TRAVIS CYCLES (トラヴィス・サイクルズ)のブログ

九州熊本にてトリニティースクール(既に閉校しました)の姉妹校としてだけでなく、ブリティッシュクラシックバイクの輸入・販売・整備を行うトラヴィス・サイクルズです。

洗浄。

P1230001寒くて午前中からはパーツの洗浄が辛いです。さすがにライオンさんは洗った事がありませんが、ライオンさんも寒かっただろうな。
1956?年トライアンフT110の基本的な整備やパーツ交換が終わりました。モータリングテストでは問題無しで一安心です。頼むよ。






以前、ギアボックスのOHのみ依頼された際にクラッチがあまりに酷かったのでついでに最低限の事はやっていました。今回はその続きです。クラッチのガタをきちんと追い込みました。通常はクラッチセンタースパイダーの加工が主になるのですが、ポイントはクラッチハブ側の加工です。必要なのにこれをやらないとクラッチセンターナットが緩み易くなったりします。プレッシャープレートも修正済みです。素敵な感じになりました。
P1230002P1230003






プライマリーチェーンケースは、これも以前に最低限の事をやっていた様で洗浄のみで済みました。代用品だったフットレストスタッドボルトのディスタンスピースは正規品に交換しましたが、仮組みすると長さが合いませんでしたので慎重に加工しました。スプロケットもチェーンも新品にしてプライマリー側の組み立て完了です。点火時期チェック用の印もスプロケットに付けています。
P1230004P1230005P1230006






ガタ無しで綺麗にリフトするクラッチになりました。ただ多少重いです。原因はクラッチレバーなので本来は交換した方が良いです。
P1230009P1230007P1230010







キャブレターも以前あまりに酷かったのでプレミアに交換済みです。今回は純正のオーバーホールキット(正しくはガスケット・ワッシャーキット)を使用して洗浄します。よくこのキットを使用してオーバーホール完了などと言う方もいらっしゃいますが、基本的にはただの洗浄にしかなりません。今日は筋トレデーです。このブログを更新したら筋トレしてすぐに帰宅後に鶏の胸肉と野菜サラダを食らいます。

ボンネヴィル。

P1220001仕事しながら、「最近この店で別体ボンネヴィルを見てないなぁ。」と考えていました。それもその筈です。もともと英国でも高価だった車両ですが、最近は目玉が飛び出る様な価格になって来ています。数は多い様に思えますけど。そんな別体ボンネヴィルですが、割と安いものから高価なものまで沢山売りに出ています。本当に買えなくなる前に1台いかがですか?
画像は1956?年トライアンフT110のプッシュロッドカバーチューブのオイルシールを選定している様子です。結局交換しない事に決めたカバーチューブの座面が少し気になるとです。




一気にロッカーボックスまで組み終えた後が大変でした。この車両は、マグネトーボディーに仕込むタイプのボイヤーさんを再利用します。12V仕様ダイナモにこの組み合わせが良い悪いは別として。例の有名なショップが販売しているものよりも古くからあるタイプです。ピックアップのプレートには何の表記もないのは何とかなるとして、問題はマグネットローターが取り外せない事。センターの穴が埋められていてどうしようもありません。破壊覚悟でやる訳にもいかず、諦めました。
P1220002P1220003P1220004








結局、通常のマグネトー取付け方式でやります。プライマリー側を組み上げると非常に困難な作業になるので先にやりますが、最終的には点火時期をストロボライトで実測する必要があるのでどうにかします。取り外し用のねじが不親切にも1箇所だけだったギアにはもう1箇所追加しておきました。次に取り外す作業者が楽な様に。自分だったりして。
P1220005P1220006P1220007







とりあえずは取り付け完了です。プライマリー側を組み上げてから印を付けて、エンジンを始動させた後に点火時期を実測して微調整します。微調整で済みます様に。
P1220008P1220009P1220010P1220012







オイルジャンクションブロックとサンププレートにはメタフォームガスケットを、スピードメーターケーブルには例のワッシャーを仕込みました。頑張っているボロいダイナモは、破損しているパーツなどを交換してからチェック後に取り付けます。
P1220014P1220015P1220013







何かと手こずってしまっているこの車両ですが、そろそろ一気に進めないとマズイです。とにかく点火システムが心配です。本来ならばマグネトー点火に戻すべきですが、色々と都合がありまして。その代替品がもっと信用できないので今回は特に不安です。マグネトー、バッテリー点火ともに信用出来ない、もしくは使用実績のないものを使用するのは正直抵抗があります。理由はやり直しの可能性があるからです。何でも作業をやり直すのは最初の作業よりも大変です。その上にその分の工賃を頂けない事になるケースが多いので、自分のミス以外でのやり直しは首を絞めるばかりなのです。ブツブツ...。
P1220016P1220017P1220018







それにしても覚悟して構えているのになかなか到着しないAMALさんの荷物。本当に発送したとですか?

ロンスポ。

P1210004今一番面白いTV番組と言えば、皆さんご存知の「渡辺篤史の建もの探訪」で間違いないでしょう。毎回暴走する渡辺先生のお陰で、腹筋のトレーニングにもなります。ソファがあれば必ず座り、目に入ったものはとりあえず全て褒める、帽子が掛けてあれば勝手にかぶり、子供が居れば頭を撫でて嫌がれる事を繰り返す様は必見ですよ。土曜日朝の楽しみです。そして、英国から到着するパーツで楽しみなのは、間違いなどは全部彼らのせいにされるYOUNG BOY達の梱包です。今回も英国版の東スポであるロンスポ?の包み紙で遊んでいました。





英国2カ所からパーツが到着しましたので、無理矢理ご紹介しておきます。AMALさんや配送事故補償分のマグネトーパーツはなぜかまだ届きません。
P1210001P1210002
















ボルト・ナット・ワッシャー類やオイルシールなどなど。汎用のボルト・ナットやワッシャーも様々なメーカーのものを取り寄せて在庫しています。但し、もう二度と同じものが手に入らない事も多く、気に入ったものは次回の発注で大量に取り寄せておきます。こうしてどんどんパーツ貧乏になっていきます。
P1210005P1210006
















ガソリン関係です。今回はこの新商品を取り寄せる為に発注したと言っても良い位期待していたガスナット付きジャンクション(T型、L型)が輝いています!
P1210007P1210008

















ベアリング類やその他まとめてドン。
P1210009P1210010

















大きい方のアンメーターはまだジョセフさんが来て安心しました。新商品のインレットマニフォールドも。ベルトドライブキットはアロイ(アルミ合金)タイプは欠品でしたが、鉄製は届いています。鉄製の新品の精度が絶望的に悪い4本スプリングのクラッチプレッシャープレートも少し前に発売された英国製アロイタイプを仕入れてみました。他ではクラッチスプリングカップが加工しないと入らなかったりしますが、コイツは大丈夫でした。使えますね、これ。高いですけど。
P1210011P1210012P1210013P1210015P1210016






本日は、いつも以上の中身の薄さをごまかす為に間延びした感じで失礼しました。

FXの才能無しである。

P1190008英ポンドがまた急に上がって来た。トライアンフ大統領の就任式などで変な動きがあるといけない。昼過ぎに英国2カ所への送金手続きをしようと思っていたが、何だかんだで忘れていたのである。先ほど外国為替をチェックするとまた上がっていた。慌てて深夜に送金手続きを済ませたのである。FXの才能は全く無かったのである。まだまだ不幸は終わらない。月曜日に提出した650SSの審査書類だが、何の連絡もなかったので問題無く審査が進んでいるのだと思っていた。間違いだった。行政法人様から連絡があり、原動機打刻がパテントプレートに被っているのがアウトとの事。更に、650SSである事を証明する追加書類が欲しいとの事で、生徒さんお気に入りの元々のプレートにダメージが無い様に何とか取り外した。このブログを更新したら筋トレしながら追加の書類を作成して、定休日なのに明日は陸運局に出向く予定である。



