東京修理センターのホームページはこちらhttp://www.tokyorepair-c.com/index.html

カンペール*CAMPER*修理事例③

今回は、純正ソールではありませんが、比較的修理件数の多いものをご紹介します。

こちらも、ペウやペロータス同様、カンペールのアイコンともいえる


「ビートル*BEETLE*」


インソールとアウトソールが一体化した構造になっているので、元のソールを土台にしてシートを貼ります。

EVAのソールが使用されているので、同じくEVAのVIBRAMスポンジシートを装着。


全張り(ビブラム)¥7000 (2)


なるべく見た目が変わらないように丸く仕上げます。

同素材のシートを使用しているので、軽量感は損なわず履き続けることが出来ます。

カラーは、黒・濃茶・ベージュ・白の4色


もちろん、カカトだけのお修理も可能ですので、お問い合わせください。



修理受付専用ページは開設準備中ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。

カンペール*CAMPER*修理事例②

前回、紹介したペウカミと同じように人気の高い


「ペロータスアリエル*PELOTAS ARIEL*」


ソールが劣化してくると、変色したり、硬くなってヒビ割れしてきます。

現行での販売はしていませんが、当店では純正ソールでお修理出来ます!

純正オールソール (PELOTAS)


純正オールソール (PELOTAS)

カラー展開は、MIEL(アメ色)・NEGRO(黒)の2色。


修理専用ページは開設準備中です。



今後もカンペールの修理事例をいくつかアップしていきます。

カンペール*CAMPER*修理事例①

先日、当店HPでのカンペールの修理受付の開始をお知らせしましたので、
修理事例をいくつか紹介していきます。



まずは、カンペールのアイコンともいえる人気のライン

「ペウカミ*PEUCAMI*」

すり減ったソール、劣化してボロボロになってしまったソールを純正ソールで交換ができます!

純正オールソール (PEUCAMI) (2)
純正オールソール (PEUCAMI)
















































ソールがベタついてきたら、劣化のサインです。

カラー展開はMIEL(アメ色)・SURI(グレー)の2色。

ソールが劣化して履けなくなってしまった靴がありましたら、お問い合わせください。

修理専用ページは開設準備中です。


次回、ペロータスアリエルの純正ソール交換をアップいたします。


カンペール*CAMPER*修理に関するお知らせ

cache_Messagep33655

弊社では、カンペール直営店を通して修理を長年承っておりました。

 

2020年7月より店頭での修理受付終了とのことを受けましてこのホームページからの修理受付を開始いたします。

 

ホームページをリニューアルし、カンペール修理受付専用ページを現在制作中です。

 

現在はお問い合わせページから受付しております。

 

純正ソールも在庫がありますが輸入状況により欠品することがあります。

 

まずはお問い合せください。

 

いままでの実績は徐々にアップしていきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

サイドゴアブーツ ゴム交換

IMG_6416


サイドゴアブーツは履き口の前後を広げて履きますが、

長期の使用でこのようにゴムが波打ってしまいます。

伸びた部分だけ引っ張って縫いなおすという方法もありますが、

もちろん交換したほうがきれいで耐久性があります。






IMG_6417

今回の材料です。

通称コウゴムと呼んでますが、本名がわかりません。

かなり強くて気に入ってます。

伸びきったゴムを外して新しいゴムを縫うだけなのですが

手間はそこそこかかります。

裏地もピタリと合わせます。




IMG_6419

仕上げるとシャキっとしました。

履き心地改善します。


ゴムの交換は修理可能ですので、是非どうぞ~

山本

包丁の先が欠けた場合

IMG_6412

包丁の先が欠けてしまうと使いにくいですね。

丸まってしまい切れません。

こういう場合は包丁の厚みがある方を少し削って砥ぎ直しましょう。




IMG_6413

刃の方はそのままに、滑らかなカーブを描くように削り落としました。

削ったあとにバリを落として、

手で触っても痛くないようにカドを少し丸み付ける加工したあと刃を砥ぎます。





IMG_6414

上の写真との違いはよくわかりませんが、

ばっちり砥ぎあげました。

先端も使いやすいです。

刃物砥ぎは1200円くらいからできます。

今回の刃の欠け補修は2200円でした。

ご相談だけでもどうぞ。







緊急事態宣言の解除が発表されました。

また仕事に追われる日常が来てほしいものです。


山本

革靴 つま先の雨染み 銀浮きの症状

百貨店が一部再開など、良いニュースも少しずつ入ってきました。

弊社も百貨店からの修理を多数受けているため、徐々に忙しくなりそうです。

仕事が忙しいというのは嬉しいことです。




しばらくすると梅雨入りという季節ですが、

雨に濡れた革靴って下に写真のように

塗装が浮いたようなボコボコした感じがでることがあります。

IMG_6350


ソールからだんだんと染みてきて革が水をたっぷり吸った状態、

それが乾くとこんな感じになります。

黒い靴だと、スジ状に白くなることもあります。

そんなことになっても直すことができます。







IMG_6353

原因が水の場合は革に水を含ませてアイロンがけをして整えてあげます。

といっても家庭用の服に使うようなアイロンではなく

革の表面を整えるのに特化した形状です。

完全に雨染みを消すのは難しいですが、ある程度はきれいになります。

気になる方は是非ご相談くださいませ。

山本




5月から通常営業にもどしております。

メール・電話による問い合わせはお気軽にどうぞ。

木曜は定休日です。

《行徳店》
272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-3-1 ポニー行徳1階
東京修理センター 行徳店
047-357-4291
pony@tokyorepair-c.com


