2016年09月03日

ieGeek Bluetooth4.0 スピーカー内蔵 LED電球 改造

ブログを書く元気をオラに分けてくれ!ってことでポチッとお願いします。まあ、めんどければ別にいいよ。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ



今回はieGeek Bluetooth4.0 スピーカー内蔵 LED電球を改造しました。

少し前はBluetoothスピーカーに凝っていて、手軽に良い音を楽しむだけでなく、場所を取らずにってことで
ieGeek Bluetooth4.0 スピーカー内蔵 LED電球を以前に買いました。
明るくないけど、お手軽感は最高です。音は…まあ、スマフォよりも音量大きくなった聞こえるくらい。

そこからオシャレに音楽を楽しみたくて、米軍の弾薬箱にスピーカーを入れてみたいと考えて作業進行中です。

そうしていたらロケットニュースでとても役に立つ記事を見つけました。

http://rocketnews24.com/2016/08/29/791071/

2個で500円のスピーカーがとても良い音なんだって。

ってことで、弾薬箱スピーカーにはこれしかないと思いとりあえず多めに6個買いました。
仮組で動かしてみるとたしかに、音は良い。
今は弾薬箱にスピーカーの穴を開けるための準備をしていて綺麗に開けるための型紙やらいろいろ用意してます。

そんなことはどうでもいい。
ieGeek Bluetooth4.0 スピーカー内蔵 LED電球
にもこの秋月のF77G98-6を入れられないか!?
結論的に言うとかなり簡単でした。

↓何もしていない状態、丸い電球部分をパカっと外します。
DSC_4519


↓次にパワーLEDのフレキシブルケーブルを外してゴールドのプラスチックを止めているネジを外します。
DSC_4520


↓そうするとでてくるスピーカー。右が元々ついていたスピーカー左が秋月電子のF77G98-6大きさかなり変わるけど入るのか!?
DSC_4522


↓ネジが止まっていたメス側を4箇所削ります。自分はニッパーで落としました。
DSC_4524


↓そうするととりあえずハマりました。あとは固定方法を考えなきゃね。(クックック、楽勝だよ)
DSC_4523


↓LED電球本体側にタイラップが通るサイズの穴を4箇所開けます。
DSC_4525


DSC_4526


↓終了!
DSC_4527


音質は…今までこもっていた感じでまあ聞こえるレベルからメリハリが感じられるようになりました。(かなりプラシーボ)あんまり自分の耳は良い耳ではないからね。


今なぜ1999円でした。みんなもやってみようぜ!(自己責任で)
ieGeek Bluetooth4.0 スピーカー内蔵 LED電球





trek_st120 at 23:28│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