TRAVIS CYCLES (トラヴィス・サイクルズ)のブログ

九州熊本にてトリニティースクール(既に閉校しました)の姉妹校としてだけでなく、ブリティッシュクラシックバイクの輸入・販売・整備を行うトラヴィス・サイクルズです。

バッセン。

P8110001昨日は娘を大好きな古本屋に連れていった後は息子をバッセンに。我々の世代でバッセンと言えば抜染ですが、息子はバッティングセンターです。私も1ゲーム打席に立ち、いまだに身体がバキバキです。

そんな気がして覚悟しながら出勤した本日は夕刻まで分刻みで動き回りました。パーツも沢山のご注文を頂き有り難い限りです。届く必要が無い荷物は届くが、届くべき荷物は届かずやきもき。そんな中、ユニットトライアンフ650は、修理と車検代行のご依頼です。ありがとうございます。追加のご依頼もあり、予定していたより少し時間がかかりそうです。



午前中に届く筈が18:00前に届いたAMALIEオイルです。かなり焦りました。12本アソートパックが大好評です。同時に届いた5/8”UNEFのタップですが、材料がまだです。
P8110002P8110003








AMALコンセントリックMK1キャブレターは、930、928共に残りの在庫が僅かとなりました。別に発注した分の発送済み連絡がなぜか無く、現在確認中です。画像はお客様ご希望の修正作業(有料)を行っている最中です。当店ではオプションも含めた専門店ならではのサービスを行っております。
P8110006P8110007









P8110004こちらは1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様です。予定よりも遅れて到着したナンバープレートを装着、サドルシートカバーの手直しを完了して涼しくなったであろう日暮れに試乗・調整をスタートしました。





調子は良好で今のところ手直しも必要ない様です。猛暑ですので工夫しながら試乗を重ねていく予定です。





お知らせしておりました通り、8/12(日)〜8/15(水)は夏季休業とさせて頂きます。ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

容量不足。

P8090001本当に毎日色々な事があります。今朝は少し寝坊したのでジム筋トレを40分で切り上げて体力が不足している中でも、色々な事が襲ってきますね。脳みそが容量不足に陥り困っております。

さて、1949年トライアンフT100の様子です。リアホイールアクスルナット製作用のタップは発送された様ですが、先に到着した材料が使えずお金だけが飛んで逝きました(涙)。アレコレと作業が進まないので、先に完結させておこうと思った燃料タンクにもトラブルです。裏4箇所に溶接されたままねじ山が終了しているスタッドボルトですが、幸いタンク側に穴などは無く、ただ単にナメたので溶接した様です。すぐに切り取ってヘリサート加工してやろうと思いましたが...残っている腐ったガソリンを処理している際に気付きました。どうやら横にピンホールが開いている様です。


飾りを外してみると、盛り盛りになったパテの中からガソリンが染み出している様です。これは塗装を剥離してパテまで削らないと分りません。出来れば外したくなかった飾りを外そうとした際にも激しいインチキを複数発見です。燃料タンクまでも作業が止まり、ただ時間と体力だけが奪われていきます。
P8090002P8090003P8090004








こちらはフロントホイールの様子です。ハブがめっきしてあるのは良いのですが、ドラム内側までめっきされていました。何を考えているのか...ブレーキシューのライニングはカチカチなので要交換ですね。そして、何かがポロリと外れたと思ったら、大切なスリーブが偽物で無理矢理辻褄を合わせてありました。おまけにベアリングがガチガチです。おそらくベアリングは回っておらずスリーブとアクスルシャフトのガタで前輪が回っていたものと思われます。ベアリングを外して判明しましたが、ハブの内側にもめっきが掛かっていて圧入がキツくなっていました。
P8090005P8090006P8090007P8090008








ベアリングガチガチ問題はC3のベアリングを使用して解決です。スリーブのインチキばかりかカラーも偽物で、両方とも新品(これが意外と高額)へ交換しました。そして、今度はその新品が不良品で万事休す、と思ったら箱の奥から錆でスリーブとカラーが固着した新品が出て来て救われました。と思ったら、その固着が取れず旋盤でカラーを削り落とす羽目になりました。その他にも泣きたい事が複数ありましたが、何とかベアリングとスリーブ&カラーの交換、スポークのチェックまで完了してリム裏の防錆処理中です。
P8090009P8090010P8100011P8100012






明日は定休ですので脳みその容量を少し増やしておきます。トラヴィス・サイクルズでは、1954年トライアンフTR5・1956年トライアンフTR6と2台の車両を委託販売中です(在庫車両の1970年トライアンフTR6Rは引き続き商談中)。スクールの教材車両としてもおススメです。楽しいお問合せをお待ちしております。

半分は優しさで出来ています。

P8080001何かとアソコが痛い、ココが痛いと騒いでいる私でありますが、意外と病気で店を閉めた事が記憶にありません。昨日からは激しく頭が痛い訳で、今朝はたまらずドラッグストアに走りました。そこで目に留まったのが、「中身はバファリンです!」というPOPと共に半額セールになっていたバッサリンAです。おそらくバファリンよりも優しさの割合が高いものと考えられます。ちなみにライバル商品としてバッサニンを確認済みです。




1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様は無事に車両検査が終わりました。ナンバープレートが到着する土曜日以降に試乗と調整を開始しますが、この暑さですのでやり方を少し考えないといけませんね。
P8080006P8080004P8080009P8080008P8080002








P8080010P8080012P8080013P8080014P8080015








P8080016P8080017P8080018P8080019P8080020









明朝のジム筋トレの為に早く帰宅したいので、画像の数で誤魔化した事がバレないうちに失礼します。

サドルシートカバー。

明日やっと車両検査となった1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様、製作をお願いしていたサドルシートカバーが届きました。早速、例のモノをリベットで固定した後に本体へと装着しました。皆さんご存知かと思いますが、オリジナルは合皮です。そのオリジナルは数年前から枯渇状態でレプリカは質感がチープです。そこで、シボ感がオリジナルに近い本革で製作してもらっています。乗り込むほどに味が出ることでしょう。少し先になりますが、在庫用としてもう1枚出来上がる予定です。決して安価なものではありませんが、この手の車両の顔であるサドルシートカバーにはこだわりたいところです。
P8070001P8070002P8070003P8070004





苦労して微調整したサドルシートの位置もバッチリです。これでやっと確認出来ました。


そして、このシートカバー製作をお願いした「POZIDRIV」さんからは格好良いヘルメットストラップ用のチンガードが届いています。現物が当店にありますので、ご興味をお持ちの方は手に取ってご確認下さい。ご注文は直接「POZIDRIV」さんへお願い致します。
P8070005P8070006







本日は平日にたまにあるご来客多数デーでした。皆さま、当店を探して(笑)ご来店下さり誠にありがとうございます。小さな看板とユニオンジャックだけが目印です。様々な理由からバイクは一切外に並べておりませんので、分かり難くてすみません。そして、かなり怪しい雰囲気と店主で躊躇されるかも知れませんが、お気軽にご入店下さい。

トヨタカメラ。

P8060006今日も早く出勤して、パーツの発送や2箇所へ海外パーツ発注、事務作業などを終わらせてからずっと全開で作業しておりました。夕刻にハイエースの車検がもうすぐである事を思い出し、気分転換でバックモニター用のカメラを修理(したつもり)しました。結露で全く何も映りません。中途半端にバラシてエアーでシューシューしても駄目でした。なぜならば中身が基盤ごとシリコンで固めてあったからです。ちなみにエアブローした時に無くさない様に置いておいた小ねじが1本飛んで逝ったぜ。バラシて良いのか知りませんが、画像の段階から更にレンズ部分までバラバラにして掃除後に組み直し完了(ねじが1本無いけどね)です。結果、映らないのはレンズの結露では無く、カメラがぶっ壊れていました。蚊に食われながらやった意味無し。リアのミラーが欲しいです。



1949年トライアンフT100の様子です。バラしたスプリングホイールの中身さん達は綺麗に洗浄し、ベアリングなどをグリスアップして装着。ホイールも組み上げました。心配された特殊ボルト18本は全てシコシコと修正、ナットだけを新品にしてあげると何とか全て再利用出来ました。緩んでいたニップルも締め直し、清掃まで完了です。
P8060001P8060002P8060003






偏減りしていたライニングを修正後、各部をグリスアップして組み直したアンカープレートを装着しチェックです。問題ありません。ニュータイヤも装着完了。欠品していたスプラングハブのパーツアレコレを追加したり各部を修正して辻褄を合わせたりで何とか形になりました。
P8060004P8060005P8060007







リアホイール装着前にリアセクションを徹底的に掃除しておきました。そして、どうしても交換しなくてはならないボルト類の選定や各ねじ山の修正を行い、とりあえずリアホイールを装着しました。リアスタンドスプリングの起点?として必要なピリオンフットレストの元?も装着済みです。リアセクションはまだまだ改良しないといけない部分がありますので、とりあえずここまで。怪しいオイルタンクも取り外して洗浄・チェック後に黒へ塗装します。アクスルナット製作用のタップと素材はまだ届かず、デカナットを仮で装着済み。次は段取りを考えるとフロントホイールの作業かなと思っています。
P8060008P8060010P8060009







1950年の書類審査も何だかんだありましたが無事に通過しております。散らかった店内を片付ける気力無し。自重筋トレの日ですがもう余力無し。頂いている残りのメールに返信したら帰ります。
※英国の取引先にて安い1953年トライアンフ6T(エンジン・フレーム番号はアンマッチ)が売りに出ました。お探しの方は大至急ご連絡下さい。