P11900011956年?トライアンフT110の様子。なかなか集中して作業出来ていないのだが、サッサと進める予定がカムギアに問題が発覚して解決するのにまた一苦労である。元々あぁしてあった意味がやっと解った。ちなみに元々ユニット用のタイミングギアに一式交換してある。





も〜ごさんはバラしてチェック・修正して再利用。別体のオイルポンプスタッドはねじ込む向きが大切である。長い方をオイルポンプ側にしたいところだが、クランクケース側が正解である。オイルポンプ側にスタッドボルトが余計に飛び出すとタイミングカバーに接触してしまう可能性がある。実際にそれが理由で割れているタイミングカバーを沢山見てきたのである。
P1190002P1190003P1190004







準備が出来ていたシリンダーバレルを装着した。これにも参ったのである。真ん中が貫通うしている大昔の新品シリンダーだが、過去最高にシリンダーナットベース面が狭かった。外側のナットは引っ掛かるところもある始末で、自慢の加工済み工具も使えない。UNFのスタッドボルトにして例のナットを使えば良かったと思っても後の祭りである。例のCEI特殊ナットは仕入れてはいるが、怖くて使わなかった。
P1190005P1190006P1190007






定休明けの土曜日は、おそらく英国から大量の荷物が到着するのである。他にも今から予定がいっぱいいっぱい。しっかりと頭を整理して段取り良く仕事しようと思っているアパホテルアルヨ。

1962年ノートン650SSスクールでのフルOH完了。

生徒さんが当店レストレーションスクールにて行っていた1962年ノートン650SSのフルOHが完了しました。約7カ月かかったと思います。先日、駐車場で試乗してクラッチに問題がありませんでしたので、プライマリーオイルを入れて極端に漏れないかの確認です。別体トラもそうですが、入れ過ぎるとクラッチ裏からジャバジャバ漏れて来ます。更に、ノートンドミネーターツインの場合はカバーのシーリングラバー部分から漏れて来ないかどうかがポイントになります。もし漏れて来た場合、断腸の思いでラバー外側にシリコンシールを塗布しないといけません。結果は、一度はオイルを入れ過ぎてクラッチ裏から漏れて来ましたが、量を減らすと大丈夫でした。シーリングラバー部分からは漏れて来ないのでラッキーでした。
P1180001P1180003







ギアチェンジも全く問題無く、後は登録のみです。




P1160006先回は見事に入れ忘れられたトランスファーも届きましたので、最後の仕上げを。






ノートンツインのオイルタンクには「RECOMMENDED OIL LEVEL」ですので、少し高めの位置が正解です。ちなみにトラはMINIMUM OIL LEVELですので、真ん中よりも少し高い位の位置が適切かと。OIL BATHは少し斜めになりましたが、これも生徒さんにとっては思い出ですかね。とにかく650SSになりました。登録完了後に極寒試乗・調整を行った後に晴れてご卒業となります。
P1180004P1180005P1180006P1180007P1180008







英ポンドが少し安くなって来ましたので、パーツ代の送金タイミングを見計らっています。そもそもこのベストなタイミングが分ればFXで大儲けしていると思います。誠に勝手ながら明日木曜日は、都合により12:00位からのオープンとさせて頂きます。宜しくお願いいたします。

不得意。

私がアニメに近付いた事を嗅ぎ付けて、葛飾の画伯から素敵なものが送られて来ました。以前よりもクオリティーが上がっていて驚きました。これで、例の計画も進められそうです。ただ、僕ちゃんにボッピンQはまだ早過ぎました。
P1170003P1170004







何だかんだで合い間に進めていた1956年?トライアンフT110の様子です。フレームにエンジンが載ったところで止まっています。なぜなら、ちょこちょこやっていたとは言え時間がかかってしまったからです。この車両、一番最初は確かフロントリムの組み換えに始まり、外装のお化粧、ギアボックスのOHのご依頼を頂き、今回はエンジンのOHのみを承っています。その都度あまりに怪しいところは最低限改善していた訳ですが、今回が一番怪しい部分ではありました。エンジンに付随する部分もあまりにアレな部分は改善しています。
P1170001P1170002P1170005






元々はフロントのエンジンプレートが裏表逆に装着してあり、変形していました。その部分は塗装前に改善していたのですが、フレーム側もいまになってアレコレなっているのに気付き、辻褄を合わせるのに時間を浪費してしまいました。一気に修理しないで、ちょtこちょこやるのは正直言って不得意です。自分自身で認識はしていましたが、今回は改めて思い知らされた次第であります。怪しい12Vダイナモを使用した上でのボイヤー点火仕様を継続するのが、本当に大丈夫なのか?と自問自答しながら今後も作業を進めます。
P1170007P1170006P1170009








早くて明日にはAMALからの荷物が到着すると思われます。コンセントリック930が入っていないのは確かですが、一体何が届くのか?いつもこんな感じで困ります。

2台の委託販売車両をご紹介。

入庫したばかりの1960年ノートン ドミネーター99 600cc委託販売車両ですが、タペットクリアランスが狂っている音がしていましたので早速調整しました。ついでにメタフォームガスケットに交換です。それから試乗しました。絶好調な上にとにかく楽しいです。OH直後の試乗では当然ブン回す事が出来ませんでしたので、今回初めてブン回してみました!ノートンツインは、650ccから急にトルクフルになり500ccと600ccはどちらかと言うと非力な高回転型です。それを別体トラ650ccと別体トラ500ccの関係に似ているとご紹介しました。ただ、こちらは600ccですので別体トラ500ccよりも明らかに速いです。ノートンツイン独特のジェントル感も見逃せません。コレでドミレーサー風にカスタムとかしてみたい欲望が沸いて来ました。今回の車両価格は決して安くはないと思いますが、今現在一から車両を輸入してOHした価格よりも100万円以上安い大変なお買い得価格です。私がおススメします!早い者勝ちです。
P1160001P1160002P1160003






試乗して安心しましたので、店内奥のポジションへ移動しました。そこにあった先日嫁ぎ先が決まりました1967年トライアンフTR6Cは、バイクリフト上へ移動しました。キャブレター入荷待ちです。
P1160005P1160004









次は同じく委託販売車両である1954年トライアンフTR5を改めてご紹介させて下さい。下の画像は当店が米国から輸入した時のものです。まだバラす前ですね。その下の動画はエンジン始動確認を行った時の様子です。
d03981d3ee39d78bbe6b549a








そして、フルOHの為にバラした際の様子は下の当店ブログ記事でご確認下さい。※赤文字をクリック
分解開始した様子
分解作業続き

その後、オーナー様のご都合によりOHがキャンセルとなり委託販売となりました。現在は、下の画像の様にバラバラの状態で、一部の外注作業も終わっております。車体価格は決して安くはありませんが、約30万円分の外注費用やパーツ代・工賃を含んでいる上に、今現在一から車両を輸入したよりも大幅に安い価格です。引き続き当店にてOHを依頼して下さる方に特別な価格にて販売中です。OH完了後の納車予定価格も、一から車両を輸入するよりも50万円以上お買い得な価格となります。こちらも早い者勝ちです。
P1160007P1160008P1160009






以上2台の委託販売車両の価格や詳細は、ご氏名・ご住所・お電話番号をお知らせの上でお気軽にメールにて。宜しくお願いいたします。

19576T1962650SS1960DOMI99.

