トレックフィールドの「ぎょうれん」

てんちょうの商品への思い入れ

今年の「おせっ改造」

IMG_3324IMG_3329大好評のZETAのハンドルカバーですが、一部ハンドガードが大きすぎる場合にベルトが届かない事例があったので、対策を紹介しておきます。
ドナーはBMW R1200GS 

IMG_3284IMG_3330純正のハンドガードがついてるんですが、通常の挟み込みベルクロではガードが大きくて内側がうまく固定できません。

無理やり捻じって付ければ付かなくは無いのですが、それではイマイチなので、強力タイプのメスのベルクロを裏側に追加してループにして収まり良くしました。
IMG_3331長さも延長されたのでけっこう大きくても大丈夫になります。

加工代は当店お買い上げ品は左右で800円加算

他店より持ち込みは1100円です。

今年のやつはラップ部分の自由度上がってて、いろいろ悩めます(^^)v ↓


IMG_3333IMG_3326IMG_3325IMG_3323トレックフィールドでは、試着歓迎!不具合はできる限り対策して販売します。(^^)v
ぜひ現車を持ち込んでみてください。





追記:こいつを紹介してると大多数の方から「いざという時手が抜けないのでは?」という声を聞くのですが、
どこでそんな都市伝説が流布されてるんでしょ?

個人的には「どこがどう障害になって抜けないと考えるのかご説明いただきたい!!!」です。

付いてる状態で手を入れてもらうと「あ、抜けますね」って方がほとんどです。
まあ、手を抜いた後急いで戻す(グリップを掴む)時にはちょっと障害になるんんですけどね(^_-)-☆

「恰好が悪いから」付けないってのは許容しますが、「手が抜けなくて危ないから」付けませんは許しませんよ(^^)/

闘うISDEウェストバッグ 

IMG_3171ご好評を頂戴してお待たせすることが多いISDEウェストバッグですが、時々薄手の初期型のご注文をいただいて細々と作っています。ご存知ない方に「聞いてないよ」って言われないために(^^; 紹介しておきます。

最近増えてきたので取説のサブタイトルも分けてみました。





IMG_3320IMG_3321左が現行D-type
厚さ95mmでかな〜りたっぷり入ります。

とちらかというとツーリング向け。

右が初期型75
闘う薄型です。

元々参考にさせていただいたMSRのバハファニーパックも厚みを極力抑えて体へのフィット感を重視してたものでした。時代の要求で2センチ増量のD-typeが主流ですが、ちゃんとレースで使われたいのであれば、こちらがお薦めになります。(もちろん中身を厳選する必要がありますが)

価格はどちらも税込み¥12500−

闘う薄型は基本受注生産(あ、他のもか(^^;)
特にご指定なければD-type を用意させていただきます。

350円のお守り

IMG_3318正直言って私「パッチ貼りは苦手です」(^^;

ゴム糊の乾燥具合とか
貼ってからの台紙?剥がしの時にリップがめくれてきたりとか・・・

で、ゴム糊要らずのにシールタイプのパッチの紹介です。前にも何種類か試してたんですが、今回のタイプは実戦ではまだ未使用でした。

先日マンデーズでパンクしたのを幸いに?(^^;持ち帰ったチューブに試しに貼ってみたのですがが、ビックリの快適さだったのでお知らせしときます。

IMG_3319すご〜く小っちゃいケースに荒目のサンドペーパーと折りたたまれたパッチシートが6枚入って トレックフィールド売価税込み350円。だいたい1回60円?

因みに密林ではなぜかこんな価格(@_@)

使い方は 
◎穴の周囲をヤスリでちょいと広目にザラザラにします。
 ちょっとやりすぎかな?ぐらいでOK
◎削ったところを脱脂します。今回はパーツクリーナーを使いましたが、山の中ではティッシュに生ガソリンを染み込ませて拭きましょう。
◎パッチの裏紙を剥がして穴の上に貼ったらプラハンやドライバーの柄など、鋭利でないものでトントン叩きましょう。このときパッチが半透明でどの辺がくっつき甘くて白くなってるか見やすくてグッドなんです。全体に均等に真っ黒になったらOK。
IMG_3316◎ここで漏れチェックするときはくれぐれもエアを入れすぎないように。パッチ自体の強度はそれほど強くはありません。タイヤの中に入って内側から押し付けられることで本来のお仕事するものです。