色んな事を拒むバイク。

いきなりですが、1949年トライアンフT100の様子です。私がこれまでに触ったバイクの中でおそらく一番おかしな事になっていて、本気で胃が痛いです。責任持って何とかしたいので、胃薬のお世話になりながら奮闘中です。

多分、たまたまあったナットに変更しただけだろうと思っていたリアアスクルナットのお話しです。純正は画像の様なサイズです。恐る恐るモンキーで取り外してみると、予想が外れました。何とそのどデカいナットに合わせてシャフト側を細めてあります。調べてみると5/8”の24山でした。つまり規格はUNEFもしくはUNSです。ちなみに本来はCEIです。調べてみるとそのナットは普通に手に入りません。どうやらインディアンのクラッチセンターナットと同じ規格らしいのですが、そのナットは薄過ぎます。なぜ交換しないといけないのか?それはナットがデカ過ぎてリアスタンドが取り付けられないのです。結局ナットの手配を諦めて、製作の為の素材と高いタップを注文しました。普通に作業する事を拒まれています。
P8040001P8040002







後付けされたプロップスタンドは、ラグが薄いお手製な上に本体がインド製の粗悪なユニバーサルタイプ、角度がデタラメで全く使用出来ません。リアスタンドを装着しないと何も出来ないのです。手配した新品スタンドをクリクリと修正して、とりあえず車体に装着してみました。が、リアスタンドの事を無視してサイレンサーを装着(エキパイも固めてある)してありますので、思いっ切り激突です。外にサイレンサーを逃がすのは簡単ですが、キックスタータークランクの接触が普通に考えられます。う〜ん。
P8050009P8050004P8050005







とりあえずカラーで調整してみると、キックススタータークランクも含めて全てから何とか逃げてくれました。とりあえず良かった。
P8050007P8050008P8050006







これでリアホイールを取り外せます。全てがおかしな事になっていますが、スプラングハブの例の細かいパーツもやはり存在しませんでした。ちなみにスプリングがヘタっているので分かり難かったのですが、上下はやはり逆に装着されていました。ブレーキシューはピボット固定タイプですが、ライニングは張り替えてある様です。
P8050010P8050011P8050012







スプリングユニット内にグリスはおらず、これではベアリングのグリスアップも期待出来ないのでバラシました。案の定グリスアップされておらずバラして良かったのですが、スプロケットとプレートを固定するナットのサイズがバラバラです。特殊ボルトは使われていましたが、ねじ山をチェックするのが怖いです。新品はいくらでも在庫していますが、交換するとお金が掛かります。リムは防錆処理中で、まだまだ作業は続いています。
P8050013P8050014P8050015P8050016P8050017







本日もパーツのご注文を沢山頂きました。誠にありがとうございます。トラヴィス・サイクルズでは専門店ならではの知識と在庫数で、皆さまのご期待に応えられる様にしております。明日以降、英国の数カ所へパーツを発注する予定があります。取り寄せをご希望の方はお早めにご連絡下さい。宜しくお願い致します。


TRAVIS CYCLES

所在地:〒860-0826 熊本県 熊本市 南区 平田1-8-9
電話・FAX:096-284-3196
メール:traviscycles@tulip.ocn.ne.jp
定休日:毎週金曜日
営業時間:平日11:00〜22:00 土日祝祭日10:00〜19:00

夏季休業のお知らせです。

P8040012早速ですがお知らせです。8/12(日)〜8/15(水)は当店の夏季休業期間とさせて頂きます。ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

昨日の定休日は、朝から夜まで子供達の買い物で連れ回されました。今年はまだ夏らしいところに連れて行ってあげていませんので、休業中にたっぷりと予定しています。




P8040010本日は早く出勤後に一日の予定を立て直し、生徒さんを駅までお迎えに。店に戻ったら早速1953年トライアンフT100の発送です。その他の対応やパーツの発送などでなんやかんやでバタバタとした一日でした。1950年トライアンフ6Tはあんなにお願いしたのに審査の連絡は無く、予定も変更です。その他も何かとうまく行きませんねぇ。






木曜日の夜にプロップスタンドの応急処置を行った生徒さんの1960年トライアンフT120です。ラグはしっかりと溶接し直せばまだ使えると思いますので、今度の課題としましょう。今朝は生徒さんが水の中で泳がせて捻じれてしまったトランスファーを何とか救出し、カバーへとトランスファーしました。その後、軽く試乗後に生徒さんは福岡へと自走でお戻りになりました。その後、無事に到着の連絡が入りホッとしました。これからが英車生活の始まりです。頻繁にご来店下さいね!当店ではレストレーションスクールの生徒さんを募集中であります。
P8020006P8020007P8040009P8040011









こちらは英国から到着したいつものリム&スポークセットと少しお高いスペシャルパーツなどです。
P8020002P8040013






リアナンバープレートはあのテイルランプと共に1953年トライアンフ6Tへインストール、リアスタンドは1949年トライアンフT100へとインストール予定です。最高級ナセルハンドルバーグロメットはどうでしょうか?
P8020003P8020004P8020005







ちょっと疲れました。これから出来る限り1949年トライアンフT100の作業を進めてから帰宅します。

海外からやって来る車両。

P8020001本日もきちんと朝からジム筋トレに行って来ましたが、平日の朝一はお年寄りで混んでいます。それはそれで良いのですが、なかなかマシンから離れない方も多く、今日も下半身のメニューを一つ出来ずに消化不良であります。ベンチプレスは110kgまでで止めているので、背中の痛みもほとんど無くなって来ました。
出勤したらアレコレと準備です。こちらは来週頭に車両検査を予定している1950年トライアンフ6Tです。当店にて英国より輸入後にフルオーバーホールを施した様子はこのブログでずっとご紹介して参りました。実はなぜかまだ書類審査が終わっていません。先回まで問題無かった項目が駄目だとか突然言いだすのは本当に止めて欲しいものです。朗報を待つ。



こちらも当店が英国より輸入しました1953年トライアンフT100です。完全輸入代行で、土曜日に四国のお客様の元へと発送します。海外から送られて来たバイクが綺麗に掃除されているか?それはほぼ100%がノーです。結構ホコリまみれのまま梱包されてやって来ます。ちなみに納車整備?をきちんと施して来るところは、私が知る限り1箇所のみです。あとはそのまま現状で送られて来ます。そんなものです。中には「オイル交換や各部の調整済み」と言って来るところもありますが、施された形跡はありません。そんなの期待していないので、最初から言わなければ良いのにね。そんな感じで常識の範囲内で綺麗に掃除しておきました。
P8020002P8020003







P80200081953年トライアンフ6Tも当店が英国より輸入した車両です。先日作業に着手しました1949年T100と同様に、お客様の細かいご要望を取り入れつつとりあえず乗れる状態にした上で登録します。わりとまともな車両ですが、もちろん色々と問題はあります。ここ最近は海外で売りに出る車両が極端に減った上に価格が高騰している事実は、常にこのブログでお伝えしております。そんな中で出来る限り安くお客様がご希望の車両を探して輸入する訳ですが、どんどん厳しくなっています。安い価格に拘ればコンディションもそれに伴って悪くなります。ただ、高い車両のコンディションが本当に良いのかどうかは怪しいところです。到着して諸々を確認してみないと、実際は分解してみないと分りません。先週スクールで作業を行った1955年T100は、仮に現地で外観を確認したとするならば「良い」と判断したであろう車両です。しかし、実際はこのブログでご紹介した通りでした。そんな感じで作業開始に向けてとりあえずリフトへ乗せておきました。



P8020004売約済みとなりました1970年トライアンフTR6R、こちらは過去にトリニティースクールでレストアされた車両です。土曜日以降にご成約となる見込みです。
ここでお知らせです。当店では過去にトリニティースクールでレストアされたトライアンフユニット650ccの買い取りを行っております。「もう要らないから次の方に。」という方はぜひご連絡下さい。但し、あまりに酷い車両(笑)はお断りする場合もあります。予めご了承下さい。○イ○王に連絡される前にぜひ当店へ!




1960年トライアンフT120、こちらは当店が米国から輸入後スクールで生徒さんと一緒にフルオーバーホールを施した車両です。土曜日に生徒さんがお持ち帰りになりますので、奥から引っ張り出しておきました。この車両は米国のディーラーが100点満点の99点だと言い張っていたのですが、ブログでご紹介しました通り中身は酷いものでした。綺麗さでは99点でした!そして、本日不具合を発見しました。妙にプロップスタンドが傾いて来たなぁと思って確認するとラグが割れていました。と言う訳で、今から緊急処置を行います。土曜日はバタバタして出来ないかも知れませんので。
P8020005P8020006P8020007







今月から9月にかけて店内の車両がどんどん出て行く予定です。次の大きな修理のお話しもボチボチ頂いていますが、まだ正式に決まったものは少ないです。今であれば、すぐに車両をお預かりしてわりと早く作業に着手出来ると思います。フルレストアなどの大きな修理から細かい修理まで、日本全国対応しております。お気軽にご相談下さい。当店おススメの委託販売車両2台についての詳細は コチラのブログ記事をご参照下さい。明日、金曜日は定休です。

屋号:TRAVIS CYCLES
所在地:〒860-0826 熊本市 南区 平田1-8-9
電話・FAX:096-284-3196
メール:traviscycles@tulip.ocn.ne.jp
定休日:毎週金曜日
営業時間:平日11:00〜22:00 土日祝祭日10:00〜19:00

39.