ヘルメッツさんから栗ボーイの在庫補充分が届きました。ありがとうございます!各色1個税抜き1,200円で絶賛発売中です。
P1140001P1140002







昨日英国から到着しました1957年トライアンフ6Tのエンジン始動確認を行いました。58年のスケベ椅子カラーは当店のどストライクカラーです。キャブは純正のSUですが、これは曲者なので交換した方が良いと思います。点火もオリジナルのディストリビューターのバッテリー点火ですが、これもアップデートした方が宜しいかと。クラッチは英国仕様の激重ですが、そんなのどうでも良いです。ブリーザーホースからオイル噴き吹きなのにホースを直下型にするのは止めて下さ〜い。フロントブレーキパネルはレアな7inの2LSタイプに交換されています。
P1150004P1150003P1150006P1150007P1150008






以下はキック3発でエンジンを始動した様子です。LEDのバーエンドフラッシャーがナウいですが、エンジンはとても静かで大当たりの車両です。軽整備でとりあえず乗り出せる車両ですね。





お次は同じく昨日英国から到着した1962年ノートン650SSの様子です。いつも使えないプロップスタンドが装着されていましたが、タイヤに空気を入れると本当につっかえ棒の様になりました。オイルフィードラインにはタップが到着されています。燃料タンクの中は中途半端はグリーンのコーティングが施されています。クラッチは6Tと同じく激重で、センタースタンドはなぜかグラグラ、キックスタータークランクも偽物です。
P1150010P1150011P1150012P1150013P1150014P1150016P1150022













そんな650SSですが、キック4発で目覚めました。昨日ちょうどOHしたての650SSを始動させたばかりなので、どうしてもガチャガチャしたエンジンの様に思えてしまいますが、こんなものです。とりあえず乗る事は出来る車両です。






そして最後は1960年ノートンドミネーター99です。当然、昔納車した時よりも外観は草臥れていますが、上品なオールグリーンペイントのとにかく格好良い車両です。ドミネーター99は600ccです。650SSと比べると?なんて良く質問されますが、別体トラ650ccと別体トラ500ccの違いといった感じです。伝わりましたか?ちなみに500ccの88と99は乗り比べてもあまり大差はありません。
P1150018P1150019P1150020







こちらはキック一発で目覚めました。12Vオルタネーターでバッテリー点火(ボイヤー)仕様で、車検はたっぷり平成30年(平成が続いているのかな?)10月まで残っています。少し試乗しましたが、微調整して明日以降に試乗してみます。大変お買い得ですので、ノートンツインに目覚めたい方に是非乗って頂きたいです!





当店では開業以来100台以上の車両輸入実績があります。完全な輸入代行から輸入後に軽整備後とりあえず登録して納車、完全OHしての納車など何でも承ります。現在、英国の取引先にある車両でおススメなのは、1946年と1953年のトライアンフ5Tスピードツイン、1951年トライアンフT100(フルレースキット装着済み、私が欲しい)です。その他車両や現在売りに出ていない車両も探して輸入する事が出来ます。詳細はお気軽にメールにてお問合せ(ご氏名・ご住所・お電話番号を必ずお知らせ下さい)下さい。宜しくお願いいたします。

今日は、これからとても面倒な1962年ノートン650SSの並行輸入審査書類作成やパーツ発注準備をしてから帰宅します。

TRAVIS TOKYO.

P1140020まずはお知らせです。明日1/14日曜日は都合によりお昼前位からのオープンとさせて頂きます。宜しくお願いいたします。本日は生徒さんの1962年ノートン650SSが完成しました。自動的に味千の中華丼でお祝いです。やっぱり大盛りだよね。






その様子をご紹介する前に、本日は朝から3台の車両が到着していますのでご紹介しておきます。まずは埼玉からやって来たのは1960年ノートンドミネーター99 600ccです。以前に当店がオーストリアから輸入した後にOHしたもので委託販売車両です。明日以降、始動確認等を行い詳しくご紹介します。おススメですよ!
P1140001P1140002P1140003







BlogPaintP1140004P1140006P1140007








こちらは英国から到着した2台、1962年ノートン650SSと1957年トライアンフ6Tサンダーバードです。どちらも綺麗な車両ですね。福岡と新潟のお客様からのご依頼で輸入しております。誠にありがとうございます。明日以降、始動確認等を行う予定です。
P1140008P1140010P1140009P1140011











そして、生徒さんの1962年ノートン650SSのエンジン始動準備を行っている様子です。今回はオイルフィードラインにアンチドレインバルブを取付けていますので、オイルポンプへ直接オイルを注入します。こうしないと負圧が弱くてバルブが作動しない場合があります。その後にオイルタンクへオイルを入れて空キックでクランキングし十分にオイルを回しました。
P1140013P1140016







そしてエンジンはあっけなく始動、油圧警告灯も仕事をしてくれています。とても安定していてノートンツイン独特の大変静かなエンジンです。絶好調!動画は初始動からしばらく慣らした後に撮影したものです。




その後はストロボライトで点火時期を確認、調整した後にプライマリーカバーを閉じました。いつも難儀なこの部分、今回もまずはラバー製のシーリングバンドの内側のみにシリコンを塗布して様子をみます。これでオイルが漏れなければ苦労しないのですがね。
P1140015P1140021P1140023







そして完成!黒いカバーを装着すると益々引き締まって格好良い!!
P1140022P1140024P1140025P1140026







こなるとどうしてもバイクリフトから降ろして、跨ってみたくなります。生徒さんもかなりニヤニヤですね。おめでとうございます、とりあえずですけど。
P1140027P1140028P1140029P1140030P1140032







さらにさらに、せっかく2台の62年650SSが揃ったので写真を撮りたくなります。650SS専用のクロームフェンダーにフランジドアロイリムも良いのですが、ブラックフェンダーに鉄リムもしびれちゃいます。
P1140033P1140034P1140035P1140037P1140036






荷札には「TRAVIS TOKYO」の文字が。違うよKUMAMOTOだよ、まだ。

クランクケース準備完了。

クランクケースの準備はいつも大変な作業です。適当にやればすぐに終わりますが、ちゃんとやれば、しかも状態が悪いとなると本当に時間がかかります。1956年?トライアンフT110の様子です。ベアリングやダウエルなどを取付けて、残っていたサンププレート部分の仕上げを行いました。プレートがきちんと座る為の加工もいつもの通りです。
P1120001P1120002P1120003






ドライブサイドのカムシャフトブッシュを交換しましたので、ラインリーミング後に確認、OKでしたので徹底清掃まで終わったところです。
P1120004P1120005P1120006







各スタッドボルトなどをオイル漏れ対策を施しながら全て取り付けて、クランクケースの全ての準備が終わりました。これで、次に作業する人間がバラした時に「げ〜!」と言わないで良くなったと思います。
P1120007P1120008P1120009P1120010







スタッドボルト・ナットなども準備して一気にクランクケースを閉じました。カムシャフトもクランクシャフトもスムーズに回転します。
P1120011P1120012P1130013







忘れてはならないダイナモストラップですが、予定を変更して先に装着しておきました。フレームに積んでから忘れてましたは嫌なので。定休を挟んで土曜日以降に一気に進める予定です。
P1130014P1130015P1130017







土曜日は、英国から輸入した車両2台と委託販売の1960年ノートンドミネーター99の3台がまとめて到着します。その前に、これから筋トレしながらもう一踏ん張りしてから帰ります。

貧弱。

P1110002昼過ぎからどうにもこうにも頭が痛いので、遅い昼食後にひと眠りしたら何となく治りました。何かとアチコチが痛いだの汁が出て来ただの貧弱な私ですが、意外と風邪ひいて店を閉めた記憶がほとんどないほど最終的には丈夫です。本当に貧弱なのは中古を導入した当店の業務用エアコンでして、外気があまりに冷たいと悲鳴を上げて暖房なのに冷気を放出し始めます。今日もダメみたいでファンヒーターと併用してます。
本日は、在庫の1967年トライアンフTR6Cが現状販売にてご成約となりました。誠にありがとうございます。これでスクールのベース車両は無くなってしまいましたが、まだまだ英ポンドは安いです。ご希望の車両がおありでしたら海外で探して輸入します。




意外と面倒では無いかなと思われた1956年?トライアンフT110のクランクケースは勘違いでした。プライマリーチェーンケースを固定する3箇所の内2箇所は既にヘリサート加工されていましたが、なぜかガタガタ。1箇所はヘリサート失敗済みでした。サンププレートスタッドボルト部分4箇所は、2箇所はヘリサート加工失敗、1箇所はヘリサートインサートごとズル抜け、最後の1箇所は普通にナメていました。エポキシ接着剤などで固められていた理由はこれです。
P1110003P1110004







