品川イーストクリニックブログ

品川イーストクリニックのスタッフブログです。 ドクターを含め、スタッフの私たちが感じる旬な情報、健康に関する情報をお伝えしていきます。

港区に品川イーストクリニックのスタッフブログです。
今年で16周年を迎えることが出来ました。
これからも安全、安心、笑顔で皆様の健康をサポートしていきますので、よろしくお願いいたします。

こんにちは、品川イーストクリニックです


冬はやっぱり、乾燥が気になる季節ですよね
空気は乾くし、暖房を入れればもっと乾燥するし……

ドライアイの方にとっては、つらい時期だといえるでしょう


そんな方におすすめしているのが、ソフトサンティアという点眼液です


ソフトサンティアは涙と近い成分で出来ている目薬です
また、防腐剤も入っていません

ソフト・ハード問わず全てのコンタクトレンズの上から点眼することができます


そしてソフトサンティアは市販薬ですので
病院の処方箋がなくても直接薬局に行って買うことが出来ます


とっても使いやすい目薬なのですが、防腐剤が入っていない使いきりの点眼薬ですので
開栓後10日以上経過したものは使わないようにしましょう

あけましておめでとうございます
品川イーストクリニックです

あいかわらず寒い日々が続きますね

暖かい春が待ち遠しい・・・・・・と思いきや、春は花粉症の季節でもあります
メヤニ・かゆみ・充血と考えるだけで憂鬱ですね

そこで、今年は早めに花粉症対策を始めてみませんか?

花粉が本格的に飛び始める2週間前に点眼を開始する
または少しでも症状が出たら点眼を開始する

このように早めに治療を開始することを、初期療法と呼びます

初期療法には、発症を遅らせ
症状を軽くするメリットがあります


ご興味がおありでしたら、まずは眼科の先生に相談してみましょう
ツライ花粉症の春、せめて少しでも快適に過ごせればいいですよね


参考:参天製薬株式会社ホームページ

こんにちは、品川イーストクリニックです

ソフトコンタクトレンズを使用中のみなさま、ちゃんとレンズケアはしていますか?


特に、「MPS」という分類のケア用品を使っている方
『オプティフリー』とか『レニュー』とか『エピカコールド』辺りの洗浄液ですね

このMPSという洗浄液は、レンズをしっかりこすらなければ充分に汚れが落ちません
なので、毎日のこすり洗いがとっても重要なんです
めんどうでも、説明書通りにこすり洗いをしましょう


「え~?こすり洗いめんどくさ~い。しなきゃダメ?
という方もいらっしゃると思います
そんな方は、ケア用品やレンズの種類を変えてみるのはいかがでしょうか


ひとつは、漬けおきタイプのケア用品を使うこと
『クリアケア』や『コンセプトワンステップ』のような過酸化水素タイプのケア用品、
『バイオクレン ファーストケア』のようなヨード系のケア用品を指します
MPSのようにレンズをしっかりとこすり洗いする必要がありません

その代わり、規定の時間だけレンズを漬けおいて放置する必要がありますので
『夜中に急にコンビニに行きたくなったなぁ~』という時にコンタクトが使えません
またカラーレンズには使用不可の物が多かったり、
ヨード系のケア用品はヨウ素アレルギーの人は使用できない、
防腐剤が入っていないので長期間使用しないときは定期的に再洗浄するなどの注意点があります


もうひとつは、ワンデーのレンズにすること
一日使い捨てのレンズはいつも新品清潔なレンズを使うのでケアの必要がありません

その代わり、比較的お値段がかさんでしまうのと
外したレンズをもう一度入れることが出来ないというデメリットがあります


コンタクトは直接目に入れるものですから
いつでも気持ちよく使えるといいですね

こんにちは、品川イーストクリニックです

眼鏡やコンタクトレンズを使っている皆様は、眼鏡屋さんや眼科で
視力検査をした経験があると思います

そして『度が強いと疲れてしまうのでちょっと弱めの方がいいですよ』
なんて言われながら度数決めをしたかもしれません
たしかにパソコンやスマホに囲まれる現代人はあまり遠くを見る必要がありません
それならむしろ弱めに合わせたほうが、目の筋肉の負担が減り疲れにくくなるんです

しかし、たまにいらっしゃるんですよね
『観劇が趣味でスポーツ観戦が趣味でとにかくすご~く遠くまでハッキリと見えなければいけないの!』
という方が……

そんな時は、素直にその気持ちを検査員にぶつけましょう

『それじゃあ強くしましょう。その代わり疲れやすくなるので気をつけて下さいね』
と言われるかもしれません

『これ以上強くすると眼の負担が大きくなりすぎます。やめましょう!』
と止められるかもしれません

あるいは
『観劇用の強い度数と、普段用の弱い度数を使い分けましょう』
と提案されるかもしれませんね


あとから度数変更をしようとすれば
もう一度眼科や眼鏡屋に行く
再び検査・診察料がかかってしまう
……などの手間がかかります
眼鏡の使用用途や眼の状態、検査結果などによって処方の内容は変わりますが
もし何か事情や要望があるならば先に言ってしまった方がのちのち後悔はないと思います

こんにちは
品川イーストクリニックです

さいきんめっきり秋らしくなってきましたね
みなさま、いかがお過ごしでしょうか

ところでこの季節、花粉症の症状を訴える方が多くいらっしゃいます
「え?花粉症って春の病気じゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
実は秋はブタクサ属やイネ科の花粉のピークなんです

冬から春にはスギ・夏にはイネ科・秋にはブタクサ属などが飛散しています
また、東北地方などの寒いところと九州地方などの暖かいところではピークがズレる事もあります
おおざっぱに言ってしまえば、日本では一年中何かしらの花粉が舞っている状態なんです

「なんだか最近目がかゆいなぁ」「屋外に出ると鼻水が止まらなくなる
などの症状がある場合は、花粉症が原因かもしれません

花粉症の症状を抑えるには、内服薬点眼薬などが主に使われます
また、花粉症の原因を調べるアレルギー採血は当院内科でも行っています

気になるときは、まずはお医者さんに相談してみましょう

このページのトップヘ