もう8月ですね、早い。夏季休業の予定は改めてお知らせします。
P8010001P8010002P8010003






代休を頂いた昨日ですが、1週間位怪しい感じだった息子が朝から熱発でした。計測すると39度ピッタリで、お出かけの予定を中止しました。いつも真横に寝ている私も何だか身体がウィルスと闘っている様な感じです。病気している暇がありませんので、筋力で乗り切ります。
代休明けの本日は沢山の荷物が到着した日でした。宅急便が次から次へと。同時に追加の事務作業も襲って来ましたが、気合で全てを終わらせました。




こちらは1949年トライアンフT100の様子です。ナセルトップを取り外す前に色々と観察しました。とりあえずほとんどがタッピングスクリューで固定してありますし、ヘッドライトリムまでもがそうでした。トップ&ボトムヨークがナセル用ではありません。ですからホーンもこんなところに居ます。これにナセルを取り付けた努力は凄いです。
P8010004P8010005P8010006P8010007






とりあえずナセルトップを取り外しましたが、これを今度どうやってきちんと取付けようかしばらく考え込んでしまいました。ただ考え込んでも仕方ないので、配線類を全て取っ払いました。同時に細かいものをどんどん取り外しましたが...
P8010010P8010011P8010009P8010008







この車両は正しく固定されている箇所がほぼ0です。英インチのねじが全く無かったと思われ、相手にねじが切ってある部分には一回り細いメトリックのボルト・ナットで何とか固定してあります。かなり無理がありますので、取り外すのにも一苦労です。どうなっているのかが取り外すのが怖いスプリングホイールのナットは置いておいて、どうもそのホイールの上下が逆の様な気がするのですが、スプリングがヘタっていて現時点では判断不可能であります。手配したリアスタンドが届いて取り付けるまで、前後ホイールの脱着が困難ですのでその他部分を進めています。まだまだ続きます。
P8010012P8010013P8010014P8010015








来週月曜日にAMALへ発注します。コンセントリックMK1プレミアも今ならばわりと在庫がある様です。930、928以外の口径の取り寄せをご希望の方はお早めにご連絡下さい。

変換出来ず。

P7300001本日はたまに平日にある異常にお電話が多い日でした。お問合せ下さった皆さまありがとうございます。私は引き続き事務作業などに追われましたが、何とかほぼ全てが完了です。誤って削除してしまった御見積りも大変ありがたい事に紙でお渡ししていたものをスキャンして送って頂き助かりました。事務作業の最後にそのPDFを変換して復活させようとして唖然としました。スキャンしたデータは変換出来ないのですね...初めて知りました。自分のせいなので涙を流しながら全て打ち直しホッとしました。
売約済みとなりました1970年トライアンフTR6Rも常識の範囲内での清掃が完了しました。少し綺麗になりました。






P7300002フレームが1949年トライアンフT100の作業にも着手出来ました。とりあえず登録出来て乗れる様に整備します。色々とあるのですが、どうでしょうか?まずはメトリック攻撃に遭いました。当店にはメトリックの工具があまり豊富にありませんので、少し増やさないといけませんね。




とりあえず電装系の配線が滅茶苦茶なので引き直しが決定しています。ロッカーボックス周りにはかなり怪しい仕事がしてありますが、今回はエンジンには手を付けない予定です。
P7300003P7300004P7300005






ナセルトップ周りもちょっと変な事がしてあります。配線を引き直す際にこれは何とかします。しないといけません。燃料タンクのマウントボルト部分にはお約束のスタッドボルト溶接攻撃がしてあります。これをきちんとやり直すにはかなり苦労します。これからまだまだ続きます。
P7300007P7300006








ここでご案内です。現在英国で売りに出ている車両でおススメなのは以下の車両です。1959年トライアンフ6T(別体トラ入門車両?)、1955年トライアンフT110が2台(狙い目)、1962年トライアンフTR6SS(少しだけ安い)です。その他お探しの車両がおありの方はお気軽にお問合せ下さい。そして、8/5以降にAMALへ追加発注を行います。もし何か取り寄せをご希望の方がいらっしゃいましたらお早めにご連絡下さい。コンセントリックMK1プレミア930、928の左右はまだ在庫がございます。

明日7/31(火)は既にお知らせしました通り代休で臨時休業とさせて頂きます。宜しくお願い致します。

7/31(火)は代休を頂きます。

P7290006台風接近につきチビ野良も店内に避難中です。意外と影響が少ない感じですが、まだまだ油断出来ません。本日は久々に土日祝祭日の定時である19:00で仕事を終わらせました。そしてお知らせです。7/27(金)の代休として7/31(火)に代休を頂きます。宜しくお願い致します。





本日いっぱいは作業予定でした新潟から短期集中スクールでご来店中の1955年トライアンフT100のオーナー様ですが、予定を繰り上げて午前中に空港に向かわれました。随分と空港でお待ちになった様ですが、無事に帰還された様で安心しました。お疲れ様でした。次回は9月にエンジン腰上を組み上げて完成させる予定です。
P7290002P7290003P7290007








今週中に整備に着手する1949年トライアンフT100と、既に売約済みとなりました1970年トライアンフTR6Rを常識内の清掃の為にバイクリフトへ移動させました。本日はずっとお待たせしてしまっていた複数の御見積りを作成してホッとした瞬間、他の御見積りを誤って削除してしまった事に気付いて沈没中です。
P7290008P7290009






ここで再びご案内です。当店では大変お買い得な委託販売車両2台をご用意しております。詳細は コチラのブログ記事をご参照下さい。熱いお問合せをお待ちしております。

奈美悦子さんをキャンセル。

1970年トライアンフTR6Rのエンジン始動確認と駐車場での試乗を行いました。ホーンが鳴らないこと以外の不具合はありません。勿論、各部からのオイル漏れはあります。なお、現在商談中となっております。






短期集中合宿スクール中の1955年は、昨日を手を出してしまったフロントフォーク修理の続きです。55年ですので、ステアリングヘッドベアリングはリジッドフレームと共通のタイプです。上側には3/16”のボールを22個使用します。新品が少し高いのが痛いのですが、こればかりは仕方ありません。
P7280001P7280008








昨夜必死に修理したボトム部分は問題ありませんので、新品インナーチューブに新品ブッシュを使用してどんどん組み上げました。このメーカーのインナーチューブとブッシュの組み合わせはタイト目ですので、条件さえ揃えば素敵なフロントフォークになります。状態が良かったダンパーも分解チェック・洗浄済みです。今回もイタズラをする可能性がある奈美悦子さんを旋盤で削り取ってキャンセルしておきました。ボトム内側の状態が大変良好で、単体でカッチリとしたフロントフォークになっています。しかし、この状態で各アライメントに異常があると動きが渋いか全く動かないフォークになってしまいます。
P7280002P7280003P7280004








P7280005 この状態まで仮組みしてもこのタイプはまだ分りませんので...





前輪まできちんと装着してチェックしました。全く問題の無いガタ無しでスムーズなフロントフォークになりました。この作業をやって良かったと思える瞬間です。すぐに車体に取り付けて再度チェックしましたが、感動のフロントフォークです。各部のインチキ系ねじ類は全て正しい新品に交換しています。
P7280006P7280007P7280009P7280012







P7280011P7280001生徒さんはナセルトップを取付けて電装系の配線作業も完了しました。現在は、残りの細かい作業を進めています。問題なのは接近中の台風です。豪雨で大きな被害が出てしまった地域も本当に心配です。生徒さんは明日夜の飛行機で帰還される予定でしたが、ほぼ欠航しそうなので新幹線(これも動くのか?)への切り替えも含めて明日判断される予定です。当店も唯一の看板を台風対策で取り外しておきました。進路にあたる皆さんは十分に注意しましょう。

Wと言えば、

P7270005皆さんのほぼ全員がW浅野と答えると思います。国産旧車好きの方であればWワンでしょうが、当店の場合はW曲がりになってしまいます。額にWの柄がある野良猫さんは、空調が効いた店内で爆睡中であります。





英国からは1953年トライアンフT100が到着しました。お客様から完全輸入代行のご依頼です。誠にありがとうございます。わりと全体的にまとまっている印象ですが、もちろんこのまま調子良く乗る事は不可能でしょう。シルバーの色も少し外れていますが、シブい方向ですので許せます。1953年はT100にとってリジッドフレームのラストイヤーです。1954年のT110のデヴューに合わせてスウィングアームフレームへと移行します。トラヴィス・サイクルズでは、軽く100台を超える輸入実績があります。お探しの車両があると言う方は、お気軽にお問合せ下さい。
P7270008P7270007P7270009P7270010






P7270011P7270012P7270013








1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様、トランスファー類も貼って引き締めた上で車両検査準備まで完了しております。
P7270001P7270002P7270003P7270004









P7270010在庫車両である1970年トライアンフTR6Rには数件のお問合せを頂いております。誠にありがとうございます。現在、エンジン始動確認に向けて準備中ですが、なかなか時間がありません。確認出来ましたらすぐにご紹介します。







短期集中スクールの1955年T100、一旦ナセルトップを取り外して全ての配線作業がほぼ完了しています。バラせばバラすほどマイナス方向の発見が多数あるところはザ・英車って感じでございやす。フロントフォークの動きが渋くて気になるこの車両、ナセルトップを外したついでにフロントフォーク周りの作業に着手してしまいました。左側フォーク単体の動きが悪い理由は、インナーチューブが大きく曲がっていた為でした。そんなものです。オイルシール(シールはフェルトですけど)ホルダー、フェルトの年式に外径が違うワッシャーが2枚入ります。これが実は大切です。外径が小さい方を間違ってトップブッシュ上に入れてしまうと、中でズレてしまいインナーチューブを傷付けるばかりか動きもシブくなってしまいます。オイルシールになった年式の方が影響は大です。ここにフェルト上側用の外径が小さいワッシャーが入っていておかしな事になっている車両は少なくありません。ちなみに今回は1枚入っていないパターンでした。
P7270014P7270001P7270008P7270009