プライマリーカバー部分は、2箇所のインサートを抜いてタップを立て直した後に再び正規のインサートを入れると問題ありませんでした。どうやらインサートがおかしかったようです。1箇所は普通にヘリサート加工です。この部分は元々裏まで貫通していませんが、この様な修理などで貫通している事が多いです。別に問題はありませんが、オイル漏れ対策を施す必要性が出て来ますので、今回は溶接で埋めました。元々貫通しているサンププレート部分は、一旦特殊アルミろうで埋めますので溶接で埋めた後に穴を拡大しました。この後も貫通はさせません。
P1110005P1110006P1110007







特殊アルミろうで埋めたら荒仕上げまで完了。埋めた5箇所は、溶接で埋めた事がほぼ分らない程度に鋳物風仕上げにしておきました。
P1110008P1110010P1110009







サンププレート部分のもう2箇所はヘリサート加工&やり直しで済み、裏側は溶接で埋めて同じく鋳物風仕上げにしておきました。その他部分の修正もほぼ終わり、山は越えましたがまだまだ作業が残っています。
P1110012P1110011








明日と言うか今日木曜日は朝から経営コンサルがありますので、13:00前位〜のオープンです。宜しくお願いいたします。1954年トライアンフTR5と1960年ノートンドミネーター99は引き続き委託販売継続中です!

牛乳の悲劇。

まずはお食事中の方、特にカレーを食べている方はこの先を読まない様にして下さい。私は多くの日本人がそうである様に乳糖不耐症ですので、急に牛乳を飲むとお腹を下します。便秘気味の時はそれを利用して牛乳を飲んで解決するのですが、今日もそんな日でした。朝から大量に牛乳を飲んで出勤、別に特にお腹が痛くなった訳ではありませんでしたが店に到着後に歩いていると、突然肛門から汁が出て来ました。屁をすかそうとして出たパターンでは決してありません。勝手にじゅるりと出て来ました。まさか40歳を過ぎて店の2階でパンツを洗い、こっそり着替えるとは思いませんでした。ちなみに出たのはほんの少しですけどね。最後に派手にやらかした記憶があるのは中学一年生の時です。学校からの帰路で突然の便意に襲われて、ギリギリまでやり過ごし家に到着しました。もう限界です。そして、トイレのドアを開けると、目の前には便器に座っている親父が。その瞬間に肛門が決壊しました。にゅるにゅるとパンツの中を暴れ回る温かいモノの感触は今でも忘れられません。深夜に失礼しました。


P11100151962年トライアンフTR6SSの生徒さんは最終試乗です。何も問題は無く、明日いよいよご卒業です。ちょうど1年かかってしまいました。








1962年ノートン650SSの生徒さん、本日は仕上げのコントロールケーブル製作の様子です。まずはフロントブレーキケーブルから。良い感じで完成。
P1100001P1100004P1100005







クラッチケーブルも無事に完成です。クラッチが均等にリフトしませんでしたので、アレコレやった結果、何とかなりましたが、時間がかかりました。
P1100002P1100003








ツインキャブのツインプルスロットルケーブルも完成し、同調まで取りました。燃料タンクを外したついでにやり易いのでタペットクリアランス調整も行いました。燃料タップは純正で一個だけです。二個装着するとタンクの脱着が不可能になるのがその理由だと考えられます。一個だけでも横向きにしか装着出来ませんので、画像の様に延長ピースが取り付けられている場合もあります。私も過去にやった事があります。今回は元々のモノを再利用しましたが、ちょっとだけ長過ぎですね。
P1100007P1100008P1100010P1100009







燃料ホースも取り付けましたが、エンジン始動は諦めました。昼前からやって作業が終わったのは深夜です。コントロールケーブルの製作自体は大した事はないのですが、取り回しから何からを一からやるととても時間が掛かってしまいます。たまにお客様からのご注文で取り寄せるノートン純正のケーブルは、わりと品質が良いので次回からは試してみようかと思っています。土曜日にエンジン始動確認後に完成予定です!
P1100014P1100013P1100012P1100011








お陰様で現在作業中・予定の車両の大体の予定が見えて来ました。かと言って、今からご依頼を頂いた車両の作業にすぐ着手出来る訳ではありませんが、お待ち頂く分、久々のご予約特典付きのキャンペーンを実施します。今月末までにエンジンOHなどの一定額以上の重整備をご予約の方(車両の輸入+整備も含む)には、バイク陸送代の片道分を当店にて負担します。但し、勝手ながら5万円を上限とさせて頂きます。陸送の必要が無い方にはそれ相当のサービスを考えます。車両のご購入、重整備のご依頼は今がチャンスです。ぜひご検討下さい。宜しくお願いいたします。

120万人。

ふとブログ管理画面の総訪問者数を見たらとっくに120万人を突破していました。LED照明のスイッチを入れてから光るまでのタイムラグの様に長い約9年間かかりましたが、やっとボンネヴィルになれました。いつもご覧下さりありがとうございます。



P1090001今日もパーツのご注文や発送などが多く、朝から諦めモードで黙々と仕事を続けました。ようやく到達した1956年?トライアンフT110のクランクケース清掃の様子です。ウエットブラストをかけた後に付属するスタッドボルトやダウエル類、ベアリング、交換するカムシャフトブッシュ(DSのみ)を取り外しました。




ここからが大変、穴という穴に液体ガスケットやエポキシパテ類が詰め込まれていて、雌ねじの全容が全く見えて来ません。ひたすらシコシコと掃除です。無の時間がずっと流れて行きました。
P1090002P1090003P1090004P1090005







ひたすらホジホジしながら、全体も一皮剥いて自然なお肌にしておきます。ここでやっと全容が見えて来ました。思ったよりも大変ではないかも?です。
P1090006







明日はスクールの2台仕上げです。今は一時的にすっきりとしている店内ですが、入庫予定車両が多いので一気にいきましょう!当店ではレストレーションスクールの生徒さんを随時募集しております。貴方も一緒に大人の趣味を楽しみませんか?

パーツ発注準備中です。

今日の午後は帰省中の懐かしい(多分20年振り位)男に会えて良かった。さて、2017年もパーツ貧乏一直線といった感じで、現在海外数カ所へのパーツ発注準備中です(ノートンへは発注しません)。大変お待たせしておりますAMALキャブレターですが、もうすぐな筈ですので現在確認中です。コンセントリックMK1プレミア930RH/LHは入荷予定分が全てご予約済みとなりましたので、追加出来るかどうかも確認します。年明けからパーツのご注文を沢山頂いており、有り難く思っております。パーツのご注文をお考えの方は、お早めにご連絡頂けると大変助かります!




1956年?トライアンフT110は相変わらずシコシコと作業を進めていますので、ご紹介しておきます。ロッカーボックスは、スタッドボルト部分が全6カ所中4箇所がダメですので修理しています。まずは大胆に拡大された部分を特殊アルミロウで埋めるところから。ビビッて盛り上げ過ぎですね、これ。
P1080001P1080003P1080005






P1080004冷ましたりする時間がありますので、効率よくクランクケースの準備も同時進行中です。しかし、色々なものが固着していて簡単に外れないばかりかロッカーボックス側に問題が発覚してあまり進まず。





元々溶接してあった部分はなぜかメトリックにしてあり、本来の1/4”BSWでヘリサート加工。反対側も単純にナメかけているだけだと思いヘリサート加工しようと思ったらクラック発見です。どうしましょう、既に真中をロウで埋めてタップまでたてましたよぉ。仕方ないので、下処理をして一気に高電流で溶接して埋めました。8秒で溶接して一気に強制空冷しましたが、巣が入っていない自信が全く無くてヘリサート下穴径で穴を開けたら全く巣はありませんでした。良い事ですけど。しかも元々溶接してあった方の穴が少しズレている事もこの時点で発見しました。基本的にロッカーボックスボルトと貫通ボルトの位置が問題無ければ良いので、辻褄を合わせました。その時に気付きましたが、既にもがいた跡があり納得です。全ての作業が終わり、清掃と自然な感じのポリッシュまで終わった状態です。
P1080005P1080006P1080007