《葛西店》
134-0083
東京都江戸川区中葛西3-15-10 ボワリジエール1階
東京修理センター 葛西店
03-6904-1081
info@tokyorepair-c.com

PADRONE(パドローネ)ドライビングシューズのソール交換

こんにちは。


同じお客様の修理靴です。



※引き続き緊急事態宣言中ですので、スタッフの人数を減らして営業しております。



本日ご紹介する修理品です。


IMG_0719

■ARCOLLETTA PADRONE(パドローネ)ソール交換。

こちらは、VIBRAM2303茶色を使用しました。



IMG_0718

■接着してソールと本底を1周、マッケイ縫いで固定


今回使用したビブラム2303ソールは、柔らかいゴムで足の跳ね返りが良いソールです。



黒・茶・アメ色など、色・種類も多数あります。
お気軽にお問い合わせください。



修理品の発送も可能です。

―――――――――――――――――――――――――――――

※ホームページからのお問い合わせもOK
http://www.tokyorepair-c.com/contact/index01.html

お問い合わせ確認後、こちらのアドレスよりご返信いたします。
info@regal.ptu.jp

―――――――――――――――――――――――――――――


《行徳店》
272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-3-1 ポニー行徳1階
東京修理センター 行徳店
047-357-4291
pony@tokyorepair-c.com


《葛西店》
134-0083
東京都江戸川区中葛西3-15-10 ボワリジエール1階
東京修理センター 葛西店
03-6904-1081
info@tokyorepair-c.com

GUCCI(グッチ)ドライビングシューズのソール交換

こんにんちは。



天気は晴れて、風も気持ちが良いですね。



引き続き緊急事態宣言中ですので、
スタッフの人数を減らして営業しております。



本日ご紹介する修理品です。


IMG_0717

■GUCCIドライビングシューズのソール交換

靴底が痛んでしまったので、底をすべて取り除き、
新しいソールに交換しました。(VIBRAM2303黒を使用)



IMG_0716

■接着してソールと本底を1周、マッケイ縫いで固定

今回使用したビブラム2303ソールは、柔らかいゴムで足の跳ね返りが良いソールです。



黒・茶・アメ色など、色・種類も多数あります。
お気軽にお問い合わせください。



修理品の発送も可能です。

―――――――――――――――――――――――――――――

※ホームページからのお問い合わせもOK
http://www.tokyorepair-c.com/contact/index01.html

お問い合わせ確認後、こちらのアドレスよりご返信いたします。
info@regal.ptu.jp

―――――――――――――――――――――――――――――


《行徳店》
272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-3-1 ポニー行徳1階
東京修理センター 行徳店
047-357-4291
pony@tokyorepair-c.com


《葛西店》
134-0083
東京都江戸川区中葛西3-15-10 ボワリジエール1階
東京修理センター 葛西店
03-6904-1081
info@tokyorepair-c.com

ミニベロ 折り畳み自転車 用のバッグホルダー

IMG_6257

今日はとても暑くなりました。

気持ち良い空です。

引き続き緊急事態宣言中ですが、、、




IMG_6253

↑↑↑このバッグを、


IMG_6254

↑↑↑このパイプホルダーにくっつけたいというご要望です。

聞くと、折り畳み自転車のフロントに付ける、取り外し可能のホルダーとのことです。

専用のバッグはあるそうなのですが、

人と被らないようにとお気に入りのバッグを持参されました。


どういう風につけようか悩んだのですが、

脱着可能のボタン式ではなくホルダーに固定する方法にしました。



IMG_6255

4箇所に革を縫い付けてパイプと固定します。

左右と上下に動いてしまうと良くないかなと思ったので。

これなら大丈夫かと。



IMG_6256


とても縫いにくいですが、なんとか縫い完了。

ボタン式の方が断然簡単でした。

自転車に装着したところを早く見たいです。

山本





5月から通常営業にもどしております。

メール・電話による問い合わせはお気軽にどうぞ。


《行徳店》
272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-3-1 ポニー行徳1階
東京修理センター 行徳店
047-357-4291
pony@tokyorepair-c.com


《葛西店》
134-0083
東京都江戸川区中葛西3-15-10 ボワリジエール1階
東京修理センター 葛西店
03-6904-1081
info@tokyorepair-c.com
記事検索
プロフィール

靴鞄東京修理センタ...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