「いやぁ〜渋い原因が判って良かったですねぇ!」なんて生徒さんと話しながら定番であるボトムのアクスルシャフト貫通部分をチェックしてひっくり返りました。画像では分かり難いかもしれませんが激しく曲がっています。これでW浅野もビックリのW曲がりです。すぐに修正用の治具を製作して判った事があります。以前も全く同じ事がありましたが、曲がっているのではなくてアクスルシャフト貫通部分の加工が斜めっているのです。他の部分にもこの様な事例は沢山ありますので、当時の新車の精度がなんとなく想像出来ますね。おじさん二人がかりで見事に修正が完了しましたので、一晩寝かせてから再度チェックします。ちなみに、この様な場合は反対側のナット固定座面も斜めっている事がありますが、今回は大丈夫でW曲がり止まりでした。いや、待って下さい。まだトップ&ボトムヨークを取り外していません。トリプル浅野だけは勘弁して下さい。
P7270003P7270004P7270005P7270006P7270007






この1955年T100は続けて英国から到着した3台の中では一番状態が良さそうでしたしまとまって見えました。買い付けの際の情報でも「とても良い」との事でした。そして現実はこの1週間でお伝えした通りです。「海外レストア済み」車両の現実は、このブログをずっとご覧の方はよくお分かりだと思います。今回、それをまたよく理解して頂けたのではないかと思います。当たれば超ラッキー、外れて当たり前の世界なのです。

台風が気になるところではありますが、当店は全力で営業中です。本日も大きい修理から小さい修理までのお問合せ、車両のお問合せ、パーツのお問合せを頂いております。誠にありがとうございます。仕事は一つ一つ確実に行っておりますので、御見積りなどをお待たせしてしまっている方には申し訳ないのですが、少しお時間を下さい。宜しくお願い致します。

突然やって来る。

P7260012そしてAMALは突然やって来ます。特注分と在庫分のコンセントリックMK1プレミア930左右が入荷しています。今後は供給が安定するのでしょうか?当店では専門店ならではである各種オプションを準備して、ご注文をお待ちしております。





書類審査中の1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様は、引き続き涼しい環境で慣らし中です。モーゴポンプ由来であるブリーザーホースからオイル排出はありますが、絶好調です。キャブレターも最新のものであった様で大変良好で安心しています。
P7260007P7260008P7260009









こちらは短期集中スクール1955年トライアンフT100の様子です。オリジナルで瀕死の状態であったヘッドライトスイッチは新品へ交換します。ところがいつもの通りベゼルのみを再利用せねばならず、ご覧の様に移植しました。固定用のスタッドボルトやコの字ブラケットも製作完了です。
P7260004P7260005P7260006P7260011







クラッチ&ブレーキレバーも修正し、いつもの通り素敵なピボットボルトも投入してケーブル製作へと進みました。
P7260010P7260013








生徒さんに手順や注意点を説明しながらクラッチ&フロントブレーキケーブルを製作しました。ブレーキケーブルのロッドは省略しています。
P7260014P7260016P7260017







スロットルケーブルも製作完了です。取り回しを決める為に仮のシリンダーとヘッドを乗せて行いました。ツイストグリップ部分には元々ちょっとイタズラがしてあり、ぶーぶー言いながら修正しました。
P7260015P7260018






P7260019ここに来てホーンが駄目だったり、各配線が怪しかったりと問題が噴出しています。現在は、全てを引き直している最中です。まだまだ続く。

明日は本来定休日ですが、短期集中スクール中の為に通常営業致します。来週の月曜日か火曜日に代休を頂く予定ですので、改めてご案内します。

短期集中中。

短期集中していますので、いきなりまたその様子を。1955年トライアンフT100です。フロントホイールを取り外してチェックしました。上手にリム組みしてあったのですがスポークのテンションにバラツキがあり増し締めした後に振れ取りです。0.2mm以内位に生徒さんが収めたところで完了です。リムの裏側の処理やリム&スポークのポリッシュも行いました。もちろんホイールベアリング、タイヤも交換済みです。皆が大好きな8inのブレーキは化石になっていたシューを交換、パネルもポリッシュ、再び車体へ取付けました。取付け方法以外に大きな問題はありませんでした。フォークの動きが渋いのが気になりますが...。
P7240008P7240009P7240010P7240012








珍しくQDでは無いリアホイールを取り外しました。リアブレーキがかなりフカフカなのが気になるところです。ついでに掃除やスウィングアームのグリスアップです。そのグリスニップルは丸ごと塗装されてある上にストレートでグリスアップする気0でした。アングルドニップルに交換してグリスを注入するとほとんどグリスは中に居ませんでした。ガタが出ていなくて良かったです。リアブレーキペダルはピボット部分のダブルコイルスプリングワッシャーを入れる位置が間違いで、その結果リアブレーキロッドが届かず大きく曲げてありアウトです。
P7240013P7240014P7240017







ブレーキシューはこちらも化石でしたので新品へ交換です。ホイールは全く問題無くリム組みしてありましたので、リム裏側の処理のみで済みました。ところがブレーキドラム&スプロケットの取付け方法がマズくてやり直しです。5/16”CEIのセルフロックナットを投入しておきました。タイヤも交換。
P7240015P7240016P7250001







ベアリングを交換する段階で、様々な間違いやインチキを発見しました。全て正しく組み直したりパーツを交換したりで、フカフカリアブレーキもカッチリリアブレーキに改善出来ました。そして、生徒さんに実はとても難しい(と私が思っている)プライマリーチェーンとリアチェーンの調整方法を説明しました。しっかりと理解して下さり作業も完了です。現在は怪しかったDCレギュレーターの交換、リアブレーキスイッチの分解整備と配線やり直しなど電装系の作業に取り掛かっています。まだまだ続く。
P7250002P7250003P7250004P7250007








P7250006こちらは英国のスペシャリストの元に旅立ったマグネトー達ですが、戻って来る筈のマグネトーがまだ戻って来ません。発送された形跡がありませんので、もうしばらくお待ち下さい!そして、AMALから突然発送されたキャブレターなどがもうすぐ入荷予定です。コンセントリックMK1プレミア930も左右来ます。またすぐに売り切れてしまいますので、購入ご希望の方はお早めにご連絡下さい。宜しくお願い致します。明日は朝一のジム筋トレからスタートです。

マルガリータさん

久々の日本人優勝力士。

1955年トライアンフT100短期集中スクールはまだまだ続いております。最近輸入した3台の中では一番まともそうな車両でしたが、やはり色々とあります。例の部分からオイルが漏れ漏れだったロッカーボックスも組み直し完了です。面修正やオイル漏れ対策も施してあります。
元々装着されていたモノブロックキャブレターはきちんとOHしてありました。自信満々のラベルが貼られていました。きちんとスライドバルブにもスリーブが被せてあり、これがキャブレターのOHだ!と思いました。バラシて洗浄し、組み直してもらいましがジェットブロックはボディに対して緩いのでした。大丈夫でしょうか?
P7230002P7230008P7230009P7230011








P7230012元々裏表逆に装着されていたフロントエンジンマウントプレートも無事に本来の姿に戻しました。もちろん大変でしたが、工夫で乗り切りました。清掃・チェック済みのダイナモも装着完了しています。次に行こう。







ここで全オイルを抜きます。ここでサンププレート問題です。この車両は漏れ漏れでした。外してみるとパイプの突き出し量が多くてプレートを押していた様です。そこはカットするとして、この年式でもやはりクランクケース側の加工が甘くて綺麗に座りません。加工してあげれば良いのですが、ここは大人の解決方法を選択しました。フィンドサンププレートを使用して楽にメタフォームガスケットでいきました。スタッドボルトも交換、オイル漏れ対策も施してあります。
P7230013P7230014P7230020






ひげが短くスタンドを掛ける事がとても困難なセンタースタンドは、生徒さんのご要望で後期型に交換します。が、取り外している際にスプリングを掛けるプレートのインチキが判明しました。コレは前後フレームの間に挟んでありますので、インチキプレートは切り取って取り外します。新品のプレートには切り込みを入れて一旦びよ〜んと穴を拡大しフレーム側へ装着、その後に元に戻してそのまま溶接で繋ぎました。
P7240001P7240002P7240004








一旦装着した新品センタースタンドですが、そのヒゲがリアブレーキペダルピボットボルトの先端に接触する事が判明しました。すぐに取り外し、力ずくで曲げて逃がしました。これで楽なセンタースタンドになりました。燃料タンクの錆取りも終わり、徹底洗浄と錆止め、乾燥まで終わっています。まだまだ作業継続中です。
P7240005P7240006P7240007P7240011








当店のレストレーションスクールでは、生徒さんを募集中です。合宿所も完備して遠方からの生徒さんにも対応しております。熊本駅まででしたら車で送迎も可能です。車両のお持ち込みも大歓迎ですが、素敵なベース車両も3台ご用意しております。1954年トライアンフTR5、1956年トライアンフTR6、1970年トライアンフTR6Rです。すぐに授業スタート可能です。お気軽にお問合せ下さい!

