31番と、32番の路線を走る予定。

Dieser Bus ist fast so lang wie ein Tram(Blick.ch)



車両が繋がった内部はこのようになっています。

1991908_pic_970x641



数年前に日本の友人が、
彼女の子供たちを伴いスイスへ遊びにやって来て、
しばらくの間、チューリッヒ郊外の我が家へ滞在した
事があったのですが、

当時はまだ小学生と中学生だった彼らは、
このジャバラのような構造で繋がった2重間接
(その時は2両)のバスを、
それは不思議そうに眺めていたものでした。

それが今や、「3両」 です!

新型バスは多くの乗客を運べるだけではなく、
従来のバスのディーゼルエンジンとは異なり
リチウムイオン電池の電力による運行で、

スイスのツェルマットなどの観光地でも運行されている

排気を出さない環境に優しいこのタイプのバスは、
環境美化を重視するスイスならでは・・。


また、バスはすべて、階段無しの "低床" なので、
お子様を連れのバギー、車いすなどで移動される場合や、
ご高齢者でも利用しやすい構造となっています。


991878_pic_970x641



このバスの12月のデビューまではあとわずか・・。
何となく早く目にしてみたい気もしますが、
チューリッヒの街の楽しみが、また一つ増えました。

Das sind die neuen Busse fur Zurich(TagesAnzeiger)



★スイスの様子がよく分かる
Apfelさんのブログ⇒ 
http://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/