2010年01月23日

Bizarre Love Triangle(奇妙な愛の三角形?)

neworder恐れていた三日坊主ブログ・・・になりそうでしたが、久々更新してみます。案の定、平日は仕事が重くて、何も書く気がおきませんでした。。。。二日週末が休めるありがたさを痛感します。

寒かったですが気持のよい青空の土曜日でしたね。
今日は我が家には珍しく?早起きして(といっても我が家の休日の開始はだいたい遅いので「早起き」といっても8時ですが・・・・)新居の工事見学→横浜へ墓参り→オーダー家具の最終調整、といった感じで、千葉・東京・神奈川、と車で随分動いたなーという一日でした。。

だいたい車の中ではFMを聴いていることが多いのですが、ここ1年くらいはずっと好きだったJ−WAVEも、なんというか音楽中心、というより「しゃべり」中心の、昔のFM東京、みたいなノリになってきているので(それはそれでパーソナリティの話が面白くて聴いている、という聴き方もありなのでいいんですが)「イイ音楽をなんとなく聴きながら気分良く運転したい」という要望とは離れてきているので、もっぱらインターFMを聴いています。
だからといってインタ −FMがすべて音楽がいい、とは限らないのですが・・・時々かなり「嫌なタイプ」のDJもいるので。。。

そんな中、出発してすぐの時、かかった曲が、「このメロディー、すごくいい!」と思って、ふんふんと聴いていると、そういえばこれ実は頭のどっかで知っているな。。。と途中からなんとなく思い出して、コーラス部分に入るときには、もう確実に記憶の中のメロディとシンクさせ一緒に口づさんでいる状態。。  続きを読む
Posted by treeslounge at 23:36Comments(0)TrackBack(0)こんなときに、こんな曲・・・ 

2010年01月04日

sleep warm・・・・

sinatra正月最後の休みの日に・・・・また風邪をひいてしまいました。。。。
よせばいいのに初詣に家族でいったら。。。。朝から「なんとなく頭痛がする。。。」と思いつつも、「寝過ぎだろう、、、、そうに違いない」と自分に言い聞かせるように外出。。。でも明らかに・・・途中から体もだるいし、喉は痛むし・・・・もう「ザ・風邪」な症状。。。
ここでまたひくか俺・・・・

明日から仕事・・・・そしてさらに3連休も休みナシ、という「いきなりのヤマ場」が来る初っ端から・・・・・のうのうと休むワケにもいかないし、なんといっても年末に既にインフルエンザで休んだまま冬休みに突入する際、朦朧とした意識の中で受話器の向こうの上司の最後の一言が「しっかり治して新年こいよ」。。。。言ってた、そう間違えなくそう言ってたわ。。。

飛び14連休もしておいてそりゃさすがにマズい・・・・さらにまた家族にバレると「病原菌扱い」されるので。。。。

  続きを読む
Posted by treeslounge at 23:50Comments(5)TrackBack(0)こんなときに、こんな曲・・・ 

2010年01月02日

this is it?

エマニエル昼過ぎ、年始の挨拶、ということで実家に顔出しに。
弟夫婦とも合流し、正月料理を堪能し、双子を中心にかるた・すごろく大会など「昭和」な感じの、落ち着く「絵にかいたような正月」をのんびり過ごせて満足いたしました。。。。
こうした遊びをできるようになった子供の成長を素直に喜ぶとともに、「ここまできたらベタに羽子板で顔に墨とかで○とか×を書いてみたい」野望が生まれました。。。(というより、そんな光景はテレビの中でしか見たことないですが)

ただ新年早々、昨年あたりから目に付いた母親の「若返りぶり」が拍車をかけていて、「ついに」、か「やはり」か、の遅ればせながらの「MJブーム」が我が家にも到来しておりました。。。。。まさか、母ちゃんお前もか?!と。。。。