1970年トライアンフTR6R 在庫車両のご案内です。

本日も1955年トライアンフT100の短期集中スクールは継続中です。その様子はまたご紹介するとして、本日は当店の新たな在庫車両である1970年トライアンフTR6Rのご案内です。

約6年前にトリニティースクールにてフルレストアされた車両です。現在は車検が切れていますので返納手続きを行います。外装はお世辞にも綺麗とは言えませんが、おそらく軽整備で普通に乗り出す事が可能な車両です。
とりあえず英車に乗ってみたいという方には、比較的安価で納車可能かと思います。細かい整備内容などもご要望にお応えします。勿論、この車両をベースとしてレストレーションスクールに通いたいと言う方にもおススメです。先回と同じくすぐにオーナー様が決まってしまうと思います。ご興味をお持ちになった方はお早めにお問合せ下さい。宜しくお願い致します。
P7210008P7210009P7210010P7210011








P72300041950年トライアンフ6Tブラックバード仕様、登録のお姿になって写真撮影会も終わりました。これから書類審査です。エアコンの効いた室内で扇風機を当てながら初期の慣らしも行っています。駐車場で少し試乗してみましたが、問題は無い様です。




キャブの初期設定も終わり、バイクは惚れ惚れするほど好調です。そして想定していた、いやそれ以上にモーゴ製オイルポンプの影響は出ています。この車両は通常の車両よりもオイルンタンク内の戻り口を絞ってあります。つまりロッカーにオイルが行き易いです。動画にある様にエンジンの回転数を挙げると戻り口から二股にオイルが分かれます。私みたいなおっさんの小便の様です。ここにモーゴの強烈な戻しが加わり通常よりもロッカーオイルフィード圧が高く、まずはホースの繋ぎ口からオイルが噴き出しました。初めての事です。ホースをゴツイ方に交換しておきました。ブリーザーホースからのオイル排出量も想定通り多めです。これは仕方ないとして、ロッカーへのオイル供給量が多過ぎる悪影響が出ない事だけを願っています。



明日から次の日曜日まで、通常営業と短期集中スクールを並行して行います。

1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様エンジン始動。

贅沢な野良猫です。サニブラウンは舐める様にカリカリを食い尽くしますが、その息子は残します。残したカリカリには外からアリがやって来て持ち帰ろうとする訳で。

1955年トライアンフT100は短期集中スクールの生徒さんです。急きょ腰上修理になったので、まずはそちらを優先して作業を行っています。特急ブラストから戻って来たシリンダーヘッドの古いガイドを抜き、計測しました。ちなみに上下面などの修正も終わっています。今回はガイド側の加工は不要で、新品の個体差で対応出来ました。圧入後に内径の調整まで終わり、これでシリンダーとヘッドを外注加工に出す準備が完了しました。
本日も細かい洗浄などを進めていますが、明日以降はロッカーボックスが終わったら車体の整備を進める予定です。
P7220001P7220007P7220012P7220011








1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様、電装系の配線作業が終わったところです。小さいナセルのヘッドライトリムを本来の固定方法に戻しています。新品のキャッチとスプリングは勿論そのままでは使用不可能です。削ったり曲げたりして、無事に取付けが完了しました。
P7220004P7220003P7220002







すぐにエンジン始動といきたいところですが、先に燃料タンクとまだカバーが無いサドルシートの取付けです。苦労して修理した燃料タンクマウント部分ですので、無理なくスムーズに取り付ける事が出来ました。格好良いボルト・ナット・ワッシャーでサドルシートもググッと引き締まります。全ての汁を入れて回し、諸々の確認作業を終えエンジン始動準備が完了です!
P7220005P7220008P7220009






カリカリの上に乗っている意味の無いヤツ、一生懸命運ぶヤツ、ただ周りをウロウロして運んでいるフリをするヤツ、人間の世界が凝縮されている様です。重ねて乗り越えれば良いのにね。6Tは本当に最初の始動でキャブの微調整をしただけの動画です。気持ち良く絶好調です。クランクシャフトとそのバランス率、カムシャフトにシリンダーヘッドとっ実質T110エンジンにプリモノブロックキャブレターが装着されています。試乗が楽しみですが、その前に書類審査と国内登録が待っています。




明日は継続車検の予定が急に無くなった分、スクールの方に集中します。買取りの1970年トライアンフTR6Rの詳細もご紹介予定です。

1955年トライアンフT100短期集中スクール。

P7210003本日より約1週間、1955年トライアンフT100の短期集中スクールです。車両は当店が少し前に英国から輸入したもので、とりあえず悪い部分だけを修理して登録する目的です。生徒さんは新潟からお越しです。私も昨日はジムで筋トレして準備万端のつもり。






まずはエンジンの始動準備をして一気に始動してみました。スロットルが異常に重いのでなかなかですが、エンジン自体はとても静かで良さそうです。白煙が凄いのですが、オイルが落ちているだけですぐに止まる筈、だとこの時は思っていました。



駐車場でしばらく試乗して車体もチェックです。大きな問題は無さそうでしたが、白煙は全く止まらず特に片側からが酷いので諦めました。駄目です。早速バラして行きます。ダイナモも取り外してチェックし、基本的な清掃等を行いました。バラす段階で細かいインチキがどんどん発見されるのもザ・英車です。
P7210004P7210002







油が激しくトップに溜まっているピストンはSTDサイズです。明らかに過去にスリーブが交換されていました。この前にOHした方は抱きついたピストンの表面を慣らしてピストンリングを交換、シリンダーもホーニングして傷を消した様です。それが原因でした。念の為にヘッドもバラします。ガイドはそこそこガタガタでした。せっかくなのでガイドを交換します。ビッグエンドに大きなガタが無かったコンロッドですが、問題が一つ。その入れ換えられたスリーブが少しズレていてコンロッドが削れていました。スカート下部の逃げを拡大して対処しました。
P7210005P7210007P7210006P7210012P7210013








取り外した燃料タンク、例のマウントボルト部分が全て怪しかったので全てヘリサート加工しました。今はケミカル満タンで錆取り中です。ガイド交換が決まったシリンダーヘッドは業者さんが超高速で燃焼室をブラストしてくれました。夕方に出して夜バッチリ。感謝感謝感謝です!確実にこの合宿では作業が終わらない事が決定したこの車両、明日も出来る限り進めて行きます。
P7210014P7210015








P718000112本アソートパックが大好評のAMALIEオイルも在庫補充です。この猛暑でバイクに乗るとオイルも酷使されます。オイル交換はお早めに!
本日は買取りが決定しました1970年トライアンフTR6Rも到着しています。詳細は明日以降ご案内予定です。ご期待下さい。

新品サドルシートの取付けなど。

1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様に新品サドルシートを取り付けた様子です。サドルシートはラージタイプです。トライアンフは、この様な所謂ユニバーサルシートがとりあえずそのまま取付け可能な数少ない車種です。例えばノートンもヴェロセットも前側に専用のブラケットが必要です。
そのままとは言ってもやはり新品シートです。個体差もありますし色々と加工が必要です。まずは前側が狭過ぎますのでジワジワと拡げます。そして専用のスタッドボルトを装着したスプリングを車体に刺して、後側のスプリングを固定する位置を決めます。前側の穴は通常2箇所開いていますが、今回は後方では燃料タンクに激突してしまい無理な様です。
P7190001P7190002P7190003P7190004








スタッドボルトは長過ぎますので短縮加工して、シートの角度を合わせます。ここでシートに座ってやりたかった作業が一つ、それはハンドルバーの角度を確定させる事です。オーナー様がアレの様に垂れ気味の角度をご希望ですので、ナセルトップが許すかつポジション的におかしく無い範囲で調整しました。
P7190005P7190006P7190007P7190008







P7190009P7190010







しかし、サドルシートの位置がどうしても気に入りません。前側の穴を追加して、このシートで出来る限りベストな位置にしました。前側の穴の片側には純正ですとねじが切ってあり、ボルトを通した後にロックナットで固定する構造です。ここはピボットボルトですのでシートが動いた際に緩んでしまう可能性があります。横ガタがあるととても乗れたものではありませんね。しかし、新品はただの貫通穴ですので、当店では貫通ボルトを通してセルフロックナット(頻繁に脱着する可能性があるのでナイロック)で緩み止めとしています。ボルトは贅沢にもユニットトラのシリンダーヘッドボルト5/16”BSCです。これでサドルシートの準備が完了し、特注シートカバーの完成待ちとなりました。
P7190011P7190012P7190013








引き続き諸々の通路を確認した後に燃料タンクまで取り外し、電装系の配線作業です。メインの配線を束ねたメインハーネスを製作し、細かい電装系パーツの取付けと配線まで済ませました。
P7190015P7190017P7200018P7200019







シート下とナセル内の配線を全て繋いであげれば配線作業完了です。本当は一気に完了まで作業しようと思いましたが、最近は朝方まで作業するとしばらく疲れを引きずってしまうので止めました。
P7200020P7200021P7200022P7200023









P7190016サニブラウンは姿を現したのですが、その息子であるチビを今日は見かけていません。明日は定休だと言うのにちょっと心配です。と思ったらたった今来ました。が、強烈にカメムシ臭い...。

土曜日から1週間ちょっと、新潟から短期集中スクールの生徒さんが合宿です。車両は1955年トライアンフT100、とりあえず新規登録出来る様に整備します。買い取り予定の1970年トライアンフTR6Rも到着予定。1950年トライアンフ6Tの続きやお待たせしてしまっている複数の御見積書作成も行います。もうしばらくお待ち願います。