一気に組み上げます。修正などが終わったロッカーアームに新品アジャスター&ナット、新品シャフト、フッ素ゴム製Oリングを使用しました。諸々の準備をして、腰上を仮組みしてみて問題が無いかを確認、OKです。オイルシールの厚みも選定しないといけませんね。
P1080008P1080009P1080010P1080011







連休中にクランクケースまで閉じたいと思っていましたが、怪しい雰囲気になって来て焦っています。3連休中日の深夜で不気味なほど静かなトラヴィス・サイクルズより発信しました。今日は腹筋デーでしたが、サボってもう帰ります。

クラクラ。

P10700011956年?トライアンフT110の作業に移行しています。ウエットブラストまで終わっているクランクケースなどを改めて確認しました。






あらゆる部分に昭和修理の痕跡があり、全て修正しないといけないのですがコレがとても大変です。確認しながら厄払いを終えたばかりの頭がクラクラして来ました。
P1070002P1070003P1070004P1070005







ちょっと気合が足りませんので、内燃機加工が終わっている分から組み上げています。インレットマニフォールドも自然な感じにして組み付け完了です。マニフォールドを固定するのは4個のスモールヘックスナットなのですが、コイツに少し困った事が起きています。少し前からいつものメーカーのものがメトリックサイズになっているのです。この様な事は以前からよくあるのですが、米インチサイズになってしまうのが常だったのに。メトリックサイズは止めて欲しいですね。
P1070006P1070007P1070008P1070009P1070011







タペットとガイドブロックは新品に交換です。ガイドブロックはシリンダー側に合わせて外径サイズを加工、その他部分とタペットもしこしこと加工が完了し、圧入まで終わっています。
P1070012P1070013P1070014P1070015








全ての修正加工が終わっているクランクシャフトも本組み完了で、腰上一式の準備が終わったと思ったらロッカーボックスがまだいました...。溶接モノはクランクケースとあわせて一気にやります!
P1070016P1070017P1070018









レストレーションスクールの生徒さんを募集中、1954年トライアンフTR5と1960年ノートンドミネーター99(来週入庫予定)は委託販売中です!

2017年も宜しくお願いいたします。

P1050008本日より通常営業再開です。休み中は遠方の墓参りも出来ましたし、ゆっくりと過ごす事が出来ました。せっかく絞れていた身体も大きくなりましたので、筋トレもこの後に再開します。久々にヘルメットを新調しました。ただそれだけなんですけどね。英国ヘルメットでサイズが合った試しがないので、ずっと敬遠していたのですが何となく。





年末年始で到着したものを少し。輸入代行のトライアンフT100Cは、車体を押した感じが意外とまともで安心しました。お客様のご要望で装着する現代?のタイヤはHレンジでも持ってみるとやはり重くてびっくりしました。ただそれだけなんですけどね。
PC290001P1050002









休み中もちょこちょこと出て来ていましたので、休み明けの対応も夕刻には終わりましたので作業再開です。1962年トライアンフTR6SSは、車体周り分解の続きでとにかくヘドロを落としながら丸裸にしました。オイルタンクやバッテリー&ツールボックスも取り外してあると色々とありまして。そんなものです。50年代中期から始まるコントロールケーブル レバー側の分割型?タイコは信用していません。更にデュープレックスになるとレバーホルダーの割りまで廃止されますので、勘弁してほしいです。センタースタンドは大きく歪んでいますので、何とか修正します。
P1050003P1050004P1050005P1050006








来週一気に完成させる予定の1962年ノートン650SSをメインのバイクリフトに移動させたら、上がらなくなったバイクリフトの修理です。コイツは空気圧と油圧の両用なのですが、なぜかオイルが抜けて空気圧で上がる時と上がらない時があります。今回はラッキーな事に空気圧で上がってくれましたので、とりあえずオイルを補充しておきました。またどうせ抜けるんですけどね。
P1050010P1050011







店を引っ越したら、フライス盤も欲しいですしまともなバイクリフトも欲しいですねぇ。

仕事納め。

PC290002本年の営業は今日で最後、明日12/30から1/4までは休業とさせて頂きます。1/5から通常営業です。

お前はまだ引きずっているのか!と馬鹿にされそうですが、お休み中の楽しみがギリギリセーフで届きました。これは楽しみです。サウンドトラックのCDを聴きながら、LINEもやらないのにココ https://store.line.me/stickershop/product/7735/ja のスタンプをポチッと押してニヤニヤしています。ダメだこりゃ。



2016年は当店がある熊本で大地震が起きてしまい大変な年でした。台風や水害への備えは出来ていたつもりでしたが地震への備えが不十分で、お客様にもご迷惑をお掛けしてしまい反省しました。しかし、今だから言えるのかも知れませんが、不謹慎である事を承知の上で言うと、とても良い経験が出来た年でもありました。人間の温かさもこれまでの人生で一番感じる事が出来ました。ご支援、お心遣い下さった皆様、当店をご利用下さったお客様のおかげで店の営業も再開出来ましたし、私生活も立て直す事が出来、家族共々助けられました。本当にありがとうございました。心より感謝しております。来年もこれまでの経験を活かして更にレベルアップするつもりですので、トラヴィス・サイクルズを引き続き宜しくお願いいたします。2017年が皆さまにとって素敵な1年になります様に!

ノートン650SSという選択肢。

途中でエアーコンプレッサーのカプラーが壊れるというお約束のハプニングはありましたが、大量の段ボールと金属ごみなどの処分が終わり、今年も終わったなぁと感じました。滑り込みで1969年トライアンフT120Rのヘッドとシリンダーも内燃機加工依頼が完了です。
PC280001PC280002










生徒さんの1962年ノートン650SS、作業を進めました。オイルラインの取り付けとタコメーターケーブルの取り付けが完了です。ドミネーターツインのタコメーターケーブルと言えばエキパイ接触&溶け系です。今回も涙ぐましいタコメータードライブの取り付け角度変更が元々なされていましたので、少し逃がす事に成功しました。
BlogPaintPC280006PC280004PC280005







燃料タンクとハンドルバーミラーも取り付け完了です。せっかく仕入れたノートン純正のマウントラバーですが、薄くて全く役に立たず分厚いレプリカに変更です。ここまで来るとシートもきちんと取り付けて、乗ってみたくなるのが人間です。
PC280007PC280013PC280008BlogPaintPC280011







しかし、どこから眺めても格好良い!!!!!またもやぼ〜っと眺めてしまいました。年明けにコントロールケーブルを製作したら、いよいよ完成ですね。
PC280016PC280017PC280019BlogPaint








大みそかに英国からもう1台の1962年ノートン650SSが港に到着します。が、こちらは既にオーナー様が決まっています。どうしても欲しくなったと言うこのブログをご覧の皆さま、探して輸入しますよ。

ハワイ。

ハワイ旅行のお土産を頂きました。まだ一度も行った事がない憧れのハワイ、年末年始はこの分かり易いニカラグア産のTシャツを着倒そうと思います。キーホルダーも分かり易くて嬉しいですね。しかし、ハワイにも招き猫がある事は初めて知りました。フィリピンの風習では無い事を祈りながら、本日は仕事しました。
PC270003PC270006PC270009









1969年トライアンフT120Rの様子です。バルブガイドは、これまでを反省して先に旋盤で内径を調整しておきました。外径も調整して、圧入後に再び内径を調整して完了です。例のスリーブ部分の処理も終わりましたので、もう少し寝かせて「後締まり」が無いかどうかを確認します。
PC270001PC270002PC270010









スクール生徒さんの1962年ノートン650SSは配線作業をどんどん進めて完了しました。一発OKで問題無しです。後半で生徒さんが少し電池が切れ気味だったのはこれでチャラです。
PC270011PC270012PC270013PC270014PC280019