極東の還暦を軽く超えたオバちゃんの心をもワシ掴むとは偉大なり、マイケル。
  続きを読む
Posted by treeslounge at 23:58Comments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2010年01月01日

begin the begin

golden swlumbersあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。。。

みたいな何気ない感じでまた始めてみました。
ご無沙汰しております。

昨年は近年ないくらい非常に充実?した年で、調子づいていたのですが、最後の最後の師走・・・・・忘年会、クリスマス等々の躁には年々気持ちの落ち込みが半端ない感じで、駄目押しで最後はついに一家総インフルエンザ(でオオトリ)でダウンのまま仕事納め、というていたらく。
流行りの豚、だったらしいのですが、会社の上司、はパニックになりそうなので、とりあえず「季節型です」と意味のないウソをつきました。。。。

結果、家族の看病も含め 飛び休みながらも、ほぼ14連休・・・・
やっぱり来年からは毎年12月は冬眠したいかも。

ただ、新年早々、いままでを「なかったことにする感」・・・リセット感、については毎年ちょっとながらも小さな期待に内心浮ついている面があり、そこに乗っかる感じで「新しいこと」ではないですが、また書いてみようと思った次第。
大きく変わりたくはない、けど「ちょっと分け目変えてみました」くらいのマイナーチェンジはしていきたい、という。
  続きを読む
Posted by treeslounge at 23:59Comments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2009年05月18日

it's a beatiful day

535a4f01.JPG九州は日が長い!
玄海町の風力発電が対岸遠くに見えます
イカは…何回も餌だけ食われてます…

だいぶ肌寒くなってきました
  
Posted by treeslounge at 19:07Comments(0)TrackBack(0)

今夜のおかずを仕込み中

21ff1356.JPG従兄弟の兄が仕事をサボってくれてイカ釣り中です。アオリヤエン釣りという変わった釣り方を伝授されてます。

空が広くて山があって海がある それだけで妙に感動してます…
波の音と鳶の鳴く声しか聞こえません
  
Posted by treeslounge at 17:13Comments(2)TrackBack(0)

西の浜

ba1e95b9.JPGプライベートビーチ状態 真夏の陽射しです 水着持ってくりゃ良かった…
  
Posted by treeslounge at 14:17Comments(0)TrackBack(0)

唐津

30bc9334.JPG出張で九州にきてます 仕事が火曜日水曜日なんで今日は休みをもらい両親の故郷である佐賀の唐津にいます

昔よくきた町は昔と変わらず、のんびりした雰囲気で 豊かな自然以外は特に何もないけど美しい町です。

朝からすっきりと晴れ渡りおばちゃんに借りた自転車で町をふらふら巡り中
やはり町巡りは自転車散策はぴか一ですね。
空気の旨さが半端ないです 空気で飯3杯いけるな…

急速に解毒されてる感アリです。
  
Posted by treeslounge at 10:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月02日

ピクニック日和(green&windy)

75b5a228.JPG新緑が眩しい見事な五月晴れ。
地元の柏の葉公園にピクニックにきました。

連休初日で皆遠出してるのか、予想外に人がまばらで 広々した公園をゆったり使えました。木陰にシートを敷き、裸足で芝生を歩き、時々おにぎり…慎ましくも、最高の休日。いや〜車でなけりゃこれ+ビール、なら天国ですが…

何より人が少ないってのが良いです。
目をつぶると木々の葉を抜ける風のざわめきや鳥の声が心地よくて、さすがにこういうときは音楽はいりませんね。。。

あまりに気持ちの良い陽気なので生まれて初めてスワンボートなるもの(足漕ぎのあひるボート)に乗りました…のんきな顔したあひるですが、結構漕ぐのは大変です。

一日中外にいたから日焼けしました…
皆さんも良い連休を…
  
Posted by treeslounge at 17:01Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月30日