ちょっと画像では分かりにくいですが、少し時間たつとエッジの部分が溶け込むような感じになって、爪で引っ掻いてもめくれそうもない感じになってきたのは驚きでした。

チューブ入りのゴム糊の干からびの心配もなく、これなら自信もって穴ふさぎできます。
現場のパンク修理は速攻チューブ交換が基本は変わりありませんが、予備チューブを使い切ってしまった後のお守りとして十分活用できます。安心のSDカードケース?お一つ忍ばせておきませんか?ⓥ

実は先日まで280円で並べてたんですが、あんまり快適だったので値上げしたのはナイショ(^^;



計算が合わないMOTSジャケット

11月11日 サイズ設定と販売価格修正して、さらに計算が合わなくなりました(^_-)-☆

IMG_3256
ホントは春に入荷してたんですが気温上がると暑くて着てられないので、寒くなってきた今頃紹介です。

MOTSのストーン2ジャケット

簡単に言えば
防水素材で袖が外せるとっても軽いアウターに着脱できるフリースベストがついたジャケットです。

これからの時期マルチに活躍してくれそうです。
IMG_3257IMG_3258ちょっとシャワシャワ感(伝わるかな?)があるアウターの内側はちゃんと目止めされた防水構造です。
メインと腰と胸ポケットは止水ファスナー使用。
ただし、肩のファスナーからの浸水はどーすんだ?っていう突っ込みは無しで(^^;
IMG_3259IMG_3260
インナーフリースベストはファスナーと3か所のループで合体されます。







IMG_3262IMG_3266もちろんベスト単体での着用もOK




あ、残念ながら文字は光りません。

カラーは赤と黒

背中のマークプリントがセンターからずれてるのは間違えたわけではない・・・と思います(^^;


IMG_3264IMG_3265あ、画像撮り忘れましたが袖口はインナーカフがついて防風性アップしてます。







で、最大の問題は価格です。これだけの材料でここまで凝った作りをして販売価格は 
税込み¥12960−!!!

いったいどういうカラクリと計算でこの価格になるのか私には説明できません。
ロックジャケットの時も思ったんですが、このメーカーコスト計算間違えてますよね?

これからの時期の山遊びやトライアル練習で重宝します。
間違いに気づいて値上げされる前にゲットしといてくださいね。

・・・でしたが!年明けからバーゲンかかっちゃうので今回分より先行特価販売します!

トレックフィールド売価 税込み¥11660− に変更しま〜す!!

IMG_3277※サイズはけっこう大きめ S〜XLまで 
日本サイズよりワンサイズ上がるとお考え下さい。
左画像は 普段はMサイズの私(163cm63kg)がSサイズ着用

※広告ではLサイズ止まりでしたが「こっそりXLサイズも在庫」されてました。(^^)v










IMG_3280※入荷時期によっては手首のベルクロが弱いものがあります。(最近のものは対策されたようで大丈夫です)
 すぐ剥がれてお困りの際はご相談ください。当店でお買い上げについては無償修理いたします。

インナーカフは温かくて気持ちいいです(^^)v

進化して帰ってきたハンドルカバー

IMG_3281IMG_3292朝晩の気温が一桁になってきてそろそろ冬支度です。
昨年惜しまれながら完売して、今年はどーしようか悩んでたらば新型発売のニュース。
再販リクエスト届いたのかしら?(^^;
早速取り付けてみました。

IMG_3284IMG_3283基本ブッシュガードにベルクロで付けますので、ノーガードの車両には向きません。
旧型は前がボルト止め、サイドのみベルクロでしたが新型は前と横の2か所のベルクロ留めに変わりました。これだけで結構しっかり固定されます。汎用性も高まっていろいろ悩まなくて良くなりました。(^^)v