フロントアクスルシャフトも到着しました。外注加工が終わったブレーキパネルに合わせて苦しい薄々スリーブをアルミ青銅で製作、すぐに組み上げて車体に取り付けました。作業後に片付けも終わり、生徒さんと二人でしばらく見とれてしまいました。
PC280017PC280016PC280015PC280018PC280020







そんな感じで、現在当店のレストレーションスクールに在籍されているお二人の生徒さんはもうすぐご卒業です。ついに恐れていた事態になりそうです。開業約9年で初の生徒さんゼロか?田舎でこういうスクールを続けて行くことの難しさを改めて感じる来年本厄の私でした。

明日は一応大掃除をします。大掃除と言っても店舗内はいつもきれいにしてありますので、大量の段ボールと金属リサイクルゴミを処理する位です。昼過ぎから夕刻にかけて外出して2時間ほど不在となりますので、宜しくお願い致します。

忘れない。

PC260009自分の周りには誰もファンの人が居ないのに、世間では人気があるとされている芸能人が多いと昔から感じます。娘はいまだに「公園で裸で暴れたお兄ちゃん」と呼びます。さすがに「車からなかなか出て来なかったお兄ちゃん」の事は知らない様ですけど。子供は変な事は忘れない。

1962年トライアンフTR6SSのコンロッド、吹き抜けのせいで異常に汚い上に深い傷も多く、傷消しをした後にせっせとお掃除しました。



スモールエンドブッシュは新品へ交換した後に内径調整も完了です。準備が終わっていたクランクシャフトと共に内燃機加工の旅へ出発しました。
PC260010PC260012








続けて1969年トライアンフT120Rの様子です。外注ガンコート塗装が終わったシリンダーは、ひたすらメディアの清掃をして内燃機加工依頼準備完了です。お次はシリンダーヘッドです。ツインキャブでは珍しいと思うのですが、シリンダーヘッドボルト穴のスリーブが吸入ポート内で片側のみ露出しています。これ自体もどうかとは思いますが、更にマズイのは入れられているスリーブの材質が鉄である事です。せめて青銅系のスリーブにすれば良かったのにと思います。これはどうしようもありませんので、いつもの通りケミカルで処理します。
PC260016PC260019PC260017PC260018







まずは加熱した後に古いバルブガイドを取り除きます。上下面はお客様で修正された様でしたので再度確認程度の修正、ねじ山等も全て修正した後にひたすらメディアの清掃とウエットブラストで取れなかった汚れの清掃です。最後にステンレスたわしで全体をスリスリして自然なツヤを取り戻しました。こういう外注の後の清掃などむなしい作業をしている時は気分が落ち込むのですが、こういう時こそ「すずさん」の様に鼻歌まじりで楽しく行いました。それから計測です。ヘッド側のガイド穴は状態が良いなぁと思ったら、過去に微妙なオーバーサイズにしてありました。嵌め代もぼぼ適正でしたので、ほぼ同じ外径サイズのガイドでいけます。まだまだ進行中!
PC260020PC270021PC270022









PC260015すみません、変な意味でご紹介する訳ではありませんので誤解の無いようにして頂きたいのですが、当店ではお客様から頂き物をする事が多くいつも大変恐縮しております。当店では安売りはしていませんし、高額な料金を頂いてサービスやモノを販売しているのですが、こういった事があると本当に嬉しく思います。「この仕事を選んで本当に良かった。」と心から幸せな気持ちになります。この馬絵は当店の宝物の一つになりました。本当にありがとうございます!さぁ、頑張って仕事するぞ。でも今日はもう帰りますね。

この世界の片隅にロス。

PC250001完成したスクール生徒さんの1962年トライアンフTR6SS、ちょっとロング試乗に出掛けました。トラブルも起こらずに無事に帰還されました。と言いたいところですが、シリンダーの巣からオイルが染み込んで漏れて来ましたので、外からデブコンさんで対処しました。実は、少し前に納車したT100でも起きてまして、こればかりはどうしようもないのです。年明けにご卒業です。





私はと言うと、OH中の1962年トライアンフTR6SSのパーツをひたすら洗浄しました。あまりに汚れが酷いのでウエットブラストに出す前に。ところが、紙ガスケットも謎の固着でまったく剥がれずに時間ばかりかかってしまいました。
PC250006PC250007







ヘッドの折れているフィンがねじ留めされていましたが、少し綺麗にするまで判りませんでした。無事にフィンを救出しましたので、ブラストから戻って来たら綺麗に溶接して仕上げますよ。
PC250003PC250004PC250005








PC250008クランクシャフトもスラッヂが凄くて時間がかかりましたが、綺麗に掃除完了です。現在は、コンロッドにとりかかっています。

無心になって掃除していると、頭の中によぎるのは「この世界の片隅に」です。勝手に主題歌が頭の中に流れて来て、各シーンを回想してしまいます。世の中は「逃げ恥ロス」らしいのですが、このおじさんは、まだ上映中なのに関わらず「この世界の片隅にロス」です。もう一回観に行こうかなぁ。しかし、能年玲奈改めのんさんは才能があるんですね。あまちゃんをちゃんと観た事がない私が言うのもアレなんですけど、「皆に愛される才能」と言うか何なのかうまく表現出来ません。色々と事情がある様ですが、才能ってどんなに力で抑え込もうとしても、溢れ出て来るものなんだなぁとシミジミ思う師走の夜でした。

1954年トライアンフTR5委託販売車両を改めてご紹介。

PC240003昨日は久々に家族全員で出掛けました。目的は私ゴリ押しの映画「この世界の片隅で」の鑑賞です。私はまたもや思いっ切りジンジンしましたが、子供達にはちょっと難しかった様です。アニメ映画が苦手だった私がどっぷりとハマっています。DVDが出たら絶対に買おう。皆さんも騙されたと思ってぜひ映画館でご鑑賞下さい!





1971年BSA B50Tの発送が終わり、1969年トライアンフT120Rの外注第一弾が戻って来たので受け取り、土曜日のアレコレもバタバタと終わりました。後はひたすら先日バラし終えた1962年トライアンフTR6SSのお見積もり作成で一日を終えました。
PC240001PC240002








最後にしつこく委託販売車両のご紹介をしておきます。1954年トライアンフTR5です。お問合せを沢山頂きますが、なかなか決まりません。理由は間違いなく価格でしょう。結果的にお買い得なのですが、決して安い金額ではありません。
ここで現在の海外英車事情を説明しておかなければいけません。このブログをいつもご覧の方々は既にご存知かと思いますが、数年前とは全く事情が違います。そうです、欲しい時に海外で車両を探しても、無い、高い、なかなか見つからないの三拍子が揃います。今回の委託販売車両の本体価格では、今仮に海外で売りに出ていた同じTR5を輸入しようとしても不可能です。仮に新たに輸入したとして最終的なOH済み納車価格は、今回の委託販売車両よりも最低でも50万円は高くなります。ですからお買い得なのです。しかも、今回の車両は現在バラバラの状態で、一部の外注も終わっている、当店の仕事も順調に進んでいる状況ですので割と早く納車可能です。詳しくは11/17の当店ブログをご覧下さい。

あっ、当店レストレーションスクールの生徒さんも随時募集中です。

一致した。

PC220010相変わらず大好評のAMALIEオイル12本アソートパック、在庫補充です。決して安売りしている訳ではありませんが、英車専門店でオイルを購入するとガスケットやシーリングワッシャー類、その他細かいパーツまで一緒に購入する事が出来てお得ですね。年末の休みは愛車のオイル交換...寒いからやらないですかね。ご注文はお早めに!