ブラックなコントロールケーブル製作。

サッサと準備だけはしておいたのですが、なかなか作業出来ませんでした。もうイレギュラーはお腹一杯です。消費税の前納分や高額な各支払いも終えて更にテンションは下がりました。土曜日からの合宿スクールに備えて2階の寝具の洗濯・乾燥など準備は完了!
P7180002P7180003P7180004









P7180005英国からは発注しておいたパーツが到着しました。止めろと言われても一部をご紹介しておきます。






LUCAS製品が沢山、PAZONなどのその他電装系パーツが少々、1953年トライアンフ6Tに使用するサドルシートラージ、英インチソケットセット(英インチコンビネーションスパナ8本セットは残り1セット)などとお取り寄せグルメが少々です。検品、計算、在庫管理、請求書作成、梱包・発送準備、ご連絡などが済み次へ進む。
P7180006P7180008P7180007P7180009P7180010








そしてやっと辿り着いた1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様のコントロールケーブル製作の様子です。各ケーブルはアウターの長さを決めたら実際の取り回しにしてインナーケーブル長を現物合わせで決定します。長過ぎず短過ぎず脱着し易く、ハンドルを切った時の事も考えて。同じ年式・車種でも1台1台条件が違う英車にストレスが無いコントロールケーブルを製作するのはいつも大変です。特にこの年式でフロントブレーキケーブルをナセルグロメット内を通過させるスペースが無さ過ぎます。外をペロ〜んと通している車両の気持ちが解ります。今回もロッドは省略しました。
P7180011P7190012P7190014P7190015







クラッチケーブルはクラッチが恐ろしいほど軽いので逆に不安です。L字パイプを使用してUSバーからのぷら〜んを無くしたスロットルケーブルも思ったより軽くてこちらは安心しました。
P7190013P7190018P7190016P7190017P7190023








綺麗にフルリペイントした車両ですので、特にブラックという事もありとても気を遣います。英車で調子の事ではなくて塗装を気にする事が出来るのは幸せな事なのですが。今回はオーナー様のご希望で元々のツインシートからサドルシートへと変更します。フレームとたる型スプリングは準備出来ていますが、特注のカバーがまだ出来上がっていません。専用のスタッドボルトなどを使用して仮組みまでやる予定でしたが...力尽きました。ちなみにスプリングホイール車両のシートはツインシートが当店オススメであります。
P7190019P7190020P7190021P7190022P7190024








P7190025電装系の配線作業まですぐに終わらせたいので結構焦っています。しかし事務作業で凡ミスをやってしまったりとこれでは駄目ですね。明日からと言うか今日からじっくりと落ち着いて仕事します。

そんな時なのですが、明日と言うか今日木曜日は月一の経営コンサルの日です。流石にジム筋トレは延期しますが、オープンは定時より遅れて13:00前を予定しております。宜しくお願い致します。

四十肩疑惑。

最近背中が痛いのは筋トレで重い重量を扱っていたせいだと思っていました。が、どうも四十肩の様な気がしてきました...。四十肩の人に「筋トレしないからですよ。」なんて言っていましたので気まずいでござる。

1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様の様子です。諸々の準備や調整をしてサイレンサーを装着しました。元々思いっ切りキックスタータークランクが接触していた右側もギリギリ逃げました。リジッドフレームではリアスタンドから逃がしつつ、その他も注意点が多く、きちんと取り付けるのは大変です。
P7150019P7150020P7150021P7150022






P7150023P7150024








次はUK仕様からUS仕様へとハンドルバーを交換した様子です。以前に必死に装着したナセルトップを取り外します。今回はハンドルバー中通しのオリジナルホーンボタンを使用しますので、穴が開いていない新品USハンドルバーを加工です。ボタン部分にはねじ山(3/8”BSC)を切る必要があります。ボタン自体の配線も短過ぎますのでやり直しです。
P7170001P7170003P7170004P7170005







一旦、きちんとナセルトップまで取り付けてハンドルバーとのクリアランスを確認します。必死にやっていて画像を撮り忘れましたが、ナセルトップの加工まで終わり無事に交換が完了しています。
P7170006P7170007P7170008








ここでコントロールケーブルを製作したいところですが、燃料タンクがあった方が良いので先に準備しました。塗装の準備でスタイリングバンドを取り外した際に嫌な予感はしていましたが、とにかく飾り類が素直に装着出来ず苦戦しました。取付けねじのインチキ類は全てきちんとしたモノに交換しましたが。パーセルグリッドは新品に交換されていたので、無理矢理にしか装着出来ません。おまけに取付けスクリューが短か過ぎましたので交換です。スタイリングバンドも過去に新品を苦労して取り付けた痕跡がありました。今回は素直に装着出来る様に加工しながらです。使っている内に中のラバーがずれる厄介な燃料タップもまともなモノに交換、燃料タンクの準備が終わりました。疲れました〜。
P7170010P7170009P7170011P7170012P7170013







燃料タンクを仮でフレームに乗せて、固定スクリュー4箇所の位置を確認します。苦労して修理したタンク側のスクリューねじ込み部分、バッチリとセンターを頂いています。この段階でフロント&リアのブラケット位置を本決めして固定します。
P7170016P7170020P7170021






ブラックバード仕様になっていますね。話しは変わりますが、私が19歳の時にレンタルビデオを紛失した映画「乱暴者」ではマーロン・ブランドがカスタムされた1950年型の6Tに乗っていますね。あの強烈なアップハンドルに憧れている方も多い様です。当時は白黒ですので、あの6Tをブラックだと勘違いしている方がいらっしゃる様ですがアレはサンダーブルーです。最近ではカラーの画像もあるので分かり易いですね。
P7170015P7170014P7170017P7170018P7170019





この6Tはこれからコントロールケーブル類の製作から電装系の配線作業へと移行していきます!

トラヴィス・サイクルズでは、1954年トライアンフTR5と1956年トライアンフTR6を引き続き委託販売中です。詳細は過去のブログ記事をご参照下さい。スクールの教材車両としても最適です!ぜひご検討下さい。

エムバペがムバッペならば、

エムボマはムボッマ、あのスンダハーゲ監督もスンダーゲ監督だな。そんな感じですので合宿最終日(2回目の合宿)の静岡から通う生徒さん1967年トライアンフT120Rの様子です。帰りの時間があるので少しバタバタで途中の画像が無くてすみません。フロントフォークは過去にクロームメッキが施されたボトムの状態が悪く、きちんと組み上げようにも限界がありました...。前後ブレーキドラムも仕組みを説明しながら組み上げて、ホイールに装着完了です。次回は9月ですが、ローリングシャシーに出来る見込みです。
P7160001P7160004P7160005








寝かせたシリンダーヘッドも問題無く、シリンダーバレルと共に内燃機加工依頼準備完了です。逆に加工から戻って来たクランクシャフトを組み上げました。1966〜68年型の少し軽いクランクシャフトはそのままでは高回転域がふんずまってしまいます。しかし、バランス率を変えてあげる事でそれも解消されます。ローリングシャシーになって外装の一部を取り付けたら、エンジンとギアボックスを組み上げる準備を進めて行きます。
P7160002P7160003








小出しでスマンが、サンダーブルーが良かったと言わないでの1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様の様子です。オイルタンクからのオイルラインを全て取り付けました。ヘリンボーンパイプにエンドキャップも良いのですが、一番確実なのはこの仕様です。継ぎ接ぎだらけだったロッカーオイルフィードパイプも別体型の新品へ交換済みです。スピードメーターケーブル部分からのオイル漏れ対策は例のシーリングワッシャーですが、ケーブル自体からの対策はまだビニールテープです。ここも何とか考えたいところではあります。再利用しようとしたケーブルはスウィングアームモデル用で短く、リジッドフレーム用新品に交換しました。
P7130018P7130019P7130030







バッテリーキャリアを取付け、磨いた左右EXパイプも取付け完了です。本日のご紹介はここまで。ハンドルバーは交換したのでしょうか?
P7130031P7130032P7130033








連休明けの明日からも予定が一杯です。少しバテ気味のおじさんは、定時で店を閉めて自重筋トレを消化してから帰宅します。

42℃。

あまりに暑いので、店外の日陰に温度計を置いておいたら38℃でした。サニブラウンもバテバテです。次は日なたに置いておいたらすぐ42℃になりました。そんな猛暑の本日でしたが朝から夕刻まで沢山の方がご来店下さいました。遠くは新潟より。誠にありがとうございます。
P7150003P7150010P7150004P7150002








朝7時に阿蘇方面へとロングの試乗に出掛けた1960年トライアンフT120の生徒さん、午後3時前に帰還されました。バイクは何の問題も無く合格でしたが、ご本人が熱中症寸前です。そりゃそうです、お疲れ様でした。最低でも試乗したい200キロを超えましたので、これで試乗と調整が完了です。最後のオイル交換や各部の調整を終えましたので、これでご卒業です。おめでとうございます&ありがとうございました!
P7150006P7150008P7150012







福岡からプチ合宿をしながら約半年間通いフルOHが完了しました。奇跡的に安くて良いベース車両がすぐに見つかったのは本当にラッキーでした。今後、高値の花になってしまったデュープレックスフレームのボンネヴィルを輸入する機会もほとんどないだろうなぁ〜と車両を眺めてしまいました。誰もが美しいと思う絶好調な別体ボンネヴィルの完成です。
P7150015P7150018P7150017P7150016









1967年トライアンフT120Rは静岡から通う生徒さんです。完成までに1年以上は掛かりそうです。まずは昨日のフロントホイール続きから。振れも0.1mm以内に収まり完成、すぐにリアホイールに移行しました。こちらもリムはオリジナルのダンロップです。裏表があり、早速私も間違えてしまいました(汗)。フロント同様に歪みが激しかったのですが、私も手助けして振れが0.1mm程度に収まり完成です。リアブレーキドラムとスプロケットまで取付け完了です。現在は、フロントフォークの作業へと移行しております。
P7150001P7150005P7150007P7150014






トラヴィス・サイクルズでは、レストレーションスクールの生徒さんを常に募集しております。教材車両はお持ち込み(一部お断りさせて頂く車種もございます)大歓迎です。お好みの車両を探して輸入する事も出来ますし、委託販売中の1956年トライアンフTR6と1954年トライアンフTR5でしたらすぐに授業スタート可能です。お問合せ、ご見学はお気軽にどうぞ!