IMG_3286IMG_3294ミラーのかわしもフラップ1枚増えたおかげで自由度が増しました。
前面部分には丈夫目のパイピングを入れて型崩れ対策もOK。上側のシルバーパイプは反射材です。
IMG_3300IMG_3295それでいて上部のネオプレン部分が大きくなってスタンディング時の腕の自由度が上がってるのが嬉しいですね。
完全防水ではありませんが水抜き穴まで作ってあります。

IMG_3291IMG_3299左は取説通りに付けた場合。開口部がかなり大きくて出し入れは楽ですが防寒性はちょっと・・・
で、旧型でもやった寒冷地仕様X攻撃もやってみました。
おせっ改造なしでここまでできるのはすごいです。
IMG_3293IMG_3296カラーは赤と黒

定価¥7128−

トレックフィールド売価 税込み¥6770−



IMG_3282なぜか?透明窓付きの立派なナイロンケースに入ってきます。

とれっくか〜ちゃんも私も第一声
「こんなもんに金掛けないで、もっと安くしてくれませんかねぇ?」(ーー;)

有効活用法募集ちう。



※もう一つ大事なご注意
ネオプレン素材は残念ながらそれほど耐久性がありません。紫外線劣化も早いですし、ナイロン物に比べれば転倒時の破れ・穴あきもできやすいです。3シーズン目の私の旧型はあちこちツギハギだらけなんだな、これが。(T_T) でも他社のに比べて付け外しも使用感も圧倒的に上なので、やっぱりこいつを買い続ける予感(^^)v

メーカーHP あ、ホントはCW ハンドウォーマーっていうんですね。(^^; でもウチでは「ジータのハンドルカバー」でご注文ください。

タダでできるライトクラッチ

※2011年の記事の焼き直しです。


トレックフィールドでは、クラッチに関しては極力長いレバーのままをお薦めしてます。なぜならば、クラッチを使ったフロントアップをマスターするために人差し指での「1本クラッチ」を覚えて欲しいからです。(細かい理由はまた今度)
で、世の中にはあんなのこんなの、はてはこんなのまで使ってなんとかクラッチを軽くする道具が売られています。基本的な理論は作動ストロークを増やして軽くするです。
だったら梃子の原理で、支点からなるべく遠いところを握れば軽くなる のはお分かりですね。
実際にやってみましょう。
s-DSCF1198s-DSCF1209










こちらがSTD状態。スイッチとレバーホルダーがグリップラバーにピッタリくっついてます。
s-DSCF1200s-DSCF1210










始めはホルダーを1センチほど追い込んで見ましょう。指がかかる位置がずれて遠くなったのがわかりますね。この時点でもSTDよりは軽くなります。
s-DSCF1203さらに調子に乗って2センチほど追い込んでみると、レバーとホルダーが当たって最後までは握れなくなります。







s-DSCF1208s-DSCF1211










そこで今度はスイッチ本体もずらしてみます。ここまでやるとぐっと軽くなって「夢の1本クラッチ」も夢でなくなってきます。ただしクラッチの遊び調整も慎重におこなってくださいね。1本で握った時にしっかり切れて、ちょっと緩めた時にポンってフロントが上がるポイントを試行錯誤で見つけてください。
ここまで使う道具はドライバー1本です。お金を掛けずに手間掛けて、自分の調整能力アップにもなります。ぜひいろいろお試し下さい。

※当然ですが、ワイヤーはしっかり給油・潤滑されてるのは大前提ですからね。

オマケ:これだけではウチは全然儲からないのでちょびっとだけ(^^ゞ

m-画像 004上:DRCショート(¥1296−
中:純正ノーマル(¥1372−
下:社外スーパーロング(¥1512−
この理論を押し進めていくともっと長いのが欲しくなって・・・

ヤマハ用に限りますがちゃんとストックしてあるんですね〜・・・・・ノーマルより長いのが(225時代は私も愛用してました)
ハンドルのストレート部分とブッシュガードの余裕(曲げなおして作ったりもするんですが)のある方はいっぺん試してみてね。

今月いっぱい!10%オフ!!!