1962年トライアンフTR6SS分解作業の続きです。クランクシャフト色々とチェックです。ビッグエンドジャーナル部分は、STDの再下限位の値でした。ただ、新品STDメタルを入れて仮組みすると一部渋いところがあり、何か原因があります。両メインジャーナルですが、TSは微妙にアウトでDSは完全にアウト。大体がこのパターンです。
PC220011PC220012PC220013







バルブガイドとバルブステムの間は目視で隙間がある状態です。以前の修理の際に交換しなかった証で鋳鉄製ガイドが削れていました。ロッカーボックス座面の研磨の際に邪魔だったものだと思われます。ロッカーボックスも分解、ロッカースピンドルは再利用可能でホッとしました。その他大きなダメージはありません。シリンダーのタペットガイドブロックはかなり傾いていました。取り外して、タペットと共に再利用の可否を判断します。
PC220014PC220016PC220017PC220018








ギアボックスも分解。もちろん消耗はしていますが、なかなか状態が良さそうなのです。でも外が汚い(笑)。キックスターター関係も大きな摩耗は無いなぁと思っていたらアレっ?
PC220019PC220020PC220021PC220023








ギアの破片を発見!キックスターターピニオンではありませんけど。中身ですね。メインシャフトベアリングのサークリップも取り外そうとしたらポッきりです。
PC220022PC220024







中身の状態はとても良くてビックリです。例の破片の相方とも一致しました。
PC220025PC220026PC220027








最後に困ったのは、カムプレートプランジャーのハウジングです。お約束の角がナメているだけでは無くて、どうやって締めたか分からない位キツく締まっており、万力も負けます。一番強力な大型万力で丸い部分をくわえてやっと回りました。ワッシャーも入っていないし。分解完了で、あとは細かいチェックや大掃除が待っています。
PC220029PC220030PC220032







本日も色々とあり、お見積もり作成までは出来ませんでした。土曜日に一気にやろうと思います。
明日の定休は家族を巻き込んで「この世界の片隅に」の二回目に出撃して参ります。サウンドトラックのCDも聴きこんで準備万端です。同じ映画を映画館で二回観るのは人生初です。今から楽しみです。これから筋トレして帰宅します。

痛い。

モノタロウ10%offデーで慌てて発注、パーツの発送など朝から順調に仕事をするも、どうにも寝違えた首が痛い。先日、深夜に帰宅したらTVでNHK試してがってん?の再放送をやっていた。腰痛持ちの人のほとんどは寝返りが極端に少なく、共通する特徴は朝一で一番腰が痛いとの事。その他項目も全て当てはまり、ふむふむ俺の事だなと思った。確かに眠りに落ちた時の姿勢と朝の姿勢があまり変わっていない気がする。と、早速実践。眠りながら出来るだけ寝返りする様に努めていたらそのまま良く眠れずに朝になった。しかも首が痛い。やっちまった。腰はいつもの通り立ち上がれない位痛いまま。
PC210002PC210004PC210005PC210006






そう言えば、B50の最終試乗をする予定だった。欲を出したらセッティングやり直しになってしまい、首が痛い中で何とか完了。すると、DHLで英国から荷物が到着。半年も待っていたマグネトーとダイナモのOHが完了した。お客様をお待たせしているので、早く発送しようと中身をチェックし始めて愕然とした。見事に破損している。英国で通関の際にDHLのお方が中身を全部取り出してチェックし、後は雑に梱包して放り込んだ様だ。

こちらはDHLの配送を佐川急便さんが代行しているので、早速連絡。夕刻に来てくれるも色々と確認してもらうと、佐川さんとDHLの間で佐川は配送事故の責任を一切とらない契約になっているので直接DHLとやりとりして下さいとの事。今度はDHLに電話すると確認してからこちらから折り返します...の後の電話がずっとかかってこない。やっとかかって来たら、英国のDHLとやりとりしないといけないが、今日はもう日本の担当部署が営業終了なので明日以降の対応になり、送り主には何故かこちらが連絡しないといけないらしい。電話の前で首と腰が痛いおっさんが暴れても仕方ない。お客様に迷惑がかかっているので、とにかく早く済ませたい。

とりあえず英国の発送元に連絡すると、案の定1/3までクリスマス休暇との事でチ〜ン。そもそも日本DHLも対応が悪いとの噂があるのに、そこに英国DHLが絡んで来るとなると全くスムーズに事が運ぶ気がしない。腰が痛い、首が痛い、筋トレで腹筋と大胸筋も痛い、そして頭も痛い、お待たせしているお客様の事を考えると心も痛い、全部痛いよ。



そんな感じでまだ新オーナー様が決まらない1954年トライアンフTR5のマグネトーとダイナモのOHが完了して支払いも完了しました。どなたか如何ですか......。本当にお買い得ですよ、というお話しでした。

最後にお知らせです。
先日ご案内しました中古4バータンクは売れてしまいました。ご検討下さった皆様ありがとうございました。もう一つ。予定していた作業が全く出来ていないのに申し訳ないのですが、明日は朝から用事がありオープンが少し遅れます。宜しくお願いいたします。

1962年ノートン650SS 配線作業他。

スクール生徒さんの1962年ノートン650SSは配線作業の様子です。リアブレーキランプスイッチを取り付けますので、ついでにブレーキペダルなども取り付けました。ピボットは少し渋い位でバッチリなのですが、ドミネーターはフロントもそうですがリターンが弱過ぎます。フロントもリアもカムレバーにはリターンスプリングは無し、リアはかろうじてブレーキペダル根元に小さなスプリングが入ります。
PC200001PC200002






PC200003簡易配線図を生徒さんに理解してもらいながら一緒に作成したら、各スイッチ類の配線を決めて取り出します。その後は、メインハーネスまで製作しひたすら繋いでゆくだけです。






得意?の休憩も忘れてひたすら作業に没頭する生徒さん、車両前半の配線作業が全て完了しました。この車両の場合、オイルタンク裏に配線が集中しますので次回は全てつないで完了予定です。
PC200004PC200005PC210012PC210013







油圧警告灯は、ココしかない!と言う事で面倒ですがタコメーターブラケットを取り外して加工後に取り付け完了です。良い感じ。
PC200006PC200008PC210009PC210011







PC210010雨の予報でしたが、半分ハズレでしたので1971年BSA B50Tの試乗も出来ました。作業した部分は全て改善している事を確認出来ました。もう少し試乗したら、週末に埼玉へ発送します。

明日は、1962年トライアンフTR6SSの作業に集中する予定です。その為に、これからもう一踏ん張りしてから帰宅します。

アイツが負けた。

PC190008弁当泥棒のボス猫がついに失脚した様です。最近は姿を見せないなぁと思っていたら、ライバルだった凶暴猫が堂々と店の周りを歩いています。アイツももっと筋トレするべきでしたね。






PC190001時間が出来た上に晴れましたので、BSA B50の試乗や確認を行いました。が、出発前にウインカーリレーが突然死で嫌な予感がしました。走ってしばらくするとエンジンに問題はありませんが、クラッチの切れが悪い事に気付きました。クラッチを切った状態でキックしても何の問題もないのに不思議です。




すぐに戻ってプライマリーカバーを開けて確認しましたが、意味が解りません。一旦バラして組み直し、試乗してみると今度は益々具合が悪くなりました????色々と考えてやっと原因が判明したので組み直して試乗するとOKでした。ついでにタペットクリアランスの再調整やキャブレターを取り外しての再調整、エキパイとサイレンサーの改善などきになった部分を一気にやって深夜になってしまいました。明日から雨の予報ですので、何とか晴れ間に試乗チェックをしたいと思います。
PC190002PC190003PC190004








こちらは1962年トライアンフTR6SSのクランクシャフト スラッヂチューブプラグを取り外した様子です。同業者との電話で「ビクともしないからまた穴でも開けて外さないとダメだよぉ」と言ったら「ボルトでも溶接したら?」とナイス当たり前アイデアを貰ったので、早速実践しました。これでも人力では難しく、ブリンッさんに手伝ってもらってやっとでした。もう今度からはこれでいきます。
PC190005PC190006PC190007









年明けに1960年ドミネーター99 600ccの委託販売車両が到着します。オーナー様は車両乗り換えの為に売却されます。下の動画は2011年10月に当店にてOH完了後に試乗したりしている様子です。



