2014年12月

東京修理センターのホームページはこちらhttp://www.tokyorepair-c.com/index.html

年末のご挨拶

いつもご利用・ご覧いただきありがうございます。

2014年も今日を含めて残り2日。

皆様のおかげで無事一年を終えることができます。

午前中の受付のみですが今日で年内最後の営業日となります。

31日から5日まで休みをいただきまして、6日から通常営業となります。

来年は行徳店のオープン40周年。

ん~、すごい!

これからもより良い修理を目指して精進します。

それでは、皆様良いお年を!

来年も変わらぬご愛顧お願いいたします。

東京修理センター
スタッフ一同

年末年始 休みのお知らせ

いつもご利用いただき、誠にありがとうございます。

勝手ながら、12月31日から1月5日までお休みいたします。

30日は午前中までです。

6日からは通常営業です。

スタッフ一同精一杯作業しますので、年末年始もしっかり休ませてください。



★年末年始休暇★

12月31日~1月5日







IMG_0915
新宿ゴールデン街。らーめん凪。
煮干しが鼻に抜ける。山本

エルメス レザー・フォーエバー

上野にある東京国立博物館に行ってきました。

特別エキシビジョン、エルメス「レザー・フォーエバー」が開催されているんです。

IMG_0865

入り口でスマホの画面を見せるとこのチケットがいただけます。

警備がやたらすごい入り口を通過すると、左手に表慶館が現れます。

IMG_0866

どどーんっ!

これが国立博物館 表慶館。

ん~、すごい。







中に入ると、実際に手にとれるたくさんの革が展示してました。

牛革のほかに爬虫類の革もあり、手触りの違いを確認できます。

職業柄、ここでかなり時間を割いてしまいました。

先に進むと、フランスから来たのでしょうか。職人が作業をしてます。

IMG_0874

バッグのパーツを手縫いしてました。

ポニーにかませて、きれいに二本縫い。

切り口の塗装やコテ当て、金具の取り付けもこなしてました。

ギャラリーが多数いるのに冷静に作業してたのが印象的です。

ここでもかなり時間かけて見てしまいました。

職人さんの昼休憩というタイミングで次へ。

IMG_0884

エルメス好きだけでなく、革に関わっている人には是非行ってほしいです。

1点モノのオーダー品などが多数展示してあります。

馬具はやっぱりすごいです。

上の写真、馬の背中に乗っけるアレですが、アルフィー高見沢のギターみたいです。

IMG_0886

こんなペイントのギターがあったり。

IMG_0891

ケリーとバーキンも各種あります。

ディスプレイがまたカワイイです。



ベルトのコーナーや留め具をフィーチャーしたコーナー、時代をこえて現存する古いバッグ。

ブースごとにテーマ分けされていて、おもしろいイベントでした。

もう一度行きたいですが、期間がもうありません。。。

ちょっとでも興味がある方は是非足をはこんでください。23日までです。

ちなみに無料です。←これスゴイですよね。

山本

妖怪ウォッチのキーカバーが入荷しました。

IMG_0844

以前お知らせした妖怪ウォッチのキーカバー4種が入荷しました。

すでに品薄なキャラクターもあります。

ごめんなさい、入荷数に限りがあります。

ジバニャン2種と、こまさん・こまじろうが各1種です。

ひとつ480円(税抜き)




ただ、問題がありまして、問屋から下記のお知らせがきました。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

製品パッケージ裏面の「適応サイズガイド」の範囲内に収まるヘッドサイズの鍵でも、

鍵によってはストッパー部位がキーカバー内部に隠れてしまい、

鍵穴への差し込みが不十分になり鍵が使用出来なくなる場合があります。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


ということですので、実際に当店で鍵を装着してみて、

不具合がありましたら鍵のヘッド部分を削るなどの加工をサービスさせていただきます。

ご迷惑おかけいたします。


山本

ダナーDanner新品をソール交換

気づくと12月。早いな~。

年々そんなことを言うことが多くなりました。


さて、久々のアップになります。

IMG_0830

ダナーのマウンテンライト。いや、仕様が違うか。

IMG_0831

純正でビブラムのガムライト・タンクソールが装着されてます。

軽いです。

ミッドソールは5ミリくらいの合成ゴム。

これはこれで街履きには良いと思います。



これをビブラム4014ソールを使ってオール白で交換します。

ミッドソールに使うスポンジは4014ソールと同色でオーダーしました。

IMG_0834

ミッドソールを貼ってからぐるりと出し縫いをして、4014ソールを貼ります。

このステッチダウン式の靴は、バラしてしまうと原形がとりにくいので

ミッドソールを正確にとる必要があります。

1ミリの誤差でも良くないですね。

あと、ダシ糸がゴアテックスを踏んでしまうとダメです。

水浸入しちゃうじゃん!ってことです。

修理の際はその辺はもちろん注意です。

IMG_0835

黒いソールから白いソールになると、だいぶ雰囲気違います。

なんていうか、、、アメリカって感じ。

いいバランスです。

山本
記事検索
プロフィール

靴鞄東京修理センタ...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