帰り道の寄り道どころ 新橋 田宮模型専門店

3f9247cf.JPG好天が続きますね〜。
定時きっかりに出れそうな日は四時くらいから 今日はどこに寄り道しようか…とワクワクします
寄り道の定義は色々ありますがワタクシのポリシーはだいたいこんな感じです

?必ず一人でいく。(気を遣わずわがままに歩けるから。つまらなくても言い訳する必要がないので。。。)
?そのときの気持ちや直感で決める。
?できるかぎり表通りは避け、裏道・路地裏を通る。
?時間は長くても二時間。それ以上になると単に『帰宅恐怖症』と変わらないので…
?お金を使う場合は上限を決めておく。(だいたい千円)

あとは平日の場合は、やはり通勤経路からあまり外れないのも結構重要です。つまらなかったらさっと切り上げて帰れると思うと気軽なので。

…で、火曜日たまたま降り立った新橋で見つけた 昭和の少年→平成の中年世代にはたまらない、世界に誇るプラモデルのパイオニア的存在、田宮模型の専門店を発見!
今や街中の模型店はほぼ絶滅してしまった感がありますが いつまでも「プラモデル魂」を心の奥に燃やしながらも、普段はしがないサラリーマン達がひしめく、「サラリーマンの巣窟」新橋にプラモデル専門店を作るとは、さすが田宮模型、いいところに目をつけましたね〜。明らかに「オトナ買い」しそうな客が多そうです。

ただワタクシ自身、正直プラモデルにはハマった記憶はなく、兄や弟がプラモデルマニアで、一世を風靡したガンダムからNゲージ、ジオラマ、数々の戦闘機等をシンナーの匂いにまみれながら嬉々として作っていた記憶が強く…
ただそういうマニアックな部分はかなり親近感があるので、これは!と思い食いつきました…

場所は新橋の外れですが、いわゆる模型屋さんの概念を覆す整然としたビルで非常に綺麗な感じです。お客さんもフラッと立ち寄りやすい雰囲気で、でも中の商品はさすがにずらりと並ぶ田宮のラインナップ。そして「お約束」のジオラマの展示ガラスショーケースももちろん完備。

戦闘機や戦艦 車に全く知識がないので、その価値がわからないのが残念ですが…どのモデルを見ても、ディテイルのこだわりは半端なく、箱横の解説にある時代検証も抜かりなく、完全に「子供の玩具」の範疇を超えてます…さすが世界の田宮模型!!と嬉しくなります。

特にミニ四駆やラジコン向けのモデルが充実してる地階が充実してる気がしました。ワケわからないディープゾーン突入で…新参者がなんだかこういうマニアックな店の地下に入るのって、ちょっと後ろめたい、というか「後戻りできない」感がたまらないです…マゾっぽいですが。

マニアックな質問を的確かつ鋭くアドバイスする店員と客のやりとりを盗み聞きするのも、なかなかオツなモンです。

プラモデルマニアの友達が来京したら連れて行ったら喜ぶかな…フィギュアは無かったけど戦闘機は萌えてくれるハズ!(静岡ホビーショーのポスターもありました。。)

家族と会社、その間にちょっとした止まり木的な場所が、東京にいくつかあると、毎日にちょっとした楽しみが生まれて、たまに定時上がりに立ち寄れる。。。そういう日は特別な一日になるような気がします。

まだまだ発掘しなければ…降りたことが無い駅 通ったこと無い道はたくさんあります。
  
Posted by treeslounge at 08:49Comments(1)TrackBack(0)

