2004年06月03日

ドッペルゲンガー

黒沢清監督ドッペルゲンガーを観ました。人間はとても複雑で、色々な面を持っているもの。私は○○な人間だとか言ってみても、それは殆どが思い込みか理想で真逆な面も持ってたりする。そこらへんを適当にバランス取っていられればきっとダイジョウブなんだろう。ぎりぎりの状態になってしまった主人公の前に、全然違う性格の分身(ドッペルゲンガー)が現われるという話。分身のお調子もん的キャラがすごく良くて、笑った。役所公司以外のキャスティング(永作博美・柄本明・ユースケサンタマリア)も絶妙。ユースケがでっかい玉に追いかけられるシーンは、ここまでやるか!と驚いた(Dの食卓を思い出しました)。笑いの要素多し。黒沢監督の映画はあまり音楽を使わないので、その分エンディング曲でグっと来るイメージがある。この映画の主題歌(PE'Z)もとても良くて、ものすごい開放感で涙が出そうになった。久々に心から面白いと思った映画でした。DVDにカットされたシーン(本体と分身が入れ替わるとこ)が特典映像で収録されているんだけど、あれは見せない方が良いと思う・・・。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/travessia/793245
この記事へのトラックバック
ドッペルゲンガー 日本映画界でジャンルの壁をぶち破る男、黒沢清氏の最新作。タイトル通りテーマはドッペルゲンガー(自分自身の分身、見たモノは数日以内に必ず死ぬと言い伝えられている)だが、だいぶひねくれた映画になっている。一応ストーリーはこうだ。 ディ
ドッペルゲンガー【aauw_blog】at 2004年06月04日 00:19
アトラクションの入口はホラー。出口はコメディ?。「あれ、今のは何だったんだろう。」って、混乱している感じ。「何処で、変わっちゃったのかなぁ」と、その変調ぶりが可笑しくて、気になってしょうがない。怖くも無いし、それほど笑えるわけでもない、正体不明と言えば、
[ ドッペルゲンガー ]【Watchers High】at 2004年09月07日 21:49
”ドッペルゲンガー”はもうひとりの自分のこと。 黒沢清監督作品見ました。 エドガー・アラン・ポーの短編をオムニバス化した傑作、 「世にも怪奇な物語」にも ルイ・マル監督、アラン・ドロン主演の「影を殺した男」(“William Wilson”)という 同様のテーマの作品があ
「ドッペルゲンガー」【邦画ブラボー】at 2004年10月07日 10:00
ドッペルゲンガー ホラーと思いきやコメディー。 最初のほうはけっこう不気味でホラーっぽいんだけど、 ドッペルゲンガーと接触して話をしだすとこれがもうおっかしいんだあ。 たまんないねえ。 よ!だもん。めちゃ陽気なドッペルゲンガー。 ぷくくくく~って感じで笑....
ドッペルゲンガー【カフェビショップ】at 2005年11月26日 06:55