お問合せはマナーをお守り下さった上でメールにてお願いいたします。

募集。

スクール生徒さんの1962年トライアンフTR6SS、ナンバープレートも取得していよいよ試乗と調整です。早速キャブレターの調整をしながらタペットクリアランスの調整やオイル交換を行いました。後は、試乗距離を伸ばしていけばいよいよ卒業です。同時に当店レストレーションスクールは首の皮一枚となりま〜す。
PC180008PC180010








PC180009本日は委託販売の1959年トライアンフ6Tの納車でした。勢いで在庫の1967年トライアンフTR6Cのエンジン始動・確認を試みました。が、キャブが明らかにダメでアイドリングが続きません。こんなものです。








PC180002英国から到着した少量のパーツ、一部を頼まれてもいないのに紹介しておきます。パーツは今年最後だと思います。






新LUCASのパーツが少々。先回入荷してすぐに売り切れたL564テイルランプASSYとレンズも再入荷しましたよ。
PC180003PC180004






その他スイッチ類や取り寄せ分などなど。新商品にチャレンジしてみましたシリーズのキックスターターラチェットピニオンキット?ですが、う〜ん。
PC180005PC180006PC180007









こちらは1962年トライアンフTR6SSの続きです。タペットとガイドブロックは微妙なところです。シリンダーはオーバーサイズピストンに合わせてボーリングです。クランクシャフトはスラッヂチューブのプラグがどうしても回らない久々の展開で一旦諦めました。気を取り直して各部を計測中。まだまだ続いています。
PC180011PC180012PC180013








当店ではレストレーションスクールの生徒さんを随時募集しています...しています、しています。

ハイエースのバッテリーが。

今朝出勤しようとしたら終了しました。5年も頑張ってくれたので優秀なバッテリーでした。今日は熊本市街地でアメリカねずみさん達のパレードが行われているそうですが、私はいつもの定休明け業務をこなした後に1962年トライアンフTR6SSの分解作業に集中しました。夕刻に英国からパーツが到着しましたが、完全無視です。


パッと見はダメージが無さそうなカバー類さん達、何も起きていない事を祈ります。
PC170001PC170002PC170005







クラッチASSYにはとんでもないガタがあります。クラッチハウジングは明らかに硬化が必要です。しかし、この車両の裏側はとてつもなく汚いです。ヘドロの中に何か住んでそうな感じで素手で触るのもちょっと躊躇してしまいます(笑)。
PC170003PC170004PC170006







オリジナルのねじ類とワッシャーで、この汚れの蓄積量!しぇんぱ〜い、もしかしてもしかしますか?久々のノンレストア!
PC170007PC170008PC170009PC170010








そして、エンジンとギアボックスを車体から取り外しました。結果は?
ガスケットの色が少し期待させてくれましたが、多分一度はケースを割ってあります。そんな事はどうでも良いとして、各部のコンディションは悪くない素敵な車両で一安心です。
PC170011PC170012PC170013PC170014






まだまだまだまだ続きます。

プレゼント。

PC150004子供達への偽サンタプレゼントと一緒に届いたのは自分へのプレゼントです。数年振りにCDを買いました。今日はこのCDを聴きながらしみじみと仕事しました。
話しは変わりますが、塗装屋さんが先日ご来店時に仕上がった車両をご覧になりながら「いやぁカッコイイですねぇ〜」とおっしゃるので、「塗装が良いからですよ!」と答えました。すると塗装屋さんが「ここの車両はねじがカッコイイんです、ねじが良いから車両が締まってます。」との事。おそらく英インチの事などほとんどご存じ無いと思うのですが、嬉しい一言で最高のプレゼントでした。

今日も英国から来た車両を分解していて思いましたが、ねじ類が本当に苦しい事になっています。これが米国モノ、更に日本モノになると更におかしな事になっています。英車に主に使用されている英インチのねじは特殊で、日本国内ではねじ専門店でも手に入りません(メトリック頭のBSWを除く)。こんなねじ類の新品を在庫しておかないで英車をいじるなんて、私にはとても怖くて出来ません。もし、お店で在庫していないのであれば相当ハートが強い店主が経営しているのだと思います。多分。



青森へ納車する1962年トライアンフTR6SSのOH分解作業を前に、店内の片付けを行いました。OH完了間近の車両が増えたのと、途中まで分解済みの1954年トライアンフTR5(絶賛委託販売中!)のパーツが邪魔ですので、大幅にフォーメーションを変更しました。
PC150001PC150002PC150003







英国のスペシャルショップが「とてもオリジナル度が高いのでおススメだよ。」と薦めていた車両(到着時にはキャブが張り付いてエンジン始動出来ず!!)の分解開始です。エンジン・ギアボックス・電装系を中心にオーバーホールします。う〜ん、確かにプラグやプラグキャップまでもが...。シートもオリジナルです。しかし、外装系を固定しているねじ類は少し苦しい事になっていました、がそんなの関係ありません。
PC150005PC150006PC150007








ピストンはSTDサイズでシリンダー内壁には明らかに後からホーニングのみを行った形跡があります。後でピストンだけ新品に交換してホーニングしたっぽいです。シリンダーヘッドの例の部分には順調にクラックがありましたが、酷い方ではありません。クランクシャフトビッグエンドは状態良好で、もしこれがオリジナルのままであれば凄いですね。クランクケースを割ってみれば判りますけど。
PC150008PC150009PC150010PC150011PC150012








サンププレート部分はフィルターが省略してありました。これがウエットサンピングの原因か?タイミングカバーの溶接修理跡も下手くそで凄いので何とかしたいところです。タイミングギアトレインは変な事になっておらず状態良好です。しかし、ここで個人的な事件が起きました。回り止めに使う中古のクランクシャフトピニオンギアが、二つとも何処を探しても見当たらずショックです!9年近くやって来て初めての事で、探すのを諦めて新品を使用しました。どこから出て来るのやら。
PC150013PC150014PC150015PC150016








今回、お客様のご要望でマグネトーはキャンセルしてPAZONにキットを組み込みます。プライマリー側も状態は良さそうです。まだまだ続いてます。
PC150017PC150018







昨日ご紹介しました4バーの中古タンクには複数のお問合せを頂きました。誠にありがとうございます。ちなみに1万円、2万円の話しではありません、念の為に。新品で全て揃えた価格の約半額の価格で販売しております。まだ売れていません。

明日の定休を挟んで、土曜日からまた全力営業します。

年末・年始のお知らせです。

早いもので12月も中盤ですね。ここで当店の年末・年始の営業のご案内です。12/30(金)〜1/4(水)はお休みを頂きます。1/5(木)11:00〜通常営業です。12/28(水)はお昼から大掃除を行います。もちろんお手伝い大歓迎です!お手伝い下さった方には夜に酒と食事をご馳走します。2階への宿泊もOKです。我こそはという方は私までご連絡下さい。宜しくお願いします。


PC140003生徒さんの1962年トライアンフTR6SSは無事に車両検査をパスしました。次回からは試乗と調整を行います。寒いですが、ご卒業に向けてラストスパートです。






PC1400011969年トライアンフT120Rの燃料タンクは問題ありませんでした。しばらくお休みなさい。オイルタンク他の追加分も追加で塗装依頼済みです。まだ外注第一弾が戻ってこないのが気がかりですけど。







委託販売しました1959年トライアンフ6Tは、新オーナー様のご希望で本来のタンクに戻しました。現在はちぐはぐになっていますが、前後フェンダーもゴールドに塗装されるとの事です。まだ地震で壊れる前の熊本城で凛々しい姿をみせる本来の姿へ久々に戻るものと思われます。
PC140004PC140005PC140007






PC140006取り外した燃料タンクですが、画像の姿のまま現状にて格安で販売いたします。ニーグリップラバーとキャップ、燃料タップ、マウントボルト・ラバー類などは全て在庫しておりますので、ご希望であれば追加料金でご用意可能です。タンク自体はオリジナルのものでは無くレプリカです。早い者勝ちです!
最新コメント
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