2009年04月29日

さよならメンフィス

e9cdb09a.JPGさわやかな陽気のゴールデンウィークの始まり 朝から目前に迫った家の解体のための荷物整理に明け暮れてます…よくぞここまでこの狭い家にあったな…と感心するくらい凄まじいゴミが出ました…でも何とか片付けも先が見えてきて少し安心しましたが。
30年近く住んでいるといろんな「発掘物」があり、そのたびに色々な想いと結びつき作業が進まなくてイラつきましたが。。。このタイミングを逃すと、もう絶対使わないのにそのまま「残置物」としてずっとデッドストック状態でモノが増えることになるので。。。そこは、心をオニにして?「モノより思い出!」と心に刻んでもらうことにして、ゴミとして処分しました。。
2トントラック2台分・・・・いや〜ホント疲れました。。。
まだ、着工まで随分日はありますが、解体やゴミ処理、地盤調査、地盤補強・・・やはり家を建てるというのは体力も金もかかるな〜と痛感してます

とりあえず一服しに『儚夢亭』でフレンチローストをたしなんでおります…途中回り道をしてホームグラウンドの『メンフィス』に寄って安否を確認したんですが…

壁のメンフィス坊やだけは変わらず明るい笑顔でしたが、その顔すら 余計に寂しい気持ちにさせられます…鉄階段の脇で、何かを伝えようとしてるようなポーズなんで、妙に気になります。漫画なら吹き出しで、「さよなら!」とか・・・言ってそうな。「突然の閉店休業」状態から半年近く。。。張り紙すらなくお別れの気配が濃厚だな…

いつまでも引きずるのは男らしくないとは思いつつも…
いなたくも趣きのあった路地裏の周囲も、古びた家からちょっとずつ取り壊しが進行し、歯抜けに草ぼうぼうの空き地やコインパーキングが目立つようになりました。
住んでいたあの老人たちは何処へ…

引っ越ししてもこの町並みの変遷は食い止めようがないんでしょうが…残念です。
地元の名士 なぎら健壱先生と共に、都知事が躍起になってる東京オリンピックより城東保存活動を進めるしかないですね。

それにしても (旧)みどりの日に相応しい陽気だな〜
商店街も心なしか華やいで見えます
  
Posted by treeslounge at 16:51Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月25日

雨の土曜日も悪くない

JJR昨日は上司が5/1でめでたく?異動となり、送別会があり、「最後の奉公」という感じで珍しく2次会まで参加、しかも「上司の希望とおりの」スナックでのカラオケ、という非常にストレスフルな飲みでひたすら2時間、歌は断固拒否でウィスキーの水割りを片手にひたすら週末を思い浮かべ、現実逃避していたので、帰宅後、ついソファで寝てしまい。。。目覚めはだるく、二日酔いの朝・・・
外は昨日から降り続く冷たい雨、でいやに寒く。。。3月くらいの感じです。
誰しも「外にでは出たくない」天気であることは間違いありませんね。

こういう日は家族で家でゆっくりするに限ります。。

最近は、また昼休み、ずっと内勤のため、気分転換も兼ねて天気の良い日は駅の反対側の図書館に行くことが多く、そこでこれまた最近のブーム?でもある、「生活見つめなおし」のためにも『暮しの手帖』(この雑誌は母親世代ならば誰しも知ってるライフスタイルの、というとカッコつけすぎですが、いわゆる元祖「ライフスタイルマガジン」、というか。。。読み応えがある内容に上質な写真、控えめで質素な文章、と、まさに「暮しの手帖」といったほうがよいでしょうか)のバックナンバーをまとめて5,6冊借りてきているので、遅めの朝食を食べながら、それを読んだり、数日分溜まっている新聞を読んだり・・・・という「だらだら」朝食を楽しんでおります。

外は冷たい雨で、窓も見えないくらいの曇り具合。。。そんな中で温かいコーヒーを飲みながら、半分寝間着みたいなカッコで、その上に最近オークションで手に入れた暖かいパタゴニアのフリースのベスト(このベストはジッパーのつくりといいポケットの位置といい、とても秀逸なのでいつか書きたいと思います)を羽織り、時間を気にせず読みふけるのもイイもんです。。
とりあえず、子供達に頼まれカルタを。。。すっかりひらがなも覚えて、取るのも早くなっており成長を感じます  続きを読む
Posted by treeslounge at 14:50Comments(0)TrackBack(0)映画 