猛暑試乗。

昨日OH済みのマグネトーを緊急移植した生徒さんの1960年トライアンフT120、今朝エンジン始動したところ明らかに音が変わりました。その後試乗してエンジンが暖まっても昨日の不具合は起きませんでした。不具合の原因は、元々装着されていたOH済みマグネトーでした。難しいですねぇ。そして、引き続き試乗を重ねたいところですが流石にこの猛暑ではバイクにも身体にも良くありません。熊本新港に向かう道路が空いていて信号待ちもほとんどありませんので、そこを中心に試乗距離を伸ばしてもらいました。明日は、朝早くから阿蘇にロング試乗に行ってもらいます。これで問題が起きなければ、最後のオイル交換と調整をして全てが完了する予定です。
P7140001P7140006








本日より3日間は静岡から通う1967年トライアンフT120Rの生徒さんが合宿です。まずはウエットブラストが終わったシリンダーヘッドを徹底洗浄して、古いバルブガイドを取り外しました。ここから計測を行いましたが、STDサイズにバルブガイドでは駄目でOSの外径を研磨加工して使用しました。今回も予め内径を拡大しておくことを忘れていません。ガイド圧入後の内径調整も終わり、一晩寝かせて再度チェックします。
P7140002P7140003P7140004P7140005








再利用するタペットガイドブロックもシリンダー側と共に計測チェックです。そのままで問題ありませんでした。そして、塗装が終わった前後ハブに新品ベアリングを装着したらリム組みの開始です。まずはフロントから。前後共にオリジナルダンロップを再利用しますが、想定通り縦方向の歪みが激しくて苦労しました。生徒さんには理屈を十分に理解してもらいながら進めています。あともう一息のところで時間切れ、明日へと持ち越しです。
P7140007P7140008P7140009









ご案内しておりました廉価版の英インチコンビネーションスパナ8本セットですが、在庫は残り1セットのみとなりました。皆さまお買い上げ下さり誠にありがとうございます。残り1セットは早い者勝ちです。

緊急移植。

本日から試乗・調整がスタートした1960年トライアンフT120の生徒さんです。暑いのですが仕方ありません。まずは私が試乗して確認した後に、生徒さんがご近所を試乗です。操作にも慣れ、ガソリンも満タンで少し試乗距離を延ばそうとしたところで問題が発生しました。エンジンが暖まると極端に始動性が悪くなります、と言うかエンジンがかかりません。諸々を確認した後にほぼ断定しました。マグネトーです。典型的と言えば典型的な症状ですが。きちんとOHしてあると思いそのまま再利用したマグですが、こうなってしまいました。
P7130016P7130017







生徒さんには再度説明した後に、在庫しているOH済みのK2FCマグネトーへの移植作業に取り掛かりました。
P7130022P7130021P7130023P7130024







最大進角でセットした後に、最大遅角も確認です。脱着で移植前より2度遅くなってしまいましたので修正してOKです。全てを元通りにして移植作業が完了しました。
P7130025P7130026P7130027P7130028







P7130029
朝を待つ。※「この世界の片隅に」より。







本日、生徒さんが試乗している間に一気に作業を進めようと思っていた1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様ですが、なかなかうまく行きませんね。先日から進めている内容をご紹介しておきます。まずはラバー類を全て取り付けました。超硬キックスターターラバーもこの暑さで少し取付けが楽でした。修理&再塗装済みのリアブレーキペダル周りを取り付けました。手作り品のブレーキカムレバーローラーはガタガタでしたので、新品へと交換しました。素敵なリアブレーキ周りとなりました。
P7120001P7120002P7120004P7120006







ハンドルバーの交換は時間が掛かりますので、進められる分をやって達成感を得よう作戦です。と思って取り付けようとしたタイヤインフレーター(空気入れ)が長過ぎました。コイツは長さが難しいのです。元々は先端を取り外した状態で装着してあった事を思い出しました。気持ちは解る。早速中身を改造して装着完了です。何事も簡単には終わらせてくれません。オイルタンクの取付けも少し苦労してしまいました。塗装してもらいましたので、中身を再び徹底洗浄するのは当たり前。リジッドフレームでは裏側をこんな感じで取り付けるのですが、コイツがなかなか。
P7120003P7120007P7120008P7120009







オイルタンクからのフィード部分は1970年まで共通でして、サンプフィルターが付きです。ところが元々装着されていた新品を洗浄しようとして嫌な予感がしました。ガスナットに大量のシール材を発見したのです。ほとんどの方がお分かりかと思いますが、燃料タップ部分と同様にガスナットのねじ山をシールしても何の意味もありません。座面で止める構造ですから。そしてその座面部分がきちんと加工されていない不良新品でした。これでは漏れます。向かって左から2枚目の画像が正解で、燃料タップ部分とは逆の構造です。その不良品を旋盤にセットして正しく加工しました。変なクセがついたパイプは新品へ交換です。新品の専用ファイバーワッシャーとドレインボルトを準備しました。このファイバーワッシャーも一時期苦労しました。開業当初に出回っていたモノは内径が小さ過ぎて駄目、しばらくして出回ったものは逆に大き過ぎる上に材質が脆くて駄目でした。やっと出会ったまともなモノは少し変なところから取り寄せています。ノートンタイプの銅製は良いのですが、銅の巣からオイルが滲む場合があります。
そしてドレインボルト。これも専用品が意外と最近まで出回っていませんでした。注意が必要なのはユニットになってからの1/8”BSPS規格とは違い、単純に26山であるという事です。全て装着完了。本日もじわじわと作業を進めていますが、その様子は後日まとめてご紹介します。ハンドルバーはまだ交換出来ていません...。
P7120010P7120011P7120013P7120014P7120015







最近はまたボチボチと車両のお問合せが増えております。現在、海外で売りに出ている車両でおススメなのは少し安い1955年トライアンフT110と状態が良い1948年トライアンフ5Tです。ちなみに、海外からまともな車両を100万円位で輸入したり、輸入した車両を100万円位でフルレストアしたりは絶対に当店には出来ません。きちんと修理された英車の価格に対する正しい理解がもっと広まる事を心より願っています。

明日からは1960年の続きと1967年T120Rの合宿スクールもスタートします。猛暑もあり体力的に厳しい私ですが、何とか頑張ります!

キャッチボールが出来る様になった。

P7120001本当は金曜日に約束していたのですが、急遽昨日の夕方に息子とキャッチボール、ノックをしました。少し前までは普通に出来ていたのにここ数か月はキャッチボールをするのが苦痛になっていました。肩甲骨の可動域が極端に狭くなっていたのです。そこで流行りのストレッチをしながら、どうしても背中の筋肉痛が残る筋トレでのベンチプレスも極端に重い重量をやめて備えていました。その結果、何とかスムーズにキャッチボールが出来る様になりました。親馬鹿なのかも知れませんが、この春に野球を始めたばかりの息子が異様に上手なのです。調子に乗るので本人にはあまり言いませんけど。それに何とか対抗したいと思っています。しかし、キャッチボールとノックのセットは痩せます!汗を3Lは流しました。その後すぐにビールで相殺しましたけどね。

今朝はちゃんとジムへ行って筋トレを行い、外注塗装の一部も引き取って来ました。明日から3日間は1960年トライアンフT120の生徒さんが試乗と調整を行います。土曜日からの3日間は1967年トライアンフT120Rの生徒さんが2回目の合宿です。今日の出勤後は、休み明けの対応に加えて布団の準備やシーツなどの洗濯、これから米国より輸入する1963年トライアンフT120の対応などでバタバタと過ごし、先ほどやっと落ち着きました。これから英国へのパーツ発注を済ませたら、1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様の作業に復帰します。


追加で手配した英インチコンビネーションスパナ8本セットが再入荷しました。安いセットの中では非常に薄くて使い易いのでおススメです。残りが若干あります。在庫切れの安い英インチ12角ソケットセットも来週辺りに再入荷する見込みです。購入ご希望の方はお早めにお問合せ下さい。
P6270003P6270004P6270005









ここで再びご案内です。当店では大変お買い得な委託販売車両2台をご用意しております。もうすぐ1970年トライアンフTR6Rの在庫車両も入荷する予定ですので、改めてご案内差し上げます。2台の委託販売車両につついての詳細は コチラのブログ記事をご参照下さい。熱いお問合せをお待ちしております。

明日7/13(金)は本来定休日ですが、ご案内しました通り通常営業いたします。

7/11(水)臨時休業のお知らせ。

P7100001まずはお知らせです。明日と言いますか本日7/11(水)は臨時休業とさせて頂きます。本来定休の7/13(金)は通常営業しますのでその代休です。体力無しのおっさんですので許して下さい。