メール用-001 縫い物に追われて告知が遅くなりました。
「ようやく入荷!Heboトラメット」で紹介した軽量ヘルメットがいよいよMFJ公認取得のはこびとなり、10%オフのご予約キャンペーン中です。
ボウレプリカなら通常34560円 → 税込み¥31104−
カラーモデルが   30240  →    ¥27216−
単色ロゴモデルなら 28080  →    ¥25272−

対象ラインナップは左画像参照。今月中のオーダーで納品は12月予定。

軽くてお洒落で公認の中ではもっともお買い得なメットをさらにお安くゲットできるチャンスです。

初めての商品でサイズが不安な方も多いと思います。XLサイズは先行輸入していただいたので当店で試着可能ですが、そのほかのサイズにつきましては、今週末の全日本トライアル最終戦SUGO大会でエトスさんブースにサンプルの用意をお願いしてあります。SUGOに行った皆様、ぜひ試着してみてくださいね。(今回買う・買わないは別として)
で、サイズ確認がOKだった方は迷わずトレックフィールドにご注文メールください。(ココ大事!)
なにせ締め切りが火曜日ですから、急いで決断してくださいね(^_-)-☆


IMG_3233ついでに紹介

飾ってると必ず聞かれる「これ、なんですか?」

両サイドについてます。

パッと見「GoProのマウント用」?にも見えるんですが・・・・






同梱されてる透明パーツに付け替えるとこんな感じです。
IMG_3234IMG_3235 正式名称は「ストラップホールド」

下側がクリップ式になってて開いたり、ぱちんと閉めたりできます。




IMG_3236IMG_3237こんな感じでゴーグルのゴムバンドを逃がさないように押さえておく部品だそうですが・・・






う〜ん・・・・ 誰がいつ使うのさ?こんなものに手間暇コスト描けるんならもう少し今風デザインのカラー増やしてほしいと思うのは私だけ?


IMG_3239IMG_3238ついでに同梱パーツ紹介 その2

スカスカダクトの雨用カバーも付けてみました。前からの風の入りはちゃんと考えてあって、精度・付け外しの節度も良い感じです(^^)v

本体の紹介ぎょうれん

本家のカラバリHP
注:ここも微妙に見れない色があってイラっとします( 一一)

謎のアルミ円盤?

IMG_3232お店に並べてるとけっこうな確率で
「これ、何するもの?」って聞かれます。





いつものアベ精工さん製
リヤディスクプレート アルミセンターカバー
税込み¥2600−
よーするに「安全のための穴ふさぎパーツ」です。

某メディアHPで某ショップさんからの告知で
2018年よりMFJ公認競技会参加の場合、全車義務化されます!
なんて書かれちゃったものだから、気の早いお客様から注文来ちゃって在庫しました。

IMG_3228でもこれって、まだどこにも明文化されてないんですよね。
一部のMFJ関係者から風の噂を頼りにCOTA4RTに標準でついてる鉄板をコピーしてるだけなんですよね。どういう基準・規格で作られてるのか、少なくとも私は存じ上げません。

ネット見てない人は来春規則書が出来上がってから大慌てで買いそろえなくてはいけないのかしら・・・
もし、義務付けが本当なら今のうちから公式通達で予告しといてくれたほうが親切だと思うんだけど・・・


※こいつは車検でチェックされるだろうからまあ徹底率上がるとは思うんですが、環境保護マット義務付けってどーなっちゃったんですか?罰則無いのを良いことに東北ではほとんど野放しですが、他の地域ではチェックされたりしてるんだろうか・・・?こそっと教えてください。
アクセスカウンター
  • 累計:




Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
携帯用 ソケットセット 復活 (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
推奨:携帯用ソケットセット
悲報!お気に入りザック廃版!!! (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
ドイター祭り 詳細
入魂のメンテ 数量限定で 復活!! (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
トラ車整備の教科書
やっと見つけた!半ネオグローブ (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
2100円のシアワセ
冬のシアワセ靴下入荷! (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
待望の長靴下
わ〜い!誉められた!! (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
トラ車整備の教科書
わ〜い!誉められた!! (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
整備本とDVD
ワイドステップ2点 (トレックフィールドの「ぎょうれん」)
セローのワイドステップ
QRコード
QRコード
訪問者数