2009年04月18日

the battles of bottles

aee81174.JPG平井にはまだまだ昔ながらの路地裏があり、たびたび映画やテレビ撮影で使われる『絵にかいたような』駄菓子屋さんがあります
ここは今でも小学生の溜まり場 、というか社交場になっていて、懐かしいオヤツ盛り沢山で大人なこちらもテンション上がります…まさに時間が昭和で止まっているんですよね もちろん土日も近所の子供達で賑わっております。。

今日はもう夏、というような陽気なので。。。美しいフォルムの昔ながらの本物の瓶ラムネ もちろんビー玉入り と 今では殆どみかけないコーラの瓶170mlを購入。
フルに現役 両方とも九十円です!

瓶モノが好きなもので、新居に飾るために毎回持ち帰ってます…
炭酸系は家に持ち帰り飲むと、妻がウルサいんで、公園で双子二人と証拠インメツ中…子供は(もちろんワタクシも)サイダーとかコーラとか大好きなんですよね。

それにしてもどちらも手に持つと程よい重さでなんとも言えない微妙な緑と青のガラスで飲むと口当たりも柔らかくすっきりと美味しい気がします。初夏の陽射しに映えますね…
特にラムネのこの色は「ソーダ色」という呼び方もあったような・・・
涼しげでかつ、この色を見ると感じる「しゅわっと」感は、このボトルで飲まないと半減してしまいます。

瓶のデザインでは日米これを超えるものはこれからも生まれないでしょう。。
背丈も同じくらい、でも、それぞれ個性?があり、やはりコーラは明るくスマートな「アメリカ」って感じがするし、サイダーは凛とした「和」の佇まいを感じるのですが、気のせいでしょうか?

リサイクルだのエコだのうるさい世の中ですが少なくとも百年前にはこうして当たり前にやってたわけで デザインと生活がこうして無理なく寄り添っていた時代は贅沢だったんだなと思います
  
Posted by treeslounge at 18:13Comments(2)TrackBack(0)

儚夢亭にて

ed14d43b.JPG朝から建築家と最終の見積もりに関する打ち合わせを終えて初夏の陽射しに溢れる御茶の水 神田から水道橋へと路地裏を縫いながら散策し(途中猿楽町で掟ポルシェに遭遇しました…素でも凄いインパクト)白山通りの『トニイレコード』にて中古レコードの百円コーナー段ボールを中心にくまなく掘り返し7枚3200円の大収穫祭状態。

埃で汚れた指をレジのウェットティッシュで拭きつつ建築家との検討仕掛かり案件をゆっくり考えたりレコードをゆっくりチェックしにんまりしようと『エリカ』に行くか…と思ったら、不況のあおりは神保町界隈の路地裏にも染み渡っており…師走から長期休業だったことを思い出しました。
切ない…あのマスターはどこに…

近くにある喫茶店『音叉』も気にはなったんですが…せっかくだから来年から住む街の喫茶店に行くことにしました。
天気も良いので、また御茶ノ水に戻りがてら、御茶の水にある山の上ホテル裏の坂道で、ちょうど式を終えたカップルが祝福の花吹雪の中移動する眩しい光景に遭遇して、少しばかり見とれました…

墨田川を超え、中川を超えて平井で一番好きだった街の端に佇む『メンフィス』はやはりシャッターを閉じたままですが、界隈では一番人気がある南口の『儚夢亭』が最近の落着き場、です…
前者はナチュラルに?全てが古びていてそこがまた味わい深かったのですが、食事は「これいつから煮込んでるんだ…」というようなドドメ色風のデミグラソースを筆頭にいささか不安?を感じさせたのに対し、後者は外装もインテリアも意図的にアンティークで統一されていて(この辺が「わざとらしさ」と捉えてしまう見方もありますが)、窓際のガラス戸にはランプのフィレメントがチリチリと柔らかな光を放ってます。料理もスパゲティをはじめ、かなり人気があり、カウンター席はいつも常連で賑わっております。
「デートスポット」といってもイイような完成度のためか、客の入りもメンフィスの五倍は入ってて、明らかに遠方からわざわざ訪ねて来たと思われるお客さんもいます。

