品川イーストクリニックブログ

品川イーストクリニックのスタッフブログです。 ドクターを含め、スタッフの私たちが感じる旬な情報、健康に関する情報をお伝えしていきます。

港区に品川イーストクリニックのスタッフブログです。
今年で18周年を迎えることが出来ました。
これからも安全、安心、笑顔で皆様の健康をサポートしていきますので、よろしくお願いいたします。

こんにちは、品川イーストクリニックです

皆さま、『結膜下出血』という言葉をご存知でしょうか

普通の”充血”と違って目が流血したかのように真っ赤っか!

そこで慌てて眼科へ行ったのに

眼科の先生は「これは結膜下出血ですね」と平気な様子
「大丈夫です、問題ありませんよ
「出血は自然に吸収されるので放っておきましょう
なんて言われてあっさり終わってしまいました

『え!? ほんとに大丈夫なの!? だってこんなに真っ赤なんだよ!?』

……という方に向け、実は参天製薬さんがこんなパンフレットを作っています

img_20962_01






























表紙には
『「放っておいても大丈夫」と言われたけれど』
なんて書いてありますね

結膜下出血そのものは、怖い疾患ではないのです


しかしぶつけた・転んだ事がきっかけで起きた場合は注意が必要です
結膜下出血のあるなしに関わらず、目への打撲は眼底出血網膜剥離など重篤な疾患へ繋がる可能性があります

痛みや見えづらさなど他の目の症状があったり、目をぶつけてしまっていた場合は、自己判断せずに眼科を受診し医師に相談する方が安心です

関連記事:頭をぶつけた!すぐ眼科に行ったほうがいい?
http://blog.livedoor.jp/travelmedicine/archives/8779075.html


参考:参天製薬ホームページhttps://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hyposphagma/20962.jsp

こんにちは、品川イーストクリニックです

ここのところ寒い日が続きますね

冬と言えば、眼科的にはドライアイの季節です
そしてドライアイ治療といえばまずは点眼薬です


「眼科に来たからには薬局では買えないような目薬が欲しい」
「せっかくなんだから変わり種の点眼薬を使ってみたい」
「賛否両論の目薬ってあるんならなんだかカッコいいしすごそう」

……と思っている方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが
今日はちょっと変わったドライアイの目薬、ムコスタ点眼液についてお話ししようと思います


ムコスタ点眼液は2012年に発売された比較的新しいドライアイの目薬です
元々は胃の粘膜を保護する胃薬として使われていました

涙に含まれているムチンという物質の分泌を促進する働きがあります
ムチンには目の表面に涙を定着させる役割を持っています
涙の質を改善させる事が目的なんて画期的ですね


しかしそんなムコスタにも弱点があります
それは……とてもにが~~~いことです

もちろん目薬ですので点眼してすぐに苦みを感じることはありません
しかし涙の穴と鼻、鼻と口は繋がっています

点眼して数分後、忘れた頃に時間差でムコスタが口の中にやってきて
独特のにが~い味が口中へ広がっていきます……
(個人的には魚のニガ玉(胆嚢)をうっかり食べてしまった時と似た味だと思います)

しかしこの苦みを回避するコツも存在します

点眼してすぐに目頭をぎゅっと指で押さえ、涙の穴を塞いでしまうのです
こうすると目薬が鼻・口へ移行するのを可能な限り防ぐ事が出来ます


ドライアイをお持ちの方は、ムコスタなどの目薬を上手に活用して冬を乗り切りましょう
乾燥した季節に限らず、つらい目の症状がある時は遠慮なく眼科の先生へ相談してくださいね

こんにちは、品川イーストクリニックです

そろそろ2020年がやってきますね

1月といえばおせち、年賀状、成人式……
そしてそろそろ、花粉症の初期療法の季節がやってきます!

え?花粉症のシーズンはもっと先ですって?

いえいえ、花粉症には『初期療法』というものが存在しているのです


初期療法とは、その名の通りに本格的に花粉が飛び始める時期もよりも
早い時点で点眼を開始することを言います

この初期療法には
花粉症の発症を遅らせる
ピーク時の症状を緩和する
……という効果を期待する事ができます


点眼の開始時期についてですが、おおむね花粉が飛び始める2週間くらい前が良いとされています


参天製薬さんのホームページでは漫画でわかりやすく解説されていますので、
良かったらこちらも参考になさってくださいね

参考:参天製薬株式会社ホームページ

過去の関連記事:http://blog.livedoor.jp/travelmedicine/archives/9002400.html


こんにちは、品川イーストクリニックです


ドラマなどでこんなセリフを聞いたことはありませんか?

「ハードコンタクトレンズを落としてしまったのですが!」

すると周りの人たちはレンズを踏みつぶさないように注意しながら
一緒になって床を這いつくばりレンズを手探りでさがしはじめて……


しかしハードレンズを使った事のない方、特にソフトレンズ使用者にとっては
「レンズがいきなり落ちるってどういうこと?」
「床に落ちたレンズなんて拾ってどうするんだよ」
とイマイチ共感しづらいシーンでもあります


ポロリと外れることがある
ハードコンタクトレンズというのは小さくて硬~いレンズです

そのレンズが涙に浮かんで黒目の上に乗っているのですが、
目が乾いたりレンズがズレたりすると、ふいに目からポロっと外れ落ちてしまいます

この『ポロっ』という感覚を説明するのは難しいですが、あえて例えるとしたら
イヤホンがぽろりと耳から抜けるような……頭に乗せた手ぬぐいが落ちるような……

しかもハードレンズというのは一枚のレンズを1,2年ほどの長~いあいだ使うので
レンズの紛失というのは死活問題なんです


汚れに強い
そして長期間使う事を想定しているハードレンズは汚れに強いという特性があります
ちょっとくらい汚れてしまっても、キレ~~~~~~~~イに洗えば再び元通り使えるようになるのです
…………理論上は…………

床にレンズを落とすと、汚れるだけでなく傷が入ってしまう事があります
当たり前ですが一度傷がついてしまったら直りません
キズついたレンズをそのまま使うと異物感や見えづらさの原因になったりします



ハードレンズを落としてしまったら、すぐに装用するのではなく
できればコンタクトを処方してもらった眼科へかかってレンズの状態を見てもらうと安心です

(当院ではハードコンタクトレンズの検査・処方は行っておりません
一日使い捨て・二週間使い捨て・一か月使い捨てのレンズのみ取り扱っておりますのでご了承ください)

こんにちは、品川イーストクリニックです

皆さんの待ち時間を、軽減するため
視野検査は、12月~予約制になります

・健診にて、緑内障疑いで引っかかった方(陥凹拡大・神経線維層欠損など)
・医師より次回視野検査をするよう指示の出ている方

上記の方が、対象になります

WEB予約からは15:30、16:30、17:30の枠で予約を取る事が出来ます。

自身が視野検査が必要かわからない方は、お電話にてご予約をお取りください

当日は、【緊急性のある方のみ】対応致します


随時、お知らせします



オンライン予約詳細はこちら


このページのトップヘ