2018年07月

東京修理センターのホームページはこちらhttp://www.tokyorepair-c.com/index.html

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)幅のばし


こんばんは。

関東は、台風が過ぎ去り、
順延した隅田川花火大会も無事に終わったようです。 

明日から8月、夏本番ですね。


さて、本日の修理品です。


『小指が痛い、何とかなりませんか』とお持ちいただきました。

IMG_4756

ストレッチャーに入れて足当たりを改善します。
(画像ではわかりにくいですが、主に小指部分を重点的に広げています。)



IMG_4755


紳士用、婦人用、外反母趾など、靴のサイズ、用途に合わせて幅を伸ばします。
靴擦れして履く機会が減っている靴がありましたらお気軽にご相談ください。


さて、来月のブログ更新は、引き続き上旬は行徳店よりお届けいたします。
今月は傘の修理でしたが、8月はどんな修理品を紹介してくれるのでしょうか。楽しみです。
更新お願いします。葛西店/担当・鈴木




※ホームページからのお問い合わせもOK
http://www.tokyorepair-c.com/contact/index01.html


東京修理センター行徳店 
〒272-0133 
千葉県市川市行徳駅前2-3 ショッピングセンター ポニー行徳1階 
定休日:毎週木曜日
TEL:047-357-4291

東京修理センター葛西店
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-15-10 ボワリジエール1階
定休日:毎週木曜日
TEL:03-6904-1081


折り畳み傘 3段式も直してます

連日超暑いです。

エアコンかけながら作業ですが、お客様の出入り・ドライヤーの熱・フィニッシャー・換気扇で冷気がバンバン逃げます。

今年は暑い! と思います。




さて傘の修理のご案内です。

ここ数年多いのが、日傘・雨傘共に3段タイプの折り畳み傘の修理です。

3つ折りにできるのでバッグに入れやすく軽いのが特徴ですが、折れたら修理不可が多かったんです。

修理部材が無く、お断りすることも多くありお客様にはご不便をおかけしました。

しかしここまで依頼が多いのでいろいろと挑戦してみました。

image2

写真右側の黒い骨が折れてます。

ファイバーと我々は呼ぶ素材です。

金具を当てててもうまく固定されずお断りしていたタイプです。



image1

手に持っているシルバーの骨が自作の代替品です。

大変ではありますが、別の傘から形状の近いスチールの骨を探し

カットして繋いでぴったりの長さのパーツを作ります。

1~2ミリ違うと上手に格納されないので気を遣うところです。


image2-1

2箇所のカシメと、1箇所のロクロ(針金巻き)をして完了です。

もっと簡素化したいですが、なかなか難しいものです。

骨作製は1000円程度ですが、難易度で上下します。









image1-2

スタッフkがスズキのディーラーでもらってきました。

新型ジムニーのカタログ。

kはJB23に乗っていた過去があるので、新型に非常に興味あるようです。

う~む。いいねぇ。かっこいい。



山本
記事検索
プロフィール

靴鞄東京修理センタ...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