たまたま窓際席が空いてたんで確保し昼を食べて無かったので日替わりのサンドウィッチを。控え目にいっても贔屓目にいっても「かなり美味い」です…そしてかなり大きい。

メニュー最後に書かれていた「陸の孤島にある喫茶店」…平井は荒川と迂回する中川によって分度器のように切り取られた小さな「島」なので…自虐的にこうした呼び方をしている住民も多いようです。
本土?から切り離されている分、いなたく下町風情が染み付いている、島にいついたお陰で進化から取り残されたガラパゴスオオトカゲ的な、東京の「離れ孤島」というところも気に入ってます

隣り町の押上スカイツリーの余波はじわじわ平井にも押し寄せてますが…

という訳で誰でも是非…とはいえませんが一部の人には「陸の孤島にある喫茶店」に黄色の電車で足を運んで見るのも良いかもしれません

…携帯嫌いだったのに見つかるとやはり悔しいけど便利は便利だな…

天気もよいしこれから家族と合流して河川敷に向かおうかな。
  
Posted by treeslounge at 15:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月15日

HARD RAIN

hard rainものすごい雨の中、びしょびしょになりながら帰宅・・・・死にました。。。

今日は朝起きたら、既に「いつもなら会社に出かける」時刻。。。飛び起きてギリギリで間に合ったものの。。。天気予報など見るワケもなく。

帰りは恒例の残業、でヘトヘトの状態で山手線に乗ると、ついうとうと・・・上野駅を乗り過ごし。。大幅ロスタイム。。
ようやく柏駅に着くと、田町を出たときには、小降りだった雨が土砂降り状態に。。

で・・・結局またビニール傘を。。。
一体俺は今年に入って何本ビニール傘を買っているんだ・・・・
傘を差しても横殴りの雨・・・あっという間に雨で波打つ路上を見ると、桜の花が敷き詰められているようにばらばらに散っておりました。。あらゆる意味で「やりきれない」です。。

BOB DYLANのライブ盤の中でも最高傑作といわれている『HARD RAIN』。みうらじゅん氏なら「ディランこそロック!」というでしょうが、まさにこの70年代中盤のディランは紛れもないロックです。。。
これはローリングサンダーレビューと銘打たれた伝説のツアーからのライブ盤ですが、とにかく演奏といい歌といい、ある意味ハチャメチャというか、破天荒過ぎます。音質もブートレッグ録音といってもいいくらいかなり悪いのですが、それを含め全体的な性急さが、非常にアツい好盤。

オリジナルの原型を留めない即興のようなアレンジやメロディは常に変化を求めるディランそのもので、初め聴いたときは、あまりにも別物、なので「え・・・・??」と思いましたが。。今聴くと、この勢いこそが、ディランが目指していたもの、というのがわかるので、時々聴きたくなります。

ジャケットも、不気味なくらいの生生しさ。グラムロック、ですね・・・

・・・・本当は明日までの仕事があり、家に持ち帰りでやるつもりでパソコンに向かったのですが・・・とてもじゃないけど、眠くて仕方が無いのでお風呂に入って寝ます。。
明日は明日の風が吹く・・・・とディランなら言ってくれる(ハズ)。・・っていうか、もう0時をとうに回ってるんで今日か・・・はあ。。

去年は息子、ジェイコブ・ディランが出演しましたが、今年こそ「DYLANでFUJI ROCK!!」を期待しております。。(毎回オファーはしているそうです)
頼むよ!ディラン!  
Posted by treeslounge at 01:32Comments(0)TrackBack(0)音楽全般 

