2016年01月

東京修理センターのホームページはこちらhttp://www.tokyorepair-c.com/index.html

特殊なウェルト、マークジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)の靴修理



こんばんわ。

今朝起きて、ベランダから外を見たら、ほとんど溶けてなくなってました。
降っているのを見るのは好きですが、交通がマヒするのはこりごりですね



さて、靴修理です。


ローファーですが、、、ずいぶんと形が変わっています。
と言いますが彫刻刀で彫ったかのようなウェルト。
IMG_2731


買って数回しか履いていない新品のローファー。
かかと、半張りで滑り止めをして、最後の仕上げ段階です。




IMG_2732

機械で型抜きしてるのか、職人が一つずつ彫刻刀で彫っているのか、、、
それはないと思いますが気になった本日の1足です。



東京修理センター スズキ

チャーチ ドライビングシューズをガラリと変える

IMG_2465

裏に【CHURCH.CO】って書いてあるチャーチのドライビングシューズです。

外で履くのには耐久性の面で不安ですね。

先端にも苦労した痕跡があります。

これを、ガラッとオールソールします。

アッパーがおしゃれ~な感じですが、無難なレザーソールにしてしまいます。



デザインロゴは全て削り落としてなだらかに均します。

レザーミッドソールを大きめに作って、マッケイ縫いをかけます。

その時にきちんとアッパーの革にかかるようにしないとパンクしてしまいます。そこ注意です。

マッケイ後にレザーソールを張り合わせてぐるりと出し縫いをかけます。

ブレイク製法やらブラックラピド製法とか言うアレです。

これで次回の修理がやりやすいです。

ヒールは低めに、バランスをみてつけます。

ちょいアンティーク調に仕上げてみましょう。


IMG_2503

IMG_2504


これで『歩ける』靴になりました。

最初は滑らないように気をつけてください。

山本

新年のご挨拶。 そして仕事の話。


新年、あけまして おめでとうございます。

東京修理センターは、1月5日(火)より通常時間で営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。




さて、仕事はじめは紳士靴の修理です。

IMG_2728


磨り減ったかかとを新しく貼りなおし、表面には仕上げ塗装をした状態。




靴底全体を磨いて完了!
IMG_2730


今回、つま先側の前部分は修理しませんでしたが、
かかと部分の修理でまた履けるようになりました。


東京修理センター 鈴木

記事検索
プロフィール

靴鞄東京修理センタ...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