1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様はプライマリー側組立ての様子です。エンジンスプロケットを押さえる手作り品カラーはカタカタしていましたので、正規の新品へと交換です。オルタネーターモデルと比較するとここのナットが緩む可能性は低いのですが、不安要素は全て消しておきます。


準備したクラッチASSYと新品エンジンスプロケットを組み付けて諸々をチェックしました。まずは元々入っていた新品クラッチプレインプレートが駄目。おそらくアソコ製です。久々に加工しました。仮で古い切れかけたクラッチケーブルを装着してクラッチリフトを恐る恐る確認してみると全く問題ありませんでした。但しこの新品プレッシャープレートはポッコリ具合が足りませんので、少し変な感じがします。プライマリーチェーンとリアチェーンも装着しました。リジッドフレームの年式ですので、リアチェーンに日本製を使うと一番薄いタイプでもギアボックスに接触します。必然的にRENOLDか同タイプのアチラ製チェーンを選択する事になります。奇数コマもありますので便利だったりもしますし、今まで使用して耐久性で問題が起きた事はありません。たったこれだけの事ですが、細かい部分を確認・修正などをしながらの作業で結構な時間を要します。
P7100002P7100003P7100004P7100005







プライマリーカバーですが、過去に派手に溶接修理されています。しかし、上手です。今からこれと同じ事をやろうとすると黒爆発でエライ事になります。但し合わせ面は全く出ていませんので、必死に修正しました。ヘリサート加工等は必要ありませんでした。新品のスロテッドカバースクリューを使用し、無事に取付け&チェックが完了しました。
P7100006P7100007P7100008P7100009








タイミングカバーを閉じる準備です。クランクシャフトのTS先端は過去にぶっ叩かれて潰れていました。クランクシャフト外注修理の際に修正してもらい、若干アンダーサイズになっています。元々アンダーサイズに作られているタイミングカバーブッシュでも対応出来ませんでしたので、旋盤でアルミ青銅から削り出しました。本当は純正と同じ砲金の方が良いのかも知れません。ここから調整です。英車のタイミングカバーです。クランクシャフトからのド芯なんて出ていません。クランクケースの準備段階で、クランクベアリング軸上にて調整すればベストなんでしょうがそこまでやる必要は無いと思います。とりあえずギリギリクランクシャフト先端が通る内径になったら、カバーを仮で閉じてクランキングしブッシュ内側に傷を付けます。酷いカバーですと、この段階でクランキングが重くなるほどズレていますがこの車両は素直でした。合計3回の内径リーミングで調整完了です。
P7100010P7100011P7100012P7100014P7100015







スペシャリストの手によって完璧にOHされたダイナモもモータリングチェック、もちろん問題ありません。新品スロテッドカバースクリューも準備完了です。このブログを昔からご覧の方は私が苦労してこの新品スクリューを準備しているのをご存じかと思います。最近ではセット販売されているみたいですね。クソ高いですけど。個人的にはここにキャップスクリュー(アレンスクリュー)が使用されていると、格好良い車両が台無しになると思っていますので拘っています。タイミングカバーと同時にダイナモの取付けが完了しました。
P7100013P7100016P7100018P7100019







元々装着されたいた新品のオイルプレッシャーリリーフバルブを分解しました。ここに大切なチューブ型のシールが使用されますが、分解するとポロリ水泳大会しました。普通に破れていたりこうなったりしています。油圧がモロにかかる部分ですのでオイルダダ漏れになる訳です。ここは丈夫なフッ素ゴム製のチューブへと交換します。2種類のシーリングワッシャーは、最近マイブームのノートン純正を使用します。トラ純正のファイバーワッシャーですと、どんどん沈み込んで最後に崩壊します。ここはファイバーである必要もないですしね。シーリングワッシャーの素材は場所によってその意味があります。前方のブランキングプラグと共にカバーへの取付け完了です。
P7100020P7100021P7100022P7100023








修正&再塗装済みの左右フットレストも高さを揃えて取付け済みです。英車の左右フットレストは高さが違うのが当たり前です。このリジッドトラですと右側が無段階でアジャスタブル?ですので高さを揃える事が可能です。
P7110024P7110025P7110026P7110027








昼飯も食わず、AMAZONプライムで映画を聴き(たまに見入って涙)ながら13時間位作業して、たったこれだけしか進められません。同じ様な作業を本当に沢山行っていますが、毎回やる事が細かくなります。当然一つ一つの作業スピードは上がりますが、全体のスピードが落ちて行くのは避けて通れない道です。「昔の方が良かった。」なんて事は許されません。とにかくスタイリッシュなバイクですね!
P7110028P7110029P7110030P7110031P7110033







P7100017一気にコントロールケーブルの製作や残りの外装パーツの取付けと進めたいところですが、ここでUS仕様ハンドルバーへの変更です。苦労したナセルを...取り外して...USバーならばナセルトップを仮組みしてチェックして...ナセルトップの接触する部分を削って...。とても夜中に行う気力が残っていませんので、休み明け木曜日からの課題とします!

トラヴィス・サイクルズではレストレーションスクールの生徒さんと、1954年TR5・1956年TR6 2台の委託販売車の新オーナー様を募集中です。英車の修理やご購入はぜひ専門店にて。熱いお問合せをお待ちしております。

店内の乱れは心の乱れ。

P7100014本日午前中、発送分パーツの梱包をしながらついに我慢が出来なくなりました。旋盤周りの加工会場を含めて店内をずっと掃除出来ていなかったのです。心の乱れが表れています。こういう時は大掃除するしかありません。作業を中止してとにかく掃除したのでスッキリしました。





そしてすぐに作業に戻った1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様の様子です。クラッチ周りには元々新品パーツが多用されていましたのでチェックです。気になるのは新品のクラッチプレッシャープレートです。以前に使用したこの新品は均等にクラッチをリフトさせる為に相当加工した思い出があります。今回は大丈夫か?新品のクラッチセンターASSYは、プレートのスクリューが緩んでいたのでロックタイトを塗布して締め直しです。
P7090002P7090003P7090004P7090005







クラッチハブは新品=ユニット用ですので、スラストワッシャーを入れてダミーメインシャフトにて確認です。この新品クラッチハウジングとの組み合わせでは問題ない筈で、実際に無加工でOKでした。センターナットのワッシャーは硬い新品へ交換、クラッチプレッシャープレートも加工してスプリングカップが自由に動く様にしてあります。これはクラッチを均等にリフトさせる最低限の条件です。
P7090006P7090007






インナーカバーは既にチェック済みでしたが、洗浄・修正・ポリッシュしながら再度チェックしました。何の問題も無い優秀なインナーカバーです。元々入っていた手作り品のカラーは長過ぎる上にガタガタですので、正規の長さの新品へと交換です。出来れば先に装着おきたいブリーザーホースも忘れずに。仮組みしてチェックした後に本組みまで完了しています。
P7090009P7090010P7090011P7090012P7100015







P7090001夜になると海外との交信や夜の部のメール受信も始まり何だか家に帰れなくなります。生徒さんの1967年トライアンフT120Rはクランクシャフトの内燃機加工が終わり戻って来ました。今週末から3日間の合宿予定ですので、それまでに1950年6Tの作業を出来る限り進めておきたいところです。

明日は朝から法務局に行ったり銀行に行ったりでちょっとオープンが遅れるかも知れません。源泉所得税の支払いや消費税の予定納税もあり、どんどんお金が出て行く時期なのです(涙)。

1950年トライアンフ6Tブラックバード仕様エンジン完成。

いきなりですが、1950年トライアンフ6Tの様子です。シリンダーヘッドガスケットは加工・修正して焼き鈍し準備完了。ロッカーボックスまで仮組みしてプッシュロッドカバーチューブのオイルシール厚みを選定しました。
P7080001P7080002P7080003P7080004







選定したシールは上側がアソコ製のファイバーワッシャー、下側が特製のフッ素ゴム製角断面シール5.0mm厚です。ボルト・ナット類にはスレッドコンパウンドを塗布し、一気にロッカーボックスまで組み上げました。この段階ではロッカーオイルドレインパイプを仮組みしてプッシュロッドカバーチューブの位置決めをしておきながらの作業です。
P7080005P7080006P7080007







仮組みしておいたロッカーオイルドレインパイプを本組みして、一応エンジン部分は完成です。
P7080008P7080009P7080010P7080011P7080012







元々装着されていた新品の276キャブレターを分解・清掃・改修しました。この新品276にも色々ありますが、わりと最近のモノで良かったです。早速取り付けまで完了しています。
P7080015P7080016P7080017P7080018P7080019







ヘッドステディーも取付けが完了し、これからプライマリー側の組み立てへと作業を進めて参ります!
P7080022P7080021P7080023P7080020P7080024







連日パーツのご注文を沢山頂いております。誠にありがとうございます。英車パーツのお買い求めは、実際にパーツを使用して真面目に修理しながら輸入実績も豊富な当店をお勧めします。今月の発注もボチボチ始めます。
Archives
最新コメント
プロフィール

栗崎 宏
英国クラッシックバイク・レストア学校トリニティースクールの九州校、TRAVIS CYCLES)代表。
所在地 〒860-0826 熊本市 南区 平田1-8-9
電話・FAX 096-284-3196
メール traviscycles@tulip.ocn.ne.jp
定休日:毎週金曜日
営業時間:平日11:00〜22:00 土日祝祭10:00〜19:00

記事検索
  • ライブドアブログ