2009年04月13日

killer tune at midnight(ADELE [chaging pavements])

快晴の土日、どちらも朝から夜まで仕事、で心身共にヤラれております。。
どちらか、ってのならイイとしても両日とは。。。とはいえ、隣の担当は主管ということもあるのだけど、先週の土日も出、さらにホテルに泊り込み。。。という恐ろしさ。
桜の美しさを知らずに死ねるか、と思いますが、こんな仕事を続けている限り、心の底から桜の開花を楽しめる日は来ないのかも。

・・・なんて病み気味ですが、ちょっとイイことも。。。実は先週、ポールウェラーのコンサート後、テンションが上がり翌日、春の陽気に誘われ久々vespaに乗ったところ道中で携帯を落としてしまったらしく。。。ただ普段から携帯に依存するのはカッコ悪い、と思っていたので、(特に電車の中で周りが皆携帯を見ているのはちょっと、ぞっとします)「これも何かのきっかけかも?」と潔く?持つのをやめようか・・と思ったのですが。。。意外と?会社にいるときの家族とのちょっとした連絡に携帯がないと不便。。。ということもわかり、とはいえ、また高い金払って買う気にもならず。。。。ダメ元で警察に届けたら。。。
なんと木曜日、近所で見つかったそうで警察から電話が。。。ありがたいです。世の中捨てたモンじゃないですね。(財布だったら出てこないでしょうね)

とはいえ、警察の落し物受付が平日の受取のみなので(これもおかしな話ですが。。)しばらく取りにいけそうにありません、が、まあ、「失せモノ見つかる」でよかったです。  続きを読む
Posted by treeslounge at 01:27Comments(0)TrackBack(0)音楽全般 

2009年04月05日

always MODERN!なヒト paul weller コンサートat STUDIO COAST

weller!年度末決算で職場の9割が休日出勤の中・・・どうしても「ライフワーク」としていかなければならない(と決めている)ポール・ウェラーの来日コンサートが新木場にあるSTUDIO COASTであり、「従兄弟の結婚式なんで」という「定番中の定番」の言い訳、で休日出勤を逃れました。。

とはいえ・・・・先月中旬に々罎季節外れのインフルエンザになったと思ったら、今週の水曜日に今度は号がかかり。。。で、ワタクシも昨日の昼前から、「どうもアタマが痛くて重い・・・熱い・・・」となり、熱が下がらず、内心「これは間違えなくインフルエンザ・・・」と思ったのですが、業務上一年で一番忙しい時期がこれから数週間始まる、というタイミングでのインフルエンザはまさに「ありえない」ことで、「あってはならぬ」こと、なんで、怖くて周りに言えませんでした。。。

とりあえず、今日明日で治さなければ、、というタイミングでのコンサートなので、「ちょっとツライかも。。」と思いましたが、久々の単独公演でもあるし、これを逃すといつになるか・・というところなんで気合を入れて行ってきました。  続きを読む
Posted by treeslounge at 00:45Comments(2)TrackBack(0)音楽全般 

2009年03月25日

北欧デザインハウスat表参道ヒルズ

d754976e.JPG趣のあった同潤会アパートを潰してまで建てた表参道ヒルズ…ヒルズ、と呼ばれるところ全てに特有の金の匂いがして、アレルギー反応を起こしてしまいますが。。。

重ね重ね思いますが、東京の都市開発ってホントにこんなんでイイんでしょうか?正直『なんだこれ』っていうようなビルでした。坂の途中にあるからか、法規上、建物の高さ制限があるからか、表からのシルエットは低めで、中に入るとかなり地下まで掘り込んである建物ですね。表からはわからず、これは意外でしたが。。

入っているテナントといい、とりあえずスゴイお金がかかってるのだけは間違いないです…資本主義が渦巻いてますね。成功しているかどうかは別として。

表参道は原宿から青山通りまで歩くには歩道も広々していて気持ちのよい道ですが、位置もちょうど中ほどだし、存在としても中核だったからとても残念です
一応、申し訳程度に同潤会アパートの一部を残してあるのが余計に痛々しい…
冷たい雨のせいでやたら物哀しい雰囲気ですが…それにしても寒い。

まあそれは諦めて…その中に北欧家具や雑貨の専門店 北欧デザインハウスができたそうで覗いてきました 期間限定だそう。

小さめのお店ですが最近の北欧ブームもあるのか平日午前中でもそこそこお客は入ってました。雑貨類がメインですね。
何点かかなり状態のよい中古家具がありましたがどうやら専門のリペア部門があるそうです 新品よりカッコいい、というか、味があります
値段もそれなりに高いですが…ナラ材の色合いも美しいです。大事に使われていれば、長持ちする家具というのは、普通、っぽいですが、実は裏側など細かいところも気が配られていて、やはり見ていて飽きませんね。
北欧から遥か遠い島国に運ばれてきたんだ・・・と思うと感慨深いです。

置くスペースもお金もないですがみると欲しくなりますね

これから青山通りを下り渋谷まで歩いて映画を観ます。
  
Posted by treeslounge at 14:48Comments(0)TrackBack(0)

珈琲色の時間 青山通り『大坊珈琲』

14ade536.JPG家の都合もありWBCの余韻のどさくさ紛れ?でひとり休みを堪能してます 平日だから春めいてきた陽気をのんびり楽しもうと春服として楽しみにとっておいたbaracuta G9を張り切って?着たのですが…意外と寒いですね。
とりあえず「ひとりやすみ」恒例のモーニング前から行きたかった青山通りにある『大坊珈琲店』へ…

実はもうひとつ近くの骨董通りの路地裏にある『蔦珈琲店』もかなり気になってたんですが…とりあえず開店時間が早いこちらへ。
初めてでしたが噂通りのかなり素敵な喫茶店でした
カウンターにひとりだけで珈琲を飲みながら打ち合わせの資料に目を通したりぼ〜っとしたり…小さな音で音楽が鳴っていてご主人がからからと焙煎機を回してる音と香ばしい珈琲の薫りに包まれ、心から落ち着きました
ここはひとりで来るのが相応しい喫茶店です。
いつの間にかカウンターは埋まってました。また近いうち来たいです

表に出ると冷たい雨が…泣けてきます ここまで雨男だとある意味笑えますが

『探偵物語』最終回で工藤ちゃんがビニール傘を差しながら歩いた表参道を同じように目についた文房具やさんで買った傘を差しながら次の目的地 表参道ヒルズに向かいます
  
Posted by treeslounge at 11:51Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月23日

プチ農家(my トラクター)

honda決算前の静けさ・・・という感じで、WBCも勝ったし連休明けの月曜日、ということもあり、残業拒否で速攻帰ってきました。。
今週もイイスタートを切りました。。

先日山手線の車内で見かけた広告で「すごいなー」と思ったのが世界のHONDAの家庭菜園用の耕運機。これがタダの耕運機ではなく、「家庭用のカセットコンロ用のガスボンベを燃料にできる」という画期的なモノ。
車は好きではないのですが、HONDAという会社のスタンスは昔から何となく「凄いなあ・・・」と思っており、その企業スタンスに共鳴しているので、今までの車は基本的にHONDA製を選んでおります。。
なんといっても「丈夫かつ壊れない・超低燃費」のスーパーカブを生み出した会社ですからね。。。。

最近、ハイブリット車も出したそうですが、それはまあ、「業界初」でもないので、驚きませんでしたが、今回の「カセットコンロで耕運機を動かす」、というありそうでなかったその発想力と、商品力に、また「さすがHONDAだな」と感心しました。。

  続きを読む
Posted by treeslounge at 23:45Comments(0)TrackBack(0)服、とか、靴、とか・・